TOP  > Personal Info.

Researcher DataBase - Personal Information : KITAMURA Akihisa

KITAMURA Akihisa
Professor
College of Science - Division of Geosciences Faculty of Science - Department of Geosciences
Graduate School of Integrated Science and Technology Department of Science - Geosciences Course
Graduate School of Science and Technology,Research Division - Research of Environmental Science Center for Integrated Research and Education of Natural Hazards
2020年までに、包含、資源効率、気候変動の緩和と適応、災害に対する強靱さ(レジリエンス)を目指す総合的政策及び計画を導入・実施した都市及び人間居住地の件数を大幅に増加させ、仙台防災枠組2015-2030に沿って、あらゆるレベルでの総合的な災害リスク管理の策定と実施を行う。気候変動の緩和、適応、影響軽減及び早期警戒に関する教育、啓発、人的能力及び制度機能を改善する。2020年までに、海洋及び沿岸の生態系に関する重大な悪影響を回避するため、強靱性(レジリエンス)の強化などによる持続的な管理と保護を行い、健全で生産的な海洋を実現するため、海洋及び沿岸の生態系の回復のための取組を行う。2020年までに、国際協定の下での義務に則って、森林、湿地、山地及び乾燥地をはじめとする陸域生態系と内陸淡水生態系及びそれらのサービスの保全、回復及び持続可能な利用を確保する。


image-profile
Last updated : 2022/06/24 9:38:20

Basic information on teaching staff

【Degrees earned】
Kanazawa University   1990/3
【research area】
Mathematical and physical sciences - Earth and planetary science - Stratigraphy/Paleontology
【research themes】
Paleoenvironmental study of submarine cave deposits
Response of sediment and fauna in shallow-water to glacial-eustasy
Paleo-tsunami deposits and paleo-earthquake around Shizuoka Prefecture
【Research Keyword】
paleoenvironment, palaeontology, Quaternary, Paleo-tsunami deposits, Paleo-earthquake
【URL】
http://akihisakitamura.la.coocan.jp/
【Research Seeds】
[1]. 静岡県における過去数千年間の津波・地震 ( 2019(FY) - ) [Category] 3. 環境・エネルギー [URL]
 

