氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 鎌塚 優子 (KAMAZUKA Yuko)

鎌塚 優子 (KAMAZUKA Yuko)
教授
学術院教育学領域 - 保健体育系列 教育学部 - 養護教育専攻
大学院教育学研究科 - 学校教育研究専攻








image-profile
最終更新日:2019/07/12 2:49:00

教員基本情報

【取得学位】
修士(教育学)  横浜国立大学   2002年3月
博士(教育学)  東京学芸大学   2011年9月
【研究分野】
複合領域 - 健康・スポーツ科学 - 応用健康科学
【相談に応じられる教育・研究・社会連携分野】
養護教諭研修
学校保健
保健教育
特別支援教育
【現在の研究テーマ】
養護教諭の実践
ヘルス・プロモ-ティング・スク-ル
発達障害児の心身の健康教育
ケ-スメソッド教育
【研究キーワード】
養護教諭, 学校保健, 子どもの心の問題, ヘルス・プロモ-ティング・スク-ル, 保健教育, ケ-スメソッド教育
【所属学会】
・日本健康相談活動学会
・東海学校保健学会
・日本教育保健学会
・日本小児保健協会
・日本LD学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. 子どもの心の問題に気づくための養護教諭の着眼点指標の活用
日本健康相談活動学会誌 14/1 63-74 (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 竹内佳美,松下真美子,桐下直子,佐野知子,澤田智英子,鎌塚優子
[2]. 心の問題の変遷を振り返りこれからの養護教諭の在り方を問うー多様化に向けて求められるものとはー
日本健康相談活動学会誌 14/1 1- (2019年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 鎌塚優子
[3]. 大学と連携した保健教育の実践 -救急蘇生の事例を検証し,社会の一員として何ができるかを探る- 
静岡大学教育実践総合センタ-紀要 / - (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 伊藤紫乃,鎌塚優子 
[4]. 発達障害のある当事者にとって有用な個別の指導計画作成を目指した教員スキルアップトレーニング
静岡大学教育実践総合センタ-紀要 / - (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 大石真未,鎌塚優子
[5]. 特別支援学校における性的マイノリティ児童生徒への対応と性に関する指導の実情-静岡県の養護教諭への調査を通して-
静岡大学教育実践総合センタ-紀要 / - (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 山元薫,井出智博,松尾由希子,鎌塚優子,玉井紀子,細川知子 
【著書 等】
[1]. 新版学校保健ーチ-ムとして学校で取り組むヘルスプロモ-ションー
東山書房 (2019年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 分担執筆
[著者]徳山美智子他 [担当範囲] 第6節救急処置 [総頁数] 293
[2]. 新訂 養護教諭が行う健康相談・健康相談活動の理論と実践
ぎょうせい (2019年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 分担執筆
[著者]鎌塚優子 [担当範囲] 3 健康相談・健康相談活動の研究方法 [総頁数] 222 [担当頁] p.205-207
[3]. とことん考え話し合う道徳ーケ-スメソッド教育実践入門ー
学事出版 (2018年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]中村美智太郎,鎌塚優子,竹内伸一,岡田加奈子 [担当範囲] 3 ケ-スメソッド教育の具体的な進め方 [総頁数] 127 [担当頁] 48-63,72-103
[4]. 学校の事例から学ぶフィジカルアセスメントワ-クブック
北樹出版 (2018年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]遠藤伸子,成川美和(編),岡田加奈子,宇田川和子,三森寧子,齊藤理砂子,久保田美穂,鎌塚優子,籠谷惠 [総頁数] 171 [担当頁] 77-80,106-110,136-140,141-144
[5]. 新訂 養護概説
ぎょうせい (2018年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]三木とみ子(編) [担当範囲] 第3節健康実態の把握と課題「5健康観察」 [総頁数] 249 [担当頁] 129-133
【学会発表・研究発表】
[1]. 養護教諭が性的マイノリティ児童生徒への支援において果たす役割についての調査研究-静岡モデルの構築を目指して-
(2019年2月16日) 招待講演以外
[発表者]鎌塚優子,山元薫,玉井紀子
[備考] 常葉大学,公益社団法人ふじのくに地域・大学コンソーシアム
[2]. 発達障害のある子どものニ-ズをどう捉え、どう支援するかー当事者にとって有用な個別の指導計画作成を目指したプログラムの検討ー
日本小児精神神経学会第120回記念大会 プログラム抄録集 (2018年12月) 招待講演以外
[発表者]大石真未,鎌塚優子
[備考] ニッショーホ-ル(東京)日本小児精神神経学会
[3]. 発達障害のある子どもの保護者を対象としたペアレントトレ-ニングのフォロ-アップ実践
日本LD学会 第27回大会プログラム (2018年11月23日) 招待講演以外
[備考] 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンタ-,日本LD学会
[4]. 養護教諭養成大学の「養護概説」において重視している視点ー教育系,看護系,学際系別の特徴ー
日本養護教育学会 第26回学術集会 (2018年9月29日) 招待講演以外
[発表者]鎌塚優子,中下富子,河田史宝
[備考] 関西福祉大学(赤穂市)
[5]. 新規採用養護教諭の保健教育および健康相談に関する自己評価の変化
東海学校保健研究 (2018年9月15日) 招待講演以外
[発表者]下村淳子,林典子,鎌塚優子,井澤昌子,出川久枝,松原紀子
[備考] 鈴鹿大学(鈴鹿市)
【科学研究費助成事業】
[1]. 学校における活動場面別事故リスクの定量的・定性的評価に基づく事故発生実態の解明 ( 2019年6月 ~ 2021年3月 ) 挑戦的研究(萌芽) 代表

