氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 臼杵 深 (USUKI SHIN)

臼杵 深 (USUKI SHIN)
准教授
学術院工学領域 - 機械工学系列 工学部 - 機械工学科
大学院総合科学技術研究科工学専攻 - 機械工学コース
創造科学技術研究部 - インフォマティクス部門
電子工学研究所 - 生体計測研究部門






image-profile
最終更新日:2019/07/12 2:37:00

教員基本情報

【取得学位】
博士(工学)  東京大学   2008年3月
修士(工学)  東京大学   2004年3月
学士(工学)  東京大学   2002年3月
【研究分野】
工学 - 機械工学 - 生産工学・加工学
【現在の研究テーマ】
非蛍光観察用の構造化照明顕微法
ライトフィールド顕微鏡による三次元計測
顕微鏡画像を用いたナノ・マイクロ形状モデリング
超解像計測のためのコンピューテーショナルイメージング
【研究キーワード】
構造化照明顕微法, スパースデコンボリューション, 白色干渉顕微法, ライトフィールド顕微鏡, デジタル光位相共役, 位相シフト干渉法, 超解像, 形状モデリング, コンピューテーショナルイメージング, 知的ナノ計測
【所属学会】
・日本機械学会
・精密工学会
【個人ホームページ】
http://ktm11.eng.shizuoka.ac.jp/profile/usuki/index.html
【研究シーズ】
[1]. 製造現場での高分解能観察のための構造化照明顕微鏡 (2018年度) [分野] 1. ものづくり技術 [URL]
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. A New Log-aesthetic Space Curve Based on Similarity Geometry
Computer-Aided Design and Applications 16/1 79-88 (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Kenjiro T. Miura, Sho Suzuki, R.U. Gobithaasan, Shin Usuki
[2]. ライトフィールド顕微鏡
実験医学 36/20 3414-3415 (2018年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 臼杵深
[3]. 人工関節表層メッシュ構造の生成 -幾何形状の回転対称性を利用したABF法の改良-
精密工学会誌 84/8 731-737 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 中村優人, 鈴木晶, 臼杵深, 北澤弘幸, 三浦憲二郎
[4]. Acquisition of Disaster Emergency Information Using a Terrain Database by Flying Robots
Journal of Robotics and Mechatronics 15/5 443-452 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Yasuki Miyazaki, Takafumi Hirano, Takaaki Kobayashi, Yoshihiro Imai, Shin Usuki, Yuichi Kobayashi, Kenji Terabayashi, Kenjiro T. Miura
[5]. A new formulation of the minimum variation log-aesthetic surface for scale-invariance and parameterization-independence
Computer-Aided Design and Applications 15/5 661-666 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]S. Suzuki [共著者]R.U. Gobithaasan,S. Usuki,K.T. Miura
【学会発表・研究発表】
[1]. 構造化照明による非蛍光観察と表面微細パターンの高分解能計測
2019年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集 (2019年3月14日) 招待講演以外
