氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 北村 晃寿 (KITAMURA Akihisa)

北村 晃寿 (KITAMURA Akihisa)
教授
学術院理学領域 - 地球科学系列 理学部 - 地球科学科
大学院総合科学技術研究科理学専攻 - 地球科学コース
創造科学技術研究部 - 環境サイエンス部門
防災総合センター






image-profile
最終更新日:2018/08/10 2:06:00

教員基本情報

【取得学位】
博士(学術)  金沢大学   1990年3月
【研究分野】
数物系科学 - 地球惑星科学 - 層位・古生物学
【相談に応じられる教育・研究・社会連携分野】
津波堆積物,古地震
【現在の研究テーマ】
海底洞窟堆積物の古環境学的研究
氷河性海水準変動に対する浅海堆積物と生物の応答様式
静岡県の津波堆積物と古地震
【研究キーワード】
古環境学, 古生物学, 第四紀, 津波堆積物, 古地震
【所属学会】
・日本地球惑星科学連合
・地球環境史学会
・日本古生物学会
・日本第四紀学会
・日本地質学会
【個人ホームページ】
http://akihisakitamura.la.coocan.jp/
【研究シーズ】
[1]. 静岡県における過去数千年間の津波・地震 (2018年度) [分野] 3. 環境・エネルギー [URL]
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. 静岡県河津町の海岸低地における津波堆積物調査
静岡大学地球科学研究報告 (vol)/(num) (xxx) - (zzz) (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]北村 晃寿 [共著者]三井雄太,石橋秀己,森 英樹 [備考] 全般,特に堆積物の記載,考察 南海トラフで起こる巨大地震に伴う最大クラスの津波の発生履歴を調べるために,これまで調査されていなかった静岡県河津町の海岸低地で津波堆積物を調査した.調査は,レベル2津波の想定浸水域内の2か所で掘削したボーリングコア試料について行い,その結果,古墳時代の遺物の包含層
[2]. Using molluscan assemblages from paleotsunami deposits to evaluate the influence of topography on the magnitude of late Holocene mega-tsunamis on Ishigaki Island, Japan.
Progress in Earth and Planetary Science / - (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Kitamura, A., Ito, M., Ikuta, R., Ikeda, M. [備考] 研究計画,貝の採取・同定・計測,論文執筆
[3]. Identification of tsunami deposits using a combination of radiometric dating and oxygen-isotope profiles of articulated bivalves.
Marine Geology (vol)/(num) (xxx) - (zzz) (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]北村 晃寿 [共著者]伊藤真実,坂井三郎,横山祐典,宮入陽介 [備考] 研究計画,試料採取,同定,論文執筆
[4]. 海生二枚貝類の貝殻を用いた成長線解析・酸素同位体比分析―完新世環境変動の高分解能解析―.
第四紀研究 57/1 19-29 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 北村 晃寿
[5]. Source of high tsunamis along the southernmost Ryukyu trench inferred from tsunami stratigraphy.
Tectonophysics 722/(num) 265-276 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]Ando, M [共著者]Kitamura, A,Tu, Y, ,Ohashi, Y.,Imai, T.,Nakamura, M. [備考] 津波堆積物の記載,議論,地殻変動量の記載 先島諸島で,初めて砂質津波堆積物を発見,記載.
【著書 等】
[1]. 静岡大学公開講座 ブックレット8 災害を知り,防災を考える
静岡大学イノベーション社会連携推進機構 (2014年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]北村 晃寿,原田賢治,鵜川元雄
[備考] 第3回 大地が伝える津波と地質の記憶ー静岡・伊豆の堆積物調査から
[2]. 進化学事典
共立出版 (2012年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 単訳
[著者]日本進化学会
[備考] 14.9 気候変動を執筆
[3]. 古生物学事典第二版
朝倉書店 (2010年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 単訳
[備考] 編集幹事を担当.共著担当箇所(第四紀,完新世,海水準変動,古環境など20の用語説明を担当.)
[4]. 淡水魚類地理の自然史
北海道大学出版会 (2010年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[備考] 共著担当箇所(第2章 日本列島の成立と古環境,13-28.)
[5]. 日本列島ジオサイト地質百選II
オーム社 (2010年)
[著書の別]その他
[単著・共著・編著等の別] 単訳
[著者]日本の地質百選選定委員会
[備考] 共著担当箇所(33.犀川沿い大桑層<石川県>,42.日本平<静岡県>)
【学会発表・研究発表】
[1]. 先島諸島における津波堆積物の“埋蔵地”の発見
2018年日本地球惑星科学連合大会 (2018年5月) 招待講演
[発表者]北村 晃寿
[備考] 日本地球惑星科学連合大会,千葉市,幕張メッセ
[2]. 御前崎の隆起貝層の再発見
2018年日本地球惑星科学連合大会 (2018年5月) 招待講演以外
[発表者]北村 晃寿
[備考] 2018年日本地球惑星科学連合大会
[3]. 三浦半島江奈湾干潟の堆積物中のCNS元素分析
2018年日本地球惑星科学連合大会 (2018年5月) 招待講演以外
[発表者]山本 有夏,北村 晃寿,山田 和芳
[備考] 日本地球惑星科学連合大会,千葉市,幕張メッセ
[4]. 伊豆諸島四島の後期完新世の地殻変動・津波・高潮
日本地質学会 (2017年9月) 招待講演以外
[発表者]北村 晃寿
[備考] 愛媛大学 日本地質学会
[5]. 伊豆諸島に見られる海生生物遺骸の固着した「打ち上げ巨礫」
日本第四紀学会 (2017年8月) 招待講演以外
[発表者]北村 晃寿
[備考] 福岡大学 日本第四紀学会
【共同・受託研究】
[1]. 学内共同研究 焼津市における津波堆積物調査
代表 ( 2015年11月 ~ 2016年3月 )
[相手先] 焼津市
【科学研究費助成事業】
[1]. 南海トラフ東部におけるレベル1.5地震・津波の実態解明 ( 2017年4月 ~ 2020年3月 ) 基盤研究(B) 代表
[備考] 国は,2013年に「将来発生する地震は二つのレベルの地震に限らず様々な地震を想定し,防災・減災の目標を定めて対策を講じるものである」とした.二つのレベルとはレベル1と2のことである.研究代表者などの調査では,南海トラフ東部からは過去4000年間にレベル2津波の痕跡は未見だが,レベル1と2の中間規模(

