トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : PETERS Michael (PETERS Michael)

PETERS Michael (PETERS Michael)
助教
学術院グローバル共創科学領域
未来創成本部
グローバル共創科学部


image-profile
最終更新日:2024/01/27 2:05:25

教員基本情報

【取得学位】
修士 (国際関係)  早稲田大学大学院 (アジア太平洋研究科)   2010年3月
学士 (東アジア研究)  ブランダイス大学   2002年5月
【研究分野】
人文・社会 - 文化人類学、民俗学
【現在の研究テーマ】
日本在住のケニア長距離選手
【研究キーワード】
ケニア, モビリティ, ジェンダー, マスキュリニティ, 駅伝
【所属学会】
・アメリカ人類学学会
・東アジア人類学学会
・日本スポーツ人類学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. ‘Conformity and the Safeguarding of Respectability: The Experiences of Kenyan Female Distance Runners in Japan’
International Journal of Diaspora & Cultural Criticism 12/1 103-131 (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Michael Kentaro Peters
[2]. ‘Running, Spending, and Saving in Japan’
Anthropology News 57/7-8 3-4 (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Michael K. Peters
【著書 等】
[1]. Sport, Migration, and Gender in the Neoliberal Age
Routledge (2021年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 単著
[著者]Michael Kentaro Peters [担当範囲] ‘Friendship, Respect, and Success: Kenyan Runners in Japan’ [総頁数] 261 [担当頁] 101-118
[備考] Edited by Niko Besnier, Domenica Gisella Calabrò, and Daniel Guinness
【学会発表・研究発表】
[1]. “Detours along the Journey to a Better Life: Mobility Prospects of Kenyan Female Distance Runners in Japan”
Global Mobilities Humanities Conference 2021 (2021年3月29日) 招待講演以外
[発表者]Michael K. Peters
[備考] Konkuk University (Academy of Mobility Humanities) ソウル、韓国 Seoul, Korea (ONLINE PRESENTATION)
[2]. “Transnational Investments in Friendship, Progress, and the Good Life: Kenyan Runners in Japan”
東アジア人類学会 Society for East Asian Anthropology Regional Conference 2019 (2019年8月3日) 招待講演以外
[発表者]Michael K. Peters
[備考] Part of Panel: Migration, Identities, and Outcomes 早稲田大学大学院 アジア太平洋研究科 Graduate School of Asia-Pacific Studies, Waseda University, Tokyo, Japan
[3]. “Kenyan Runners in Japan: Understanding the Interplay between Maendeleo, Migration, and Success”
グローバルスポーツ学会 GLOBALSPORT Conference (2017年6月7日) 招待講演以外
[発表者]Michael K. Peters
[備考] プラハ市、チェコ共和国 ビラ ラナ Villa Lana, Prague, Czech Republic
[4]. “Coping with Uncertainty: Kenyan Migrant Athletes in Japan”
アメリカ文化人類学会 American Anthropological Association (AAA) 第115回年次会 115th Annual Meeting (2016年11月19日) 招待講演以外
[発表者]Michael K. Peters
[備考] Part of Panel: Gambling with Uncertainty: Transnational Mobility and the Global Sports Industries ミネアポリス、アメリカ合衆国 Minneapolis, Minnesota USA
[5]. “Dependence, Obligation and Improving Livelihoods: The Importance of Remittances for Kenyan Migrant Athletes in Japan”
ヨーロッパ社会人類学会 European Association of Social Anthropologists (EASA)第14回定例年次会議 14th Biennial Conference (2016年7月21日) 招待講演以外
[発表者]Michael K. Peters
[備考] (in the panel of Transnational Sport Migrants and Human Futures) ミラノ市、イタリア ミラノ・ビコッカ大学 University of Milano-Bicocca, Milan, Italy
【共同・受託研究】
[1]. 国内共同研究 「プロスポーツ分野における多文化共生に向けての人類学的調査研究」
分担 ( 2023年11月 )
【外部資金(科研費以外)】
[1]. 「プロスポーツ分野における多文化共生に向けての人類学的調査研究 」“Anthropological Research toward Multicultural Coexistence in the Field of Professional Sports: Understanding the Journeys of Foreign, Naturalized, and Multiracial Basketball Players and their Families in Japan” (2023年11月 - 2024年2月 ) [提供機関] 静岡大学 [制度名] グローバル共創科学部: 令和5年度 共創型研究推進事業 [担当区分] 研究分担者
【その他学術研究活動】
[1]. The 13th Trans-Pacific International Conference (Exploring Trans-Pacific Connectivities: Value-Chains, Mobility and Cities) [指定討論者] Panel Discussant: City and Community Culture (2023年6月 )
[2]. ‘Being a Good Friend: Practices of Borrowing and Lending Money among Kenyan Runners in Japan.’ (GLOBALSPORT) (2015年7月 )
[備考] http://global-sport.eu/practices-of-borrowing-and-lending-money-among-kenyan-runners-in-japan

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 全学教育科目(共通科目) 英語コミュニケーション (2023年度 - 前期 )
[2]. 全学教育科目(共通科目) 英語コミュニケーション (2023年度 - 前期 )
[3]. 学部専門科目 オーラルコミュニケーション I (2023年度 - 後期 )

社会活動

国際貢献実績

管理運営・その他