トップページ  > 教員個別情報  > 学会発表・研究発表

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 市川 淳 (Ichikawa Jun)

学会発表・研究発表

【学会発表・研究発表】
[1]. Study on heterogeneous roles in coordinated behavior of a triad using force-based models
44th Annual Meeting of the Cognitive Science Society (CogSci 2022) (2022年7月) 招待講演以外
[発表者]Ichikawa, J., Fujii, K.
[2]. Artificial Subtle Expression を用いた発話中のネガティブ感情に同調反応する傾聴エージェントの提案
第36回人工知能学会全国大会 (2022年6月) 招待講演以外
[発表者]立崎 諒, 大倉 光輝, 市川 淳, 秋吉 政徳
[3]. 三次元仮想空間における他者視点の取得が協同問題解決に与える影響の検討
日本認知科学会知覚と行動モデリング研究分科会3月研究会 (2022年3月) 招待講演以外
[発表者]田頭 拓也, 市川 淳, 秋吉 政徳
[4]. Artificial Subtle Expression を用いた発話の基本周波数に同調する傾聴エージェントの提案
電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎2022年1月研究会 (2022年1月) 招待講演以外
[発表者]大倉 光輝, 市川 淳, 秋吉 政徳
[5]. 行動実験と計算機シミュレーションを組み合わせた三者の運動協調に関する検討
日本認知科学会第38回大会オーガナイズドセッション「行動実験と計算機シミュレーションの接続−認知的インタラクションフレームワークの構築に向けて−」 (2021年9月) 招待講演以外
[発表者]市川 淳
[6]. 数理モデルを用いた三者の運動協調における不均一な役割の検討
日本認知科学会第38回大会 (2021年9月) 招待講演以外
[発表者]市川 淳, 藤井 慶輔
[7]. 擬人化エージェントとの同期運動が身体活動の印象に与える影響に関する検討
第35回人工知能学会全国大会 (2021年6月) 招待講演以外
[発表者]市川 淳, 喜古 泰一, 秋吉 政徳
[8]. Virtual Reality を用いた屋内災害におけるパニック行動分析
日本認知科学会知覚と行動モデリング研究分科会3月研究会 (2021年3月) 招待講演以外
[発表者]新納 穣, 市川 淳, 秋吉 政徳
[9]. Kinectを用いた仮想エージェントによる同期運動が印象評価や行動に与える影響-リハビリテーションやトレーニング支援からの検討-
電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎2021年1月研究会 (2021年1月) 招待講演以外
[発表者]喜古 泰一, 市川 淳, 秋吉 政徳
[10]. スマートスピーカーによる発話模倣が印象評価や向社会的行動に与える影響
電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎2021年1月研究会 (2021年1月) 招待講演以外
[発表者]菊地 正樹, 市川 淳, 秋吉 政徳
[11]. 屋内災害におけるパニック行動分析に向けたVRによる検証基盤
電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎2021年1月研究会 (2021年1月) 招待講演以外
[発表者]新納 穣, 市川 淳, 秋吉 政徳
[12]. ナッジを用いた姿勢変化が将来得られる報酬の割り引かれる価値に与える影響
電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎2021年1月研究会 (2021年1月) 招待講演以外
[発表者]浅井 幸大, 市川 淳, 秋吉 政徳
[13]. マルチエージェントシミュレーションによる集団避難行動特性の分析ツール
電気学会第83回情報システム研究会 (2020年10月) 招待講演以外
[発表者]石田 龍星, 秋吉 政徳, 市川 淳
[14]. なぞり課題を用いた運動協調における役割の検討
日本認知科学会第37回大会 (2020年9月) 招待講演以外
[発表者]市川 淳, 藤井 慶輔
[15]. 認知的インタラクションフレームワークの説明
日本認知科学会第37回大会オーガナイズドセッション「認知的インタラクションフレームワークの構築」 (2020年9月) 招待講演以外
[発表者]坂本 孝丈, 大澤 正彦, 市川 淳
[16]. 対話型スピーカーを介した模倣が操作者の印象評価に及ぼす影響
日本認知科学会第37回大会 (2020年9月) 招待講演以外
[発表者]光國 和宏, 市川 淳, 西崎 友規子, 堀 紫
[17]. OpenPoseとオートエンコーダを用いたダンス動画のジャンル判別方式
第34回人工知能学会全国大会 (2020年6月) 招待講演以外
