トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 岡村 和樹 (OKAMURA Kazuki)

岡村 和樹 (OKAMURA Kazuki)
講師
学術院理学領域 - 数学系列 理学部 - 数学科


okamura.kazuki@@@shizuoka.ac.jp
image-profile
最終更新日:2022/05/07 2:06:30

教員基本情報

【取得学位】
博士(数理科学)  東京大学   2015年3月
【研究分野】
数物系科学 - 数学 - 解析学基礎
数物系科学 - 数学 - 数学基礎・応用数学
【研究キーワード】
確率論
【所属学会】
・日本数学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. Limit theorems for quasi-arithmetic means of random variables with applications to point estimations for the Cauchy distribution
Brazilian Journal of Probability and Statistics 36/2 385-407 (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Yuichi Akaoka, Kazuki Okamura, Yoshiki Otobe [URL] [DOI]
[2]. Bahadur efficiency of the maximum likelihood estimator and one-step estimator for quasi-arithmetic means of the Cauchy distribution
Annals of the Institute of Statistical Mathematics / - (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Yuichi Akaoka, Kazuki Okamura, Yoshiki Otobe [URL] [DOI]
[3]. Characterizations of the maximum likelihood estimator of the Cauchy distribution
Lobachevskii Journal of Mathematics to /appear - (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Kazuki Okamura, Yoshiki Otobe [URL]
[4]. 書評:Geoffrey Grimmett: Probability on Graphs—Random Processes on Graphs and Lattices, Second Edition
数学 73/4 426-431 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 岡村和樹 [備考] 書評
[5]. Some results for range of random walk on graph with spectral dimension two
Journal of Theoretical Probability 34/ 1653-1688 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Kazuki Okamura [URL] [DOI]
【学会発表・研究発表】
[1]. 確率変数の複素数値の擬算術平均に関する極限定理とそれに関連した話題
東京確率論セミナー (2021年11月15日) 招待講演
[発表者]岡村和樹
[URL]
[備考] オンライン講演
[2]. Some results for range of random walk on graph with spectral dimension two
10th International Conference on Stochastic Analysis and its Applications (2021年9月7日) 招待講演
[発表者]Kazuki Okamura
[URL]
[備考] 京都大学(オンライン講演)
[3]. Some results for conjugate equations
Dynamics, Equations and Applications (2019年9月19日) 招待講演
[発表者]Kazuki Okamura
[URL]
[備考] AGH UST, Krakow, ポーランド
[4]. Some results for range of random walk on graph with spectral dimension two
Kobe Workshop on Probabilistic Potential Theory and Related Fields (2019年5月8日) 招待講演
[発表者]Kazuki Okamura
[URL]
[備考] 神戸大学
[5]. Bi-infinite geodesics of first passage percolations on some infinite graphs
17th Stochastic Analysis on Large Scale Interacting Systems (2018年11月6日) 招待講演
[発表者]Kazuki Okamura
[URL]
[備考] 京都大学
【科学研究費助成事業】
[1]. 複雑なグラフ上のランダムウォークの性質の研究 ( 2022年4月 ) 若手研究 代表

[2]. 不均質な空間の上の確率過程の研究 ( 2019年4月 ) 若手研究 代表

[3]. ランダムグラフ上のランダムウォークの大偏差原理 ( 2018年8月 ~ 2019年3月 ) 研究活動スタート支援 代表

[4]. グラフとその上のランダムウォークの研究 ( 2016年4月 ~ 2018年3月 ) 特別研究員奨励費 代表

[5]. グラフとその上のランダムウォークの研究 ( 2015年8月 ~ 2016年3月 ) 研究活動スタート支援 代表

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 学部専門科目 微分積分学演習Ⅱ (2021年度 - 後期 )
[2]. 学部専門科目 確率論Ⅰ (2021年度 - 後期 )
[3]. 学部専門科目 統計学 (2021年度 - 前期 )

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 講演会 サイエンスカフェin静岡 (2021年11月 )
[内容] 「デタラメ」は何を結論づけるのか?
[備考] Zoom https://www.sci.shizuoka.ac.jp/science-cafe
[2]. 高大連携 静岡市立高校SSH事業 (2021年7月 - 2021年8月 )
[内容] 静岡市立高校の学生2名の「ダンゴムシの交替制転向」に関する自由研究を聴講し、数理統計学の観点から助言を行った。また後日メールで補足説明を行った。
[備考] 理学部C棟309号室

国際貢献実績

管理運営・その他