[2]. 南海トラフ東端における津波堆積物と地殻変動に関する研究 ( 2014年4月 ~ 2017年3月 ) 基盤研究(B) 代表

[3]. 洞窟性微小二枚貝の同位体比と微量元素分析に基づく生活史戦略の進化と気候変動の解明 ( 2010年4月 ~ 2013年3月 ) 基盤研究(C) 代表
[備考] 貧栄養化に対する適応戦略と気候への太陽活動の影響を,洞窟性微小二枚貝Carditella iejimensis(殻長3.5mm以下)の化石試料から解明する.

[4]. 海底洞窟生微小二枚貝の酸素同位体比から探る過去7,000年間の黒潮の動態 ( 2007年4月 ~ 2009年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[5]. 海底洞窟堆積物による後期完新世の古環境復元 ( 2004年4月 ~ 2007年3月 ) 基盤研究(B) 代表
[備考] 本研究では,沖縄県伊江島沖のサンゴ礁斜面に開口する海底洞窟"大洞窟"から堆積物を採取し,後期完新世の沖縄サンゴ礁の古環境・気候変動を復元を行った.

【外部資金(科研費以外)】
[1]. 伊豆半島南部で過去1500年間に起きた大地震の研究 (2013年8月 - 2014年3月 ) [提供機関] 大学ネットワーク静岡 [制度名] 平成25年度大学ネット静岡 ゼミ学生地域貢献推進事業
[2]. 静岡県静岡平野における津波堆積物調査 (2012年1月 - 2013年3月 ) [提供機関] 財団法人藤原ナチュラルヒストリー振興財団 [制度名] 平成23年度第20回学術研究助成
[3]. 沈水鍾乳石を用いた海水準変動の高精度復元 (2011年6月 - 2012年5月 ) [提供機関] 三菱財団 [制度名] 第42回(平成23年度) 三菱財団自然科学助成
[4]. 静岡平野における津波堆積物の分布調査 (2011年4月 - 2012年3月 ) [提供機関] 静岡大学 [制度名] 学長裁量経費:静岡平野における津波堆積物の分布調査
[5]. 急速な温暖化に対する浅海底生動物の応答 (2001年3月 - 2002年3月 ) [提供機関] 日産科学振興財団 [制度名] 日産学術研究助成
【受賞】
[1]. Progress in Earth and Planetary Science (PEPS)の「The Most Cited Paper Awards 2018」 (2018年4月)
[備考] 国際誌「Progress in Earth and Planetary Science (PEPS)」に掲載された共著論文「The Pliocene to recent history of the Kuroshio and Tsushima Currents: a multi-proxy appr
[2]. Most Accessed Paper Awards, Progress in Earth and Planetary Science (2017年4月)
[備考] 受賞対象論文Gallagher S., Kitamura, A., Iryu Y., Itaki, T., Koizumi, I., Hoiles, P., 2015. The Pliocene to Recent History of the Kuroshio and Tsushima Curre
[3]. 2014年度日本古生物学会論文賞 (2015年1月)
[備考] 日本古生物学会 対象論文 Kitamura, A., Kobayashi, K., Tamaki, C., Yamamoto, N., Irino, T., Miyairi, Y. and Yokoyama, Y., 2013. Paleontological Research, 17, 58-6
[4]. 日本古生物学会学術賞 (課題名:新生代後期の気候変動に対する貝類群集の応答) (2006年6月)
[備考] 授与・助成団体名(日本古生物学会)
[5]. 日本第四紀学会論文賞 (課題名:3.9 Ma から1.0 Ma の日本海の南方海峡の変遷史) (2005年8月)
[備考] 授与・助成団体名(日本第四紀学会)
【学会・研究会等の開催】
[1]. 地震津波シンポジウム「東海・南海巨大地震を考えるin SHIMIZU」 (2017年3月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 清水テルサ
