氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 森田 健 (MORITA Takeshi)

森田 健 (MORITA Takeshi)
講師
学術院理学領域 - 物理学系列 理学部 - 物理学科
大学院総合科学技術研究科理学専攻 - 物理学コース
創造科学技術研究部 - ベーシック部門







image-profile
最終更新日:2018/10/20 13:41:00

教員基本情報

【取得学位】
学士  京都大学 理学部   2001年3月
理学博士 (物理学)  京都大学大学院理学研究科   2006年3月
修士 (理学)  京都大学大学院理学研究科   2003年3月
【研究分野】
数物系科学 - 物理学 - 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理
【所属学会】
・日本物理学会
【個人ホームページ】
https://wwp.shizuoka.ac.jp/morita/
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. Quantum quench and thermalization of one-dimensional Fermi gas via phase-space hydrodynamics
Physical Review A 98/4 043610- (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 森田 健, Manas Kulkarni, Gautam Mandal [URL] [DOI]
[2]. Toward the construction of the general multi-cut solutions in Chern-Simons Matrix Models
Journal of High Energy Physics 1808/ 168- (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 森田 健,杉山 健斗 [URL] [DOI]
[3]. Multi-cut solutions in Chern–Simons matrix models
Nuclear Physics B 929/ 1-28 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 森田 健,杉山 健斗 [URL] [DOI]
[4]. Thermodynamics of QCD from Sakai-Sugimoto Model
Journal of High Energy Physics 1512/ 006- (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 森田 健,磯野 裕,Gautam Mandal [URL] [DOI]
[5]. Instanton dynamics in finite temperature QCD via holography
Nuclear Physics B 899/ 631-650 (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 森田 健,花田 政範,松尾 善典 [URL] [DOI]
【学会発表・研究発表】
[1]. 行列量子力学における acoustic Hawking radiation
日本物理学会秋季大会 (2018年9月17日) 招待講演以外
[発表者]森田 健
[備考] 信州大学松本キャンパス
[2]. Chern-Simons行列模型の一般解の構成とインスタントン
日本物理学会秋季大会 (2018年9月14日) 招待講演以外
[発表者]森田 健,杉山健斗
[備考] 信州大学松本キャンパス
[3]. 学部生でもできる流体Hawking輻射の計算
中部夏の学校 (2018年9月6日) 招待講演以外
[発表者]森田 健
[備考] 東海大学山中湖セミナーハウス
[4]. Bound on chaos and Acoustic Hawking radiation in free fermi fluid
Integrable​ ​systems​ ​in​ ​Mathematics,​ ​Condensed​ ​Matter​ ​and​ ​Statistical​ ​Physics (2018年8月6日) 招待講演
[発表者]森田 健
[備考] ICTS, Bengaluru, India
[5]. Thermal emission from semi-classical chaotic systems
Strings and Fields 2018 (2018年7月31日) 招待講演以外
[発表者]森田 健
[備考] YITP, 京都大学
【科学研究費助成事業】
[1]. 量子重力とゲージ理論の非摂動効果の探求 ( 2015年4月 ~ 2019年3月 ) 若手研究(B) 代表

[2]. Yang-Mills理論の熱力学の非摂動的な解析とその応用 ( 2012年4月 ~ 2013年10月 ) 研究活動スタート支援 代表
【受賞】
[1]. 2014年度(第9回)素粒子メダル奨励賞 (2015年3月)
[備考] 素粒子論グループ
[2]. 第5回 日本物理学会若手奨励賞 (2011年3月)
[備考] 日本物理学会
【学会・研究会等の開催】
[1]. 中部夏の学校2017 (2017年9月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 東海大学山中湖セミナーハウス
[2]. 静岡素粒子集中セミナー  (2014年12月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] B-nest 静岡市産学交流センター
[3]. String Theory in Greater Tokyo (2014年1月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 東京大学IPMU
【その他学術研究活動】
[1]. 素粒子論グループ機関誌「素粒子論研究」 編集委員 (2015年4月 )

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 大学院科目(修士) 物理学特別研究 (2018年度 - 通年 )
[備考] 副担当教員
[2]. 学部専門科目 物理学演習ⅡA (2018年度 - 前期 )
[備考] 主担当教員
[3]. 大学院科目(修士) 素粒子物理学特論 (2018年度 - 前期 )
[備考] 主担当教員
[4]. 大学院科目(修士) 物理学特別演習Ⅰ (2018年度 - 前期 )
[備考] 副担当教員
[5]. 大学院科目(修士) 物理学特別演習Ⅱ (2018年度 - 後期 )
[備考] 副担当教員
【指導学生数】
2017年度
修士指導学生数 1 人
博士指導学生数(主指導) 1 人
2016年度
修士指導学生数 2 人
2015年度
修士指導学生数 1 人
【指導学生の受賞】
[1]. 成績優秀者 (2017年4月)
[授与団体名] 静岡大学

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 講演会 同友会大学講座 (2016年10月 )
[内容] 超弦理論の予言する世界
[備考] 同友会会議室
[2]. 公開講座 サイエンスカフェ in 静岡 (2016年4月 )
[内容] 「物質」=「力」=「空間」!?  超弦理論の予言する世界
[備考] B-nest 静岡市産学交流センター
【報道】
[1]. 新聞 おちゃのこサイサイサイエンス ⑩真空を熱し続けるとどうなる? (2015年11月23日)
[備考] 静岡新聞朝刊23面
【学外の審議会・委員会等】
[1]. 素粒子論委員 (2016年4月 - 2018年3月 )

国際貢献実績

管理運営・その他