氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 松本 敏隆 (MATSUMOTO Toshitaka)

松本 敏隆 (MATSUMOTO Toshitaka)
教授
学術院理学領域 - 数学系列 理学部 - 数学科
大学院総合科学技術研究科理学専攻 - 数学コース







matsumoto.toshitaka@@@shizuoka.ac.jp
image-profile
最終更新日:2018/07/28 2:20:00

教員基本情報

【取得学位】
博士(理学)  広島大学   1995年9月
【研究分野】
数物系科学 - 数学 - 解析学基礎
【現在の研究テーマ】
非線形半群論
【研究キーワード】
非線形半群
【所属学会】
・日本数学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. Abstract Cauchy problems for quasilinear operators whose domains are not necessarily dense or constant
Nonlinear Analysis 162/(num) 91- 112 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]松本 敏隆 [共著者]田中直樹 [備考] 論文全般に渡るため担当箇所分離不可能。
[2]. Abstract Cauchy problem for weakly continuous operators
Journal of Mathematical Analysis and Applications 435/1 267-285 (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]松本 敏隆 [共著者]田中 直樹 [備考] 論文全般に渡り意見交換しながら互いに執筆・修正・加筆等をしたため、執筆担当個所を明確に分けることは出来ない。
【学会発表・研究発表】
[1]. サイズ構造モデルへの準線形理論的接近法
日本数学会年会 実函数論分科会 (2016年3月) 招待講演以外
[発表者]松本 敏隆
[備考] 筑波大学、日本数学会
[2]. サイズ構造モデルへの抽象準線形理論的アプローチ
第200回広島数理解析セミナー (2016年1月) 招待講演
[発表者]松本 敏隆
[備考] 広島大学理学部
[3]. Abstract Cauchy problem for weakly continuous operators
「応用解析」研究会 (2015年12月) 招待講演
[発表者]松本 敏隆
[備考] 早稲田大学、「応用解析」研究会
[4]. 弱連続作用素に対する抽象的Cauchy問題について
ポテンシャル論セミナー (2015年12月) 招待講演
[発表者]松本 敏隆
[備考] 名城大学、名城大学理工学部数学教室鈴木研究室
[5]. 弱連続作用素に対する抽象的Cauchy問題
第13回浜松偏微分方程式研究集会 (2015年12月) 招待講演
[発表者]松本 敏隆
[備考] 静岡大学工学部
【科学研究費助成事業】
[1]. 制約条件を伴った準線形偏微分方程式の適切性の研究 ( 2017年4月 ~ 2020年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[2]. リプシッツ発展作用素論の基礎と応用 ( 2016年4月 ~ 2019年3月 ) 基盤研究(C) 分担

[3]. 時間に依存する制約条件付き偏微分方程式の適切性の研究 ( 2014年4月 ~ 2017年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[4]. バナッハ空間におけるリプシッツ発展作用素の生成・収束・近似 ( 2013年4月 ~ 2016年3月 ) 基盤研究(C) 分担

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 大学院科目(修士) 数学特別講究Ⅱ (2017年度 - 後期 )
[2]. 大学院科目(修士) 解析系特論 (2017年度 - 後期 )
[3]. 学部専門科目 数学Ⅲ(微分積分B) (2017年度 - 後期 )
[4]. 学部専門科目 微分積分学Ⅲ (2017年度 - 前期 )
[5]. 学部専門科目 ベクトル解析Ⅱ (2017年度 - 後期 )
【指導学生数】
2018年度
修士指導学生数 1 人
2017年度
2016年度
2015年度
修士指導学生数 2 人
[備考] 6月1日より

社会活動

【その他社会活動】
[1]. 日本数学会 解析学賞選考委員 (2017年6月 - 2018年5月 )
[2]. 日本数学会実函数論分科会 評議員 (2016年3月 - 2018年2月 )
[備考] 2016年3月1日より

国際貢献実績

管理運営・その他

【所属長等】
[1]. 理学部数学科長 (2018年4月 - 2019年3月 )