トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 鎌塚 優子 (KAMAZUKA Yuko)

鎌塚 優子 (KAMAZUKA Yuko)
教授 (兼務:全学教育基盤機構副機構長, 学生支援センター長, 副学長)
学術院教育学領域 - 保健体育系列
教育学部 - 養護教育専攻 大学院教育学研究科 - 学校教育研究専攻


image-profile
最終更新日:2024/06/20 2:05:05

教員基本情報

【取得学位】
修士(教育学)  横浜国立大学   2002年3月
博士(教育学)  東京学芸大学   2011年9月
【相談に応じられる教育・研究・社会連携分野】
養護教諭研修
学校保健
保健教育
特別支援教育
【現在の研究テーマ】
養護教諭の実践
ヘルス・プロモ-ティング・スク-ル
発達障害児の心身の健康教育
ケ-スメソッド教育
【研究キーワード】
養護教諭, 学校保健, 子どもの心の問題, ヘルス・プロモ-ティング・スク-ル, 保健教育, ケ-スメソッド教育
【所属学会】
・日本健康相談活動学会
・東海学校保健学会
・日本教育保健学会
・日本小児保健協会
・日本LD学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. 児童に心理的な要因があると養護教諭が判断する際の思考の概念化
教科開発学論集 (愛知教育大学大学院・静岡大学大学院教育学研究科共同教科開発学専攻) 12/ 23-35 (2024年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 三宅 昂子, 鎌塚 優子
[2]. 社会的実践力を高めるための健康行動スキルの育成をめざした保健教育の実践 : 小学校4年生での体の成長の単元に着目して
静岡大学教育実践総合センター紀要 341/ 325-330 (2024年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 岡田祐子,鎌塚優子
[3]. 養護教諭の専門力向上のための職務評価の検討 : 公立小学校・中学校に着目して
静岡大学教育実践総合センター紀要 34/ 325-330 (2024年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 大久保, 律子 鎌塚, 優子 吉澤, 勝治
[4]. ケースメソッド教育は,学校教育におけるリーダーシップの探究にど う貢献するか
静岡大学教育学部研究報告(人文・社会・自然科学篇) 74/ 176-191 (2023年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 中村 美智太郎,鎌塚 優子,稲葉 英彦,竹内 伸一 [備考] 4.授業実践の分析 ,pp5-13
[5]. 教科として学ぶ保健授業に係る養護教諭の専門性と役割 -保健指導的な立場からのかかわりを意図して-
静岡大学教育実践総合センター紀要 33/ 246-253 (2023年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 小野 生吹、勝野 由志雄、鎌塚 優子、野津 一浩
【著書 等】
[1]. 養護教諭のためのヘルシースクールハンドブックーこれからの養護教諭に必要なことー
ぶんしん出版 (2024年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]亀崎路子、黒子彩子、沖津奈緒、鎌塚優子他 [担当範囲] インクル-シブ教育を通じて養護教諭の専門性とは何かを問う [総頁数] 220 [担当頁] pp.199-202
[2]. 標準保健師講座3対象別公衆衛生看護活動
医学書院 (2024年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]中谷芳美、山口忍、加澤佳奈、鎌塚優子他 [担当範囲] 9章 学校保健 A学校保健の基本 B学校保健における課題への対策 4学校保健活動の展開と養護教諭の職務 [担当頁] pp.248-259,pp.270-279
[3]. 健康相談活動学ー実践から理論そして学問へー
(株)ぎょうせい (2023年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 分担執筆
[著者]三木とみ子、徳山美智子、大沼久美子、鎌塚優子他 [担当範囲] 第1章学問としての健康相談活動 第3節健康相談の原理と哲学 1)教育学の基盤となる学問やその考え方(1)健康相談活動と教育学、(2)健康相談活動の原理と哲学,第2章健康相談活動の理論・健康相談活動の方法 3)発達障害、5多職種・他機関連携5)心理社会発達的要因と健康相談活動 (1)アセスメントを支える近接学問領域の理解、(2)指標、アセスメントシ-ト等の活用による資質・能力向上効果、第3章養護教諭に求められる資質・能力、第2節これからの健康相談活動学 [担当頁] pp17-18,pp.64-69,pp.71-72,pp.110-114,pp163-167
[4]. 健康を衛る学校掃除マニュアル -感染症に強い社会をつくるために-
一般財団法人 ジャパンワンヘルスネットワーク財団 (2023年)
[著書の別]その他
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]賀来 満夫、吉⽥眞紀⼦、 ⾼⿃ 浩介、久⽶⽥ 裕⼦他(監修):賀来 満夫、 鵜澤 京⼦、 鎌塚 優⼦、 ⼩島 みゆき、 徳⽥ ⼀ [総頁数] 53 [URL]
[5]. 討論して学ぶ 探究的道徳ケースブック ー社会に貢献する子供を育むー
静岡学術出版 (2023年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 編者
[著者]中村美智太郎、鎌塚優子、竹内伸一 [総頁数] 119頁
【学会発表・研究発表】
[1]. 学校現場における感染症対策と掃除の融合ー感染症対策リテラシ-の向上を目指して
第2回ワンヘルスネットワークフォーラム (2023年12月2日) 招待講演以外
[発表者]鵜澤京子,小島みゆき,鎌塚優子,徳田一,吉田眞紀子,賀来満夫
[備考] 東京都(赤坂インタ-シティコンファレンス)
[2]. Institutional and Pedagogical Responses of Teacher Education Institutions in times of COVID-19 (during and after):The Case of Shizuoka University,Japan
1st International Teacher Education Conference (2021年12月8日) 招待講演以外
[発表者]Takami NOBUHARA. Jun YANO. Yuko KAMAZUKA
[備考] via Zoom Platform
[3]. 小学校の活動場面別に見た負傷・疾病事故発生率の年次比較
日本安全教育学会 第21回静岡大会プログラム予稿集 (2020年10月11日) 招待講演以外
[発表者]満下健太、村越真、鎌塚優子
[備考] 静岡市(常葉大学静岡草薙キャンパス)
[4]. 養護教諭養成教育における「養護」の概念生成演習の試み
日本健康相談活動学会第16回学術集会抄録集 (2020年2月23日) 招待講演以外
[発表者]鹿野裕美、鎌塚優子、斎藤千景
[備考] 静岡県コンベンションア-ツセンタ-(静岡市)日本健康相談活動学会2.23
[5]. 児童発達支援センターに通所する子どもの親が疲弊する状況、
日本健康相談活動学会第16回学術集会抄録集 (2020年2月23日) 招待講演以外
[発表者]古川恵美、鎌塚優子
[備考] 静岡県コンベンションア-ツセンタ-(静岡市)日本健康相談活動学会2.23
【科学研究費助成事業】
[1]. 養護教諭養成教育における「看護学」のモデルカリキュラム構築に関する研究 ( 2023年4月 ~ 2026年3月 ) 基盤研究(C) 分担
[2]. 新時代の医療・教育専門職養成を目指す大学間連携プログラムの構築 ( 2022年4月 ~ 2025年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[3]. 「探究的な学び」プログラム開発と実践を通じた高校における道徳教育の刷新と展開 ( 2022年4月 ~ 2025年3月 ) 基盤研究(C) 分担

