トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 齋藤 貴子 (SAITO TAKAKO)

齋藤 貴子 (SAITO TAKAKO)
助教
学術院農学領域 - 応用生命科学系列 農学部 - 応用生命科学科



image-profile
最終更新日:2022/06/24 9:38:15

教員基本情報

【取得学位】
理学博士  名古屋大学   2012年3月
【研究分野】
生物学 - 生物科学 - 細胞生物学
生物学 - 生物科学 - 発生生物学
【現在の研究テーマ】
ホヤをモデルとした配偶子間認識機構の解明 
海洋生物のゲノム編集
【研究キーワード】
受精, 発生, 自家不和合性, 細胞間認識, ゲノム編集
【所属学会】
・日本動物学会
・日本分子生物学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. Fertilization of Ascidians: Gamete Interaction, Self/Nonself Recognition and Sperm Penetration of Egg Coat
Frontiers in Cell and Developmental Biology / - (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Takako Saito, Hitoshi Sawada [DOI]
[2]. Emerging Role of TCA Cycle-Related Enzymes in Human Diseases
International Journal of Molecular Sciences 22/23 - 13057 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Kang, Woojin, Miki Suzuki, Takako Saito, Kenji Miyado [DOI]
[3]. Unveiling a novel function of CD9 in surface compartmentalization of oocytes
Development 147/15 - (2020年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Naokazu Inoue,Takako Saito,Ikuo Wada [DOI]
[4]. Alternative splicing of the Izumo1 gene ensures triggering gamete fusion in mice
Scientific Reports 9/1 - (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Takako Saito,Ikuo Wada,Naokazu Inoue [DOI]
[5]. Sperm IZUMO1-Dependent Gamete Fusion Influences Male Fertility in Mice
International Journal of Molecular Sciences 20/19 4809- (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Takako Saito,Ikuo Wada,Naokazu Inoue [DOI]
【著書 等】
[1]. 光が丘 福島県立医科大学医学部同窓会報
福島県立医科大学医学部同窓会 (2020年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 分担執筆
[著者]齋藤貴子 [担当範囲] 選択的スプライシングが子孫を残すための安全装置として働く
[2]. Annual Review 2017/18
Diamond Light Source Ltd (2018年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 分担執筆
[担当範囲] How human endoglin captures its ligand BMP9
[3]. Sexual Reproduction in Animals and Plants
Springer (2014年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 分担執筆
[著者]Hitoshi Sawada,Kazunori Yamamoto,Kei Otsuka,Takako Saito,Akira Yamaguchi,Masako Mino,Mari Akasaka,Yoshito Harada,Lixy Yamada [担当範囲] Allorecognition and Lysin Systems During Ascidian Fertilization

[4]. Sperm Cell Research in the 21st Century: Historical Discoveries to New Horizons
Adthree (2012年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 分担執筆
[著者]Hitoshi Sawada,Takako Saito,Akira Yamaguchi,Yoshito Harada,Lixy Yamada [担当範囲] Allorecognition mechanisms in ascidian fertilization: A reproduction strategy shared with flowering plants
【科学研究費助成事業】
[1]. ZUMO1-JUNOで制御される配偶子間膜融合 ( 2017年4月 ~ 2022年3月 ) 若手研究(B) 代表

[2]. カタユウレイボヤにおける自家不和合性の分子メカニズム ( 2009年4月 ~ 2012年3月 ) 特別研究員奨励費 代表
【外部資金(科研費以外)】
[1]. カタユウレイボヤ自家不和合性分子の多型と自他認識 (2021年4月 - 2023年3月 ) [提供機関] 公益財団法人藤原ナチュラルヒストリー振興財団 [制度名] 学術研究助成 [担当区分] 研究代表者
【受賞】
[1]. Best Poster Award Sperm self- recognition signal triggers Ca2+ influx that induces self-incompatibility response in the ascidian Ciona intestinalis (2012年11月)
[授与機関] Internal Symposium on the Mechanisms of Sexual Reproduction in Animals and Plant
[2]. Best Poster Paper Award Expressions and functional analyses of the gamete allorecognition proteins, v-Themis and s-Themis, in the ascidian Ciona intestinalis (2010年6月)
[授与機関] 11th International Symposium on Spermatology
[3]. 奨励賞 (2009年5月)
[授与機関] 日本生化学会中支部大会

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 全学教育科目(共通科目) 新入生セミナー (2022年度 - 前期 )
[2]. 学部専門科目 フィールド科学演習Ⅱ (2022年度 - 通年 )
[3]. 学部専門科目 応用生命科学実験3 (2022年度 - 前期 )
[4]. 学部専門科目 動物生命科学 (2022年度 - 前期 )
[5]. 学部専門科目 動物生命工学 (2022年度 - 後期 )

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 講演会 FMUカフェ (2022年2月 )
[内容] キャリア形成中の現状
[備考] 福島県立医科大学

国際貢献実績

管理運営・その他