氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 安藤 和敏 (ANDO Kazutoshi)

安藤 和敏 (ANDO Kazutoshi)
准教授
学術院工学領域 - 数理システム工学系列 工学部 - 数理システム工学科
大学院総合科学技術研究科工学専攻 - 数理システム工学コース







ando.kazutoshi@@@shizuoka.ac.jp
image-profile
最終更新日:2019/02/11 12:32:00

教員基本情報

【取得学位】
博士(経営工学)  筑波大学   1996年3月
修士(経営科学)  筑波大学   1993年3月
【研究分野】
複合領域 - 社会・安全システム科学 - 社会システム工学・安全システム
数物系科学 - 数学 - 数学基礎・応用数学
【現在の研究テーマ】
最小費用全域木ゲームのShapley値に対する近似アルゴリズム
【研究キーワード】
離散数学, 数理計画, 組合せ最適化
【所属学会】
・応用数理学会
・Mathematical Optimization Society
・オペレーションズ・リサーチ学会
・応用数理学会
【個人ホームページ】
http://coconut.sys.eng.shizuoka.ac.jp/ando/index-j.html
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. An algorithm for finding a representation of a subtree distance
Journal of Combinatorial Optimization 36/3 742-762 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Kazutoshi Ando and Koki Sato [DOI]
[2]. Monotonicity of minimum distance inefficiency measures for Data Envelopment Analysis
European Journal of Operational Research 260/1 232-243 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]Kazuyuki Sekitani [共著者]Kazutoshi Ando,Masato Minamide,Jianming Shi
[3]. Efficient algorithms for subdominant cycle-complete cost functions and cycle-complete solutions
Discrete Applied Mathematics 225/ 1-10 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]安藤 和敏 [共著者]稲垣亮祐,正治和也
[4]. 最小増加超距離木問題に対する局所探索アルゴリズム
数理解析研究所講究録 2027/ 15-29 (2017年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]安藤 和敏 [共著者]石川累 [URL]
[5]. 浜松市南部における津波避難ビル配置のボロノイ図を用いた分析
オペレーションズ・リサーチ 59/6 330-335 (2014年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 安藤 和敏
【著書 等】
[1]. Let's Enjoy Computing [改訂第8版]
(2009年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別]
[備考] 第4章の改訂
[2]. Let's Enjoy Computing [改訂第7版]
(2008年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別]
[備考] 第4章の改訂
【学会発表・研究発表】
[1]. Subdominant k 連結完全距離の特徴付けとそれに対するアルゴリズム
日本オペレーションズ・リサーチ学会2018年秋季研究発表会 (2018年9月) 招待講演以外
[発表者]安藤和敏,正治和也
[備考] 名古屋市立大学滝子キャンパス
[2]. 最小費用全域木ゲームのShapley値に対する近似アルゴリズム
京都大学数理解析研究所研究集会「高度情報化社会に向けた数理最適化の新潮」 (2018年8月) 招待講演以外
[発表者]高瀬 光一,安藤 和敏
[備考] 京都大学数理解析研究所
[3]. 閉路完全距離の指標付き準階層構造による特徴付け
日本オペレーションズ・リサーチ学会2018年春季研究発表会 (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]安藤和敏,正治和也
[備考] 東海大学高輪キャンパス
[4]. An alternative implementation of the exwap algorithm for energy function minimization
The 4th Conference of Inter-Academia Asia (2017年12月) 招待講演以外
[発表者]安藤 和敏,横田 航己
[備考] ホテルアソシア静岡(静岡市)
[5]. エネルギー関数最小化に対するα拡張β縮小アルゴリズムの新しい実装法
日本オペレーションズ・リサーチ学会中部支部第44回研究発表会 (2017年3月) 招待講演以外
[発表者]横田航己
[備考] ウインク愛知15階愛知県立大学サテライトキャンパス
【共同・受託研究】
[1]. 国内共同研究 MSnを利用した de novo シーケンサーの開発
( 2006年7月 ~ 2006年11月 )
【科学研究費助成事業】
[1]. 相違写像の超距離及びその一般化による近似理論とアルゴリズムの開発 ( 2018年4月 ~ 2021年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[2]. 費用関数の木距離による近似と最小費用全域木ゲームのShapley値の近似計算 ( 2015年4月 ~ 2018年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[3]. 組織に対する的確な改善目標と質保証された効率性測定を両立するDEA理論の構築 ( 2014年4月 ) 基盤研究(C) 分担

