トップページ  > 教員個別情報  > 学会発表・研究発表

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 村田 美帆 (MURATA Miho)

学会発表・研究発表

【学会発表・研究発表】
[1]. ネマティック液晶流を表す方程式に対する最大正則性原理について
談話会 (2023年10月26日) 招待講演
[発表者]村田美帆
[備考] 東京理科大学
[2]. Mathematical Aspects of Fluid Dynamics
6th ICMA-SURE (2023年10月19日) 招待講演
[発表者]村田美帆
[3]. Global well-posedness for a Q-tensor model of nematic liquid crystals
Workshop on Analysis in Kagurazaka 2023 (2023年1月28日) 招待講演
[発表者]村田美帆
[4]. Global well posedness for a Q-tensor model of nematic liquid crystals
研究集会「微分方程式の総合的研究」 (2022年12月24日) 招待講演
[発表者]村田美帆
[5]. Global well posedness for a Q-tensor model of nematic liquid crystals
RIMS研究集会 「非圧縮性粘性流体の数理解析」 (2022年12月2日) 招待講演
[発表者]村田美帆
[6]. Global well posedness for a Q-tensor model of nematic liquid crystals
日本数学会2022年会 (2022年3月) 招待講演以外
[発表者]村田美帆
[7]. Global well-posedness for a Q-tensor model of nematic liquid crystals
International Workshop on Multi-Phase Flows: Analysis, Modeling and Numerics (2021年12月2日) 招待講演
[発表者]村田美帆
[8]. The global well-posedness of the compressible fluid model of Korteweg type in a critical case
RIMS Workshop on Mathematical Analysis in Fluid and Gas Dynamics (2021年7月9日) 招待講演
[発表者]村田美帆
[9]. The global well-posedness of the compressible fluid model of Korteweg type in a critical case
応用解析研究会 (2021年6月12日) 招待講演
[発表者]村田美帆
[10]. The global well-posedness of the compressible fluid model of Korteweg type for the critical case
日本数学会2021年会 (2021年3月18日) 招待講演以外
[発表者]村田美帆
[11]. Navier-Stokes-Korteweg方程式の時間大域的適切性について
浜松偏微分方程式セミナー (2020年2月) 招待講演
[発表者]村田美帆
[12]. The global well-posedness for the compressible fluid model of Korteweg type
熊本大学応用解析セミナー (2020年1月) 招待講演
[発表者]村田美帆
[13]. Navier-Stokes-Korteweg方程式に対する時間大域解の一意存在性について
第14回室蘭工業大学応用解析セミナー (2019年7月) 招待講演
[発表者]村田美帆
[14]. The global well-posedness for the compressible fluid model of Korteweg type
RIMS研究集会「偏微分方程式の臨界現象と正則性理論及び漸近解析」 (2019年5月) 招待講演
[発表者]村田美帆