トップページ  > 教員個別情報  > 学会発表・研究発表

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 滑田 明暢 (NAMEDA Akinobu)

学会発表・研究発表

【学会発表・研究発表】
[1]. 指定討論(公募シンポジウムにおける指定討論:「文化心理学への招待」を読む 動的記号論的文化心理学の主要概念
日本心理学会第85回大会 2021年9月1日-8日 (2021年9月) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[2]. The impacts of interactive communication in spouses on performing family work at home
The 32nd International Congress of Psychology PRAGUE 2021 / ICP 2020+ 2021年7月18日-23日 (2021年7月) 招待講演以外
[発表者]Nameda, A
[3]. Development of children’s fairness judgments and reasoning on distribution of positive and negative resources
Society for Research in Child Development 2021 Biennial Meeting (2021年4月) 招待講演以外
[発表者]Hashimoto, Y, Nameda, A, Toda, Y
[4]. 指定討論(関連団体企画シンポジウム:ビジュアルナラティヴのデータ分析法
日本発達心理学会第32回大会 (2021年3月) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[5]. Difficulties in studying online among university students in COVID-19 situation in Japan
8th International ESD Forum (2020年12月) 招待講演以外
[発表者]Nameda, A
[6]. 指定討論(会員企画シンポジウム:ヤーン・ヴァルシナーの「AN INVITATION TO CULTURAL PSYCHOLOGY」を読む―文化心理学の理論的背景とスコープ)
日本質的心理学会第17回大会 (2020年10月) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[7]. 夫婦間における家事育児の依頼とその結果として起こる変化
日本質的心理学会第16回大会 (2019年9月) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[8]. 夫婦間の家事育児調整:依頼によって起こる変化とは?(公募シンポジウム「ジェンダーの視点から考える働き方とキャリア形成」における話題提供)
日本心理学会第83回大会 (2019年9月) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[9]. 人文社会系研究者の実態調査からみる研究者のキャリア形成(大会企画シンポジウム「女性研究者のキャリア形成」における話題提供)
日本心理学会第83回大会 (2019年9月) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[10]. Development of elementary school students’ fairness judgments on distribution of positive and negative resources
19th European Conference on Developmental Psychology (2019年8月) 招待講演以外
[発表者]Hashimoto, Y., Nameda, A., and Toda, Y.
[11]. 心理学的研究から考える道徳性概念 (話題提供:「道徳性とは何か?:道徳性再考(1)―発達的観点から現在の道徳「教科化」を考える―」)
日本発達心理学会第30回大会 (2019年3月18日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[12]. How does the form of family work change?: The functions of interactions in couples
International Convention of Psychological Science 2019 (2019年3月8日) 招待講演以外
[発表者]Nameda, A.
[13]. 男女共同参画をめぐる認識 (分担発表:日本学術会議第一部総合ジェンダー分科会およびGEAHSSによる「第1回 人文社会科学系研究者の男女共同参画実態調査結果」 永瀬伸子・上田貴子・二神枝保・滑田明暢)
公開シンポジウム「なぜできない?ジェンダー平等:人文社会科学系学協会男女共同参画の実態と課題」 (2019年2月9日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[14]. Fairness in performing family work in close relationships: Exploration with the perspectives of Kaji harassment
12th East Asian Association of Psychology and Law Conference (2018年12月15日) 招待講演以外
[発表者]Nameda, A.
[15]. 心理学における質的研究 (話題提供:委員会企画シンポジウム「質的研究の多次元領域マップを創る」)
日本質的心理学会第15回大会 (2018年11月25日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[16]. ジェンダー平等をめぐる現状と課題 (話題提供:日本心理学会企画シンポジウム(一般公開)「日本心理学会におけるジェンダー平等の現状と課題」)
日本心理学会第82回大会 (2018年9月27日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[17]. ビジュアル情報を用いた文化・社会理解の授業実践:フォトボイス、「かわいい」と「キュート」の文化比較2 (話題提供:日本心理学会第82回大会公募シンポジウム 「ビジュアル・ナラティヴによる教育と支援」)
日本心理学会第82回大会 (2018年9月26日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[18]. 家事分担とワーク・ライフ・バランスを題材としたプロジェクト型の授業実践 (シンポジウムにおける口頭報告)
日本心理学会第81回大会 (2017年9月22日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[19]. 「かわいい」と「キュート」のビジュアルによる文化比較 (シンポジウムにおける口頭報告)
日本心理学会第81回大会 (2017年9月20日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[20]. Perception of fairness in close relationships: Money sharing and household work discussed in online communities
The 10th Conference East Asian Association of Psychology and Law (2016年10月1日) 招待講演以外
[発表者]Nameda, A.
