氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 伊藤 宏二 (ITO Koji)

伊藤 宏二 (ITO Koji)
准教授
学術院教育学領域 - 社会科教育系列 教育学部 - 教科教育学専攻
大学院教育学研究科 - 学校教育研究専攻








image-profile
最終更新日:2019/02/11 12:37:00

教員基本情報

【取得学位】
博士(文学)  東北学院大学   2004年3月
【研究分野】
人文学 - 史学 - ヨーロッパ史・アメリカ史
【現在の研究テーマ】
ヴェストファーレン条約の研究
世界史に関する研究
【研究キーワード】
ヴェストファーレン条約, 神聖ローマ帝国, 近世ヨーロッパ外交, 世界史
【所属学会】
・日本西洋史学会
・歴史学研究会
・日本社会科教育学会
・西洋史研究会
【研究シーズ】
[1]. 戦争の歴史を如何に伝えるか 外国の歴史をどのように身近に感じるか 歴史はどうして向き合う必要があるのか (2018年度) [分野] 7.地域連携 [URL]
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. (書評)沖祐太郎「エジプトにおける国際法受容の一側面:フランス語版『戦争法』(カイロ、一八七二年)のテキスト分析を中心に」藤波伸嘉「仲裁とカピチュレーション:一九〇一年オスマン・ギリシア領事協定にみる近代国際法思想」
法制史研究 67/ 512-515 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[2]. 「新しい世界史」に照らした世界史教科書記述の見直し―ウェストファリア条約を焦点にして―
静岡大学教育実践総合センター紀要 No.25/ (xxx) - (zzz) (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 伊藤 宏二
[3]. (書評)山本文彦「一六四八年ヴェストファーレン条約に関する一試論 ―オスナブリュック条約の解釈とその歴史的意義をめぐって―
『法制史研究』 (vol)/64 (504) - (507) (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 伊藤 宏二
[4]. (書評) 森田猛著『ブルクハルトの文化史学 ―市民教育から読みとく―』(ミネルヴァ書房、2014年)
図書新聞 No/3189 (xxx) - (zzz) (2015年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 伊藤 宏二
[5]. 翻訳 ヨハネス・ブルクハルト著『三十年戦争』(一) 
静岡大学教育学部研究報告(人文・社会・自然科学篇) /64 217-232 (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 伊藤 宏二
【著書 等】
[1]. ヴェストファーレン条約と神聖ローマ帝国――ドイツ帝国諸侯としてのスウェーデン
九州大学出版会 (2005年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 単著
【学会発表・研究発表】
[1]. 「新しい世界史」にどう取り組むか―個別的専門研究をどう関連付けるか―
日本社会科教育学会第65回全国研究大会(宮城大会) (2015年11月) 招待講演以外
[発表者]伊藤 宏二
[2]. ヴェストファーレン条約における同盟権
法制史学会 (2012年6月) 招待講演以外
[発表者]伊藤 宏二
【受賞】
[1]. Marquis Who's Who in the World への掲載(2010年版~) (課題名:"Koji ITO") (2009年9月)
[備考] 授与・助成団体名(Marquis Who's Who)
【学会・研究会等の開催】
[1]. 日本社会科教育学会第64回全国研究大会(静岡大会) (2014年11月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 静岡大学教育学部
[備考] 大会実行委員
【その他学術研究活動】
[1]. 日本社会科教育学会全国大会発表論文集第10号の編集 (2014年9月 - 2014年11月 )

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 学部専門科目 外国史概論Ⅰ (2018年度 - 後期 )
[備考] 主担当教員
[2]. 学部専門科目 社会科教育法Ⅲ(地理歴史分野) (2018年度 - 後期 )
[備考] 主担当教員
[3]. 学部専門科目 外国史演習Ⅰ (2018年度 - 前期 )
[備考] 主担当教員
[4]. 学部専門科目 外国史演習Ⅱ (2018年度 - 後期 )
[備考] 主担当教員
[5]. 学部専門科目 外国史特論Ⅱ (2018年度 - 後期 )
[備考] 主担当教員
【指導学生数】
2018年度
修士指導学生数 0 人
2017年度
修士指導学生数 0 人
2016年度
修士指導学生数 1 人
2015年度
修士指導学生数 1 人
2014年度
修士指導学生数 1 人
【その他教育関連情報】
[1]. 静岡大学附属島田中学校教育研究発表会共同研究者 (2012年11月 )
[備考] 本年度も継続して担当した。

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 講習会 地歴教員養成講座 (2016年1月 )
[内容] 「新しい世界史」から見たウェストファリア条約
[備考] 2016年1月30日に静岡大学人文社会学部B302で開催された同学部歴史学コース主催の同講座において、社会科系の教員を目指す学生や現職の高校行員などを対象に、自分の専門分野に関する教科書記述がどのように見直されるべきかについて報告し、討論会を行った。
[2]. 講習会 教員免許状更新講習講師 (2015年8月 - 2015年8月 )
[内容] 講習名「世界史の中の人物」
[備考] 静岡大学浜松キャンパス(2015年8月17日)
[3]. 研修会 静岡県高校教科等指導リーダー研修会 (2014年8月 - 2014年8月 )
[内容] 同研修会における世界史授業の講師を担当
[備考] 静岡大学教育学部
[4]. 出張講義 附属静岡中学校「追求」出張授業 (2013年4月 )
[内容] 世界史的内容にかかわる2回分の授業を担当。本年度も継続中
[備考] 附属静岡中学校

国際貢献実績

管理運営・その他

【特記事項】
1999- ヴェストファーレン条約についての研究に従事