[発表者]臼杵深, 柴田岳, 近藤紘史, 三浦憲二郎
[備考] 東京電機大学
[2]. 離散対数型美的曲線によるG1 Hermite内挿
2019年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集 (2019年3月13日) 招待講演以外
[発表者]八木計充, 鈴木 晶, 臼杵 深, 三浦憲二郎
[備考] 東京電機大学
[3]. Microscope image matching in scope of multi-resolution observation system
Electronic Imaging 2019 (2019年1月15日) 招待講演以外
[発表者]Evan H. E. Putranto, Shin Usuki, Kenjiro T. Miura
[備考] San Francisco
[4]. Sparse deconvolution of structured illumination microscope image
The 4th International Conference on Nano Electronics Research and Education (ICNERE) Joint Svmposium (2018年11月28日) 招待講演以外
[発表者]Hirohito Kondo, Shin Usuki and Kenjiro T. Miura
[備考] Hamamatsu
[5]. Sparse deconvolution non-fluorescent imaging with structured illumination microscopy
ICPE2018 (2018年11月14日) 招待講演以外
[発表者]Hirohito Kondo, Shin Usuki and Kenjiro T. Miura
[備考] Kamakura
【共同・受託研究】
[1]. 国内共同研究 インタラクティブ寝床システムの医療応用
分担 ( 2018年6月 ~ 2019年3月 )
[相手先] 東京工科大学
[備考] 平成30年度生体医歯工学共同研究 東京工科大学デザイン学部・講師: 伊藤 潤 静岡大学電子工学研究所・准教授: 臼杵 深
[2]. 国際共同研究 レーザフィードバック干渉計による二次元計測
分担 ( 2017年6月 ~ 2018年3月 )
[相手先] Tsinghua University
[備考] 平成29年度生体医歯工学共同研究 静岡大学工学領域機械工学系列・教授: 三浦憲二郎 Tsinghua University Department of Precision Instrument・Associate Professor: Tan Yidong 静岡大学電子工学研究所・准教授: 臼
[3]. 国際共同研究 1次元検出器による多次元イメージング
分担 ( 2017年6月 ~ 2018年3月 )
[相手先] Tsinghua University
[備考] 平成28年度生体医歯工学共同研究 静岡大学工学領域機械工学系列・教授: 三浦憲二郎 Tsinghua University Control Science and Engineering・Reseach Scholar: Bian Liheng 静岡大学電子工学研究所・准教授: 臼杵 深
[4]. 国際共同研究 コンピューテーショナルイメージングによる生体観察
分担 ( 2016年6月 ~ 2017年3月 )
[相手先] Tsinghua University
[備考] 平成28年度生体医歯工学共同研究 静岡大学工学領域機械工学系列・教授: 三浦憲二郎 Tsinghua University Control Science and Engineering・Reseach Scholar: Bian Liheng 静岡大学電子工学研究所・准教授: 臼杵 深
[5]. 国際共同研究 レーザ光の高精度波面計測・制御による生体内部計測
分担 ( 2016年6月 ~ 2017年3月 )
[相手先] Tsinghua University
[備考] 平成28年度生体医歯工学共同研究 静岡大学工学領域機械工学系列・教授: 三浦憲二郎 Tsinghua University Department of Precision Instrument・Associate Professor: Tan Yidong 静岡大学電子工学研究所・准教授: 臼
【科学研究費助成事業】
[1]. 超高分解能観察の実現に向けた近接場光位相共役によるサブ波長ピッチ空間変調照明 ( 2019年4月 ~ 2021年3月 ) 国際共同研究加速基金 代表