Research information

【Papers, etc.】
[1].
Geosci. Repts. Shizuoka Univ 49/ - (2022) [Refereed] non-refereed [Internationally co-authored papers] non-internationally co-authored paper
[Lead author or co-author] author
[Author] 北村晃寿・山下裕輝・本山 功・中西利典・森 英樹 [Notes] 北村晃寿:試料採取,砂粒子の鉱物種・岩石種の同定,礫種の同定,全体総括,論文執筆を担当.山下裕輝:泥粒子のCNS分析と礫種の同定を担当.矢永誠人: 放射性セシウム濃度の測定,論文執筆を担当.本山 功:放散虫化石の同定,中西利典:泥粒子のCNS分析を担当.森 英樹:薄片作成を担当.
[URL]
[2]. Geological causes of the landslide of an embankment at the Aizome River, Atami
Geosci. Repts. Shizuoka Univ 49/ - (2022) [Refereed] non-refereed [Internationally co-authored papers] non-internationally co-authored paper
[Lead author or co-author] author
[Author] 千木良雅弘・北村晃寿・木村克己・市村康治 [Notes] 千木良雅弘:現地調査,地質・地形の検討,論文執筆を担当.北村晃寿:試料採取,論文執筆を担当. 木村克己:現地調査,論文を改善. 市村康治:粘土鉱物分析を担当.
[URL]
[3]. Survey of bivalve shells at five sites in Sagami Bay―the basic data for investigations of the cause of the landslide disaster that occurred on July 3, 2021 in the Izusan area, Atami City, Shizuoka Prefecture―
Geosci. Repts. Shizuoka Univ 49/ - (2022) [Refereed] refereed [Internationally co-authored papers] non-internationally co-authored paper
[Lead author or co-author] author
[Author] 北村晃寿・戸田健太郎 [Notes] 北村晃寿:試料採取,種同定,全体総括,論文執筆を担当.戸田健太郎:種同定,写真撮影を担当.
[URL]
[4]. Geochemical and grain composition analysis of embankment and debris flow deposits in the Izusan area, Atami City, Shizuoka Prefecture, central Japan.
Geosci. Repts. Shizuoka Univ 49/ - (2022) [Refereed] non-refereed [Internationally co-authored papers] non-internationally co-authored paper
[Lead author or co-author] author
[Author] 北村晃寿・岡嵜颯太・近藤 満・渡邊隆広・中西利典・堀 利栄・池田昌之・市村康治・中川友紀・森 英樹 [Notes] 北村晃寿:試料採取,粒度組成,砂粒子の鉱物種・岩石種の同定,全体総括,論文執筆を担当.岡嵜颯太:泥粒子のCNS分析を担当.近藤 満:鉱物組成分析を担当.渡邊隆広:泥粒子の主要・微量元素分析と論文執筆を担当.中西利典:泥粒子のCNS分析を担当.堀 利栄:放散虫化石の同定と論文執筆を担当.池田昌之:チャ
[URL]
[5]. Stratigraphic distribution of radiocesium concentration and grain composition in buried soil of sabo dam in Aizome River, Atami City, Shizuoka Prefecture, central Japan: Identification of debris flow deposits that occurred on July 3, 2021
Geosci. Repts. Shizuoka Univ 49/ - (2022) [Refereed] non-refereed [Internationally co-authored papers] non-internationally co-authored paper
[Lead author or co-author] author
[Author] 北村晃寿・矢永誠人・岡嵜颯太・片桐 悟・中西利典・森 英樹 [Notes] 北村晃寿:試料採取,砂粒子の鉱物種・岩石種の同定,全体総括,論文執筆を担当.矢永誠人: 放射性セシウム濃度の測定,論文執筆を担当.岡嵜颯太・片桐 悟:泥粒子のCNS分析を担当.中西利典:泥粒子のCNS分析を担当.森 英樹:薄片作成を担当.
[URL]
【Books, etc.】
[1]. Geological Records of Tsunamis and Other Extreme Waves.
