トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 佐藤 浩平 (SATO Kohei)

佐藤 浩平 (SATO Kohei)
助教
学術院工学領域 - 化学バイオ工学系列 工学部 - 化学バイオ工学科
大学院総合科学技術研究科工学専攻 - 化学バイオ工学コース
創造科学技術研究部 - ナノマテリアル部門






sato.kohei@@@shizuoka.ac.jp
image-profile
最終更新日:2020/06/24 2:05:25

教員基本情報

【取得学位】
博士(薬科学)  徳島大学   2015年3月
【研究分野】
化学 - 基礎化学 - 有機化学
複合領域 - 生体分子科学 - ケミカルバイオロジー
【現在の研究テーマ】
ペプチド・タンパク質化学を基盤としたケミカルバイオロジー研究
タンパク質化学合成法の確立と応用に関する研究
【研究キーワード】
ペプチド, タンパク質, 固相合成
【所属学会】
・日本ペプチド学会
・日本薬学会
・日本化学会
・アメリカ化学会
・日本ケミカルバイオロジー学会
【個人ホームページ】
https://wwp.shizuoka.ac.jp/sato-kohei/
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. Chemoselective Umpolung of Enals for Asymmetric Homoenolate Cross-Annulation of Enals and Aldehydes Catalyzed by N-Heterocyclic Carbene
Organic Letters 21/22 9119-9123 (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Ryuji Ide, Ryuji Kyan, Thien Phuc Le, Yuya Kitagawa, Kohei Sato, Nobuyuki Mase, Tetsuo Narumi [URL] [DOI]
[2]. Epimerization-suppressed organocatalytic synthesis of poly-l-lactide in supercritical carbon dioxide under plasticizing conditions
Tetrahedron Letters 60/34 150987- (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Nobuyuki Mase, Moniruzzaman, Shoji Yamamoto, Kohei Sato, Tetsuo Narumi, Hikaru Yanai [URL] [DOI]
[3]. マイクロ波グリーン有機化学:デスクトッププラントを目指して
ケミカルエンジニヤリング 64/6 395-402 (2019年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 間瀬暢之, 武田和宏, 佐藤浩平
[4]. Synthetic Study of GM2 Activator Protein and its Analogs by Using Peptide Hydrazide
Peptide Science 2018 / 91-91 (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Shoko Tanaka, Kohei Sato, Tetsuo Narumi, Kohji Itoh, Akira Otaka, Nobuyuki Mase
[5]. Organocatalytic ring-opening polymerization of l-lactide in supercritical carbon dioxide under plasticizing conditions
Tetrahedron Letters 59/50 4329-4396 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]Nobuyuki Mase [共著者]Nobuyuki Mase, Moniruzzaman, Shunsuke Mori, Jun Ishizuka, Fumihiro Kumazawa, Shoji Yamamoto, Kohei Sato, Tetsuo Narumi [URL] [DOI]
【著書 等】
[1]. In Green Science and Technology; Chapter 5, Catalytic Green Organic Synthesis in Unique Reaction Environments
CRC Press (2019年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 分担執筆
[著者]Nobuyuki Mase, Kohei Sato [担当頁] 65-82
[備考] Nobuyuki Mase; Kohei Sato, In Green Science and Technology; Chapter 5, Catalytic Green Organic Synthesis in Unique Reaction Environments; Enoch Y. Par
【学会発表・研究発表】
[1]. マイクロウェーブ・ファインバブル・フロー手法の融合によるグリーン有機合成
第63回 香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 (2019年9月29日) 招待講演以外
[発表者]間瀬暢之、松尾圭哉、金拓哉、藤本准子、佐藤浩平、鳴海哲夫、武田和弘
[備考] 開催場所:秋田大学(秋田県秋田市) 主催団体:香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会
[2]. Chemical Synthesis of Protein for Protein-based Therapeutic
The 2nd International Postgraduate Symposium in Biotechnology (2019年9月24日) 招待講演以外
[発表者]Kohei Sato
[備考] 開催場所:Uniersiti Teknologi Malaysia(Johor Bahru, Malaysia) 主催団体:Institute of Bioproduct Development, Universiti Teknologi Malaysia
[3]. Solid-phase Chemical Ligation Using Peptide Hydrazide
The 2nd International Postgraduate Symposium in Biotechnology (2019年9月24日) 招待講演以外
[発表者]Shunma Oh, Kohei Sato
[備考] 開催場所:Uniersiti Teknologi Malaysia(Johor Bahru, Malaysia) 主催団体:Institute of Bioproduct Development, Universiti Teknologi Malaysia
[4]. ENANTIOSELECTIVE SYNTHESIS OF 4,5-DISUBSTITUTED GAMMA-BUTYROLACTONES BY N-HETEROCYCLE CARBENE-CATALYZED HOMOENOLATE ANNULATION DIRECTLY FROM ENALS AND ALDEHYDES
12th Asian Federation for Medicinal Chemistry (AFMC) International Medicinal Chemistry Symposium (AIMECS 2019) (2019年9月10日) 招待講演以外
[発表者]Tetsuo Narumi, Ryuji Ide, Kohei Sato, Nobuyuki Mase
[備考] 開催場所:Elite World Europe Hotel Istanbul(Istanbul, Turkey) 主催団体:Asian Federation for Medicinal Chemistry
[5]. N-Aryl Effect on the Enhanced Catalytic Activity of Imidazolium-Salt Derived NHCs
27th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress (2019年9月5日) 招待講演以外
[発表者]Ryuji Kyan, Kohei Sato, Nobuyuki Mase, Tetsuo Narumi
[備考] 開催場所:ロームシアター京都(京都府京都市) 主催団体:International Society of Heterocyclic Chemistry
【共同・受託研究】
[1]. 国内共同研究 ファインバブルグリーン酸化手法による スルホン誘導体の合成
分担 ( 2016年6月 )
【科学研究費助成事業】
[1]. 薬剤耐性問題克服に向けて:タンパク質主鎖との水素結合を指標とする阻害剤評価系開拓 ( 2019年4月 ~ 2022年3月 ) 若手研究 代表

