氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報  > 論文 等

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 佐藤 慎一 (SATO Shinichi)

論文 等

【論文 等】
[1]. Shut-off of Isahaya Bay is causing decrease of benthic animals in the entire Ariake Sea
有明海の環境と漁業 /4 29-33 (2017年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]佐藤 慎一 [共著者]東 幹夫
[2]. 現生生物を対象とした古生物学的研究 その1−干潟貝類の人新世古生態学の研究例
日本古生物学会和文誌「化石」 /102 5-13 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]佐藤 慎一 [共著者]千葉 友樹
[3]. 潮止めから20年:諫早湾干拓調整池と堤防外側海域の生物はどう変化したか?
有明海の環境と漁業 /3 12-17 (2017年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]佐藤 慎一 [共著者]東 幹夫
[4]. Radiocarbon age offset between shell and plant pairs in the Holocene sediments under Hakata Bay, western Japan.
Radiocarbon 59/2 423-434 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]Nakanishi, T. [共著者]Hong, W.,Shimoyama, S.,Sato, S.,Park, G.,Lee, J-G.
[5]. 潮止め前の諫早湾奥部泥干潟の貝類相を「発掘」する
有明海の環境と漁業 /2 23-27 (2017年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 佐藤 慎一
[6]. Structural changes in molluscan community over a 15-year period before and after the 2011 Great East Japan Earthquake and subsequent tsunami around Matsushima Bay, Miyagi Prefecture, northeastern Japan.
PLOS ONE 11/12 1-10 (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]佐藤 慎一 [共著者]千葉 友樹
[7]. イラストで分かりやすく解説! 諫早湾を常時開門すると、魚介類はどうなる?
有明海の環境と漁業 /1 27-30 (2016年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]佐藤 慎一 [共著者]東 幹夫
[8]. Temporal Changes in the Geographic Distribution of Two Clam Species Meretrix lusoria and M. petechialis along the Coast of Japan and South Korea.
Ocean Science Journal 51/3 455-463 (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]佐藤 慎一 [共著者]兼子義高,鳥居 洋,Jae-Sang, Hong
[9]. Climate-mediated changes in predator–prey interactions in the fossil record: a case study using shell-drilling gastropods from the Pleistocene Japan Sea
Paleobiology 42/ 257-268 (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]千葉友樹 [共著者]佐藤 慎一
[10]. A catalogue of name-bearing type specimens of fossil Bivalvia (Mollusca) registered in the Tohoku University Museum
Bulletin of the Tohoku University Museum 15/ 9-106 (2016年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]佐藤 慎一 [共著者]千葉友樹,山中崇希,根本潤,島本昌憲,松原尚志
[11]. 諫早湾潮受け堤防外側周辺海域における短期開門調査以降の底生動物相の経年変化:特に北部排水門外側定点で採集されたヒナノズキン(二枚貝綱:マルスダレガイ目:ウロコガイ上科)について.
Molluscan Diversity 4/ 29-37 (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]山元綾弥香 [共著者]佐藤 慎一,東幹夫
[12]. 有明海の底生動物の長期定点調査から見えてきたこと.
日本の科学者 50/ 65-69 (2015年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]東 幹夫 [共著者]佐藤 慎一
[13]. Fossilized intestine casts located within closed bivalve shells: implications for palaeoecological and sedimentological studies.
Lethaia 48// 341-352 (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]千葉友樹 [共著者]佐藤 慎一,山田努
[14]. 津波による貝殻集積層の形成−2011年東北地方太平洋沖地震津波の例を中心に−.