Elsevier (2020)
[Book type]book(research)
[Sole author, co-author, or author and editor] contributor
[Author]Kitamura, A [Range] CHAPTER 15 The application of molluscs for Investigating tsunami deposits. [Total page number] 848 [REP page number] 20 [Repository URL]
[2]. Science of Large-scale Natural Disasters in Shzuoka
(2020)
[Book type]book(research)
[Sole author, co-author, or author and editor] editor
[Author]岩田孝仁・北村晃寿・小山真人 [Total page number] 255 [REP page number] 6-9, 18-35, 38-50, 92-115, 168-171, 220-223
[Notes] 第Ⅰ部 第2章 東北地方太平洋沖地震・貞観地震による津波堆積物 北村晃寿 第Ⅱ部 静岡県の地震・津波 第1章 静岡県の地質  北村晃寿・小山真人 第4章 静岡周辺の直下型地震と断層運動  狩野謙一・北村晃寿 第5章 静岡県における南海・駿河トラフの巨大地震・津波の最新の地質学的知見  北村晃寿
[3]. Mass Extinction Changes in the earth's environment and revolution in life
Museum of Natural and Environmental History, Shizuoka (2019)
[Book type]book(educational)
[Sole author, co-author, or author and editor] joint work
[Author]北村晃寿,池田昌之,浦野雪峰,後藤和久,高橋 聡,山田和芳,菅原大助,西岡佑一郎 [Total page number] 112 [REP page number] 46
[4].
(2014)
[Book type]book(educational)
[Sole author, co-author, or author and editor] joint work
[Author]北村 晃寿,原田賢治,鵜川元雄
[Notes] 第3回 大地が伝える津波と地質の記憶ー静岡・伊豆の堆積物調査から
[5].
(2012)
[Book type]book(educational)
[Sole author, co-author, or author and editor] single translation
[Author]日本進化学会
[Notes] 14.9 気候変動を執筆
【Academic conference/research presentations】
[1]. 2020年日本第四紀学会学術賞受賞記念論文 貝化石・有孔虫化石の複合群集解析による日本本島の島嶼化過程・東海地震の履歴の研究
日本第四紀学会 (2021/8/29) invited
[Presenter]北村晃寿
[Notes] オンライン
[2]. 2017年台風21号による高潮堆積物の形成
日本古生物学会 (2020/2/9) other
[Presenter]北村晃寿・山本有夏・原田賢治・豊福高志
[Notes] 日本古生物学会第169回例会 東京大学駒場キャンパス
[3]. 三浦半島の現世干潟堆積物に関する堆積学的・地球化学的・古生物学的解析
日本第四紀学会2019年大会 (2019/8/24) other
[Presenter]北村晃寿・山本有夏・山田和芳・久保篤史・豊福高志・中川友紀
[Notes] 千葉県銚子市・日本第四紀学会
[4]. シンポジウム「地球環境史と生命史」 趣旨説明
日本古生物学会2019年年会 (2019/6/21) other
[Presenter]北村晃寿
[Notes] 静岡県男女共同参画センターあざれあ 主催:日本古生物学会,共催:静岡大学・ふじのくに地球環境史ミュージアム
[5]. 活動縁辺域の沿岸泥地における堆積環境の同定のための古生物学的・地球化学的指標の検討
日本古生物学会第168回例会 (2019/1/26) other
[Presenter]山本有夏・北村晃寿・久保篤史・山田和芳・豊福高志
[Notes] 神奈川県立生命の星・地球博物館,日本古生物学会
【Joint or funded research】
[1]. joint (within university) 焼津市における津波堆積物調査
leader ( 2015/11 ~ 2016/3 )
[Partners] 焼津市
【Grants-in-aid for Scientific Research
[1]. 南海トラフ東部におけるレベル1.5地震・津波の実態解明 ( 2017/4 ~ 2020/3 ) Grant-in-Aid for Scientific Research (B) leader
[Notes] 国は,2013年に「将来発生する地震は二つのレベルの地震に限らず様々な地震を想定し,防災・減災の目標を定めて対策を講じるものである」とした.二つのレベルとはレベル1と2のことである.研究代表者などの調査では,南海トラフ東部からは過去4000年間にレベル2津波の痕跡は未見だが,レベル1と2の中間規模(

