トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 岩間 清大 (IWAMA Kiyohiro)

岩間 清大 (IWAMA Kiyohiro)
助教
学術院工学領域
工学部


image-profile
最終更新日:2024/02/28 2:05:07

教員基本情報

【研究分野】
ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学)
【相談に応じられる教育・研究・社会連携分野】
各種モータ/ジェネレータのハードウェアと制御
パワーエレクトロニクスを利用した省エネ技術
再生可能エネルギー利用技術へのパワーエレクトロニクス応用
【現在の研究テーマ】
可変界磁永久磁石同期モータとその制御システム
【個人ホームページ】
http://www.noguchi-lab.com/
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. High-Efficiency Drive Method of Adjustable Field IPMSM Utilizing Magnetic Saturation
IEEE Access 10/ 125499-125508 (2022年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Kiyohiro Iwama, Toshihiko Noguchi [DOI]
[2]. Three-Phase Inverter Fed Adjustable Field IPMSM Drive Utilizing Zero-Sequence Current
IEEE Transactions on Industrial Electronics 70/2 1239-1249 (2022年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Kiyohiro Iwama, Toshihiko Noguchi [DOI]
[3]. Operation Characteristics of Adjustable Field IPMSM Utilizing Magnetic Saturation
Energies 15/1 52-70 (2021年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Kiyohiro Iwama, Toshihiko Noguchi [DOI]
【学会発表・研究発表】
[1]. 電機子コイルエンドと零相電流を利用したアキシャルギャップ形可変界磁PMSM
電気学会全国大会 (2024年3月) 招待講演以外
[発表者]岩間 清大,野口 季彦
[備考] 主催(電気学会)開催場所(徳島大学常三島キャンパス)
[2]. Estimation of Permanent Magnet Demagnetization Using MRAS with no Sensitivity to Winding Resistance of IPM Motor
2023 IEEE Transportation Electrification Conference and Expo, Asia- Pacific (ITEC-AP 2023) (2023年11月) 招待講演以外
[発表者]Faiz Husnayain, Toshihiko Noguchi, Kiyohiro Iwama, Feri Yusivar, Budi Sudiarto
[備考] IEEE主催の国際会議。 Chiangmai Grandview Hotel & Convention Center Chiang Mai, Thailand
[3]. Adjustable Field PMSM with Rotary Transformer Using Zero-Phase Current and Armature Coil-End
2023 IEEE Transportation Electrification Conference and Expo, Asia- Pacific (ITEC-AP 2023) (2023年11月) 招待講演以外
[発表者]Kiyohiro Iwama, Toshihiko Noguchi
[備考] IEEE主催の国際会議。 Chiangmai Grandview Hotel & Convention Center Chiang Mai, Thailand
[4]. 2 台の直流バス間に零相巻線をもつデュアルインバータの 空間ベクトル変調を用いた零相電流制御
モータドライブ/回転機合同研究会 (2023年10月) 招待講演以外
[発表者]岩間清大・野口敏彦
[備考] 主催:電気学会 開催場所:アクトシティ浜松
[5]. Influence of Decoupling Control and Time Constant on Effectiveness of Vector Control for IPM Motor
The 18th International Conference on Quality in Research(QiR 2023) (2023年10月) 招待講演以外
[発表者]Faiz Husnayain, Toshihiko Noguchi, Kiyohiro Iwama, Feri Yusivar
[備考] Hilton Bali Resort,Nusa Dua Bali,Indonesia
【共同・受託研究】
[1]. 国内共同研究 IPMSM 高回転域の高効率制御・ソフト・ハードウェアの研究
分担 ( 2023年10月 ~ 2024年9月 )
[備考] IPMSMの高回転域での制御性向上に関する研究を実施する。
[2]. 国内共同研究 モータの超小型高出力化(超高パワー密度化)
分担 ( 2023年7月 ~ 2024年6月 )
[備考] モータの超小型高出力化の技術研究により、世界最高レベルの高パワー密度のモータを実現する。
【受賞】
[1]. 電気学会 優秀論文発表賞 2台の直流バス間に零相巻線をもつデュアルインバータの空間ベクトル変調を用いた零相電流制御 (2024年3月)
[受賞者] 岩間 清大 [授与機関] 電気学会
[2]. 令和4年度前期創造科学技術大学院長表彰 (2022年9月)
[受賞者] 岩間 清大 [授与機関] 静岡大学
[3]. 2021年電気学会産業応用部門優秀論文発表賞(部門表彰) 透磁率変調に基づく可変界磁IPMモータの実機検証 (2022年3月)
[受賞者] 岩間 清大 [授与機関] 電気学会
[4]. 優秀論文発表賞A(部門大会) 透磁率変調に基づく三相4線式インバータ可変界磁IPMSM駆動システム (2022年3月)
[受賞者] 岩間 清大 [授与機関] 電気学会
[5]. 2019年電気学会産業応用部門研究会優秀論文発表賞 本部表彰 透磁率変調技術に基づく可変界磁IPMモータ制御と従来の弱め界磁制御の比較検討 (2020年3月)
[受賞者] 岩間 清大 [授与機関] 電気学会

教育関連情報

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 講演会 電気学会東海支部 学術講演会 (2024年1月 )
[内容] 広範囲な運転領域を実現する可変界磁永久磁石 同期モータに関する最新の研究動向
[備考] 開催日:令和6年1月11日(木) 会 場:静岡大学浜松キャンパス 総合研究棟10階会議室

国際貢献実績

管理運営・その他