氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 大原 志麻 (Shima Ohara)

大原 志麻 (Shima Ohara)
准教授
学術院人文社会科学領域 - 言語文化系列 人文社会科学部 - 言語文化学科
大学院人文社会科学研究科 - 比較地域文化専攻








image-profile
最終更新日:2019/02/11 13:15:00

教員基本情報

【取得学位】
文哲学博士  バリャドリッド大学   2007年2月
【研究分野】
人文学 - 史学 - ヨーロッパ史・アメリカ史
【相談に応じられる教育・研究・社会連携分野】
史学
比較文化
スペイン語
【現在の研究テーマ】
イベリア半島におけるジェンダー史
映像文化における歴史認識
サンティアゴ巡礼のスペイン・ラテンアメリカへの広がり
【研究キーワード】
西洋史, 比較文化
【所属学会】
・西洋中世学会
・奈良女子大学史学会
・日本西洋史学会
・日本スペイン史学会
・日本イスパニヤ学会
【個人ホームページ】
http://www.hss.shizuoka.ac.jp/lang/hibun/
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. 移民映画Surcos(溝)と前期フランコ体制の変容
翻訳の文化/文化の翻訳 13/(num) 1 -18 (2018年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大原 志麻
[2]. アンドレア・チェッリ氏「翻訳における愛」講演アンケート
翻訳の文化/文化の翻訳 13/(num) 161-168 (2018年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大原 志麻
[3]. アンデスにおけるサンティアゴ信仰の変容の一側面
翻訳の文化/文化の翻訳 (vol)12/(num) 61-70 (2017年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大原 志麻 [URL]
[4]. 『ヌマンシア』におけるセルバンテスのアダプテーション
翻訳の文化/文化の翻訳(別冊) 10/(num) 141- 154 (2015年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大原 志麻
[5]. 「ヌマンシア」の形成と多義性について
翻訳の文化/文化の翻訳(静岡大学人文社会科学部) 10/(num) 37-64 (2015年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 大原 志麻
【著書 等】
[1]. スペイン語圏への旅
同学社 (2014年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]大原 志麻
[2]. Castilla y el mundo feudal. Homenaje al profesor Julio Valdeón
Universidad de Valladolid (2009年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]Shima Ohara
[備考] 共著担当箇所(291-298)
[3]. Isabel la Católica y su época
Universidad de Valladolid (2007年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]Shima Ohara
[備考] 共著担当箇所(387-400)
[4]. La propaganda politica en torno al conflicto sucesorio de Enrique IV(1457-1474)-las estructuras de la "suplicacion" como sistema politico y "poder informal" en la Corona de Castilla en la segunda mitad del siglo XV-
$% (2004年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 単著
[著者]Shima Ohara
【学会発表・研究発表】
[1]. El papel de la Liga de nobleza al introducir la cultura castellana en Nueva España-Los Fonseca y Santiago
第二回サンティアゴ研究会 (2017年11月) 招待講演以外
[発表者]大原 志麻
[備考] 専修大学にて、基盤研究(C) 17K02037。
[2]. コンキスタドーレス第一世代によるカスティーリャ文化の移入における貴族集団の役割―フォンセカ家を中心に-
基盤研究(B)「近世移動学の構築―ユーラシア世界と太平洋・ 大西洋世界における移動の統合的分析―」2017年度第一回研究会 (2017年7月) 招待講演以外
[発表者]大原 志麻
[備考] 青山学院大学にて、基盤研究(B)「近世移動学の構築―ユーラシア世界と太平洋・ 大西洋世界における移動の統合的分析―」の研究グループ。
[3]. La introducción y adaptación de la devoción de Apóstol Santiago de la Península Ibérica a Nueva España en los siglos XV-XVI
第一回サンティアゴ研究会 (2017年5月) 招待講演以外
[発表者]大原 志麻
[備考] 5月13日に静岡大学人文B棟206教室、第一回サンティアゴ研究会 (基盤研究(C)「スペインとメキシコにおける聖ヤコブ信仰の継続と変容の統合的分析」) でスペイン語にて発表。
[4]. 16世紀ヌエバ・エスパーニャでのサンティアゴ信仰の導入におけるカスティーリャ貴族同盟の役割
第三回サンティアゴ研究会 (2017年2月) 招待講演以外
[発表者]大原 志麻
[備考] 東海大学湘南キャンパスにて、基盤研究(C) 17K02037の研究グループ。
[5]. 16 世紀ヌエバ・エスパーニャにおけるサンティアゴのアダプテーション
第62回日本イスパニヤ学会大会 (2016年1月) 招待講演以外
[発表者]大原 志麻
【科学研究費助成事業】
[1]. スペインとメキシコにおける聖ヤコブ信仰の継続と変容の統合的分析 ( 2017年4月 ~ 2022年3月 ) 基盤研究(C) 分担