[21]. 公正に関する研究 :近年の法心理学領域における概観 (ワークショップにおける口頭報告)
法と心理学会第17回大会 (2016年10月1日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[22]. Understanding the changing and maintaining process of performing family work from the perspective of Compositionwork and the Trajectory Equifinality Approach (シンポジウムにおける口頭報告)
9th International Conference on the Dialogical Self (2016年9月1日) 招待講演以外
[発表者]Nameda, A.
[23]. Achieving harmony and fairness in performing family work in close relationships (シンポジウムにおける口頭報告)
31st International Congress of Psychology (2016年7月1日) 招待講演以外
[発表者]Nameda, A.
[24]. Perception of fairness in performing roles in family: Distributive justice and the change (テーマセッションでの口頭報告)
The Asian Conference on Education 2015 (2015年10月1日) 招待講演以外
[発表者]Nameda, A.
[25]. 対話的自己と対人葛藤、紛争解決 (シンポジウムにおける口頭報告)
日本質的心理学会第12回大会 (2015年10月1日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[26]. 夫婦の生活家事の調整過程 (シンポジウムにおける口頭報告)
日本心理学会第79回大会 (2015年9月1日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[27]. 実在物と家事としての片付け行動の変容 (ラウンドテーブルにおける口頭報告)
日本発達心理学会第26回大会 (2015年3月1日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[28]. トークンシステムを用いた家庭内の片付け行動の促進
対人援助学会第6回年次大会 (2014年11月1日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢・田村彩佳・望月昭
[29]. TEA研究の海外動向―TEM/TEA on the globe (シンポジウムにおける口頭報告)
日本質的心理学会第11回大会 (2014年10月1日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[30]. Having no feeling of conflicts but existing differences between attitudes and reality: Understanding balance of paid work and household work
8th International Conference on the Dialogical Self、 The Hague (2014年8月1日) 招待講演以外
[発表者]Nameda, A.
[31]. Understanding Compositionwork from the perspective of TEA: Trajectory Equifinality Approach (シンポジウムにおける口頭報告)
8th International Conference on the Dialogical Self、 The Hague (2014年8月1日) 招待講演以外
[発表者]Sato, T. , Yasuda, Y. , and Nameda, A.
[32]. インターネット上の育児に関する掲示板における投稿と反応の分析
日本社会心理学会第55回大会 (2014年7月1日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[33]. The meaning of retirement for about sixty year-old Japanese couple: The balance among paid work, personal life and household work
3rd International Seminar of Cultural Psychology (2014年3月1日) 招待講演以外
[発表者]Nameda, A.
[34]. What divide perceiving fairness from unfairness? Communal and individual sense of fairness in performing work/ family roles in close relationships
Fifteenth Annual Meeting of The Society for Personality and Social Psychology (2014年2月1日) 招待講演以外
[発表者]Nameda, A.
[35]. 家事遂行の変化へ向けた選択肢の理解―日常生活においても参照可能な知見の構築へ―
対人援助学会第5回年次大会 (2013年11月1日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[36]. 共働きの生活総合家事分担をめぐる価値観―オンライン知識共有コミュニティにおけるやりとりの分析―
日本社会心理学会第54回大会 (2013年11月1日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[37]. Visualising narratives on the Great Earthquakes in Japan (パネルセッションにおける口頭報告)
European Association of Psychology and Law conference 2013 (2013年9月1日) 招待講演以外
[発表者]Nameda, A., Wakabayashi, K., Nakatsuma, T., Hatano, T., Saito, S., Inaba, M. and Sato, T.
[38]. 夫婦間の家事遂行における相互調整過程
日本心理学会第77回大会 (2013年9月1日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[39]. 家事遂行の意味づけを捉える (シンポジウムにおける口頭報告)
日本心理学会第77回大会 (2013年9月1日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[40]. 夫婦における家事遂行に付与されている意味づけ―満足と公正感覚の視点からの検討
日本質的心理学会第10回大会 (2013年8月1日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[41]. Possibilities of narrative visualization: Case studies of lesson-learned-oriented archiving for natural disaster
Digital Humanities 2013 (2013年7月1日) 招待講演以外
[発表者]Nameda, A., Wakabayashi, K., Nakatsuma, T., Hatano, T., Saito, S., Inaba, M. and Sato, T.
[42]. Learning lessons from natural disaster: Visualizing and understanding digital archives for Great Earthquake in Eastern Japan
4th International Conference of Digital Archives and Digital Humanities (2012年11月1日) 招待講演以外
[発表者]Nameda, A., Wakabayashi, K., Nakatsuma, T., Hatano, T., Saito, S., Inaba, M. and Sato, T.