[2]. 養護教諭の実践の基盤となる理論構築のための系統的教育プログラムの開発 ( 2018年4月 ~ 2022年3月 ) 基盤研究(C) 分担

[3]. 「教科化」時代の道徳教育を加速する教員研修メソッドの再構築 ( 2017年1月 ~ 2022年3月 ) 基盤研究(B) 分担

[4]. 養護教諭の専門性向上を目指した養護実習スタンダ-ドモデルの開発 ( 2017年1月 ~ 2020年3月 ) 基盤研究(C) 分担

[5]. がん教育における養護教諭の役割に関する研究 ( 2016年4月 ~ 2018年3月 ) 基盤研究(C) 分担

【外部資金(科研費以外)】
[1]. 養護教諭が性的マイノリティ児童生徒への支援において果たす役割についての調査研究 (2018年7月 - 2019年3月 ) [提供機関] ふじの国・地域・大学コンソ-シアム [制度名] ふじの国・地域・大学コンソ-シアム共同研究助成事業 [担当区分] 研究代表者
[2]. 道徳教育等に活かすケ-スメソッド教育の教材開発と評価 (2014年7月 - 2015年8月 ) [提供機関] 公益財団法人文教協会 [制度名] 平成26年度文教協会研究助成 [担当区分] 研究代表者
【受賞】
[1]. 特別支援教育における養護教諭の果たす役割と専門性 (2006年12月)
[備考] 静岡県教育委員会(静岡県教育委員会平成18年度教育奨励賞,(優秀賞))
【学会・研究会等の開催】
[1]. 第59回東海学校保健学会実行委員長 (2016年9月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 静岡コンベンションア-ツセンタ-(静岡市)
[2]. 日本健康相談活動学会第11回学術集会 副実行委員長 (2015年3月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 愛知学院大学
[3]. 静岡県養護教諭実践研究会 (2013年12月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 静岡市
【その他学術研究活動】
[1]. 静岡県養護教諭実践研究会 (2013年12月 )

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 学部専門科目 養護学概論Ⅱ (2019年度 - 前期 )
[2]. 大学院科目(修士) 養護教育学演習 (2019年度 - 後期 )
[3]. 大学院科目(修士) 養護教育学特論 (2019年度 - 前期 )
[4]. 学部専門科目 養護教諭の活動の実際Ⅰ (2019年度 - 後期 )
[5]. 学部専門科目 養護教諭の活動の実際Ⅱ (2019年度 - 前期 )
【指導学生数】
2019年度
卒研指導学生数(3年) 10 人
卒研指導学生数(4年) 11 人
修士指導学生数 2 人
2018年度
卒研指導学生数(3年) 11 人
修士指導学生数 3 人
2017年度
修士指導学生数 1 人
2016年度
修士指導学生数 1 人
2014年度

