トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 柯 明 (KE MING)

柯 明 (KE MING)
講師
学術院人文社会科学領域 - 言語文化系列
人文社会科学部 - 言語文化学科 大学院人文社会科学研究科


image-profile
最終更新日:2023/08/25 2:05:53

教員基本情報

【取得学位】
博士(文学)  早稲田大学   2022年2月
修士(文学)  早稲田大学   2017年3月
学士(文学)  武漢大学   2012年6月
【研究分野】
人文・社会 - 中国文学
人文・社会 - 日本文学
【研究キーワード】
旅 , 女性文学, 中国文学, 江戸漢詩
【所属学会】
・早稲田中国文学学会
・日本中国学会
・和漢比較文学会
・東方学会
・中国詩文研究会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. 江戸女性漢詩人の作品における「酒」と「酔」 : 原釆蘋・江馬細香を中心に
関西学院大学外国語紀要 27/ 55-69 (2023年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 柯明
[2]. 原采蘋の桜花詩から読み取る「和」の意識
中国詩文論叢 41/ - (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 柯明
[3]. 江戸女性漢詩の出現-その『育成』に関する一考察. 早稲田大学大学院文学研究科紀要
早稲田大学大学院文学研究科紀要 67/ 245-261 (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 柯明
[4]. 自由人としての頼山陽と袁枚-その女性観の形成を中心に
国際コミュニケーション研究 1/ 86-97 (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 柯明
[5]. 近世女性漢詩人原采蘋の漢詩研究-旅の視点から-
早稲田大学博士論文 / - (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 柯明
【Works(作品等)】
[1]. 戒子的诗 (2019年10月 ) [発表者] 柯明 [作品分類] 芸術活動 [発表場所・発表媒体] 青苹果数据中心
【学会発表・研究発表】
[1]. 原古処の『読源語 五十四首』における語義の二重性について-日本漢詩における「掛詞」-
和漢比較文学会第四十一回大会 (2021年10月) 招待講演以外
[発表者]柯明
[2]. 「扁舟從此去」--江戶女性漢詩人原采蘋詩中「舟」意象的運用與形成
第一回台湾大学・早稲田大学両校中文系ワークショップ (2019年12月) 招待講演以外
[発表者]柯明
[3]. 女性漢詩人原采蘋の詩作における「舟」の表現をめぐって
早稲田大学中国文学会第四十四回秋季大会 (2019年12月) 招待講演以外
[発表者]柯明
[4]. 東亞女性詩人的紀行詩與旅行:日本江戸原采蘋、清代鮑之蕙及李氏朝鮮金錦園
中央研究院明清研究國際學術研討會 (2019年8月) 招待講演以外
[発表者]柯明
[5]. 近世東アジア女性漢詩人としての原采蘋--鮑之蕙(清)と金錦園(朝鮮)の紀行詩と比較して
和漢比較文学会第三十七回大会 (2018年9月) 招待講演以外
[発表者]柯明
【科学研究費助成事業】
[1]. 東アジア近世女性漢詩人の作品に関する比較研究-旅を中心として- ( 2019年4月 ~ 2021年3月 ) 特別研究員奨励費 代表

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 全学教育科目(共通科目) 初修外国語(中国語)入門Ⅰ (2023年度 - 前期 )
[2]. 学部専門科目 課題研究Ⅰ (2023年度 - 前期 )
[3]. 学部専門科目 中国文学史Ⅰ (2023年度 - 前期 )
[4]. 学部専門科目 課題演習Ⅰ (2023年度 - 前期 )

社会活動

国際貢献実績

管理運営・その他