トップページ  > 教員個別情報  > 講師・イベント等

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 北村 晃寿 (KITAMURA Akihisa)

講師・イベント等

【講師・イベント等】
[1]. 公開講座 第132回ふじのくに防災学講座 (2021年3月 - 2021年3月 )
[内容] 次の南海トラフ巨大地震の様相
[備考] 静岡県地震防災センター2階ないふるホールとオンライン
[2]. 公開講座 静岡大学・読売新聞 連続市民講座「静岡学事始め 第二章 歴史と大地の“層”を紐解く 」 (2020年10月 - 2020年10月 )
[内容] 静岡県における過去数千年間の地震・津波の履歴
[備考] オンライン講座
[3]. 講演会 企画展「大絶滅」 記念講演会「化石から分かった生物界の大異変」 (2019年12月 - 2019年12月 )
[内容] 内容:片付けないと物が増えていくように、生物の種類も増えてきました。「化石記録」から、数億年に一度‘片付け’すなわち大絶滅が起きたことがわかりました。「何が起きたのか?」を理解するのに必要な「化石記録」について紹介します。
[備考] ふじのくに地球環境史ミュージアム
[4]. 公開講座 静岡県における南海トラフの巨大地震・津波の最新知見 (2019年7月 - 2019年7月 )
[内容] 放送大学 公開講演会
[備考] 浜松市地域情報センター ホール
[5]. 公開講座 平成30年度オムニバス授業 地球環境史学 静岡地震津波研究のいま (2018年12月 - 2018年12月 )
[内容] レベル1・2の地震・津波,歴史地震・津波,東北地方太平洋沖地震による巨大津波,静岡県の4000年間の津波,レベル1.5の地震・津波
[備考] ふじのくに地球環境史ミュージアム
[6]. 公開講座 平成30年度市民大学リレー講座「災害と向き合う」 大地が伝える津波と地震の記憶~静岡・清水平野の津波堆積物調査から~ (2018年11月 - 2018年11月 )
[内容] 静岡県内の歴史地震・津波,レベル2の地震・津波に関する研究を講義
[備考] アイセル21
[7]. 公開講座 「人と水害」過去・現在・未来 (2018年11月 - 2018年11月 )
[内容] 洪水が作り出す地形と洪水堆積物について講演
[備考] http://www.jgskantou.sakura.ne.jp/report/20181117.htmlから資料をダウンロード可能
[8]. 公開講座 焼津市における津波堆積物調査 (2018年6月 - 2018年6月 )
[内容] 6月30日(土)10:00~11:30
[備考] 焼津市小川公民館
[9]. 公開講座 サイエンスカフェin静岡 (2017年9月 - 2017年9月 )
[内容] 「レベル1.5津波」
[備考] B-nest
[10]. 出張講義 港公民館 父親学級公開講座 (2017年7月 - 2017年7月 )
[内容] 「焼津市における津波堆積物調査」
[備考] 焼津市港公民館
[11]. 公開講座 平成29年度富士市民大学前期ミニカレッジ「防災講座」 (2017年5月 - 2017年6月 )
[内容] 歴史地震と大規模地震対策特別措置法,レベル2の地震・津波を2回にわたって講義
[備考] 常葉大学富士キャンパス
[12]. シンポジウム 東海・南海巨大地震を考えるin SHIMIZU (2017年3月 - 2019年3月 )
[内容] 地震津波シンポジウム「東海・南海巨大地震を考えるin SHIMIZU」を主催. 「静岡県のレベル2と1,そして1.5の地震・津波」を講演.
[備考] 清水テルサ 3月25日開催 主催:静岡大学防災総合センター,東北大学総合学術博物館 共催:ふじのくに地球環境史ミュージアム,静岡県危機管理部,高知大学海洋コア総合研究センター 協賛:海洋研究開発機構(JAMSTEC) 後援:地震・津波対策を考える都道府県議会議員連盟
[13]. シンポジウム ワークショップ「南海トラフ地震の予測に必要な観測・研究は何か」 (2017年2月 - 2017年2月 )
[内容] 研究講演 静岡県におけるレベル1.5地震・津波の発生について
[備考] 会場|静岡県立大学 谷田キャンパス 一般教育棟3階 2309講義室 主催|静岡県立大学グローバル地域センター 共催|静岡大学防災総合センター、東海大学海洋研究所
[14]. 講演会 第103回「産学官交流」講演会 (2016年9月 - 2016年9月 )
[内容] 静岡県における東海地震(レベル1)および最大クラス(レベル2)の巨大地震・津波の研究
[備考] 静岡市清水産業・情報プラザ主催,新産業開発振興機構共催 開催場所 静岡市清水産業・情報プラザ
[15]. 高大連携 沼津市立沼津高等学校 上級学校模擬授業 (2016年9月 - 2016年9月 )
[内容] 地球科学 静岡県の地震・津波について歴史的実体から理解
[備考] 沼津市立沼津高等学校
[16]. 講演会 ワークショップ「東京圏の大地震にどう備えるか」 (2016年8月 - 2016年8月 )
[内容] 津波堆積物からの知見
[備考] 防災学術連携体主催 東京大学山上会館 南海トラフで発生する最大クラスの津波の想定のうち,東京圏に最大被害を与える想定では東京湾内の津波高は約2.5mである.この津波は静岡県にも最大被害を与えるが,同県では過去4千年間に最大クラスの津波の発生を示す津波堆積物は見つかっていない(Kitamura 20
