氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 阪東 一毅 (Bando Kazuki)

阪東 一毅 (Bando Kazuki)
准教授
学術院理学領域 - 物理学系列 理学部 - 物理学科
大学院総合科学技術研究科理学専攻 - 物理学コース







bando.kazuki@@@shizuoka.ac.jp
image-profile
最終更新日:2018/07/28 2:42:00

教員基本情報

【取得学位】
博士(理学)  大阪市立大学   2002年3月
修士(工学)  大阪大学   1999年3月
【研究分野】
数物系科学 - 物理学 - 物性Ⅰ
【相談に応じられる教育・研究・社会連携分野】

半導体
量子力学
【現在の研究テーマ】
半導体微小共振器構造
【研究キーワード】
半導体, レーザー分光, 励起子
【所属学会】
・日本物理学会
・応用物理学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. Self-Assembled Organic Crystalline Microring Cavities with High Q-Factors
ChemNanoMat / - (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]Kauzki Bando [共著者]Kauzki bando,Honami Fujii,Kei Mizuno, Kaishi Narushima, Akihito, Miyazaki,Fumio Sasaki, Shu Hotta,Hisao Yanagi
[2]. Optical studies on the conversion from Ag+ to Ag- centers by the electrolytic coloration in NaCl and KCl crystals
Optical Materials 77/ 30-33 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]Teketoshi Kawai [共著者]Teketoshi Kawai,Takeshi Hirai,Kazuki Bando
[3]. Organic Nanowire Lasers with Epitaxially Grown Crystals of Semiconducting Oligomers
ChemNanoMat 3/9 625-631 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]Hisao Yanagi [共著者]Kazuki Torii, Tetsuya Higuchi,Kei Mizuno,Kazuki Bando,Kenichi Yamashita, Fumio Sasaki,Hisao Yanagi
[4]. Cavity polaritons in an organic single-crystalline rubrene microcavity
APPLIED PHYSICS LETTERS 104/23 233307-4pages (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]Kazuki Bando [共著者]Y. Tsuchimoto,H. Nagai,M. Amano,K. Bando,H. Kondo
[5]. Cavity Polaritons in a Single-Crystalline Organic Microcavity Prepared at Room Temperature Using a Simple Solution Technique
APPLIED PHYSICS EXPRESS 6/11 111601-4pages (2013年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]Kazuki Bando [共著者]H. Nagai,M. Amano,K. Kanezashi,S. Kumeta,H. Kondo [備考] SPOTLIGHTS(注目)論文に選出
【著書 等】
[1]. Encyclopedia of Nanoscience and Nanotechnology 15-volumes "Peculiar Photonic Effects and Device Applications of Organic Semiconductor Crystals"
American Scientific Publishers (2017年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]阪東 一毅
【学会発表・研究発表】
[1]. 有機ニードル結晶における短軸方向に形成するファブリーペローモードの観測
第28回光物性研究会 (2017年12月) 招待講演以外
[発表者]宮崎章仁,阪東一毅,佐々木史雄,柳 久雄
[備考] 光物性研究会, 2017年12月8-9日, 京都大学(宇治キャンパス)
[2]. アントラセン結晶中の励起子寿命における再吸収効果の再考
第28回光物性研究会 (2017年12月) 招待講演以外
[発表者]堀 匡紘,田村尚樹,阪東一毅,近藤久雄,河相武利
[備考] 光物性研究会, 2017年12月8-9日, 京都大学(宇治キャンパス)
[3]. エピタキシャル成長させたBP2Tマイクロニードル結晶の光励起レーザー特性
第64回応用物理学会春季学術講演会 (2017年3月) 招待講演以外
[発表者]鳥井 一輝,樋口哲也,阪東 一毅,佐々木 史雄,柳 久雄
[備考] 応用物理学会, 2017年3月14日-17日, パシフィコ横浜
[4]. 有機微小共振器における振電結合発光の解釈
第27回光物性研究会 (2016年12月) 招待講演以外
[発表者]外山直希,大塚和仁,阪東一毅,近藤久雄
[備考] 光物性研究会, 2016年12月2-3日, 神戸大学
[5]. 有機無機層状ペロブスカイト型化合物を活性層とする微小共振器の作成とその光学応答
第27回光物性研究会 (2016年12月) 招待講演以外
[発表者]吉田明弘,朝日敏夫,古川雅文,近藤久雄,阪東一毅
[備考] 光物性研究会, 2016年12月2-3日, 神戸大学
【共同・受託研究】
[1]. 出資金による受託研究 π共役有機半導体による単一光子発生器の開発
代表 ( 2009年7月 ~ 2010年3月 )
[相手先] 科学技術振興機構
[備考] 平成21年度シーズ発掘試験二発掘型)
【科学研究費助成事業】
[1]. 有機半導体マイクロリング結晶における高Q値リング共振器の研究 ( 2014年4月 ~ 2017年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[2]. 直立配向性π共役系分子結晶に発現するダビドフ励起子の光学遷移特異性 ( 2009年4月 ~ 2011年3月 ) 若手研究(B) 代表