月刊地球 36/ 36-41 (2014年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]藤原治 [共著者]谷川晃一郎,佐藤 慎一
[15]. Invasion of a naticid predator and associated changes in death assemblages of bivalve prey on the Tona coast, Miyagi Prefecture, northern Japan: implications for paleoecological studies
Lethaia 47/ 4-14 (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]千葉 友樹 [共著者]佐藤 慎一
[16]. Recognizing cryptic environmental changes by using paleoecology and taphonomy of Pleistocene bivalve assemblages in the Oga Peninsula, northern Japan
Quaternary Research 81/ 21-34 (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]千葉 友樹 [共著者]白井 正明,佐藤 慎一
[17]. Evolution of symbiosis with Lingula (Brachiopoda) in the bivalve superfamily Galeommatoidea (Heterodonta), with description of a new species of Koreamya
Journal of Molluscan Studies 80/ 148-160 (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]後藤 龍太郎 [共著者]石川 裕,浜村 陽一,佐藤 慎一,加藤 真
[18]. 日本の干潟における絶滅の危機にある動物ベントスの現状と課題
日本ベントス学会誌 69/ 1-17 (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]逸見 泰久 [共著者]ほか23名
[19]. Invasion of Laguncula pulchella (Gastropoda: Naticidae) and predator–prey interactions with bivalves on the Tona coast, Miyagi prefecture, northern Japan
Biological Invasions 15/ 587-598 (2013年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]千葉 友樹 [共著者]佐藤 慎一
[20]. Shell morphology and genetic characteristics of Corbula (Potamocorbula) spp. (Bivalvia: Corbulidae) from the waters adjacent to Japan, Korea and San Francisco Bay
Aquatic Biology 19/ 297-305 (2013年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]大和田 正人 [共著者]葛西 義太郎,佐藤 慎一,洪在上
[21]. Long-term fluctuation in mollusk populations before and after the appearance of an alien predator Euspira fortunei (Gastropoda: Naticidae) on the Tona Coast, Miyagi Prefecture, northern Japan
Fisheries Science 78/ 589-595 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]佐藤 慎一 [共著者]千葉友樹,長谷川裕美
[22]. Size-selective predation and drillhole site selectivety in Euspira fortunei (Gastropoda: Naticidae): Implications for ecological and paleoecological studies
Journal of Molluscan Studies 78/ 205-212 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]千葉 友樹 [共著者]佐藤 慎一
[23]. Contrasting pattern of mitochondrial population 1 diversity between an estuarine bivalve, the Kumamoto oyster Crassostrea sikamea, and the closely related Pacific oyster C. gigas
Marine Biology 159/ 2757-2776 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]関野 正志 [共著者]佐藤 慎一,洪在上ほか
[24]. 諫早湾潮止め後 10 年間の有明海における主な底生動物相の変化
日本ベントス学会誌 66/ 82-92 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]上杉 誠 [共著者]佐藤 慎一ほか
[25]. Molecular species diagnosis confirmed the occurrence of Kumamoto oyster Crassostrea sikamea in Korean waters
Fisheries Science 78/ 259-267 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]洪在上 [共著者]佐藤 慎一,関野正志
[26]. 日本と韓国における複式干拓堤防建設後の底生動物相変化の比較−諫早湾への海水導入後に何が起こるか?
沿岸海洋研究 49/ 111-117 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 佐藤 慎一
[27]. Genus-specific commensalism of the galeommatoid bivalve Koreamya arcuata (A. Adams, 1856) associated with lingulid brachiopods
Molluscan Research 31/ 95-105 (2011年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]佐藤 慎一 [共著者]大和田正人,芳賀拓真,洪在上,J. Lutezen,山下博由
[28]. 有明海の<変化>を追う−なぜ開門が必要か
科学 81/ 458-467 (2011年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]佐藤 慎一 [共著者]東 幹夫
[29]. 諫早湾閉め切り以降の有明海奥部の底生動物相の変化
遺伝 65/ 87-92 (2011年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 佐藤 慎一
[30]. A review of copepods associated with bivalves in Japan, with description of two new species (Crustacea, Copepoda, Cyclopoida)
Bulletin of the Tohoku University Museum /9 1-22 (2010年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]Kim, I. L. [共著者]佐藤慎一
[31]. The comparison of shell morphology and genetic relationship between Meretrix lusoria and M. petechialis in Japan and Korea
Plankton & Benthos Research 5/ 231-241 (2010年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]鳥居 洋,佐藤 慎一 [共著者]浜口昌巳,逸見泰久,山下博由
[32]. Response of daily and annual shell growth patterns of an intertidal bivalve Phacosoma japonicum to the Holocene coastal climate change in Japan
Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology 286/ 107-120 (2010年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]宮地 鼓 [共著者]棚部 一成,松島 義章,佐藤 慎一ほか2名
[33]. Predatory behaviour of Euspira fortunei: Why does it drill the left shell valve of Ruditapes philippinarum?