[備考] 主催:静岡大学防災総合センター,東北大学総合学術博物館 共催:ふじのくに地球環境史ミュージアム,静岡県危機管理部,高知大学海洋コア総合研究センター 協賛:JAMSTEC 後援:地震・津波対策を考える都道府県議会議員連盟 来賓挨拶 全国津波議連会長畠山和純 来賓挨拶 静岡県副知事難波喬司
[2]. 日本地質学会中部支部2016年支部年会・シンポジウム (2016年6月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 静岡市大谷 ふじのくに地球環境史ミュージアム
[備考] 「地質記録から探る静岡県の低頻度大規模自然災害」を開催. 開催のあいさつ 安田喜憲 南海・駿河トラフの巨大地震の研究の経緯・・安藤雅孝 東日本大震災と貞観地震・津波の地質学的痕跡・・菅原大助 南海・駿河トラフの巨大津波のシミュレーション・・原田賢治 地質記録から探る静岡県の巨大津波・地震の
[3]. 日本地質学会 (2003年9月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 静岡
[備考] 学会主催者(日本地質学会)
[4]. 日本古生物学会 (2003年6月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 静岡市
[備考] 学会主催者(日本古生物学会)
【その他学術研究活動】
[1]. 学生引率(石川県金沢市) (2011年1月 )
[備考] 地球科学長期巡検I,II,III,IV
[2]. 学生引率(小笠原諸島父島) (2008年9月 )
[備考] 地球科学長期巡検I, II,III,IV
[3]. 学生引率(石川県金沢市) (2006年8月 )
[備考] 地球科学長期巡検I,II,III,IV
[4]. 学術雑誌等の編集(Island Arc) (2004年3月 )
[備考] 編集委員
[5]. 学術雑誌等の編集(第四紀研究) (2003年8月 - 2005年7月 )
[備考] 編集委員

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 学部専門科目 地球科学卒業演習Ⅱ (2017年度 - 前期 )
[2]. 学部専門科目 地球科学論文演習I (2017年度 - 前期 )
[備考] 8名の教員で実施
[3]. 学部専門科目 地球科学論文演習II (2017年度 - 後期 )
[備考] 8名の教員で実施
[4]. 学部専門科目 地球科学論文演習III (2017年度 - 前期 )
[備考] 8名の教員で実施
[5]. 学部専門科目 地球科学論文演習IV (2017年度 - 後期 )
[備考] 8名の教員で実施
【指導学生数】
2017年度
修士指導学生数 1 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2016年度
修士指導学生数 1 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2015年度
修士指導学生数 1 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2014年度
修士指導学生数 0 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2013年度
修士指導学生数 0 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
【指導学生の受賞】
[1]. 笹川科学研究助成 (2018年3月)
[受賞学生氏名] 山本有夏
[授与団体名] 公益財団法人 日本科学協会
[備考] 研究課題名:東海地震の発生間隔の実証研究 内定金額:650,000円
[2]. 伊豆半島ジオパーク学術研究支援事業補助金 (2017年8月)
[受賞学生氏名] 山本有夏
[授与団体名] 伊豆半島ジオパーク推進協議会
[備考] 学術研究補助金「南伊豆町入間海岸の津波石(?)の研究」補助金額20万円
[3]. 伊豆半島ジオパーク学術研究支援事業補助金 (2015年8月)
[受賞学生氏名] 今井啓文
[授与団体名] 伊豆半島ジオパーク推進協議会
[備考] 南伊豆町の「手石の弥陀の岩屋」に隣接する海食洞内の地質学的調査
[4]. 静岡大学大学院創造科学技術大学院学生表彰 (2009年4月)
[受賞学生氏名] 山本なぎさ
[授与団体名] 静岡大学大学院創造科学技術大学院
[5]. 笹川研究助成(49万円) (2007年4月)
[受賞学生氏名] 山本なぎさ
[授与団体名] 日本科学協会