[3]. 半導体単一量子ドットにおける励起子複合体位相緩和過程の高感度測定 ( 2007年4月 ~ 2009年3月 ) 若手研究(B) 代表
【外部資金(科研費以外)】
[1]. 有機結晶を活性層とするファブリーペロー型及びリング型共振器におけるポラリトンレーザーの研究 (2016年4月 - 2018年3月 ) [提供機関] 公益財団法人 旭硝子財団
[2]. 有機結晶リング共振器を用いたフォトニックネットワークデバイスへの基礎研究 (2015年4月 - 2016年3月 ) [提供機関] 公益財団法人 倉田記念日立科学技術財団
[3]. 波長フィルタとして機能する有機結晶マイクロリング共振器 (2014年8月 - 2015年7月 ) [提供機関] 公益財団法人村田学術振興財団
[4]. 有機結晶中の自然形成双晶構造によつて生じる光の屈折 (2013年4月 - 2014年3月 ) [提供機関] 日立金属・材料科学財団
[5]. 有機半導体単一量子ドットからの単一光子発生 (2011年4月 - 2012年3月 ) [提供機関] 中部電気利用基礎研究振興財団
【受賞】
[1]. 高柳研究奨励賞「有機半導体マイクロリング結晶におけるリング共振器構造の研究」 (2013年12月)
[備考] 公益財団法人 浜松電子工学奨励会

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 全学教育科目(共通科目) 新入生セミナー (2017年度 - 前期 )
[備考] 副担当
[2]. 学部専門科目 最先端物理 (2017年度 - 前期 )
[備考] 副担当
[3]. 学部専門科目 物理学実験II (2017年度 - 後期 )
[備考] 副担当
[4]. 学部専門科目 物理学実験IV (2017年度 - 後期 )
[備考] 副担当
[5]. 全学教育科目(共通科目) 機器分析科学入門II (2017年度 - 後期 )
[備考] 副担当
【指導学生数】
2018年度
修士指導学生数 3 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2017年度
修士指導学生数 4 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2016年度
修士指導学生数 3 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2015年度
修士指導学生数 3 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2014年度
修士指導学生数 3 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
【その他教育関連情報】
[1]. 理数学生応援プロジェクト (2012年10月 - 2013年3月 )
[備考] 物理オナーセミナー
[2]. 理数学生応援プロジェクト (2011年10月 - 2012年3月 )
[備考] 物理オナーセミナー
[3]. 理数学生応援プロジェクト (2011年7月 - 2011年12月 )
[備考] 早期短期研究室配属
[4]. 理数学生応援プロジェクト (2010年10月 - 2011年3月 )
[備考] 物理オナーセミナー

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. その他 静岡県立下田高等学校「理数科課題研究」 (2014年8月 )
[内容] 実験・実習
[備考] 静岡大学理学部, 8月1日
[2]. 公開講座 静岡サイエンススクールstep2 (2013年6月 - 2013年6月 )
[内容] 原子の出す光の波長測定
[備考] 静岡大学理学部, 6月30日
[3]. 公開講座 静岡サイエンススクールstep3 (2013年6月 - 2014年3月 )
[内容] 光物理の研究
[備考] 静岡大学理学部
[4]. 公開講座 静岡サイエンススクールstep2 (2012年10月 - 2012年10月 )
[内容] 原子の出す光の波長測定
[備考] 静岡大学理学部, 10月28日
[5]. 公開講座 静岡サイエンススクールstep3 (2012年6月 - 2013年3月 )
[内容] 発光材料からの光と物理の研究
[備考] 静岡大学理学部
【報道】
[1]. 新聞 静岡新聞「<ノーベル賞>静岡県内の学生「憧れる」」 (2014年12月11日)
[概要]青色発光ダイオード(LED)を開発した天野浩・名古屋大教授のでノーベル物理学賞受賞についての感想
[2]. 新聞 静岡新聞「サイエンスブックカフェ」~研究者の本棚~ (2014年8月18日)
[概要]「透明人間」の作り方(竹内薫・荒野健彦著)の紹介
[3]. 新聞 静岡新聞「高柳賞受賞」 (2013年12月10日)
[概要]高柳研究奨励賞の受賞
[4]. 新聞 静岡新聞「この人」『サイエンスカフェin静岡』5代目店主就任 (2012年2月9日)
[5]. 新聞 静岡新聞「光技術振興財団贈呈式」 (2009年3月9日)
[概要]光科学技術研究振興財団研究助成の採択

国際貢献実績

管理運営・その他