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 研修会 平成30年度学校保健研修会(福島県学校保健研修会いわき支部主催) (2018年12月 )
[内容] 虐待から見える社会ー養護教諭に求められる気づきの感性ー(養護教諭対象)
[備考] 産業創造会館(福島県)
[2]. シンポジウム とことん考え議論するケ-スメソッド授業:学校で行う道徳教育をその第一歩として (2018年10月 )
[内容] ケ-スメソッド教育の具体的な進め方(講師)
[備考] グランシップ
[3]. 研修会 新規任用栄養教諭研修会(静岡県教育員会主催) (2018年9月 )
[内容] 栄養教諭に必要とされる個別相談の在り方ー他職種との連携についてー
[備考] 静岡県総合教育センタ-
[4]. 研修会 平成30年度養護教員5年研修(静岡県教育委員会主催) (2018年9月 )
[内容] 対応が困難な児童生徒への関わり方
[備考] 静岡県総合教育センタ-
[5]. その他 三島市立山田小学校人権教育指定授業研究 (2018年9月 )
[内容] 研究 指導助言
[備考] 三島市立山田小学校
【報道】
[1]. 雑誌 人事異動による学校保健活動への影響を最小限に抑えるための引き継ぎの工夫ー想像力と柔軟性、異動先の文化の理解ー (2019年2月1日)
[備考] 東山書房
[2]. 雑誌 今、改めて問い直す保健だよりの意義そして魅力 (2018年10月1日)
[備考] 健康教室 保健だよりアイデアファイル 東山書房
[3]. 雑誌 指導のポイント保健体育 校内外の人材を活用した授業デザイン スク-ルカウンセラ-との連携ー心と体の一体化ー心身相関の視点 (2018年9月)
[備考] 中学校 教育フォ-ラム
[4]. 雑誌 指導のポイント保健体育 校内外の人材を活用した授業デザイン 養護教諭との連携ー応急手当や心肺蘇生法などの技能の習得ー (2018年4月)
[備考] 中学校 教育フォ-ラム 
[5]. 雑誌 各教科と道徳 保健体育,技術・家庭の基盤にある「人の生活」という「営み」と道徳の根底にある「生き方」という「人としてのあり様」を創造する (2018年2月)
[備考] 中学校道徳通信 輝け未来 第2号
【学外の審議会・委員会等】
[1]. 日本養護教諭養成大学協議会 (2018年4月 - 2021年3月 ) [団体名] 日本養護教諭養成大学協議会
[活動内容]理事
[2]. 日本健康相談活動学会 (2018年4月 )
[活動内容]理事
[3]. 日本養護教諭養成大学協議会 (2015年9月 - 2018年3月 ) [団体名] 日本養護教諭養成大学協議会
[活動内容]FD委員会委員
[4]. 東海学校保健学会 東海学校保健研究編集委員会 (2014年9月 ) [団体名] 東海学校保健学会
[活動内容]編集委員
[5]. 東海学校保健学会 理事 (2014年9月 ) [団体名] 東海学校保健学会
[活動内容]理事
【その他社会活動】
[1]. 静岡大学生活協同組合理事 (2014年4月 - 2016年1月 )

国際貢献実績

【その他国際貢献実績】
[1]. 日本學校護理教師(養護教諭)在健康促進學校與社區合作上的貢獻、2013年健康促進國際學術研討會(2013INTERNATIPNAL CONFERENCE ON HEALTH PROMPTION )中華民國學校衛生學會、台灣健康促進曁衛生教育學會、國立臺灣師範大學健康促進與衛生教育學系、主辨單位、平成25年12月15日(台北市和平東路一段162號國立臺灣師範大學校本部誠大樓101會議室) (2013年12月 - 2013年12月 )

管理運営・その他