Journal of Molluscan Studies 75/ 147-151 (2009年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 長谷川裕美,佐藤 慎一
[34]. Environmental and physiological controls on shell microgrowth pattern of Ruditapes philippinarum (Bivalvia: Veneridae) from Japan
Journal of Molluscan Studies 74/ 89-95 (2008年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 金澤 拓,佐藤 慎一
[35]. Human Impacts on Coastal Communities: A Case Study of Benthic Faunal Changes after Dike Construction in Saemangeum, South Korea
The Quaternary Research 46/ 265-274 (2007年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]佐藤 慎一 [共著者]山下 博由,金敬源,松尾 匡敏
[36]. The Saemangeum Reclamation Project in South Korea threatens to collapse a unique mollusk, ectosymbiotic bivalve species attached to the shell of Lingula anatina.
Plankton & Benthos Research 2/ 70-75 (2007年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]洪在上 [共著者]山下博由,佐藤 慎一
[37]. Drastic change of bivalves and gastropods caused by the huge reclamation projects in Japan and Korea
Plankton & Benthos Research 1/3 123-137 (2006年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 佐藤 慎一
[38]. 諫早湾潮止め後の有明海における二枚貝群集の変化
日本ベントス学会誌 60/ 30-42 (2005年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]金澤 拓,佐藤慎一 [共著者]東 幹夫,近藤 寛,西ノ首英之,松尾匡敏
[39]. 干拓堤防締切り後の諫早湾および有明海中央部における二枚貝類の変化
化石 /76 90-99 (2004年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]佐藤 慎一 [共著者]金澤 拓
[40]. 韓国と日本で採集されたオオシャミセンガイLingula adamsi Dall, 1873の形態および遺伝子レベルの比較
日本ベントス学会誌 59/(num) 14-19 (2004年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]佐藤 慎一 [共著者]遠藤一佳,山下博由
[41]. Environmental controls on shell growth rates and ∂18O of the shallow-marine bivalve mollusk Phacosoma japonicum in Japan.
Marine Biology 142/ 473-485 (2003年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]Schöne, B. R. [共著者]棚部 一成,Dettman, D. L.,佐藤 慎一
[42]. Ecological and paleoecological implications of the rapid increase and decrease of an introduced bivalve Potamocorbula sp. after the construction of a dike for reclamation in the Isahaya Bay, western Kyushu, Japan.
Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology 185/ 369-378 (2002年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]佐藤 慎一 [共著者]東 幹夫
[43]. 諫早湾干拓地の貝類相−調整池における貝類相の時間的変化−
第四紀研究 40/2 85-95 (2001年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]佐藤 慎一 [共著者]東 幹夫,近藤 寛,西ノ首英之 [備考] 2002年度第四紀学会論文賞受賞
[44]. 諫早湾干拓地の貝類相−泥干潟における貝類の帯状分布−
第四紀研究 40/1 43-51 (2001年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 佐藤 慎一
[45]. 諌早湾干拓地の現世古生態学
地質学雑誌 106/ 5-6 (2000年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 佐藤 慎一 [備考] 口絵
[46]. Genetic and environmental control of growth and reproduction of Phacosoma japonicum (Bivalvia: Veneridae)
The Veliger 42/ 54-61 (1999年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 佐藤 慎一
[47]. Temporal change of life-history traits in fossil bivalves: an example of Phacosoma japonicum from the Pleistocene of Japan
Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology 154/ 313-323 (1999年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 佐藤 慎一
[48]. Shell microgrowth patterns of bivalves reflecting seasonal change of phytoplankton abundance.
Paleontological Research 1/4 260-266 (1997年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 佐藤 慎一
[49]. Genetic variability and population structure of Phacosoma japonicum (Bivalvia: Veneridae)
VENUS 55/ 51-63 (1996年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 佐藤 慎一
[50]. Spawning periodicity and shell microgrowth patterns of the venerid bivalve Phacosoma japonicum (Reeve, 1850).
The Veliger 38/ 61-72 (1996年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 佐藤 慎一
[51]. Analysis of the relationship between growth and sexual maturation in Phacosoma japonicum (Bivalvia: Veneridae).
Marine Biology 118/ 663-672 (1994年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 佐藤 慎一
[52]. 斧足類化石群集を用いた下総層群中部の古環境解析
地質学雑誌 98/ 529-545 (1992年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]佐藤 慎一 [共著者]下山正一