トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 山本 裕之 (YAMAMOTO Hiroyuki)

山本 裕之 (YAMAMOTO Hiroyuki)
教授 (兼務:所長)
学術院融合・グローバル領域 保健センター

防災総合センター 安全衛生センター 岐阜大学大学院連合農学研究科


image-profile
最終更新日:2022/08/24 2:05:23

教員基本情報

【取得学位】
医学博士  島根医科大学   1992年9月
【現在の研究テーマ】
内臓脂肪蓄積の超音波的計測と評価
大学の健康診断の標準化に係る研究
主観的健康観に関する研究
インスリン様成長因子に関する研究
【研究キーワード】
内臓脂肪 超音波計測, 健康診断標準化, 主観的健康観, インスリン様成長因子
【所属学会】
・日本内科学会
[備考]認定医(1999.9- )
・日本内分泌学会
[備考]専門医(2000.4- ) 指導医(2004.4- ) 評議員(2011- )
・日本糖尿病学会
[備考]専門医(2000.11- )
・日本未病システム学会
[備考]評議員(2006.12- )
・日本肥満学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. Enhanced proteolytic activity directed against the N-terminal of IGF-(]G0001[) in diabetic rats
Journal of Endocrinology 162/ 243 (1999年)
[責任著者・共著者の別]
[2]. Disposition of radiolabelled insulin-like growth factor (]G0001[)(IGF), IGF-(]G0002[) and their N-terminal truncated variants in rats.
Endocrine Journal 43/Suppl. S77-80 (1996年)
[責任著者・共著者の別]
[3]. Enzymatic conversion of IGF-(]G0001[) to des(1-3)IGF-(]G0001[) in rat serum and tissues : a further potential site of growth hormone regulation of IGF-(]G0001[) action.
Journal of Endocrinology 146/ 141 (1995年)
[責任著者・共著者の別]
[4]. N-terminal truncated insulin-like growth factor (]G0001[) in urine.
Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism 80/4 1179 (1995年)
[責任著者・共著者の別]
[5]. Goneration of des-(1-3)insulin-like growth factor (]G0001[) in serum by an acid protease
Endocrinology 135/ 2432 (1994年)
[責任著者・共著者の別]
【科学研究費助成事業】
[1]. 青年期から始める生活習慣病一次予防:最適な介入法を目指して ( 2003年4月 ~ 2006年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[2]. II型糖尿病モデル"OLETFラット"における肥満関連遺伝子の同定 ( 1998年4月 ~ 2000年3月 ) 奨励研究(A) 代表

[3]. 発生工学的手法による新しい食欲調節障害モデル動物の開発 ( 1997年4月 ~ 1999年3月 ) 基盤研究(C) 分担

[4]. ヒト血中におけるIGF-I N端分解酵素活性の臨床的意義について ( 1996年4月 ~ 1997年3月 ) 奨励研究(A) 代表
【外部資金(科研費以外)】
[1]. 平成17-18年度 第18回東海産業技術振興財団研究助成金 (課題名:超音波エコー装置を用いた内臓脂肪蓄積の定量的計測法の開発と評価) (2005年4月 - 2007年3月 ) [提供機関] 東海産業技術振興財団 [担当区分] 研究代表者
[備考] 授与・助成団体名(東海産業技術振興財団)
[2]. 男子大学生における腹部超音波を用いた内臓脂肪測定の試みとその意義についての検討 (2002年5月 ) [提供機関] 財団法人 博慈会 老人病研究所 [制度名] 平成14年度財団法人博慈会老人病研究所優秀論文助成 [担当区分] 研究代表者
[3]. Truncated IGF-Iの研究 (1993年8月 ) [提供機関] Manitoba Health Research Council [制度名] (カナダ)マニトバ ヘルスリサーチ協会 ポストドクトラルフェローシップ
[4]. インスリン様成長因子に関する研究 (1992年7月 ) [提供機関] 島根難病研究所 [制度名] 島根難病研究所研究留学助成金 [担当区分] 研究代表者
【受賞】
[1]. 「中学生のための救急蘇生法講座講師通算10年」表彰 (2019年6月)
[授与機関] 浜松市医師会
[備考] 授与・助成団体名(浜松市医師会)
[2]. Travel Award (課題名:Development of antibodies capable of distinguishing between IGF-I and des (1-3) IGF-I) (1994年2月)
[備考] 授与・助成団体名(IGF Society)
[3]. カナダ内分泌代謝学会 若手研究者奨励賞 (課題名:Characterisation of serum acid protease activity responsible for the generation of des (1-3) insulin-like growth factor I) (1993年9月)
[備考] 授与・助成団体名(カナダ内分泌代謝学会)

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 全学教育科目(共通科目) 医学と人間 (2022年度 - 後期 )
[2]. 全学教育科目(共通科目) 地震防災 (2022年度 - 前期 )
[3]. 全学教育科目(共通科目) 人体の構造と機能及び疾病 (2022年度 - 後期 )
[4]. 学部専門科目 安全工学 (2022年度 - 前期 )

社会活動

国際貢献実績

管理運営・その他

【所属長等】
[1]. 保健センター所長 (2012年4月 - 2014年1月 )
[備考] 保健管理センター → 保健センター