トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 松永 真由美 (MATSUNAGA Mayumi)

松永 真由美 (MATSUNAGA Mayumi)
准教授 (兼務:(job))
学術院工学領域 - 電気電子工学系列 工学部 - 電気電子工学科
大学院総合科学技術研究科工学専攻 - 電気電子工学コース


image-profile
最終更新日:2022/06/24 9:39:05

教員基本情報

【取得学位】
博士(工学)  九州大学   2000年3月
【研究分野】
工学 - 電気電子工学 - 通信・ネットワーク工学
工学 - 電気電子工学 - 電子デバイス・電子機器
数物系科学 - 天文学 - 天文学
複合領域 - 人間医工学 - 生体医工学・生体材料学
【相談に応じられる教育・研究・社会連携分野】
電磁波工学
アンテナ・電波伝搬
マイクロ波・ミリ波・テラヘルツ波(サブミリ波)
物理・数学・電磁気学
【現在の研究テーマ】
電磁波工学
アンテナ・電波伝搬
マイクロ波・ミリ波・テラヘルツ波(サブミリ波)
【研究キーワード】
アンテナ(HF, UHF, マイクロ波、ミリ波、テラヘルツ波), マイクロ波回路(フィルター、バラン), 電波伝搬解析, 無線電力伝送, 電波天文学
【所属学会】
・電子情報通信学会
・日本天文学会
・IEEE
【個人ホームページ】
https://mmayumi.lekumo.biz/top/
【研究シーズ】
[1]. Iot, センサー、イメージング ( 2021年度 - ) [分野] 2. 電子情報通信
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. A 28 GHz Circularly Polarized Antenna with Controllable Tilted Radiation Angles
IEEE Conference on Antenna Measurements & Applications / 7-7 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Mayumi Matsunaga
[2]. A Circularly polarized Antenna with Oblique Radiation Angles for 5G Mobile Communication Devices
IEEE-APS Topical Conference on Antennas and Propagation in Wireless Communications / 63-63 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Mayumi Matsunaga [DOI]
[3]. Flexible Views without Being Held Back by Fixed Ideas is the Mother of Invention
International Symposium on Antennas and Propagation / 425-426 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Mayumi Matsunaga [DOI]
[4]. Effects of ultra-high frequency electromagnetic field at 28 GHz on micronucleus formation in human cell lines
URSI Radio Science Letters 2/ - DOI: 10.46620/20-0018 (2020年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] E. Narita, Y. Shimizu, M. Matsunaga, N. Shinohara, and J. Miyakoshi [DOI]
[5]. A Double-Band Circularly Polarized Antenna for Satellite Signal Bands in the Ratio of 3 : 8
IEEE Conference on Antenna Measurements and Applications / 1-2 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Mayumi Matsunaga and Mamoru Yamamoto [DOI]
【著書 等】
[1]. ポイント整理 電気回路 - LTspiceで回路シミュレーション -
コロナ社 (2022年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]新海健、緒方将人、松永真由美 [総頁数] 264
【学会発表・研究発表】
[1]. クロスループ構造を用いた28GHz帯円偏波アンテナ
電子方法通信学会無線電力伝送研究会・信学技報 (2022年3月8日) 招待講演以外
[発表者]松永真由美
[2]. A 28 GHz Circularly Polarized Antenna with Controllable Tilted Radiation Angles
IEEE Conference on Antenna Measurements & Applications (2021年11月15日) 招待講演
[発表者]Mayumi Matsunaga
[3]. A Circularly polarized Antenna with Oblique Radiation Angles for 5G Mobile Communication Devices
2021 IEEE-APS Topical Conference on Antennas and Propagation in Wireless Communications (APWC) (2021年8月11日) 招待講演
[発表者]Mayumi Matsunaga
【科学研究費助成事業】
[1]. 初期虫歯(表層下脱灰)の電波応用計測法の開発と「歯」数値計算モデルの提案 ( 2022年4月 ~ 2025年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[2]. クロスループ構造による零位相分散特性の実現と偏波・周波数が変化するアンテナ開発 ( 2017年4月 ~ 2022年3月 ) 基盤研究(C) 代表
【受賞】
[1]. 2021年度学生マイクロ波回路設計試作コンテスト 特別賞 (2021年12月)
[受賞者] 松永研究室・笹川泰雅 [授与機関] 電子情報通信学会マイクロ波研究専門委員会
【特許 等】
[1]. ループアンテナ [出願番号] 特願2015-500225 (2014年8月21日) [特許番号] 6233937 (2017年11月2日)
[2]. 異なる周波数帯域の円偏波および直線偏波に共用できるループアンテナ [出願番号] 特願2012-203188 (2012年9月14日) [特許番号] 5958937 (2016年7月1日)
[3]. アンテナ [出願番号] 特願2012-531830 (2011年8月26日) [特許番号] 5692544 (2015年2月13日)
[4]. HF帯のアンテナ [出願番号] 特願2008-048772 (2008年2月28日) [特許番号] 5004238 (2012年6月1日)
[5]. アンテナ [出願番号] 特願2007-306655 (2007年11月27日) [特許番号] 5320635 (2013年7月26日)
【学会・研究会等の開催】
[1]. 中部地区春期学生発表会2022 (2022年4月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] オンライン
[2]. International Symposium on Antenna and Propagation (2021年2月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 大阪・オンライン
【その他学術研究活動】
[1]. AIM Japan (2021年4月 - 2023年3月 )
[備考] RFIDタグの標準化組織への専門的知識の提供及び、学生の教育活動

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 学部専門科目 情報エレクトロニクス実験Ⅰ (2022年度 - 後期 )
[2]. 学部専門科目 電磁気学Ⅱ (2022年度 - 前期 )
[3]. 全学教育科目(共通科目) 数理の構造 (2022年度 - 後期 )
[4]. 全学教育科目(共通科目) 科学と技術 (2022年度 - 後期 )
[5]. 学部専門科目 電気電子情報数学 (2022年度 - 前期 )
【指導学生数】
2022年度
卒研指導学生数(4年) 5 人
修士指導学生数 4 人
2021年度
卒研指導学生数(4年) 6 人
【指導学生の受賞】
[1]. 2021年度マイクロ波学生設計コンテスト (2021年12月)
[受賞学生氏名] 笹川泰雅 (工学部)
[授与団体名] 電子情報通信学会マイクロ波研究専門委員会

社会活動

【学外の審議会・委員会等】
[1]. IEEE MTT-S Nagoya Chapter Secretary (2022年1月 - 2023年12月 ) [団体名] IEEE
[活動内容]学術技術講演会の企画運営、研究集会の企画運営、国内会員への最新研究動向の共有
[2]. 京都大学生存圏研究所METLAB共同利用委員会委員 (2013年9月 - 2024年3月 ) [団体名] 京都大学
[活動内容]共同利用設備京都大学生存圏研究所METLABの運営維持に関する専門的意見の提供及び共同利用申請者の審査
[3]. 総務省 情報通信審議会専門委員 (2008年1月 - 2024年12月 ) [団体名] 総務省
[活動内容]電波伝搬委員会、電化環境委員会における専門的知識の提供

国際貢献実績

管理運営・その他