[17]. 講習会 第11回地盤技術講習会 (2016年7月 - 2016年7月 )
[内容] 「津波堆積物調査の方法と沖積平野における試料観察による堆積環境(場)の推定」を講演
[備考] 主催:静岡県地質調査業協会 レイアップ御幸町 5階会議室5-D
[18]. シンポジウム 地質記録から探る静岡県の低頻度大規模自然災害 (2016年6月 - 2016年6月 )
[内容] 静岡県沿岸地域では,過去4千年間にレベル2津波の痕跡はない.駿河湾では,1498年の明応東海地震と887年の仁和地震で海底地滑りによる海没が起きたと推定される.静岡県では,海底地滑りによる海没・局地的津波への備えが必要である.
[備考] 会場:ふじのくに地球環境史ミュージアム 世話人:山田和芳・北村晃寿 開催のあいさつ 安田喜憲 南海・駿河トラフの巨大地震の研究の経緯・安藤雅孝 東日本大震災と貞観地震・津波の地質学的痕跡・菅原大助 南海・駿河トラフの巨大津波のシミュレーション・原田賢治 地質記録から探る静岡県の巨大津波・
[19]. 講演会 焼津市防災講演会「焼津平野における津波堆積物調査」(焼津市主催) (2015年10月 - 2015年10月 )
[内容] 静岡県の過去約4000年間の地層記録からは,レベル2に相当する津波堆積物は検出されていない.
[備考] 焼津市大井川文化会館(ミュージコ)
[20]. 出張講義 ジオパークで広がる伊豆半島の可能性 (2015年3月 )
[内容] 静岡県中・東部で起きた過去数千年間の地震・津波
[備考] 3月21日沼津市プラサヴェルデ
[21]. 公開講座 静岡大学・読売新聞連続市民講座2014 静岡学事始め―静岡の文化・風土の成り立ちを考える― (2014年8月 - 2014年8月 )
[内容] 静岡県における過去数千年間の地震・津波の履歴
[備考] 静岡示あざれあ,8月2日開催. 東北地方太平洋沖地震に伴う津波災害を契機に、私は静岡・清水平野と伊豆半島南部で津波堆積物と古地震の調査を行ってきました。調査から見えてきた静岡県における過去数千年間の地震・津波の履歴を紹介します。
[22]. 公開講座 2013年度 静岡大学・ユーコープ連携講座 災害を知り、防災を考える (2014年2月 - 2014年2月 )
[内容] 「大地が伝える津波と地震の記憶~静岡・清水平野の堆積物調査から~」
[備考] 2月15日(土)14:00~16:00 浜松市勤労会館Uホール  2月22日(土)14:00~16:00 静岡県教育会館すんぷらーざ 
[23]. 公開講座 大学ネットワーク静岡共同公開講座 (2013年11月 - 2013年11月 )
[内容] 下田市と南伊豆町の大地に残された地震の記録
[備考] 下田市立朝日小学校 東北地方太平洋沖地震に伴う大災害を教訓に、静岡県では第4次地震被害想定を策定している。その一環として、静岡大学と静岡県は、津波堆積物の調査が行われていない下田市と南伊豆町で、津波堆積物の調査を行っている。これまでの調査で、津波堆積物は見つかっていないが、「地震に伴う大地の隆
[24]. 公開講座 大地が伝える津波と地震の記憶~静岡・伊豆の堆積物調査から~ (2013年9月 - 2013年9月 )
[内容] 2013静岡大学公開講座 災害を知り、防災を考える
[備考] 開催場所(沼津市民文化センター) 東日本大震災が起こり、想定東南海地震および富士山の火山活動は、静岡に住む者にとってますます大きな関心事となっています。地震や津波、噴火などの災害の起こるメカニズムを知り、改めて日々の生活の中で命を守るすべを考え、準備することが重要な課題となっています。本講座では、
[25]. 講演会 【フォーラム】南から来た大地のものがたり (2013年8月 - 2013年8月 )
[備考] 下田市市民文化会館大ホール 【プログラム】 第一部 研究者による基調講演 1.南からきた大地のものがたり 小山真人(静岡大学教育学部教授・静岡大学防災総合センター副センター長) 2.伊豆半島南部における地殻変動と津波堆積物調査 北村晃寿(静岡大学理学部准教授) 第二部 サマースクー
[26]. 公開講座 静岡大学サイエンスカフェ (2012年8月 - 2012年8月 )
[内容] 静岡平野における津波堆積物の調査
[備考] 開催場所(ペガサート)
[27]. 講演会 有度地区まちづくり推進委員会第8回講演会 (2012年3月 )
[内容] 静岡市における津波堆積物の調査
[備考] 開催場所(七ツ新屋自治会館)
[28]. 講演会 大震災に備える~東日本大震災の教訓~ (2011年11月 )
[内容] 地質から読み取れる津波の痕跡
[備考] 開催場所(静岡市あざれあ)
[29]. 講演会 平成23年度 防災・日本再生シンポジウム第一回「多角的な災害教訓から静岡の防災を (2011年10月 )
[内容] 静岡県内における津波堆積物調査について
[備考] 開催場所(静岡商工会議所)
[30]. 講演会 静岡トレンド研究会9月例会 (2011年9月 )
[内容] 静岡平野を襲った過去の大津波
[備考] 開催場所(静岡商工会議所会館)
[31]. 講演会 海底洞窟に隠された地球温暖化の真実 (2007年5月 )
[内容] サイエンスカフェ
[備考] 開催場所(静岡市ペガサート)