トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 久保 篤史 (KUBO Atsushi)

久保 篤史 (KUBO Atsushi)
助教
学術院理学領域 - 地球科学系列 理学部 - 地球科学科
大学院総合科学技術研究科理学専攻 - 地球科学コース








image-profile
最終更新日:2021/10/19 2:05:22

教員基本情報

【取得学位】
海洋科学  東京海洋大学   2015年3月
【研究分野】
環境学 - 環境解析学 - 環境動態解析
【現在の研究テーマ】
河川-沿岸海域における炭素循環
【研究キーワード】
二酸化炭素, 炭素循環, 都市沿岸海域, 物質循環, 有機物, 栄養塩, 藻場, ブルーカーボン, 下水処理
【所属学会】
・日本海洋学会
・ASLO
・ジャパンブルーエコノミー技術研究組合 推進研究会
【個人ホームページ】
https://wwp.shizuoka.ac.jp/kubo-lab/
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. Seasonal and spatial variations in the partial pressure of carbon dioxide in a eutrophic brackish lake, Lake Hamana, Japan
Journal of Oceanography in press/ - (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[2]. 海藻海草場における二酸化炭素吸収量と生成有機物の分解特性評価
海洋化学研究 34/ 46-49 (2021年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[3]. Contribution of biological effects to carbonate-system variations and the air-water CO2 flux in urbanized bays in Japan
JGR Oceans in press/ - (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[4]. First isolation and analysis of caesium-bearing microparticles from marine samples in the Pacific coastal area near Fukushima Prefecture
Scientific Reports in press/ - (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[5]. Coastal urbanization alters carbon cycling in Tokyo Bay
Scientific Reports / - (2020年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
【著書 等】
[1]. Blue Carbon in Shallow Coastal Ecosystems
Springer (2018年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[担当範囲] Chapter 11 CO2 uptake in shallow coastal ecosystems: the effect of biogeochemical and socio-economic factors
【学会発表・研究発表】
[1]. 東京湾における炭素循環変化
日本海洋学会 (2017年10月) 招待講演以外
[発表者]久保 篤史
[2]. 福島沿岸海域における懸濁物質中の放射性セシウム
日本海洋学会 (2017年10月) 招待講演以外
[発表者]久保 篤史
[3]. 東京湾における二酸化炭素吸収
東京湾シンポジウム (2017年10月) 招待講演
[発表者]久保 篤史
[4]. 東京湾における炭素循環
静岡県地学会 (2017年6月) 招待講演
[発表者]久保 篤史
【科学研究費助成事業】
[1]. 沿岸域の都市化に伴う二酸化炭素循環変化と酸性化進行度の推定 ( 2019年4月 ~ 2022年3月 ) 若手研究 代表

[2]. 温室効果ガス循環における水質環境と水生植物の相互干渉を考慮した炭素貯留機構の解明 ( 2018年10月 ~ 2023年3月 ) 国際共同研究加速基金 分担
【外部資金(科研費以外)】
[1]. 新たなブルーカーボン像の構築と環境攪乱に伴う脆弱性評価 (2021年11月 - 2023年11月 ) [提供機関] 住友財団 [制度名] 環境研究助成 [担当区分] 研究代表者
[2]. 海草・海藻類の生物代謝や枯死後に排出される有機炭素のブルーカーボンへの寄与 (2021年4月 - 2022年3月 ) [提供機関] アサヒグループ学術振興財団 [制度名] 学術研究助成 環境・サステナビリティ部門 [担当区分] 研究代表者
[3]. (2020年4月 - 2021年3月 ) [提供機関] ソルト・サイエンス研究財団 [担当区分] 研究代表者
[4]. (2020年4月 - 2021年3月 ) [提供機関] 海洋化学研究所 [制度名] 伊藤光昌氏記念学術助成 [担当区分] 研究代表者
[5]. (2018年10月 - 2019年9月 ) [提供機関] クリタ水環境科学振興財団 [担当区分] 研究代表者
【受賞】
[1]. 日本海洋学会岡田賞 東京湾における二酸化炭素収支の解明を主とした沿岸域の物質循環研究 (2021年4月)
[受賞者] 久保篤史 [授与機関] 日本海洋学会
[2]. 日本水環境学会 中部支部大会優秀発表賞 浜名湖における栄養塩類・有機物の長期変動(1995~2017年) (2019年11月)
[受賞者] 山平菜月・今泉梨・久保篤史・山内悟 [授与機関] 日本水環境学会
【学会・研究会等の開催】
[1]. 2019年度ベントス・プランクトン学会合同大会 (2019年9月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 静岡市
【その他学術研究活動】
[1]. 学生引率(駿河湾) (2019年9月 )
[備考] 東京海洋大学練習船神鷹丸共同利用
[2]. 学生引率(駿河湾) (2018年9月 )
[備考] 東京海洋大学練習船神鷹丸共同利用
[3]. 学生引率(駿河湾) (2017年9月 )
[備考] 東京海洋大学練習船神鷹丸共同利用