[4]. 学校における活動場面別事故リスクの定量的・定性的評価に基づく事故発生実態の解明 ( 2019年6月 ~ 2021年3月 ) 挑戦的研究(萌芽) 代表

[5]. 養護教諭の実践の基盤となる理論構築のための系統的教育プログラムの開発 ( 2018年4月 ~ 2022年3月 ) 基盤研究(C) 分担

【外部資金(科研費以外)】
[1]. 養護教諭が性的マイノリティ児童生徒への支援において果たす役割についての調査研究 (2018年7月 - 2019年3月 ) [提供機関] ふじの国・地域・大学コンソ-シアム [制度名] ふじの国・地域・大学コンソ-シアム共同研究助成事業 [担当区分] 研究代表者
[2]. 道徳教育等に活かすケ-スメソッド教育の教材開発と評価 (2014年7月 - 2015年8月 ) [提供機関] 公益財団法人文教協会 [制度名] 平成26年度文教協会研究助成 [担当区分] 研究代表者
【受賞】
[1]. 特別支援教育における養護教諭の果たす役割と専門性 (2006年12月)
[備考] 静岡県教育委員会(静岡県教育委員会平成18年度教育奨励賞,(優秀賞))
【学会・研究会等の開催】
[1]. 日本高校教育学会第31回大会 実行委員長 (2024年7月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 静岡市(静岡県コンベンションアーツセンター)
[2]. 日本健康相談活動学会第16回学術集会 学会長 (2020年2月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 静岡県コンベンションア-ツセンタ-グランシップ(静岡市)
[3]. 第59回東海学校保健学会実行委員長 (2016年9月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 静岡コンベンションア-ツセンタ-(静岡市)
[4]. 日本健康相談活動学会第11回学術集会 副実行委員長 (2015年3月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 愛知学院大学
[5]. 静岡県養護教諭実践研究会 (2013年12月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 静岡市
【その他学術研究活動】
[1]. 静岡県養護教諭実践研究会 (2013年12月 )