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 公開講座 サイエンスカフェin静岡 (2017年9月 - 2017年9月 )
[内容] 「レベル1.5津波」
[備考] B-nest
[2]. 出張講義 港公民館 父親学級公開講座 (2017年7月 - 2017年7月 )
[内容] 「焼津市における津波堆積物調査」
[備考] 焼津市港公民館
[3]. 公開講座 平成29年度富士市民大学前期ミニカレッジ「防災講座」 (2017年5月 - 2017年6月 )
[内容] 歴史地震と大規模地震対策特別措置法,レベル2の地震・津波を2回にわたって講義
[備考] 常葉大学富士キャンパス
[4]. シンポジウム 東海・南海巨大地震を考えるin SHIMIZU (2017年3月 - 2019年3月 )
[内容] 地震津波シンポジウム「東海・南海巨大地震を考えるin SHIMIZU」を主催. 「静岡県のレベル2と1,そして1.5の地震・津波」を講演.
[備考] 清水テルサ 3月25日開催 主催:静岡大学防災総合センター,東北大学総合学術博物館 共催:ふじのくに地球環境史ミュージアム,静岡県危機管理部,高知大学海洋コア総合研究センター 協賛:海洋研究開発機構(JAMSTEC) 後援:地震・津波対策を考える都道府県議会議員連盟
[5]. シンポジウム ワークショップ「南海トラフ地震の予測に必要な観測・研究は何か」 (2017年2月 - 2017年2月 )
[内容] 研究講演 静岡県におけるレベル1.5地震・津波の発生について
[備考] 会場|静岡県立大学 谷田キャンパス 一般教育棟3階 2309講義室 主催|静岡県立大学グローバル地域センター 共催|静岡大学防災総合センター、東海大学海洋研究所
【報道】
[1]. 新聞 貝殻からわかる津波発生の季節 埋蔵二枚貝の成長途絶から推定 (2018年5月25日)
[概要]科学新聞 p. 6
[2]. 新聞 御前崎に「隆起貝層」 14世紀東海地震起因 (2018年5月22日)
[備考] 静岡新聞朝刊30面
[3]. 新聞 平成29年12月15日 科学新聞 4p 「1771年 八重山地震時と同規模 過去2000年間に津波4回 砂質の堆積物調査で判明」 (2017年12月15日)
[備考] 科学新聞 p. 4
[4]. テレビ 南海トラフ級の津波の痕跡なし (2017年12月10日)
[備考] NHK 各地のニュース 静岡県のニュース
[5]. 新聞 「600年間隔で巨大津波発生」沖縄・先島諸島 静岡大学などが確認 (2017年12月6日)
[備考] 日刊工業新聞 朝刊25p
【学外の審議会・委員会等】
[1]. 日本古生物学会評議員 (2017年6月 - 2019年6月 )
[活動内容]常務委員(会員)
[2]. 伊豆半島ジオパーク推進協議会学術部会会員 (2016年6月 - 2017年3月 )
[活動内容]伊豆半島ジオパークに関する学術的支援
[3]. 日本地質学会 (2016年6月 - 2018年5月 )
[活動内容]代議員
[4]. 地球環境史学会評議員 (2016年6月 - 2018年5月 )
[5]. ふじのくに地球環境史ミュージアムアドバイザー (2016年4月 - 2017年3月 )
[活動内容]ふじのくに地球環境史ミュージアムの展示物等のアドバイザー

国際貢献実績

管理運営・その他