氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 金 鎭赫 (KIM JIN HYUK)

金 鎭赫 (KIM JIN HYUK)
講師
学術院情報学領域 - 行動情報学系列 情報学部 - 行動情報学科
大学院総合科学技術研究科情報学専攻 - 情報学コース






氏名特記事項 :キム ジンヒョク
kimj@@@inf.shizuoka.ac.jp
image-profile
最終更新日:2019/05/18 14:04:00

教員基本情報

【取得学位】
博士(教育学)  東京大学   2014年3月
【研究分野】
複合領域 - 健康・スポーツ科学 - 応用健康科学
【現在の研究テーマ】
日常生活下のスマートフォンとウェアラブルデバイスを用いた多次元健康情報の計測
モバイルヘルスシステムの構築
日常の生活習慣行動及び健康リスクのメカニズムの解明と介入
【研究キーワード】
健康情報学, 健康心理学, 日常生活下調査(Ecological Momentary Assessment), ジャストインタイム型介入(Just-In-Time Adaptive Intervention), 身体活動度 (Physical Activity), 精神疾患, 睡眠
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. Age differences in everyday stressor-related negative affect: A coordinated analysis
Psychology and Aging 34/1 91-105 (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Stawski RS, Scott SB, Zawadzki MJ, Sliwinski MJ, Marcusson-Clavertz D, Kim J, Lanza ST, Green PA, Almeida DM, Smyth JM [DOI]
[2]. Additive effects of forecasted and reported stressors on negative affect
Journal of Gerontology: Psychological Sciences 74/1 29-37 (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Scott SB, Kim J, Smyth JM, Almeida DM, Sliwinski MJ [DOI]
[3]. Negatively skewed locomotor activity related to autistic social awareness in children with autism spectrum disorders
Frontiers in Psychiatry 12/518 - (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Ogino K, Takahashi H, Nakamura T, Kim J, Kikuchi H, Nakahachi T, Ebishima K, Yoshiuchi K, Ando T, Sumiyoshi T, Stickley A, Yamamoto Y, Kamio Y [DOI]
[4]. The relation between locomotor dynamics and the acoustic startle response and its modulation in children with typical development and those with autism spectrum disorders
Frontiers in Psychiatry 9/355 1-7 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Takahashi H, Nakamura T, Kim J, Kikuchi H, Nakahachi T, Ishitobi M, Yoshiuchi K, Ando T, Stickley A, Yamamoto Y, Kamio Y [DOI]
[5]. A practical guide to analyzing time-varying association between physical activity and affect
Computational and Mathematical Methods in Medicine 4/ 1-11 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Kim J, Marcusson-Clavertz D, Togo F, Park H [DOI]
【著書 等】
[1]. 不安障害と双極性障害
日本評論社 (2013年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 分担執筆
[著者]中村亨,武井邦夫,種市摂子,金鎭赫,佐々木司,山本義春 [担当範囲] 身体活動時系列に基づく双極性障害の病相転移予測
【学会発表・研究発表】
[1]. Bidirectional associations of momentary affect with physical activity and sedentary behaviors in working adults
(2018年9月) 招待講演
[発表者]Kim J
[備考] Osaka University, Osaka, Japan
[2]. Time-varying associations between everyday affect and physical activity.
The 18th Congress of the Asian College of Psychosomatic Medicine (2018年8月) 招待講演以外
[発表者]Kim J
[備考] Kyung Hee University, Seoul, South Korea; シンポジウム発表
[3]. 自閉スペクトラム症児の身体活動動態と聴覚性驚愕反射との関連
第27回日本臨床精神神経薬理学会 (2017年11月) 招待講演以外
[発表者]高橋 秀俊, 中村 亨, 金鎭赫, 菊地 裕絵, 吉内 一浩, 安藤 哲也, 山本 義春, 神尾 陽子
[備考] 松江
[4]. EMA用ストレス評価尺度の開発:個人内比較における心理測定特性について
第22回日本心療内科学会学術大会 (2017年11月) 招待講演以外
[発表者]菊地 裕絵, 吉内 一浩, 金鎭赫, 富田 吉敏, 山本 義春, 安藤 哲也
[備考] 鹿児島
[5]. The relation between locomotor dynamics and the acoustic startle response in children with typical development and those with autism spectrum disorder
International Society for Autism Research (2017年10月) 招待講演以外
[発表者][1] Takahashi H, Nakamura T, Kim J, Kikuchi H, Nakahachi T, Ishitobi M, Yoshiuchi K, Ando T, Stickley A, Yamamoto Y, Kamio Y
[備考] Tokyo, Japan
【科学研究費助成事業】
[1]. アレキシサイミアにおける日常生活下での症状評価法を用いた心理行動学的相関の解明 ( 2016年4月 ~ 2017年3月 ) 若手研究(B) 代表
[備考] 渡米のため、2017年度末辞退

[2]. 母子の生体リズムの同期・非同期性が母の自覚症状に与える影響とその調整手法の提案 ( 2015年4月 ~ 2018年3月 ) 挑戦的萌芽研究 分担
[備考] 渡米のため、2017年度末辞退

[3]. 高齢者の日常生活下での症状評価法における客観的妥当性に関する研究 ( 2014年8月 ~ 2016年3月 ) 研究活動スタート支援 代表
【受賞】
[1]. 若手研究奨励賞 うつ病の予防へ向けた行動・心理動態の実時間モニタリングの臨床応用に関する研究 (2014年2月)
[授与機関] 日本不安障害学会学術大会
[2]. 学術研究活動等奨励事業(国外)助成対象 (2011年8月)
[授与機関] 東京大学
[3]. Research proposal award (2009年10月)
[授与機関] SNU-UT-APRU (Seoul National University-University of Tokyo-Association of Pacific Rim Universities) Joint Conference
[備考] Seoul, South Korea
【その他学術研究活動】
[1]. 応用脳科学コンソーシアム「ニューロアーキテクチャー研究会」 (2014年2月 - 2016年7月 )
[備考] 株式会社NTTデータ経営研究所、研究企画への参加

教育関連情報

社会活動

【学外の審議会・委員会等】
[1]. 摂食障害全国基幹センター (2015年4月 - 2016年7月 ) [団体名] 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所心身医学部
[活動内容]運営補助
[2]. 摂食障害情報ウェブサイト検討委員会 (2015年4月 - 2016年7月 ) [団体名] 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所心身医学部
[活動内容]運営補助
【その他社会活動】
[1]. 摂食障害看護研修 (2015年11月 )
[備考] 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所心身医学部;準備・運営補助
[2]. 摂食障害治療研修 (2015年8月 )
[備考] 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所心身医学部;準備・運営補助

国際貢献実績

管理運営・その他

【特記事項】
「うつ病の予防へ向けた行動・心理動態の実時間モニタリングの臨床応用に関する研究」に関連し、IEEE Journal of Biomedical and Health Informaticsに掲載された論文が同誌のFeatured Articleに選定(http://jbhi.embs.org/category/featured-articles/) Reference: Kim J, Nakamura T, Kikuchi H, Yoshiuchi K, Sasaki T, Yamamoto Y. Covariation of depressive mood and spontaneous physical activity in major depressive disorder: Towards continuous monitoring of depressive mood. IEEE Journal of Biomedical and Health Informatics, 19: 1347-1355, 2015.