[2]. 植物防御応答を司る「香り」の配糖化メカニズムの解明 ( 2017年4月 ~ 2020年3月 ) 基盤研究(C) 分担

[3]. タンパク質完全化学合成を基盤とするカスタムメイド型人工酵素創製への挑戦 ( 2016年4月 ~ 2019年3月 ) 若手研究(B) 代表
【外部資金(科研費以外)】
[1]. 対薬剤耐性創薬デザインを支援するタンパク質プローブの開発 (2020年1月 - 2020年12月 ) [提供機関] 公益財団法人 テルモ生命科学振興財団 [制度名] 研究助成(生理活性物質・生体成分研究) [担当区分] 研究代表者
[2]. (2019年6月 - 2020年3月 ) [提供機関] 静岡大学 [制度名] 融合研究促進費(若手重点研究者特別支援) [担当区分] 研究代表者
[3]. 合成化学を起爆剤とするタンパク質医薬品製造プロセスの新機軸開拓 (2018年8月 - 2019年7月 ) [提供機関] 公益財団法人 浜松科学技術研究振興会 [制度名] 村田基金研究助成金 [担当区分] 研究代表者
[4]. 生理活性分子の組織内局在計測を加速する新規ラベル化試薬の開発 (2017年4月 - 2018年3月 ) [提供機関] 静岡大学 [制度名] ナノ・マイクロ横断型人材育成 [担当区分] 研究代表者
[5]. タンパク質完全化学合成を基盤とするカスタムメイド型人工酵素創成への挑戦 (2016年5月 - 2017年3月 ) [提供機関] 公益財団法人 双葉電子記念財団  [制度名] 平成28年度自然科学研究助成 [担当区分] 研究代表者
【受賞】
[1]. 徳島大学学生表彰 (2015年3月)
[授与機関] 徳島大学
[2]. ポスター賞 DEVELOPMENT OF N-GLYCOSYLATED ASPARAGINE LIGATION AND ITS APPLICATION TO TOTAL CHEMICAL SYNTHESIS OF GM2 ACTIVATOR PROTEIN (2014年10月)
[授与機関] 第51回ペプチド討論会
[3]. JPS Travel Award SYNTHETIC STUDY OF GM2 ACTIVATOR PROTEIN USING N-SULFANYLETHYLANILIDE PEPTIDE (2014年6月)
[授与機関] 日本ペプチド学会
[4]. 徳島大学学生表彰 (2013年3月)
[授与機関] 徳島大学
[5]. 若手口頭発表優秀賞 CONVERGENT CHEMICAL SYNTHESIS OF HUMAN GM2 ACTIVATOR PROTEIN ANALOG USING SEALIDE CHEMISTRY (2012年11月)
[授与機関] 第49回ペプチド討論会
【特許 等】
[1]. 凝集タンパク質の検出に適した化合物 [出願番号] PCT/JP2018/028279 (2018年7月27日)
[備考] WO/2019/026797
[2]. ケージド化合物及びケージド化合物の製造方法並びに発現方法 [出願番号] 2017-105094 (2017年5月26日)
[備考] 特開2018-199640
【学会・研究会等の開催】
[1]. 理学部_農学部_工学部_合同セミナー (2019年12月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 静岡大学 浜松キャンパス(静岡県浜松市)
[備考] 静岡大学 理学部(山中研)、農学部(轟研、大西研)、工学部(間瀬研、鳴海研、佐藤研)による合同セミナー
[2]. 蛋白研セミナー:30代研究者が切り拓くタンパク質化学合成の新潮流 (2019年2月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 静岡大学浜松キャンパス(静岡県浜松市)
[備考] 会期:2019年2月28日(木)~3月1日(金) 参加者数:50人
[3]. 第50回若手ペプチド夏の勉強会 (2018年8月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 臨済宗方広寺派大本山方広寺(静岡県浜松市)
[備考] 主催:日本ペプチド学会 会期:2018年8月5日(日)~7日(火) 参加者数:184人
[4]. 理学部_農学部_工学部_合同セミナー (2016年9月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 静岡大学 静岡キャンパス(静岡県静岡市)
[備考] 静岡大学 理学部(山中研)、農学部(轟研、大西研)、工学部(間瀬研、鳴海研、佐藤研)による合同セミナー
[5]. MS基礎講座 (2016年6月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 静岡大学 浜松キャンパス(静岡県浜松市)
[備考] 開催日時:2016年6月29日 共催:静岡大学教育研究活動「ナノ・マイクロ横断型人材育成」