[2]. 南海トラフ東端における津波堆積物と地殻変動に関する研究 ( 2014/4 ~ 2017/3 ) Grant-in-Aid for Scientific Research (B) leader

[3]. 洞窟性微小二枚貝の同位体比と微量元素分析に基づく生活史戦略の進化と気候変動の解明 ( 2010/4 ~ 2013/3 ) Grant-in-Aid for Scientific Research (C) leader
[Notes] 貧栄養化に対する適応戦略と気候への太陽活動の影響を,洞窟性微小二枚貝Carditella iejimensis(殻長3.5mm以下)の化石試料から解明する.

[4]. 海底洞窟生微小二枚貝の酸素同位体比から探る過去7,000年間の黒潮の動態 ( 2007/4 ~ 2009/3 ) Grant-in-Aid for Scientific Research (C) leader

[5]. 海底洞窟堆積物による後期完新世の古環境復元 ( 2004/4 ~ 2007/3 ) Grant-in-Aid for Scientific Research (B) leader
[Notes] 本研究では,沖縄県伊江島沖のサンゴ礁斜面に開口する海底洞窟"大洞窟"から堆積物を採取し,後期完新世の沖縄サンゴ礁の古環境・気候変動を復元を行った.

【Research Grants & Projects(except for KAKENHI)】
[1]. 南海トラフ巨大地震が誘発した下田湾への火山砕屑物の大量流入事件 (2021/6 - 2022/2 ) [Offer orgnization] 伊豆半島ジオパーク推進協議会 [System name] 伊豆半島ジオパーク学術研究助成 [Role] principal investigator
[2]. 伊豆半島南部で過去1500年間に起きた大地震の研究 (2013/8 - 2014/3 ) [Offer orgnization] 大学ネットワーク静岡 [System name] 平成25年度大学ネット静岡 ゼミ学生地域貢献推進事業 [Role] principal investigator
[3]. 静岡県静岡平野における津波堆積物調査 (2012/1 - 2013/3 ) [Offer orgnization] 財団法人藤原ナチュラルヒストリー振興財団 [System name] 平成23年度第20回学術研究助成 [Role] principal investigator
[4]. 沈水鍾乳石を用いた海水準変動の高精度復元 (2011/6 - 2012/5 ) [Offer orgnization] 三菱財団 [System name] 第42回(平成23年度) 三菱財団自然科学助成 [Role] principal investigator
[5]. 静岡平野における津波堆積物の分布調査 (2011/4 - 2012/3 ) [Offer orgnization] 静岡大学 [System name] 学長裁量経費:静岡平野における津波堆積物の分布調査 [Role] principal investigator
【Awards & Honors】
[1]. (2020/7)
[Association] Japan Association for Quatrnary Research
[2]. (2018/4)
[Notes] 国際誌「Progress in Earth and Planetary Science (PEPS)」に掲載された共著論文「The Pliocene to recent history of the Kuroshio and Tsushima Currents: a multi-proxy appr
[3]. (2017/4)
[Notes] 受賞対象論文Gallagher S., Kitamura, A., Iryu Y., Itaki, T., Koizumi, I., Hoiles, P., 2015. The Pliocene to Recent History of the Kuroshio and Tsushima Curre
[4]. (2015/1)
[Notes] 日本古生物学会 対象論文 Kitamura, A., Kobayashi, K., Tamaki, C., Yamamoto, N., Irino, T., Miyairi, Y. and Yokoyama, Y., 2013. Paleontological Research, 17, 58-6
[5]. (2006/6)
[Notes] 授与・助成団体名(日本古生物学会)
【Holding academic or research conferences, etc.】
[1]. 日本古生物学会2019年年会・シンポジウム (2019/6)
[Role at conference, etc.] is leader [Site of conference, etc.] 静岡市
[Notes] 実行委員長 北村晃寿 委員 延原尊美,佐藤慎一,山田和芳,池田昌之 6月21日 静岡県男女共同参画センターあざれあ シンポジウム「地球環境史と生命史」 6月22・23日 静岡大学静岡キャンパス 共通教育棟A・B棟 特別講演・一般講演 参加者 304名
[2]. 地震津波シンポジウム「東海・南海巨大地震を考えるin SHIMIZU」 (2017/3)
[Role at conference, etc.] is leader [Site of conference, etc.] 清水テルサ
[Notes] 主催:静岡大学防災総合センター,東北大学総合学術博物館 共催:ふじのくに地球環境史ミュージアム,静岡県危機管理部,高知大学海洋コア総合研究センター 協賛:JAMSTEC 後援:地震・津波対策を考える都道府県議会議員連盟 来賓挨拶 全国津波議連会長畠山和純 来賓挨拶 静岡県副知事難波喬司
[3]. 日本地質学会中部支部2016年支部年会・シンポジウム (2016/6)
[Role at conference, etc.] is leader [Site of conference, etc.] 静岡市大谷 ふじのくに地球環境史ミュージアム
[Notes] 「地質記録から探る静岡県の低頻度大規模自然災害」を開催. 開催のあいさつ 安田喜憲 南海・駿河トラフの巨大地震の研究の経緯・・安藤雅孝 東日本大震災と貞観地震・津波の地質学的痕跡・・菅原大助 南海・駿河トラフの巨大津波のシミュレーション・・原田賢治 地質記録から探る静岡県の巨大津波・地震の
[4]. 日本地質学会 (2003/9)
[Role at conference, etc.] other [Site of conference, etc.] 静岡
[Notes] 学会主催者(日本地質学会)
[5]. 日本古生物学会 (2003/6)
[Role at conference, etc.] other [Site of conference, etc.] 静岡市
[Notes] 学会主催者(日本古生物学会)
【Other academic research activity】
[1]. 学生引率(石川県金沢市) (2011/1 )
[Notes] 地球科学長期巡検I,II,III,IV
[2]. 学生引率(小笠原諸島父島) (2008/9 )
[Notes] 地球科学長期巡検I, II,III,IV
[3]. 学生引率(石川県金沢市) (2006/8 )
[Notes] 地球科学長期巡検I,II,III,IV
[4]. 学術雑誌等の編集(Island Arc) (2004/3 )
[Notes] 編集委員
[5]. 学術雑誌等の編集(第四紀研究) (2003/8 - 2005/7 )
[Notes] 編集委員

