トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 望月 美希 (MOCHIZUKI Miki)

望月 美希 (MOCHIZUKI Miki)
助教
学術院情報学領域 - 情報社会学系列 情報学部 - 情報社会学科



image-profile
最終更新日:2022/06/24 9:40:34

教員基本情報

【取得学位】
博士(環境学)  東京大学   2019年6月
修士(環境学)  東京大学   2015年3月
【研究分野】
社会科学 - 社会学 - 社会学
【現在の研究テーマ】
災害
農村社会
市民活動・ボランティア
コミュニティ
【研究キーワード】
地域社会学、農村社会学、災害研究
【所属学会】
・日本社会学会
・地域社会学会
・日本村落研究学会
・環境社会学会
・関東社会学会
【個人ホームページ】
https://mochi815.wixsite.com/sociology
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. 「書評:猪瀬浩平著『分解者たち――見沼田んぼのほとりを生きる』」
村落研究ジャーナル /55 - (2021年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 望月美希
[2]. 【特集Ⅰ 村落研究を問う――村研ジャーナルのこれまでの蓄積から】
村落研究ジャーナル /55 - (2021年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 芦田裕介・市田知子・松村和則・望月美希
[3]. 津波被災地と〈生〉の復興、地域社会のゆくえ ―宮城県岩沼市・亘理町の事例を中心に―
地域社会学会ジャーナル /1 31-35 (2021年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 望月美希
[4]. 書評「鳥越皓之編『原発災害と地元コミュニティ-福島県川内村奮闘記』」
村落研究ジャーナル /55 - (2019年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 望月美希
[5]. 地域活動としての学習支援事業を運営・管理する観点の抽出と世代循環の仕組みの意識に関する実態調査
日本世代間交流学会誌 8/1 23-30 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 南潮,望月美希,長谷部雅美,野中久美子,倉岡正高,村山幸子,藤原佳典
【著書 等】
[1]. 都市科学事典
春風社 (2022年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]横浜国立大学都市科学部 [担当範囲] 範囲:定住なきコミュニティのゆくえ

[2]. 震災復興と生きがいの社会学
御茶の水書房 (2020年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 単著
[3]. 東日本大震災と〈自立・支援〉の生活記録
六花出版 (2020年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]吉原直樹/山川充夫/清水 亮/松本行真(編著) [担当範囲] 「被災地支援」から「地域活動」へ−−−宮城県亘理郡亘理町における復興まちづくりの主体 [担当頁] 90-114

[4]. 応答する〈移動と場所〉
ハーベスト社 (2019年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]伊豫谷登士翁・テッサ・モーリス=スズキ・吉原直樹(編著) [担当範囲] 第二部問題提起(4)ポスト3.11から立ち上がるコミュニティ・イシューとは「震災復興における地域コミュニティの問い直し」 [担当頁] 150-169

[5]. 東日本大震災と〈復興〉の生活記録
六花出版 (2017年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]吉原直樹・似田貝香門・松本行真(編著) [担当範囲] 第Ⅲ部第5章「震災後の<生きがいとしての農業>に向けた支援の実践―宮城県亘理郡亘理町『健康農業亘理いちご畑』を事例として [担当頁] 604-632

【科学研究費助成事業】
[1]. 『震災復興と生きがいの社会学』 ( 2020年11月 ) 研究成果公開促進費 代表
[2]. 定住なき避難と「生活の共同」の再編―福島第一原発事故による長期避難者を中心に ( 2020年4月 ~ 2022年3月 ) 特別研究員奨励費 代表

[3]. 地域社会における生存基盤に関する実証的研究 ( 2016年4月 ~ 2018年3月 ) 特別研究員奨励費 代表
【外部資金(科研費以外)】
[1]. 福島第一原発事故被災者の生活課題と支援 (2020年4月 - 2023年3月 ) [提供機関] 住友生命保険相互会社 [制度名] 未来を強くする子育てプロジェクト 女性研究者支援 [担当区分] 研究代表者 [URL]
[2]. 東日本大震災後の地域社会における〈共同性〉の復興 (2018年4月 - 2019年3月 ) [提供機関] 公益財団法人日本科学協会 [制度名] 2018年度笹川科学研究助成 [担当区分] 研究代表者
[3]. 高齢社会における「生きがい」としての小規模農業に関する研究 -東日本大震災により被災した農村地域を対象として- (2015年4月 - 2016年3月 ) [提供機関] 公益財団法人日本農業研究所 [制度名] 人文・社会科学系若手研究者助成事業 [担当区分] 研究代表者
【受賞】
[1]. 第15回地域社会学会奨励賞(個人著作部門) 『震災復興と生きがいの社会学──〈私的なる問題〉から捉える地域社会のこれから』 (2022年2月)
[授与機関] 地域社会学会
[2]. 第20回 日本社会学会奨励賞(著作の部) 『震災復興と生きがいの社会学──〈私的なる問題〉から捉える地域社会のこれから』 (2021年11月)
[授与機関] 日本社会学会
[3]. スミセイ女性研究者奨励賞 (2021年3月)
[授与機関] 住友生命保険相互会社
[4]. 学会大会 優秀発表賞 (2015年2月)
[授与機関] 国際ボランティア学会
【その他学術研究活動】
[1]. 日本村落研究学会理事 (2021年11月 )
[2]. Tokyo Academic Review of Books Associate Editor (2020年10月 )

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 学部専門科目 社会調査法 (2022年度 - 前期 )
[2]. 学部専門科目 情報・コミュニティ演習 (2022年度 - 前期 )
[3]. 学部専門科目 フィールドリサーチ (2022年度 - 前期 )
[4]. 全学教育科目(共通科目) わが街・浜松の市政 (2022年度 - 後期 )
[5]. 全学教育科目(共通科目) 災害のリスクマネジメント (2022年度 - 後期 )

社会活動

国際貢献実績

管理運営・その他