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 学部専門科目 バイオ応用工学実験Ⅰ (2019年度 - 前期 )
[備考] 副担当
[2]. 学部専門科目 バイオ応用工学実験Ⅱ (2019年度 - 前期 )
[備考] 副担当
[3]. 学部専門科目 卒業研究 (2019年度 - 通年 )
[4]. 学部専門科目 セミナーI (2019年度 - 前期 )
[5]. 学部専門科目 セミナーII (2019年度 - 後期 )
【指導学生数】
2019年度
卒研指導学生数(4年) 1 人
修士指導学生数 1 人
2018年度
卒研指導学生数(4年) 1 人
修士指導学生数 1 人
2017年度
卒研指導学生数(4年) 1 人
2016年度
卒研指導学生数(4年) 1 人
2015年度
卒研指導学生数(3年) 0 人
卒研指導学生数(4年) 1 人
【指導学生の受賞】
[1]. THE BEST ORAL PRESENTATION FOR MOLECULAR ENGINEERING SESSION (2019年9月)
[受賞学生氏名] 王俊真 (工学部)
[授与団体名] Institute of Bioproduct Development, Universiti Teknologi Malaysia
[備考] 2nd International Postgraduate Symposium in Biotechnology 2019 (2019年9月24〜25日, マレーシア)での研究発表に対して
[2]. JPS Travel Award (2019年6月)
[受賞学生氏名] 田中晶子 (総合科学技術研究科)
[授与団体名] 日本ペプチド学会
[備考] 23rd Korean Peptide and Protein Society Symposium (2019年7月1〜2日, 韓国)での研究発表に対して
[3]. ベストプレゼンテーション (2018年2月)
[受賞学生氏名] 田中晶子 (工学部)
[授与団体名] 静岡大学工学部化学バイオ工学科バイオ応用工学コース
【その他教育関連情報】
[1]. 厚生補導引率 (2017年9月 )

社会活動

国際貢献実績

【国際協力事業】
[1]. マレーシアと静岡から発信するGlobal Green Challenges (2015年1月 - 2015年1月 )
[相手方機関名] Taylor's University
[備考] 実施副担当者
【その他国際貢献実績】
[1]. マレーシアの協定校訪問 (2019年9月 )
[備考] Taylar's University, Sunway University, University Putra Malaysia, University Technology Malaysiaを訪問し研究交流した
[2]. SSSV引率 (2018年9月 )
[備考] Chung-Ang University, Yonsei University, Ewha W. University 韓国

管理運営・その他

【特記事項】
静岡大学若手重点研究者(第4期 2019年4月〜2022年3月)に選出