氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 石川 眞佐江 (ISHIKAWA Masae)

石川 眞佐江 (ISHIKAWA Masae)
准教授
学術院教育学領域 - 学校教育系列 教育学部 - 発達教育学専攻
大学院教育学研究科 - 学校教育研究専攻








image-profile
最終更新日:2019/02/11 13:09:00

教員基本情報

【取得学位】
博士(学術)  東京藝術大学   2014年3月
修士(音楽)  東京藝術大学   2004年3月
【研究分野】
社会科学 - 教育学 - 教科教育学
人文学 - 芸術学 - 芸術一般
【相談に応じられる教育・研究・社会連携分野】
音楽教育、幼児教育
【現在の研究テーマ】
乳幼児期の音楽教育
【研究キーワード】
音楽 幼児
【所属学会】
・日本赤ちゃん学会
・全日本ピアノ指導者協会
・日本保育学会
・日本音楽教育学会
・日本音楽知覚認知学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. 幼児の並行遊び場面における歌の機能―かかわりの生成に着目して―
静岡大学教育学部研究報告(教科教育学篇) 48/ 59- 74 (2017年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 石川 眞佐江
[2]. 韓国の保育における音楽活動の実際―ソウル市内の幼稚園の事例から―
静岡大学教育学部研究報告 教科教育学篇 (vol)46/(num) 59-75 (2015年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]石川 眞佐江 [共著者]志民一成
[3]. 幼児のごっこ遊びにおける歌の機能―共有されている歌が遊びにもたらす変容に着目して―
音楽教育研究ジャーナル (vol)41/(num) 16-29 (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 石川 眞佐江
[4]. 幼稚園教育要領における音楽活動の位置づけの歴史的変遷‐領域〈音楽リズム〉から領域〈表現〉への転換を中心に
静岡大学教育学部研究報告 教科教育学篇 44/ 97-109 (2013年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 石川 眞佐江
[5]. 幼児の声の技能を引き出す歌唱実践の試み―静岡大学教育学部附属幼稚園における実践の検討―
静岡大学教育学部研究報告(教科教育学篇) /43 223-234 (2012年) [査読] 無
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]志民一成 [共著者]石川眞佐江,中村かおり
【著書 等】
[1]. 乳幼児の音楽表現:赤ちゃんから始まる音環境の創造
中央法規出版 (2016年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]石川 眞佐江,志村洋子,小西行郎,今川恭子,坂井康子 他
[2]. 音楽を学ぶということ
教育芸術社 (2016年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]今川恭子、志民一成,藤井康之、山原麻紀子,長井覚子,石川眞佐江 ほか
[3]. 文化としての日本のうた
東洋館出版社 (2016年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]佐野靖,杉本和寛,石川眞佐江 ほか
[4]. おんがくのしくみ―歌ってうごいてつくってわかる音楽理論
教育芸術社 (2008年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]今川恭子,志民一成,木村充子,石川眞佐江,小畑千尋,国府華子,古山典子,早川倫子,村上康子
【Works(作品等)】
[1]. 風の賦 夢幻コンサート クリスマス・スペシャルコンサート (2015年12月 - 2015年12月 ) [作品分類] 芸術活動
[2]. ピアノ連弾によるSpring Concert (2015年3月 - 2015年3月 ) [作品分類] 芸術活動 [発表場所・発表媒体] 東京
[3]. 佐藤篤 茨城大学退任記念コンサート (2015年2月 ) [作品分類] 芸術活動 [発表場所・発表媒体] 東京
[4]. 北山敦康 サクソフォンリサイタル (2013年3月 ) [作品分類] 芸術活動 [発表場所・発表媒体] 静岡
[5]. 秋山千賀子メモリアルコンサート (2012年9月 ) [作品分類] 芸術活動 [発表場所・発表媒体] 茨城
【科学研究費助成事業】
[1]. 保育における乳幼児を対象とした音楽表現活動プログラムの開発 ( 2014年4月 ~ 2018年3月 ) 若手研究(B) 代表

[2]. 乳幼児期における器楽活動プログラムの構築 ( 2013年4月 ~ 2016年3月 ) 基盤研究(C) 分担

[3]. 保育者養成・教員養成・現職教育における「声を育てる」教育プログラムの構築 ( 2012年4月 ) 基盤研究(C) 分担

[4]. 幼児の遊び場面における自発的な歌唱行為の社会的機能に関する研究 ( 2011年4月 ) 若手研究(B) 代表

[5]. 創造性を育む音楽づくりの教育カリキュラム開発 ( 2011年4月 ) 基盤研究(C) 分担

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 学部専門科目 幼児音楽の基礎研究 (2018年度 - 前期 )
[備考] 主担当教員
[2]. 学部専門科目 幼児専門基礎表現A (2018年度 - 前期 )
[備考] 主担当教員
[3]. 学部専門科目 幼児専門基礎表現B (2018年度 - 後期 )
[備考] 主担当教員
[4]. 大学院科目(修士) 子ども・教育基礎研究 (2018年度 - 後期 )
[備考] 主担当教員
[5]. 学部専門科目 保育内容の研究特講 (2018年度 - 後期 )
[備考] 副担当教員
【指導学生数】
2013年度

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 研修会 足立区太陽保育園 平成25年度園内研修 講師 (2013年4月 - 2014年3月 )
[2]. 研修会 足立区就学前家庭教育推進事業「子育て仲間づくり」 (2013年1月 )
[3]. 研修会 足立区立いりや第二保育園 平成24年度園内研修 (2012年6月 - 2013年1月 )
[4]. 研修会 就学前の保育・教育を考える2007 INあだち 夏季セミナー (2007年7月 )
[5]. 研修会 立教女学院短期大学 第5回保育者のためのステップアップ講座 (2007年7月 )

国際貢献実績

管理運営・その他