[2]. 生産・加工現場での高分解能観察を可能にする低コヒーレンス干渉型変調照明顕微鏡 ( 2016年4月 ~ 2020年3月 ) 若手研究(A) 代表

[3]. 三次元顕微計測データを用いた超多重解像度・高精度形状モデル生成に関する挑戦的研究 ( 2014年4月 ~ 2017年3月 ) 挑戦的萌芽研究 分担

[4]. 超精密部品の高速形状検査のための三次元光学顕微計測基盤技術の開発 ( 2013年4月 ~ 2016年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[5]. 変分原理に基づく意匠デザイン用曲線・曲面の定式化とそれらの力学性能の解明 ( 2013年4月 ~ 2016年3月 ) 基盤研究(B) 分担

【外部資金(科研費以外)】
[1]. ATI grants for dispatch overseas 2005: Computer Simulation of Nano-Void Inspection in Low-k Dielectric Materials Using Near-Field Optics (2005年5月 ) [提供機関] Foundation Advanced Technology Institute
【受賞】
[1]. CAD'13 Overall Best Paper Award: Designing Log-aesthetic Splines with G2 Continuity (2013年6月)
[備考] the 2013 International CAD Conference and Exhibition
[2]. 精密工学会論文賞 (課題名:変調照明シフトによる超精密加工表面の超解像光学式欠陥計測に関する研究(第1 報)-解像特性の理論的検討-) (2009年3月)
[備考] 授与・助成団体名(精密工学会)
[3]. SPIE Best Student Paper Award (課題名:Development of super-resolution optical inspection system for semiconductor defects using standing wave illumination shift) (2007年3月)
[備考] 授与・助成団体名(SPIE)
[4]. 精密工学会ベストプレゼンテーション賞 (課題名:定在波シフトによる半導体ウエハ表面の超解像光学式欠陥検査(第1報)-欠陥検出特性の検討-) (2006年3月)
[備考] 授与・助成団体名(精密工学会)
[5]. 精密工学会ベストプレゼンテーション賞 (課題名:リング状スリット光を用いた三次元変位測定(第5報)-小型・一体化装置の開発-) (2006年3月)
[備考] 授与・助成団体名(精密工学会)
【特許 等】
[1]. 観察システム [出願番号] 特願2015-161758, 国際特許出願PCT/JP2016/074265 (2015年8月19日)
[備考] 特願2015-161758(2015年8月19日), 国際特許出願PCT/JP2016/074265(2016年8月19日), 公開WO2017/030194A1
[2]. 照明方法および顕微観察装置 [出願番号] 特願2014-500972, 国際特許出願PCT/JP2013/054821 (2013年2月25日) [特許番号] 6183915
[備考] 特願2014-500972(2013年2月25日), 国際特許出願PCT/JP2013/054821(2014年12月31日), 公開WO2013/125723(2015年7月30日), 米国特許登録9297991(2016年3月29日), イスラエル特許登録234127(2016年12月1日),
【学会・研究会等の開催】
[1]. 21th International Conference on Humans and Computers (HC-2018) (2019年3月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 静岡大学 浜松キャンパス
[備考] Financial Chairを務めた
[2]. 20th International Conference on Humans and Computers (HC-2017) (2017年12月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 静岡大学 浜松キャンパス
[備考] Financial Chairを務めた
[3]. 19th International Conference on Humans and Computers (HC-2016) (2016年12月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 静岡大学 浜松キャンパス
[備考] Financial Chairを務めた
[4]. 18th International Conference on Humans and Computers (HC-2015) (2015年12月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 静岡大学 浜松キャンパス
[備考] Financial Chairを務めた
[5]. 平成26年度電研共同研究プロジェクト講演会(2015 International Workshop on Geometric Modeling and Interactions) (2015年2月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 静岡大学 浜松キャンパス
[備考] 演題:2D and 3D Shape Matching using Evolutionary Algorithms 講師:Dr. Ahmad Faisal Mohamad Ayob
【その他学術研究活動】
[1]. 精密工学会誌79巻5号特集記事の編集 (2012年5月 - 2013年4月 )
[備考] 特集タイトル:大規模環境の3次元計測と認識・モデル化技術