Education related information

【Courses being taught this academic year】
[1]. General Education Course 新入生セミナー (2022(FY) - first semester )
[2]. Graduate School Course(Master's) 第四紀学特論 (2022(FY) - second semester )
[3]. Faculty Course 地球科学Ⅰ(基礎A) (2022(FY) - first semester )
[4]. Faculty Course 層序学 (2022(FY) - first semester )
[5]. Faculty Course 堆積学 (2022(FY) - first semester )
【Number of students advising】
2019(FY)
Number of undergraduate students(junior students) 4
Number of undergraduate students(senior students) 3
Number of master's course students : 0
Number of doctorate course students (main advisor) : 0 Number of doctorate course students (assistant advisor) : 0
2018(FY)
Number of master's course students : 1
Number of doctorate course students (main advisor) : 2
2017(FY)
Number of master's course students : 1
Number of doctorate course students (main advisor) : 0 Number of doctorate course students (assistant advisor) : 0
2016(FY)
Number of master's course students : 1
Number of doctorate course students (main advisor) : 0 Number of doctorate course students (assistant advisor) : 0
2015(FY)
Number of master's course students : 1
Number of doctorate course students (main advisor) : 0 Number of doctorate course students (assistant advisor) : 0
【Prizes students you are advising won】
[1]. 笹川科学研究助成 (2018/3)
[Name of student who received the prize] 山本有夏
[Name of organization that offered the prize] 公益財団法人 日本科学協会
[Notes] 研究課題名:東海地震の発生間隔の実証研究 内定金額:650,000円
[2]. 伊豆半島ジオパーク学術研究支援事業補助金 (2017/8)
[Name of student who received the prize] 山本有夏
[Name of organization that offered the prize] 伊豆半島ジオパーク推進協議会
[Notes] 学術研究補助金「南伊豆町入間海岸の津波石(?)の研究」補助金額20万円
[3]. 伊豆半島ジオパーク学術研究支援事業補助金 (2015/8)
[Name of student who received the prize] 今井啓文
[Name of organization that offered the prize] 伊豆半島ジオパーク推進協議会
[Notes] 南伊豆町の「手石の弥陀の岩屋」に隣接する海食洞内の地質学的調査
[4]. 静岡大学大学院創造科学技術大学院学生表彰 (2009/4)
[Name of student who received the prize] 山本なぎさ
[Name of organization that offered the prize] 静岡大学大学院創造科学技術大学院
[5]. 笹川研究助成(49万円) (2007/4)
[Name of student who received the prize] 山本なぎさ
[Name of organization that offered the prize] 日本科学協会
【Information education-related information.】
[1]. 京都大学において集中講義 (2019/9 - 2019/9 )
[Notes] 9月3・4日 京都大学において集中講義