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 学部専門科目 小児保健特論 (2024年度 - 後期 )
[2]. 学部専門科目 学校保健 (2024年度 - 前期 )
[3]. 学部専門科目 養護学概論Ⅱ (2024年度 - 前期 )
[4]. 学部専門科目 臨床医学各論Ⅰ (2024年度 - 前期 )
[5]. 学部専門科目 健康相談論 (2024年度 - 前期 )
【指導学生数】
2024年度
卒研指導学生数(3年) 6 人
卒研指導学生数(4年) 5 人
修士指導学生数 3 人
博士指導学生数(主指導) 2 人 博士指導学生数(副指導) 6 人
2023年度
卒研指導学生数(3年) 10 人
卒研指導学生数(4年) 11 人
修士指導学生数 2 人
博士指導学生数(主指導) 1 人 博士指導学生数(副指導) 4 人
2022年度
卒研指導学生数(3年) 11 人
卒研指導学生数(4年) 11 人
修士指導学生数 3 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 3 人
2021年度
卒研指導学生数(3年) 11 人
卒研指導学生数(4年) 11 人
修士指導学生数 2 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 3 人
2020年度
卒研指導学生数(3年) 11 人
卒研指導学生数(4年) 10 人
修士指導学生数 1 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 1 人

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 研修会 令和6年度愛知県学校保健会県立学校部養護教諭第1回研究会 (2024年6月 - 2024年6月 )
[内容] 心身の健康課題を抱える生徒への支援
[備考] 名古屋市熱田文化小劇場ホール(愛知県)
[2]. 研修会 第8回インタ-ナショナルスク-ルスク-ルナ-ス研修会 (2024年6月 - 2024年6月 )
[内容] 22nd Biennial School Nurses International Conference in Shizuoka, Japan 2025 For the future of children around the world living in diverse societies Connecting with the world, Learning from each other, and Further Deepening Expertise
[備考] インタ-ナショナルスク-ル東京
[3]. 研修会 令和6年度 第1回中堅教諭研修(静岡市教育委員会) (2024年5月 )
[内容] 養護教諭の専門性を活かした健康教育
[備考] 静岡市教育センタ-
[4]. 公開講座 長泉小学校教員研修会,講師 (2024年2月 )
[内容] 特別支援教育の基本について
[備考] 長泉小学校
[5]. 研修会 藤枝市教育研究部,学校保健部研修会,講師,藤枝市教育委員会 (2024年1月 )
[備考] 藤枝市生涯学習センタ-
【報道】
[1]. ラジオ SBSラジオ「仕事のコツ」 (2024年4月21日)
[2]. 新聞 目を休める時間を 寝る前は控えて (2024年1月14日)
[備考] 静岡新聞朝刊16面
[3]. 新聞 教員の精神疾患療養 (2023年7月25日)
[備考] 「静岡新聞朝刊1面」
[4]. 雑誌 保健×ICTで「対話的な学び」をアップグレ-ドしよう (2022年7月1日)
[概要]対話によって双方の学習意欲を高める小中連携の保健授業
[備考] 体育科教育 大修館書店
[5]. 雑誌 協働を支える・養護教諭の連携ー求められるつながる・伝える力ー (2021年12月1日)
[概要]さまざまな職種・機関と連携していくために養護教諭に求められる力
[備考] 東山書房
【学外の審議会・委員会等】
[1]. 東海養護教諭教育研究会会長 (2024年5月 - 2025年3月 ) [団体名] 東海養護教諭教育研究会
[2]. 日本養護教諭養成大学協議会 副会長 (2024年4月 - 2027年3月 ) [団体名] 日本養護教諭養成大学協議会
[3]. いじめ調査委員会委員 (2023年12月 - 2026年11月 ) [団体名] 静岡県
[活動内容]学校等が行った調査の再調査
[4]. キャリア教育推進協議会委員 (2023年12月 - 2024年11月 ) [団体名] 静岡県教育委員会
[活動内容]助言
[5]. 情報公開審査会委員 (2023年12月 - 2025年11月 ) [団体名] 静岡県
[活動内容]調査審議・答申
【その他社会活動】
[1]. 静岡大学生活協同組合理事 (2014年4月 - 2016年1月 )

国際貢献実績

【その他国際貢献実績】
[1]. 22nd Biennial School Nurses International Conference Japan 2025 大会長 (2023年7月 - 2025年7月 )
[2]. 日本學校護理教師(養護教諭)在健康促進學校與社區合作上的貢獻、2013年健康促進國際學術研討會(2013INTERNATIPNAL CONFERENCE ON HEALTH PROMPTION )中華民國學校衛生學會、台灣健康促進曁衛生教育學會、國立臺灣師範大學健康促進與衛生教育學系、主辨單位、平成25年12月15日(台北市和平東路一段162號國立臺灣師範大學校本部誠大樓101會議室) (2013年12月 - 2013年12月 )

管理運営・その他

【所属長等】
[1]. ダイバーシティ,エクイティ&インクルージョン推進室(副室長) (2024年4月 )
[2]. 副学長(学生支援担当) (2023年4月 - 2025年3月 )
[3]. サスティナビリティーセンター連携推進部門 部門長 (2022年4月 )
[備考] 継続中
[4]. 学部長補佐室員 (2021年4月 - 2023年3月 )