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 学部専門科目 プログラミング (2019年度 - 後期 )
[備考] 副担当
[2]. 学部専門科目 機械工学演習Ⅱ (2019年度 - 前期 )
[備考] 副担当
[3]. 学部専門科目 機械力学Ⅰ (2019年度 - 前期 )
[備考] 副担当
[4]. 大学院科目(修士) 情報工学特論 (2019年度 - 後期 )
[備考] 副担当
【指導学生数】
2018年度
卒研指導学生数(3年) 1 人
卒研指導学生数(4年) 5 人
修士指導学生数 5 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 2 人
[備考] 学部1年生5名,学部2年生4名,学部3年生4名,学部4年生5名
2017年度
卒研指導学生数(3年) 1 人
卒研指導学生数(4年) 3 人
修士指導学生数 6 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 3 人
[備考] 学部1年生4名,学部2年生4名,学部3年生4名,学部4年生3名
2016年度
卒研指導学生数(3年) 0 人
卒研指導学生数(4年) 3 人
修士指導学生数 6 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 2 人
[備考] 学部1年生4名,学部2年生4名,学部3年生4名,学部4年生3名
2015年度
卒研指導学生数(3年) 0 人
卒研指導学生数(4年) 3 人
修士指導学生数 6 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 2 人
[備考] 学部1年生4名,学部2年生4名,学部3年生4名,学部4年生3名
2014年度
卒研指導学生数(3年) 0 人
卒研指導学生数(4年) 5 人
修士指導学生数 3 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 1 人
[備考] 学部1年生4名,学部2年生4名,学部4年生5名
【指導学生の受賞】
[1]. 精密工学会ベストプレゼンテーション賞 (2017年9月)
[受賞学生氏名] 中村優人 (総合科学技術研究科)
[授与団体名] 精密工学会
[備考] 中村優人,鈴木晶,臼杵深,北澤弘幸,三浦憲二郎, "人工関節表層メッシュ構造の生成-幾何形状の回転対称性を利用したABF法の改良-," 2017年度精密工学会秋季大会学術講演会, 大阪大学, September 20-22, 2017.
[2]. 精密工学会ベストプレゼンテーション賞 (2016年3月)
[受賞学生氏名] 鈴木晶 (創造科学技術大学院)
[授与団体名] 精密工学会
[備考] 鈴木晶, 臼杵深, 三浦憲二郎, Salvi Peter, "変分原理に基づく対数型美的曲面の生成 -等パラメトリック曲線の対数型美的曲線化-," 2016年度精密工学会春季大会学術講演会, 東京理科大学, March 15-17, 2016.
[3]. 精密工学会ベストプレゼンテーション賞 (2015年3月)
[受賞学生氏名] 鈴木 朋大 (総合科学技術研究科)
[授与団体名] 精密工学会
[備考] 鈴木朋大, 臼杵深, 三浦憲二郎, 顕微計測における多重解像度モデル生成に関する研究-エッジ情報に基づいた解像度の異なる画像間合成-, 2015年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集, pp.509-510, 東洋大学, 2015.
【その他教育関連情報】
[1]. 機械工学科3年生工場見学の引率 (2016年9月 - 2016年9月 )
[備考] スズキ自動車 磐田工場
[2]. 機械工学科3年生工場見学の引率 (2013年4月 - 2013年4月 )
[備考] ヤマハ発動機 本社工場