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 大学院科目(修士) 地球科学特別演習Ⅰ (2020年度 - 前期 )
[2]. 大学院科目(修士) 地球科学特別演習Ⅱ (2020年度 - 後期 )
[3]. 大学院科目(修士) 地球科学特別演習Ⅲ (2020年度 - 前期 )
[4]. 大学院科目(修士) 地球科学特別演習Ⅳ (2020年度 - 後期 )
[5]. 学部専門科目 地球科学論文演習Ⅰ (2020年度 - 前期 )
【指導学生数】
2021年度
卒研指導学生数(3年) 3 人
卒研指導学生数(4年) 2 人
修士指導学生数 1 人
2020年度
卒研指導学生数(3年) 2 人
卒研指導学生数(4年) 3 人
修士指導学生数 0 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2019年度
卒研指導学生数(3年) 2 人
卒研指導学生数(4年) 2 人
2018年度
卒研指導学生数(3年) 2 人
卒研指導学生数(4年) 2 人
2017年度
卒研指導学生数(3年) 2 人
【指導学生の受賞】
[1]. 浜名湖における栄養塩類・有機物の長期変動(1995~2017年) (2019年11月)
[受賞学生氏名] 山平菜月 (理学部)
[授与団体名] 公益社団法人 日本水環境学会
[備考] 2019年11月16日に開催された公益社団法人日本水環境学会中部支部研究発表会において中部支部優秀発表賞を受賞

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. セミナー 福島と海 (2021年3月 )
[2]. セミナー Fukushima and the Oceans (2021年3月 )
[3]. 公開講座 化学の目で見る豊かな海 (2021年2月 )
[内容] 静岡大学サイエンスカフェ(オンデマンド)
【報道】
[1]. その他 「ブルーカーボン」は地球を救うのか? (2017年7月25日)
[概要]JST Science Portal News
[備考] 東京湾における二酸化炭素吸収 https://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/review/2017/07/20170724_01.html
[2]. 新聞 東京湾の海水 大気のCO2を吸収 (2017年4月1日)
[概要]海上の友
[3]. 新聞 東京湾の海水 大気のCO2を吸収 (2017年3月31日)
[概要]科学新聞
[4]. 新聞 東京湾の海水 大気のCO2を吸収 (2017年3月23日)
[概要]日本海事新聞
[5]. 新聞 東京湾の海水 大気のCO2を吸収 (2017年3月20日)
[概要]文教ニュース

国際貢献実績

【その他国際貢献実績】
[1]. Fukushima Dai-ichi and the Ocean: 10 years of study and insight (2021年3月 )
[備考] 東京大学大気海洋研究所とウッズホール海洋研究所主催の国際シンポジウムで市民向けのポスター発表

管理運営・その他