氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 久保 篤史 (KUBO Atsushi)

久保 篤史 (KUBO Atsushi)
助教
学術院理学領域 - 地球科学系列 理学部 - 地球科学科
大学院総合科学技術研究科理学専攻 - 地球科学コース








image-profile
最終更新日:2018/11/10 2:10:00

教員基本情報

【取得学位】
海洋科学  東京海洋大学   2015年3月
【研究分野】
環境学 - 環境解析学 - 環境動態解析
【現在の研究テーマ】
河川-沿岸海域における炭素循環
【研究キーワード】
二酸化炭素, 炭素循環, 都市沿岸海域, 物質循環, 有機物, 栄養塩, メタン
【所属学会】
・日本海洋学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. 東京湾河口域における大気-海洋間CO2フラックスの通年変化とその要因 炭酸化学理論を組込んだ生態系モデルによる解析
土木学会論文集B2(海岸工学) 74/2 1267-1272 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[2]. Water quality change in Lake Hamana between 1995 and 2017
World Lake Conference in press/(num) (xxx) - (zzz) (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 久保 篤史
[3]. Modeling a coastal ecosystem to estimate climate change mitigation and a model demonstration in Tokyo Bay
Ecological Modeling 384/24 261-289 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 久保 篤史
[4]. Radioactive cesium concentrations in coastal suspended matter after the Fukushima nuclear accident
Marine Pollution Bulletin 131/(num) 341-346 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 久保 篤史
[5]. 大都市沿岸海域における二酸化炭素吸収と下水処理
月刊下水道 41/5 (xxx) - (zzz) (2018年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 久保 篤史
【著書 等】
[1]. Blue Carbon in Shallow Coastal Ecosystems
Springer (2018年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[担当範囲] Chapter 11 CO2 uptake in shallow coastal ecosystems: the effect of biogeochemical and socio-economic factors
【学会発表・研究発表】
[1]. 東京湾における炭素循環変化
日本海洋学会 (2017年10月) 招待講演以外
[発表者]久保 篤史
[2]. 福島沿岸海域における懸濁物質中の放射性セシウム
日本海洋学会 (2017年10月) 招待講演以外
[発表者]久保 篤史
[3]. 東京湾における二酸化炭素吸収
東京湾シンポジウム (2017年10月) 招待講演
[発表者]久保 篤史
[4]. 東京湾における炭素循環
静岡県地学会 (2017年6月) 招待講演
[発表者]久保 篤史
【外部資金(科研費以外)】
[1]. (2018年10月 - 2019年9月 ) [提供機関] クリタ水環境科学振興財団 [担当区分] 研究代表者
[2]. (2018年4月 - 2019年2月 ) [提供機関] 日本科学協会 [制度名] 笹川科学研究助成

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 学部専門科目 地球科学実験Ⅰ (2018年度 - 後期 )
[備考] 副担当教員
[2]. 学部専門科目 地球科学野外実習Ⅱ (2018年度 - 通年 )
[備考] 副担当教員
[3]. 大学院科目(修士) 地球科学特別演習Ⅰ (2018年度 - 前期 )
[備考] 副担当教員
[4]. 大学院科目(修士) 地球科学特別演習Ⅱ (2018年度 - 後期 )
[備考] 副担当教員
[5]. 大学院科目(修士) 地球科学特別演習Ⅴ (2018年度 - 通年 )
[備考] 副担当教員

社会活動

【報道】
[1]. その他 「ブルーカーボン」は地球を救うのか? (2017年7月25日)
[概要]JST Science Portal News
[備考] 東京湾における二酸化炭素吸収 https://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/review/2017/07/20170724_01.html
[2]. 新聞 東京湾の海水 大気のCO2を吸収 (2017年4月1日)
[概要]海上の友
[3]. 新聞 東京湾の海水 大気のCO2を吸収 (2017年3月31日)
[概要]科学新聞
[4]. 新聞 東京湾の海水 大気のCO2を吸収 (2017年3月23日)
[概要]日本海事新聞
[5]. 新聞 東京湾の海水 大気のCO2を吸収 (2017年3月20日)
[概要]文教ニュース

国際貢献実績

管理運営・その他