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 高大連携 高校生のための機械工学体験セミナー (2019年3月 )
[内容] 機械工学科を想定した模擬講義ならびに最先端の研究(宇宙工学,航空工学,流体力学,熱力学,ロボット,精密計測,光学,精密加工,メカトロニクス,構造力学)の体験実験
[備考] 静岡大学工学部 浜松キャンパス 体験実験(テーマ:体験モーションキャプチャー)講師を担当した
[2]. 高大連携 高校生のための機械工学体験セミナー (2018年3月 )
[内容] 機械工学科を想定した模擬講義ならびに最先端の研究(宇宙工学,航空工学,流体力学,熱力学,ロボット,精密計測,光学,精密加工,メカトロニクス,構造力学)の体験実験
[備考] 静岡大学工学部 浜松キャンパス 体験実験講師を担当した
[3]. 高大連携 高校生のための機械工学体験セミナー (2017年3月 )
[内容] 機械工学科を想定した模擬講義ならびに最先端の研究(宇宙工学,航空工学,流体力学,熱力学,ロボット,精密計測,光学,精密加工,メカトロニクス,構造力学)の体験実験
[備考] 静岡大学工学部 浜松キャンパス 体験実験講師を担当した
[4]. 高大連携 高校生のための機械工学体験セミナー (2015年3月 )
[内容] 機械工学科を想定した模擬講義ならびに最先端の研究(宇宙工学,航空工学,流体力学,熱力学,ロボット,精密計測,光学,精密加工,メカトロニクス,構造力学)の体験実験
[備考] 静岡大学工学部 浜松キャンパス 実行委員長および体験実験講師を担当した
[5]. 高大連携 高校生のための機械工学体験セミナー (2014年3月 )
[内容] 機械工学科を想定した模擬講義ならびに最先端の研究(宇宙工学,航空工学,流体力学,熱力学,ロボット,精密計測,光学,精密加工,メカトロニクス,構造力学)の体験実験
[備考] 静岡大学工学部 浜松キャンパス 実行委員長および体験実験講師を担当した
【報道】
[1]. 雑誌 CADと計測の融合 (2017年4月1日)
[備考] 三浦憲二郎, 臼杵深, CADと計測の融合, 月刊生産財マーケティング, ISSN0911-9817, Vol.54, No.4, pA-117, 2017.
[2]. 新聞 製造現場での高分解能観察を可能にする構造化照明顕微鏡 (2017年1月10日)
[概要]構造化照明による高速かつ高分解能な顕微法は蛍光顕微鏡として実用化され、細胞レベルの現象解析に役立てられている。一方、その性能から工業的利用が期待されているが、様々な問題のため実用化に至っていない。一番の問題は、照明位置のコンピュータ処理への入力が要求されるという高分解能化の成立条件に起因する。照明位置を正しく決定するためには高精度位置決め機器の導入が必要で高コストである。その上、製造現場に導入するためには振動や温度ドリフトなどの環境外乱の影響も考慮する必要があり、特殊な装置や環境を整えなくてはならない。そこで、照明位置計測用の専用光源と装置を組み込むことを提案した。これにより、安価で高速動作可能な位置決め機器を用いた場合や、環境外乱の下でも、照明位置の絶対的な計測が可能となり、高速で低コストであるという光学顕微鏡の本来の特性を活かした計測システムが実現する。
[備考] 日刊工業新聞 日経産業新聞
[3]. 新聞 製造現場での高分解能観察を可能にする構造化照明顕微鏡 (2017年1月6日)
[概要]構造化照明による高速かつ高分解能な顕微法は蛍光顕微鏡として実用化され、細胞レベルの現象解析に役立てられている。一方、その性能から工業的利用が期待されているが、様々な問題のため実用化に至っていない。一番の問題は、照明位置のコンピュータ処理への入力が要求されるという高分解能化の成立条件に起因する。照明位置を正しく決定するためには高精度位置決め機器の導入が必要で高コストである。その上、製造現場に導入するためには振動や温度ドリフトなどの環境外乱の影響も考慮する必要があり、特殊な装置や環境を整えなくてはならない。そこで、照明位置計測用の専用光源と装置を組み込むことを提案した。これにより、安価で高速動作可能な位置決め機器を用いた場合や、環境外乱の下でも、照明位置の絶対的な計測が可能となり、高速で低コストであるという光学顕微鏡の本来の特性を活かした計測システムが実現する。
[備考] 静岡新聞 日本経済新聞
【学外の審議会・委員会等】
[1]. 精密工学会 事業企画委員会 企画第3グループ (2014年9月 )
[活動内容]講習会および見学会の企画および運営
[備考] 2019年4月より幹事
[2]. 精密工学会 大規模環境の3次元計測と認識・モデル化技術専門委員会 (2012年4月 )
[活動内容]定例研究会の開催および参加ならびに研究発表
[3]. 精密工学会 知的ナノ計測専門委員会 (2012年4月 )
[活動内容]定例研究会の開催および参加ならびに研究発表
[4]. 精密工学会 会誌編集委員会 (2011年4月 - 2014年3月 )
[活動内容]委員会や見学会への参加,学会誌の企画および編集
[5]. 精密工学会 校閲協力委員会 (2009年4月 )
[活動内容]委員会への参加および論文の査読

国際貢献実績

【国際協力事業】
[1]. 村川二郎基金による長期在外研究 (2015年8月 - 2016年8月 )
[相手方機関名] カリフォルニア工科大学(受け入れ研究者 Prof. Changhui Yang)
[活動内容] Biophotonics Laboratoryにおけるコンピューテーショナルマイクロスコピーおよびバイオイメージングの研究

管理運営・その他

【特記事項】
2009年精密工学会アフィリエイトの称号授与 平成23~24年度静岡大学若手重点研究者の称号授与 平成25年度静岡大学若手重点研究者に選定された