[4]. 最小費用全域木ゲームのShapley値に対する近似アルゴリズムの開発 ( 2011年4月 ) 基盤研究(C) 代表
【受賞】
[1]. 第3回日本オペレーションズ・リサーチ学会論文賞 (2013年9月)
【特許 等】
[1]. 質量分析を用いたアミノ酸配列解析方法、アミノ酸配列解析装置、アミノ酸配列解析用プログラム、及びアミノ酸配列解析用プログラムを記録した記録媒体 [出願番号] 331621 (2006年12月8日) [特許番号] 4841414
【学会・研究会等の開催】
[1]. 第27回RAMPシンポジウム (2015年10月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 静岡大学浜松キャンパス
[備考] 学会主催者(日本オペレーションズ・リサーチ学会常設研究部会「数理計画」)
[2]. 第5回日本オペレーションズ・リサーチ学会中部支部シンポジウム「インターネット時代のゲーム理論」 (2008年9月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 名古屋市
[備考] 学会主催者(日本オペレーションズ・リサーチ学会中部支部)
[3]. 藤重悟教授還暦記念研究集会「離散構造と最適化」 (2007年7月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 京都市
[備考] 学会主催者(安藤和敏、岩田覚)
【その他学術研究活動】
[1]. 日本応用数理学会論文誌編集委員会 (2014年4月 - 2018年3月 )
[備考] 編集委員

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 大学院科目(修士) 応用システム工学演習 (2018年度 - 後期 )
[備考] 副担当教員
[2]. 学部専門科目 離散システム論 (2018年度 - 後期 )
[備考] 主担当教員
[3]. 学部専門科目 システム工学概論 (2018年度 - 後期 )
[備考] 主担当教員
[4]. 学部専門科目 数理計画 (2018年度 - 前期 )
[備考] 主担当教員
[5]. 学部専門科目 離散最適化 (2018年度 - 後期 )
[備考] 主担当教員
【指導学生数】
2018年度
卒研指導学生数(3年) 0 人
卒研指導学生数(4年) 3 人
修士指導学生数 3 人
博士指導学生数(主指導) 0 人
2017年度
修士指導学生数 3 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2016年度
修士指導学生数 6 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2015年度
修士指導学生数 5 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2014年度
修士指導学生数 6 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
【指導学生の受賞】
[1]. 学生奨励賞 (2016年6月)
[受賞学生氏名] 渡邉 公也
[授与団体名] 日本オペレーションズ・リサーチ学会常設研究部会「評価のOR」
[備考] 所属:総合科学技術研究科

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 高大連携 高大連携実験実習講座「アルゴリズムの工夫によるプログラムの高速化」 (2018年8月 )
[内容] データの探索及びデータのソーティングに対するアルゴリズムを,Pythonというプログラミング言語を用いて学ばせた.
[備考] 静岡大学浜松キャンパス5号館306電子計算機室
[2]. 出張講義 出張授業 (2017年10月 )
[内容] 組合せ最適化入門 ―最短路問題とその周辺―
[備考] 静岡県立三島南高等学校
[3]. 出張講義 出張授業 (2016年7月 )
[内容] 動的計画法による最短路問題の求解
[備考] 静岡県立藤枝西高等学校
[4]. 高大連携 浜松工業高校・スーパーサイエンスハイスクール (2016年4月 - 2018年3月 )
[内容] 「世界に羽ばたく科学技術者の育成に向けた教育課程の開発 ―数学・理科教育と工業教育との融合並びに国際化に向けた取組―」
[備考] 開催場所(静岡大学工学部)
[5]. 出張講義 出張授業 (2015年9月 )
[内容] 離散最適化入門 - 動的計画法による最短路問題の求解 -
[備考] 静岡県立磐田北高等学校

国際貢献実績

管理運営・その他