トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 西村 崇宏 (NISHIMURA Takahiro)

西村 崇宏 (NISHIMURA Takahiro)
講師
学術院情報学領域 - 行動情報学系列
情報学部 - 行動情報学科 大学院総合科学技術研究科情報学専攻 - 情報学コース
質の高い教育をみんなに


image-profile
最終更新日:2024/04/08 19:12:59

教員基本情報

【取得学位】
博士(人間科学)  早稲田大学   2014年3月
【研究分野】
情報通信 - ヒューマンインタフェース、インタラクション
情報通信 - 感性情報学
人文・社会 - 教育工学
【現在の研究テーマ】
インタフェースデザイン、アクセシビリティ、教育データやICTの利活用
【研究キーワード】
人間情報学, 感性工学, インタフェースデザイン, 人間中心設計, ユーザビリティ, アクセシビリティ, 視覚障害
【所属学会】
・日本感性工学会
・日本特殊教育学会
・日本弱視教育研究会
【個人ホームページ】
https://sites.google.com/view/nishimurat/
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. 点図の方眼における凹線と凸線の距離が触読性に及ぼす影響
人間工学 60/1 35-42 (2024年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 南口拓巳,土井幸輝,西村崇宏,藤本浩志 [DOI]
[2]. 方眼紙の升目を想定した凹点による格子線の線間隔が触読性に及ぼす影響
日本生活支援工学会誌 23/2 58-63 (2023年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 南口拓巳,土井幸輝,西村崇宏,藤本浩志
[3]. エンボス印刷方式による触知図のドットパターンと点字との間隔が点字の識別容易性に及ぼす影響
日本機械学会論文集 89/917 22-00218- (2023年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 土井幸輝,片桐麻優,西村崇宏,南口拓巳,藤本浩志 [DOI]
[4]. Development of software to record behavioral issues and prediction using bayesian inference
Information and Technology in Education and Learning 2/1 Reg-p002- (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Nishimura, T., Wakabayashi, K. [DOI]
[5]. Evaluation of musculoskeletal workload of manual operating tasks using a hydraulic jack based on ergonomic postural analysis and electromyography ― A case study of non-professional young male users
Work: A Journal of Prevention, Assessment & Rehabilitation 72/2 677-685 (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Sugama, A., Nishimura, T., Doi, K., Shimada, S., Chikai, M., Nunokawa, K., & Ino, S. [DOI]
【著書 等】
[1]. 視覚障害教育の基本と実践
慶應義塾大学出版会 (2023年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 分担執筆
[著者]小林秀之,澤田真弓,青木隆一,西村崇宏,森まゆ,柏倉秀克 [担当範囲] 第7章 視覚障害教育における情報機器の活用 [総頁数] 183 [担当頁] 111-128

[2]. ここにヒントがある!インクルーシブ教育システムを進める10の実践―「インクルCOMPASS」で強みや課題をみつけよう―
ジアース教育新社 (2021年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]国立特別支援教育総合研究所 [総頁数] 112

[3]. 特別支援教育の基礎・基本 2020
ジアース教育新社 (2020年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]国立特別支援教育総合研究所 [総頁数] 348

[4]. Handmade Teaching Materials for Students with Disabilities
IGI Global (2018年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 分担執筆
[著者]Nishimura, T., & Doi, K. [担当範囲] Easily readable braille pattern for reading beginners and variable size braille printing system [総頁数] 396 [担当頁] 338–354

[5]. Handmade Teaching Materials for Students with Disabilities
IGI Global (2018年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 分担執筆
[著者]Doi, K., & Nishimura, T. [担当範囲] Production method of readable tactile map with vocal guidance function for the visually impaired [総頁数] 396 [担当頁] 316–337

