トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 山本 好比古 (YAMAMOTO Yoshihiko)

山本 好比古 (YAMAMOTO Yoshihiko)
准教授
学術院融合・グローバル領域 大学教育センター - 全学教育科目部門

国際連携推進機構






yamamoto.yoshihiko.b@@@shizuoka.ac.jp
image-profile
最終更新日:2021/06/30 2:11:01

教員基本情報

【取得学位】
Ph.D (Education)  University of Canberra   2011年4月
MA in TESOL  University of Canberra   2004年12月
BA in Education + Linguistics  Victoria University of Wellington   2003年2月
【研究分野】
人文学 - 言語学 - 外国語教育
総合人文社会 - ジェンダー - ジェンダー
【相談に応じられる教育・研究・社会連携分野】
英語教育
【現在の研究テーマ】
応用言語学
社会言語学
【研究キーワード】
応用言語学, 社会言語学
【所属学会】
・全国語学教育学会
・関西英語教育学会
・全国英語教育学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. 教養英語科目「ESPⅠ(留学)」(静岡キャンパスにおける)初年度の試みと今後の課題の検討
静岡大学教育研究 /17 133-140 (2021年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[2]. 英語集中講義クラスフリー期間(週末2日間)に関する学習効果の検証 〜静岡キャンパスの試み〜
静岡大学教育研究 /17 141-146 (2021年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[3]. Challenging an attempt to provide EFL learners to practice their English with overseas tourists
静岡大学教育研究 /16 21-33 (2020年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Yoshihiko Yamamoto
[4]. 地域課題を題材とした初年時科目「プレゼンテーション入門」の実践報告ー静岡大学新設の地域創造学環に置ける試みー
静岡大学教育研究 /(13) (83) - (88) (2017年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]坂井 敬子 [共著者]山本 好比古,山本 隆太,須藤 智
[5]. 海外の大学における語学教育を参考に、今後の日本の大学における語学教育を検討する
静岡大学教育研究 /12 (80) - (86) (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 山本 好比古
【著書 等】
[1]. Academic Misconduct and Plagiarism Case Studies from Universities around the World
Lexington Books. USA (2020年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 分担執筆
[著者]Yoshihiko Yamamoto [担当範囲] Examining Perceptions of Both University Lecturers and Undergraduate Students Towards Plagiarism (Chapter 3) [総頁数] 302 [担当頁] pp 47-64
[備考] B. Montoneri (Ed.)
【学会発表・研究発表】
[1]. Plagiarism in L2 Writing: Perceptions of Both EFL Teachers and Learners Towards Plagiarism
The Asian Conference on Education 2018 (2018年10月) 招待講演以外
[発表者]Yoshihiko Yamamoto
[備考] The International Academic Forum (IAFOR), Tokyo, Japan
[2]. Is there still a gender myth: Science field for boys and humanities for girls?
The Ninth Asian Conference on Education 2017, Official proceedings, The International Academic Forum, pp45-59 (2018年1月) 招待講演以外
[発表者]Yoshihiko Yamamoto, Maki Ikoma
[備考] The Ninth Asian Conference onEducation 2017, The International Academic Forum (IAFOR),Kobe,Japan
[3]. Relationship of learning environments to students’ interactive behaviors in a project-based English course
The Ninth Asian Conference on Education 2017, Official proceedings, The International Academic Forum, pp159-169 (2018年1月) 招待講演以外
[発表者]Syuichi Amano, Yoshihiko Yamamoto
[備考] The Ninth Asian Conference on Education 2017, The International Academic Forum (IAFOR) Kobe,Japan
[4]. Is there still a gender myth: science fields for boys and humanities for girls?
The Ninth Asian Conference on Education 2017 (2017年10月) 招待講演以外
[発表者]Yoshihiko Yammoto,Maki Ikoma
[備考] The International Academic Forum (IAFOR), Kobe, Japan
[5]. Relationship of learning environments to students' interactive behavior in a project-based English course
The Ninth Asian Conference on Education 2017 (2017年10月) 招待講演以外
[発表者]Syuichi Amano, Yoshihiko Yamamoto
[備考] The International Academic Forum (IAFOR), Kobe, Japan

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 全学教育科目(共通科目) 英語コミュニケーションⅡ (2020年度 - 前期 )
[2]. 全学教育科目(共通科目) 英語コミュニケーションⅡ (2020年度 - 前期 )
[3]. 全学教育科目(共通科目) 英語コミュニケーション (2020年度 - 前期 )
[4]. 全学教育科目(共通科目) 英語コミュニケーション (2020年度 - 前期 )
[5]. 全学教育科目(共通科目) 英語インテンシブA (2020年度 - 前期 )

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. セミナー Maximising an opportunity of recent popular tourism for an English program in the EFL environment (2018年8月 )
[備考] TESOL seminar, University of Canberra, Australia, Canberra
[2]. セミナー What you have always wanted to know about teaching English in Indonesia and Japan... and never dare to ask! (2016年8月 )
[備考] TESOL seminar, University of Canberra, Australia, Canberra
【報道】
[1]. 新聞 外国人観光客を静岡大生が案内 (2019年8月23日)
[概要]集中講義英語インテンシブAの清水港フィールドワークの様子が紹介されました。(担当:山本好比古)
[備考] 静岡新聞(https://www.at-s.com/news/article/local/central/672486.html)
[2]. 雑誌 「大学で学ぶって高校までと何が違うの?・1」山本好比古先生(静岡大学大学教育センター)に訊いてみた (2019年4月12日)
[概要]高校までの英語の学びと大学での英語の学びの違いについて取材を受けました
[備考] 静岡時代51号(2018年冬号) (http://shizuokajidai.or.jp/2019/04/51a/)
[3]. 新聞 英語学び 静岡発信 駿河区で学生講義 外国人対応視野に (2016年9月17日)
[概要]COC+による地域志向科目を拡大する一環として開講された「英語インテンシブA/B」の様子が紹介されました
[備考] 静岡新聞朝刊19面 (授業主担当:山本好比古 副担当:松野和子・宇賀田栄次・須藤智)
【学外の審議会・委員会等】
[1]. The 10th Asian Conference on Cultural Studies 2020 (2020年5月 ) [団体名] IAFOR
[活動内容]Review Committee
[2]. The 9th Asian Conference on Cultural Studies 2019 (2019年5月 ) [団体名] IAFOR
[活動内容]Review Committee
[3]. The Asian Conference on Education 2018 (2018年10月 ) [団体名] IAFOR
[活動内容]Review Committee
[4]. The Asian Conference on Cultural Studies 2018 (2018年6月 ) [団体名] IAFOR
[活動内容]Review Committee
[5]. The ACP 2018 (2018年3月 ) [団体名] IAFOR
[活動内容]Review Committee

国際貢献実績

管理運営・その他