[43]. Multiple spaces of gender roles in an individual: Emerged voices in the negotiation of the division of labour
7th International Conference on Dialogical Self、Athens (2012年10月1日) 招待講演以外
[発表者]Nameda, A. and Sato, T.
[44]. 家庭内役割分担に関わる多層的意味づけと正当性の感覚:海外におけるインタビュー調査の知見から
日本心理学会第76回大会 (2012年9月1日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[45]. 国境を越えた移住にともなう家庭内役割分担の変容過程の記述
日本質的心理学会第9回大会 (2012年9月1日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[46]. Feelings of entitlement in the division of labour in close relationships: An analysis of women’s exchange on Japanese internet message boards
British Psychological Society Psychology of Women Section Annual Conference 2012 (2012年7月1日) 招待講演以外
[発表者]Nameda, A.
[47]. 家庭内役割分担に関わるジェンダー役割の多面的理解: 個人における意識の揺れに着目して (シンポジウムにおける口頭報告)
東北大学文学研究科グローバルCOEプログラム「社会階層と不平等教育研究拠点」マイノリティ研究部門シンポジウム「社会的マイノリティとステレオタイプ」 (2012年2月1日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[48]. Towards social application and sustainability of digital archives: The case study of 3D visualization of large-scale documents of the Great Hanshin-Awaji earthquake
3rd International Conference of Digital Archives and Digital Humanities (2011年12月1日) 招待講演以外
[発表者]Nameda, A., Wakabayashi, K., Nakatsuma, T., Hatano, T., Saito, S., Inaba, M. and Sato, T.
[49]. 変容過程を複数のアプローチを用いて捉える試み―インタビューから得られた家庭内役割分担に関わる語りの分析から
日本質的心理学会第8回大会 (2011年11月1日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[50]. インタビューにおける研究関心からずれたやりとり:役割分担を尋ねる調査から (シンポジウムにおける口頭報告)
日本質的心理学会第7回大会 (2011年10月1日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[51]. 家庭内役割にかかわる公正―役割分担実践における相互関係と手続き (ワークショップにおける口頭報告)
日本社会心理学会第52回大会 (2011年9月1日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[52]. 家族内役割分担の変容過程―複線径路等至性モデルを用いた記述―
日本心理学会第75回大会 (2011年9月1日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[53]. Changing process of performing family work in a gender culture: From interviewing with about sixty years old Japanese
British Psychological Society Psychology of Women Section Annual Conference 2011 (2011年7月1日) 招待講演以外
[発表者]Nameda, A.
[54]. 大学生の著作権意識の実態
法と心理学会第11回大会 (2010年10月1日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢・濱田恵理・サトウタツヤ・若林宏輔・山田早紀
[55]. 公正感の形成:家族内役割分担の文脈からの検討 (ワークショップにおける口頭報告)
法と心理学会第11回大会 (2010年10月1日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[56]. How gender exist in self?: Analysing how positions relate each other in performing family work
The 6th international conference on dialogical self、Athens (2010年10月1日) 招待講演以外
[発表者]Nameda, A., Sato, T. Wakabayashi, T., Hidaka, T., Kido, A. and Fukuda, M.
[57]. Dialogical tension between wife and husband: Different household roles and tension between roles over time (シンポジウムにおける口頭報告)
The 6th international conference on dialogical self、Athens (2010年9月1日) 招待講演以外
[発表者]Nameda, A.
[58]. ネット掲示板における相談からみる家族内役割分担の公正:家事分担を行うなかで何が不満を導いているのか?どのように問題を解決するのか?
日本心理学会第74回大会 (2010年9月1日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[59]. ネット掲示板における相談からみる家族内役割分担の公正Part2
日本社会心理学会第51回大会 (2010年9月1日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[60]. Women’s conflicted views towards gender roles in contemporary Japanese society
27th International Congress of Applied Psychology (2010年7月1日) 招待講演以外
[発表者]Nameda, A.
[61]. 仕事と家事の分担に関わる公正のクラスター分析を用いた経路類型的理解
日本質的心理学会第6回大会 (2009年9月1日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢・サトウタツヤ
[62]. 家事と仕事役割分担における手続き的公正
日本社会心理学会第50回大会日本グループダイナミックス学会第56回大会 (2009年9月1日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[63]. Perception of fairness in gender division of family work: Focusing on the procedure and ideology
The 11th European Congress of Psychology (2009年7月1日) 招待講演以外
[発表者]Nameda, A.
[64]. ジェンダー役割に対する判断の複数性
日本質的心理学会第5回大会 (2008年11月1日) 招待講演以外
[発表者]滑田明暢
[65]. Ethnography of laughter in TV entertainment programmes in Japan
XXIX International Congress of Psychology (2008年7月1日) 招待講演以外
[発表者]Nameda, A.