【学会発表・研究発表】
[1]. 人肌模擬ファントムを用いた硬さ識別訓練装置の試作
第19回日本感性工学会春季大会 (2024年3月) 招待講演以外
[発表者]土井幸輝,西村崇宏,藤本浩志
[2]. 画面保護フィルム表面の滑りやすさがスタイラスによるトレース課題のパフォーマンスに及ぼす影響
第19回日本感性工学会春季大会 (2024年3月) 招待講演以外
[発表者]木村美南子,西村崇宏,土井幸輝
[3]. 点図の方眼における凹線と凸線の距離が触読性に及ぼす影響に関する実験的検討
日本人間工学会関東支部第53回大会 (2023年12月) 招待講演以外
[発表者]南口拓巳,土井幸輝,西村崇宏,藤本浩志
[4]. 特別支援学校中学部での総合的な学習の時間におけるVRを用いた授業実践
日本人間工学会第64回大会 (2023年9月) 招待講演以外
[発表者]西村崇宏,菅間敦,高橋真吾,杉木紗矢香
[5]. 通常の学級における多様な教育的ニーズのある子供の教科指導上の配慮に関する研究
日本特殊教育学会第61回大会 (2023年8月) 招待講演以外
[発表者]井上秀和,大崎博史,西村崇宏,土屋忠之,鈩悠介,山本晃,笹森洋樹,埴淵かおり
【科学研究費助成事業】
[1]. あん摩マッサージ指圧師を志向する視覚障害者のための凝り同定学習キットの開発 ( 2023年6月 ~ 2026年3月 ) 挑戦的研究(萌芽) 分担

[2]. 全盲児の能動的なタブレット活用を支援する触運動学習システムの開発 ( 2021年4月 ~ 2024年3月 ) 若手研究 代表

[3]. 任意の硬さに調整可能な皮膚モデルの製作技術の確立と硬さ識別学習キットの開発 ( 2019年6月 ~ 2022年3月 ) 挑戦的研究(萌芽) 分担

[4]. 音声情報が付加された触読し易いUV点字による点字学習教材の製法確立と使用感評価 ( 2019年4月 ~ 2023年3月 ) 基盤研究(B) 分担

[5]. デジタル教科書・教材のためのユーザビリティ技術基盤の確立 ( 2018年4月 ~ 2021年3月 ) 若手研究 代表

【受賞】
[1]. 日本感性工学会 技術研究賞 タッチパネルでの指先によるドラッグを対象としたピーク速度に基づく運動特性解析 (2021年9月)
[受賞者] 西村崇宏,土井幸輝,藤本浩志 [授与機関] 日本感性工学会
[2]. 日本感性工学会 優秀発表賞 紙点字におけるマス間隔比と触読性の関係 (2021年9月)
[受賞者] 西村崇宏,土井幸輝,澤田真弓,田中良広,梅沢侑実,松森ハルミ,藤本浩志,和田勉 [授与機関] 日本感性工学会

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 学部専門科目 統計学入門 (2023年度 - 後期 )
[2]. 大学院科目(修士) 情報拡散過程論 (2023年度 - 後期 )

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 研修会 愛媛県教育委員会特別支援教育課「令和5年度特別支援学校ICTレベルアップ研修」 (2023年8月 )
[内容] 講師「視覚障害とICT活用」
[2]. その他 共立女子大学・共立女子短期大学「2023 ホームカミングデイ」 (2023年7月 )
[内容] 学び直しのすすめ「ITパスポート試験について」
【学外の審議会・委員会等】
[1]. 学校運営協議会 委員 (2024年4月 ) [団体名] 静岡県立浜松視覚特別支援学校
[2]. デジタル教科書に関する調査研究委員会 特別支援教育部会 委員 (2022年1月 - 2024年3月 ) [団体名] 公益財団法人教科書研究センター
[活動内容]学習者用デジタル教科書に関する調査研究
[3]. 全国学力・学習状況調査における拡大文字問題等に係る検討 嘱託 (2017年12月 - 2023年3月 ) [団体名] 文部科学省国立教育政策研究所
[4]. 広報委員 (2017年3月 - 2020年3月 ) [団体名] 世界自閉症啓発デー・日本実行委員会

国際貢献実績

管理運営・その他