氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 毛利 出 (MORI IZURU)

毛利 出 (MORI IZURU)
教授
学術院理学領域 - 数学系列 理学部 - 数学科
大学院総合科学技術研究科理学専攻 - 数学コース
創造科学技術研究部 - ベーシック部門






mori.izuru@@@shizuoka.ac.jp
image-profile
最終更新日:2018/07/28 3:10:00

教員基本情報

【取得学位】
哲学博士  ワシントン大学   1998年8月
【研究分野】
数物系科学 - 数学 - 代数学
【現在の研究テーマ】
三角圏を介した非可換代数幾何学と表現論の分類問題
表現論・可換環論の非可換代数幾何学における分類問題への応用
【研究キーワード】
非可換環, 可換環, 代数幾何学
【所属学会】
・日本数学会
・アメリカ数学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. When is an abelian category a quantum projective space?
Proceedings of the 50th Symposium on Ring Theory and Representation Theory (vol)/(num) 131- 136 (2018年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]毛利 出 [共著者]上山 健太
[2]. Noncommutative quotient singularities
第62回代数学シンポジウム報告集 (vol)/(num) 10-15 (2018年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 毛利 出
[3]. The classification of 3-Calabi–Yau algebras with 3 generators and 3 quadratic relations
Math. Z 287/(num) 215-241 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]毛利 出 [共著者]S. Paul Smith
[4]. m-Koszul AS-regular algebras and twisted superpotentials
Prceedings of the 49th Symposium on Ring Theory and Representation Theory (vol)/(num) 92-95 (2017年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 毛利 出
[5]. Stable categories of graded maximal Cohen-Macaulay modules over noncomutative quotient singularities
Adv. Math. 297/(num) 54-92 (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]毛利 出 [共著者]上山 健太
【学会発表・研究発表】
[1]. 非可換射影空間の圏論的特徴付け
2018日本数学会年会 (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]毛利 出,上山 健太
[備考] 東京大学大学院数理科学研究科、東京都目黒区
[2]. Twisted Superpotential入門
神楽坂代数セミナー (2017年11月) 招待講演
[発表者]毛利 出
[備考] 東京理科大学神楽坂キャンパス、東京都新宿区
[3]. When is an abelian category a quantum projective space?
第50回環論および表現論シンポジウム (2017年10月) 招待講演以外
[発表者]毛利 出,上山 健太
[備考] 山梨大学甲府キャンパス、山梨県甲府市
[4]. Noncommutative quotient singularities
第62回代数学シンポジウム (2017年9月) 招待講演
[発表者]毛利 出
[備考] 大阪大学理学研究科、大阪府豊中市
[5]. A categorical characterization of a quantum projective space
Linking noncommutative rings and algebraic geometry (2017年6月) 招待講演
[発表者]毛利 出
[備考] University of Edinburgh、Edinburgh、英国
【科学研究費助成事業】
[1]. 整環の表現論の総合的研究 ( 2016年4月 ~ 2021年3月 ) 基盤研究(B) 分担

[2]. 非可換代数多様体のモジュライ空間 ( 2016年4月 ~ 2019年3月 ) 挑戦的萌芽研究 分担

[3]. 代数幾何学・表現論を駆使した非可換代数曲面の分類 ( 2016年4月 ~ 2019年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[4]. 多元環の表現論を応用した非可換代数幾何学の新展開 ( 2013年4月 ~ 2016年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[5]. 整環の表現論の新展開 ( 2012年4月 ~ 2016年3月 ) 基盤研究(B) 分担

【外部資金(科研費以外)】
[1]. 非可換代数幾何学とその周辺 (2017年9月 ) [提供機関] 京都大学数理解析研究所 [制度名] RIMS研究集会
[2]. 非可換代数幾何学とその周辺 (2013年4月 ) [提供機関] 京都大学数理解析研究所 [制度名] RIMS研究集会
[3]. 非可換代数幾何学とその周辺 (2009年4月 ) [提供機関] 京都大学数理解析研究所 [制度名] RIMS研究集会
[4]. 非可換代数曲面と表現論 (2009年4月 ) [提供機関] 京都大学数理解析研究所 [制度名] RIMS長期研究員
【学会・研究会等の開催】
[1]. (非)可換代数とトポロジー (2018年2月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 信州大学、長野県、松本市
[2]. RIMS研究集会「非可換代数幾何学とその周辺」 (2017年9月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 京都大学数理解析研究所、京都
[備考] 学会主催者(Izuru Mori, Colin Ingalls)
[3]. (非)可換代数とトポロジー (2017年2月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 信州大学、長野県、松本市
[4]. (非)可換代数とトポロジー (2016年2月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 信州大学、長野県、松本市
[5]. Derived categories of finite dimensional algebras: Conference honoring Hideto Asashiba on the occasion of his 60th birthday (2015年9月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 静岡大学、静岡県
【その他学術研究活動】
[1]. サイエンスインカレ (2013年10月 - 2014年2月 )
[2]. サイエンス・インカレ (2011年10月 - 2012年2月 )
[備考] 理数学生応援プロジェクト「自発的研究体験プログラム」の研究成果を「学生による自主研究の祭典 サイエンス・インカレ」において指導学生がポスター発表をすることになり引率した。

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 大学院科目(修士) 代数系特論 (2017年度 - 後期 )
[2]. 学部専門科目 線型代数学Ⅲ (2017年度 - 前期 )
[3]. 学部専門科目 代数学 (2017年度 - 前期 )
[4]. 学部専門科目 代数学Ⅰ (2017年度 - 後期 )
[5]. 大学院科目(修士) 数学特別講究Ⅰ (2017年度 - 前期 )
[備考] 副担当
【指導学生数】
2017年度
修士指導学生数 3 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2016年度
修士指導学生数 2 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 1 人
2015年度
修士指導学生数 1 人
博士指導学生数(主指導) 1 人 博士指導学生数(副指導) 1 人
2014年度
修士指導学生数 2 人
博士指導学生数(主指導) 1 人 博士指導学生数(副指導) 1 人
2013年度
修士指導学生数 2 人
博士指導学生数(主指導) 1 人 博士指導学生数(副指導) 1 人
[備考] 研究生1名
【その他教育関連情報】
[1]. 代数学自主ゼミ (2014年10月 - 2015年1月 )
[2]. 代数学自主ゼミ (2013年4月 )
[3]. 自発的研究体験プログラム (2013年4月 )
[4]. 代数学自主ゼミ (2012年4月 )
[5]. 指導クラブ等(自発的研究体験プログラム) (2011年4月 )

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 出張講義 出張講義 (2017年2月 )
[内容] 数学の魅力とは?~高校数学から大学数学へ~
[備考] 静岡県立科学技術高等学校
[2]. 出張講義 大学模擬講座 (2016年12月 )
[内容] 量子空間の世界
[備考] 神奈川県立大磯高等学校
[3]. 公開講座 サイエンスカフェ講演 (2015年11月 )
[内容] 一般市民向けの専門分野の講義
[備考] ペガサート
[4]. 出張講義 一日大学:進路セミナー (2012年10月 )
[内容] 高校生向けの専門分野の講義
[備考] 富士宮西高等学校

国際貢献実績

管理運営・その他

【所属長等】
[1]. 理学部数学科長 (2017年4月 )