[2]. 近世移動学の構築―ユーラシア世界と太平洋・ 大西洋世界における移動の統合的分析― ( 2016年4月 ~ 2019年3月 ) 基盤研究(B) 分担

[3]. ポストメディア時代の翻訳論 ( 2014年4月 ~ 2018年3月 ) 基盤研究(B) 分担

[4]. 翻訳の〈倫理〉をめぐる総合的研究 ( 2012年4月 ~ 2014年3月 ) 基盤研究(C) 分担

[5]. 中世カスティーリャにおけるコミュニケーショ. ンからみた広域共同体の関係構造 ( 2006年1月 ~ 2008年3月 ) 特別研究員奨励費 代表

【外部資金(科研費以外)】
[1]. 東アジアにおける虚像と実像 (2014年4月 - 2015年3月 ) [提供機関] 静岡大学 [制度名] 静岡大学人文社会科学部: 学部重点研究・アジア研究
[2]. 韓国映像文化における歴史認識 (2013年4月 - 2014年3月 ) [提供機関] 静岡大学 [制度名] 静岡大学人文社会科学部: 学部重点研究・アジア研究
[3]. 現代における日韓ジェンダー比較 (2011年4月 - 2011年3月 ) [提供機関] 静岡大学 [制度名] 人文学部学部長裁量経費I
[4]. 中世カスティーリャ王国における女性継承 (2011年3月 - 2012年4月 ) [提供機関] 静岡大学 [制度名] 静岡大学人文学部若手研究奨励費
[5]. フランコ期を中心とした政治と映像文化の関係 (2010年4月 - 2011年3月 ) [提供機関] 静岡大学 [制度名] 静岡大学人文学部若手研究奨励費
【学会・研究会等の開催】
[1]. Love in Translation: Contemporary Spanish Translations of  The Ring of the Dove, an Arabic Treatise on Love from  Muslim Spain (2017年7月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 静岡大学人文社会科学部大講義室
[備考] コネチカット大学アンドレア・チェッリ氏の招へい教員として開催した。
[2]. 第一回サンティアゴ研究会 (2017年5月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 人文B棟206教室
[備考] 基盤研究(C)「スペインとメキシコにおける聖ヤコブ信仰の継続と変容の統合的分析」の研究会
[3]. 東アジアにおける虚像と実像 (2014年11月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 静岡大学
[備考] 静大フェスタ

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 全学教育科目(共通科目) 初修外国語(スペイン語)入門Ⅰ (2018年度 - 前期 )
[備考] 主担当教員
[2]. 全学教育科目(共通科目) 初修外国語(スペイン語)入門Ⅱ (2018年度 - 後期 )
[備考] 主担当教員
[3]. 全学教育科目(共通科目) 初修外国語(スペイン語)Ⅲ (2018年度 - 前期 )
[備考] 主担当教員
[4]. 全学教育科目(共通科目) 初修外国語(スペイン語)Ⅰ (2018年度 - 後期 )
[備考] 主担当教員
[5]. 全学教育科目(共通科目) 初修外国語(スペイン語)Ⅱ (2018年度 - 後期 )
[備考] 主担当教員
【指導学生数】
2017年度
2016年度
2014年度
2013年度
2012年度

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 出張講義 静岡西高校出張講義 (2017年10月 )
[2]. シンポジウム 東アジアにおける虚像と実像 (2014年11月 - 2014年11月 )
[内容] 東大と天理大から講師を呼んで学生や市民にわかりやすく今日の中韓問題についてのイメージと実態について解説する。
[備考] 人B301教室
[3]. 出張講義 ヨーロッパにおける魔女にされた女性たち (2010年11月 )
[備考] 出張先(静岡市立高校)
【その他社会活動】
[1]. 静岡時代 (2017年5月 )
[備考] 「先生の引き出し」にエッセイを寄稿した。
[2]. HISPÁNICA査読 (2016年1月 )
[3]. 静岡時代インタビュー (2016年1月 )
[備考] 静岡大学言語文化学科と静岡県立大学国際関係学部の違いについてのインタビューを受けた。
[4]. HISPÁNICA査読 (2009年6月 - 2009年6月 )
[5]. 西洋史学論集(九州大学) (2009年4月 )
[備考] 活動内容(査読)

国際貢献実績

【その他国際貢献実績】
[1]. アルカラ大学(スペイン)連絡員 (2014年4月 )
[2]. スペイン・アルカラ大学との学部間協定締結 (2013年10月 )

管理運営・その他