[発表者]信末 竜空, 秋吉 政徳, 市川 淳
[18]. トピックモデルを用いた避難における集団行動特性の分析
第34回人工知能学会全国大会 (2020年6月) 招待講演以外
[発表者]石田 龍星, 秋吉 政徳, 市川 淳
[19]. 仮想エージェントとの身体的同期運動が印象評価に与える影響の検討
第34回人工知能学会全国大会 (2020年6月) 招待講演以外
[発表者]喜古 泰一, 鍾 津儀, 市川 淳, 秋吉 政徳
[20]. 協調に関する発展的な議論に向けた検討-なぞり課題を用いた集団運動からみる他者の行動予測と適応-
第34回人工知能学会全国大会 (2020年6月) 招待講演以外
[発表者]市川 淳, 藤井 慶輔
[21]. 認知的インタラクションフレームワークに基づいた他者モデルの提案
HAIシンポジウム2020 (2020年3月) 招待講演以外
[発表者]大澤 正彦, 奧岡 耕平, 坂本 孝丈, 市川 淳, 今井 倫太
[22]. 仮想エージェントとの同期運動が印象評価に与える影響
HAIシンポジウム2020 (2020年3月) 招待講演以外
[発表者]市川 淳, 鍾 津儀, 秋吉 政徳
[23]. 保育活動における子どもの集団運動からみる社会性
新学術領域研究成果報告シンポジウム「認知的インタラクションデザイン学の創成」 (2019年9月) 招待講演以外
[発表者]市川 淳
[24]. 子どもの性格特性に着目した対話型スピーカーとの遊び行動の分析
日本認知科学会第36回大会 (2019年9月) 招待講演以外
[発表者]市川 淳, 光國 和宏, 堀 紫, 池野 湧太, アレクサンドル ルブロン, 河本 徹和, 西崎 友規子, 岡 夏樹
[25]. 子ども用対話型スピーカーの開発に向けた対話遊びの分析
第33回人工知能学会全国大会 (2019年6月) 招待講演以外
[発表者]光國 和宏, 市川 淳, 堀 紫, 池野 湧太, アレクサンドル ルブロン, 河本 徹和, 岡 夏樹, 西崎 友規子
[26]. 移動エントロピーとカオスニューラルネットワークを用いた主導的/追従的なインタラクションの実現
HAIシンポジウム2018 (2019年3月) 招待講演以外
[発表者]小西 文昂, 市川 淳, 田中 一晶, 岡 夏樹
[27]. 人の選好を真似るロボットへの扶助行動の観察
HAIシンポジウム2018 (2019年3月) 招待講演以外
[発表者]光國 和宏, 奥 遼太郎, 米田 貴行, 小原 宗一郎, 篠原 由美子, 市川 淳, 田中 一晶, 西崎 友規子, 岡 夏樹
[28]. ロボットの模倣行動が印象評価と援助行動に与える影響の検討
2018年度情報処理学会関西支部大会 (2018年9月) 招待講演以外
[発表者]光國 和宏, 奥 遼太郎, 米田 貴行, 小原 宗一郎, 篠原 由美子, 市川 淳, 田中 一晶, 西崎 友規子, 岡 夏樹
[29]. リトミックにおける集団の振る舞いからみる社会性の発達
日本認知科学会第35回大会 (2018年8月) 招待講演以外
[発表者]市川 淳, 藤井 慶輔, 長井 隆行, 大森 隆司, 岡 夏樹
[30]. 人とロボットの間のリズムインタラクションにおける主導交代モデルの構築
第45回知能システムシンポジウム (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]高井 利将, 塚本 亜美, 廣田 敦士, 寺岡 弘貴, 小原 宗一郎, 家原 瞭, 市川 淳, 田中 一晶, 岡 夏樹
[31]. リトミックにおいて園児が興味を持つ活動の推定
第45回知能システムシンポジウム (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]吉﨑 美紗, 市川 淳, 早川 博章, 岡 夏樹, 大森 隆司, 長井 隆行
[32]. リトミックにおける子どもの集団活動からみる主体性と社会性の発達
電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎2018年1月研究会 (2018年1月) 招待講演以外
[発表者]市川 淳, 藤井 慶輔, 岡 夏樹, 長井 隆行, 大森 隆司
[33]. 不完全なロボットとのインタラクションが第三者への利他行動に与える影響
HAIシンポジウム2017 (2017年12月) 招待講演以外
[発表者]加藤 卓馬, 谷郷 力丸, 有川 魁人, 末次 雄介, 廣田 敦士, 村田 義人, 市川 淳, 西崎 友規子
[34]. リトミックの集団活動で観察される子どもの主体性と社会性
HAIシンポジウム2017 (2017年12月) 招待講演以外
[発表者]市川 淳, 藤井 慶輔, 岡 夏樹, 長井 隆行, 大森 隆司
[35]. Analyzing individual unique body movements in the skill acquisition processes
The 4th International Workshop on Skill Science Associated with JSAI-isAI2017 (SKL 2017) (2017年11月) 招待講演以外
[発表者]Ichikawa, J., Miwa, K.,, Terai, H.