Contributions to society

【Seminar,Workshop, Event, etc.】
[1]. extramural lecture 南豆の歴史を後世に 地層・化石記録から解読された 下田市における自然災害の歴史 (2021/10 - 2021/10 )
[Details] 地層・化石記録から解読された 下田市における自然災害の歴史についての講演
[Notes] 下田市民文化会館大会議室
[2]. extramural lecture 第132回ふじのくに防災学講座 (2021/3 - 2021/3 )
[Details] 次の南海トラフ巨大地震の様相
[Notes] 静岡県地震防災センター2階ないふるホールとオンライン
[3]. extramural lecture 静岡大学・読売新聞 連続市民講座「静岡学事始め 第二章 歴史と大地の“層”を紐解く 」 (2020/10 - 2020/10 )
[Details] 静岡県における過去数千年間の地震・津波の履歴
[Notes] オンライン講座
[4]. lecture meeting 企画展「大絶滅」 記念講演会「化石から分かった生物界の大異変」 (2019/12 - 2019/12 )
[Details] 内容:片付けないと物が増えていくように、生物の種類も増えてきました。「化石記録」から、数億年に一度‘片付け’すなわち大絶滅が起きたことがわかりました。「何が起きたのか?」を理解するのに必要な「化石記録」について紹介します。
[Notes] ふじのくに地球環境史ミュージアム
[5]. extramural lecture 静岡県における南海トラフの巨大地震・津波の最新知見 (2019/7 - 2019/7 )
[Details] 放送大学 公開講演会
[Notes] 浜松市地域情報センター ホール
【News coverage】
[1]. newspaper 搬入県外土砂崩落発端か (2022/5/28)
[Notes] 静岡新聞朝刊29面
[2]. newspaper 崩落土砂に海中の砂 (2022/5/24)
[Notes] 毎日新聞朝刊19面
[3]. newspaper 盛り土の一部は秩父帯下流から 熱海土石流 静大などが崩落土砂を分析 (2022/5/21)
[Notes] 朝日新聞朝刊35面 静岡新聞朝刊30面 読売新聞朝刊24面 中日新聞朝刊1面
[4]. newspaper 熱海盛り土 小田原工業団地造成土か (2021/11/6)
[Notes] 静岡新聞朝刊26面、毎日新聞朝刊19面、読売新聞朝刊23面
[5]. newspaper 静岡平野 土中の含有元素分析 (2021/11/5)
[Notes] 静岡新聞朝刊28面
【Committees outside the university, etc.】
[1]. 日本第四紀学会評議員 (2021/8 - 2023/7 ) [Association] 日本第四紀学会
[Details of activities]副会長
[2]. 日本古生物学会評議員・常務委員Paleontological Research co-editors (2021/7 - 2023/6 ) [Association] 日本古生物学会
[Details of activities]学会欧文機関紙(IF誌)の編集長
[3]. 日本古生物学会評議員・常務委員Paleontological Research co-editors (2019/6 - 2021/6 ) [Association] 日本古生物学会
[Details of activities]学会欧文機関紙(IF誌)の編集長
[4]. 日本第四紀学会評議員 (2017/8 - 2021/7 ) [Association] 日本第四紀学会
[Details of activities]日本第四紀学会機関紙・第四紀研究の編集委員長
[5]. 日本古生物学会評議員 (2017/6 - 2019/6 )
[Details of activities]常務委員(会員)
【Other social activities】
[1]. ふじのくに地球環境史ミュージアムにおける特別展「大絶滅―地球環境の変遷と生物の栄枯盛衰―」の監修・図録執筆 (2019/11 - 2020/4 )
[Notes] ふじのくに地球環境史ミュージアムにおける特別展「大絶滅―地球環境の変遷と生物の栄枯盛衰―」の監修・図録執筆を行った.
[2]. 科学技術振興財団「グローバルサイエンスキャンパス」の「つなげる力で世界に羽ばたけ 未来の科学者養成スクール」(FSS) (2017/8 - 2019/3 )
[Notes] 磐田南高校の3人の学生の養成を担当し,静岡県静岡市清水区の海長寺の掘削したでボーリングコア試料からを1854年の安政東海地震と同タイプの大地震が西暦400年頃に発生したことを示す地質学的証拠を発見した.この研究成果を国際誌Progress in Earth and Planetary Science

International contributions

Others

【School dean, etc.】
[1]. 防災総合センター (2020/4 )
[2]. 理学部副学部長 (2019/4 - 2021/3 )
[3]. 学術院理学領域副領域長 (2019/4 - 2021/3 )