[36]. 子どもたちの主体性や成長の可能性を引き出すヒューマンロボットインタラクションの実現に向けて
日本認知科学会第34回大会 (2017年9月) 招待講演以外
[発表者]岡 夏樹, 塚本 亜美, 寺岡 弘貴, 鶴田 穣士, 廣田 敦士, 早川 博章, 市川 淳, 田中 一晶, 長井 隆行, 大森 隆司
[37]. 運動調整に基づく個人間の協調過程に関する検討
日本認知科学会第34回大会 (2017年9月) 招待講演以外
[発表者]市川 淳, 三輪 和久, 寺井 仁
[38]. 個人間の運動調整過程に関する実験的検討
第31回人工知能学会全国大会 (2017年5月) 招待講演以外
[発表者]市川 淳, 三輪 和久, 寺井 仁
[39]. 個人間の運動調整に関する加速度センサを用いた検討
電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎2017年3月研究会 (2017年3月) 招待講演以外
[発表者]市川 淳, 三輪 和久, 寺井 仁
[40]. 運動計測と言語報告に基づく身体スキル習得過程の分析
日本認知科学会第32回大会 (2015年9月) 招待講演以外
[発表者]市川 淳, 三輪 和久, 寺井 仁
[41]. ノービスによる身体スキル獲得過程-身体動作と着眼点からの検討-
第29回人工知能学会全国大会 (2015年5月) 招待講演以外
[発表者]市川 淳, 三輪 和久, 寺井 仁
[42]. 身体スキル獲得過程における身体動作と着眼点に関する実験的検討
人工知能学会第73回先進的学習科学と工学研究会 (ALST) (2015年3月) 招待講演以外
[発表者]市川 淳, 三輪 和久, 寺井 仁
[43]. ノービスによる身体スキル獲得-身体動作の安定性と着眼点からの検討-
日本認知科学会第31回大会 (2014年9月) 招待講演以外
[発表者]市川 淳, 三輪 和久, 寺井 仁
[44]. 運動計測に基づく身体スキル獲得に関する実験的検討
人工知能学会第70回先進的学習科学と工学研究会 (ALST) (2014年3月) 招待講演以外
[発表者]市川 淳, 三輪 和久, 寺井 仁
[45]. 身体知と宣言的知識に基づくスキル獲得過程に関する研究
日本認知科学会第30回大会 (2013年9月) 招待講演以外
[発表者]市川 淳, 三輪 和久, 寺井 仁
[46]. How novices get skills without supervisors' instructions: Through analysis of skills mastery process
34th Annual Meeting of the Cognitive Science Society (CogSci 2012) (2012年8月) 招待講演以外
[発表者]Ichikawa, J., Takeuchi, Y.
[47]. 円滑な会話を実現する多人数ビデオチャット環境の構築
日本認知科学会第28回大会 (2011年9月) 招待講演以外
[発表者]佐藤 良, 坂本 孝丈, 兵藤 幸与, 石川 智之, 市川 淳, 後藤 知彦, 竹内 勇剛