トップページ  > 教員個別情報  > 論文 等

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 松本 和浩 (MATSUMOTO Kazuhiro)

論文 等

【論文 等】
[1]. ニホングリに親和性を有する耐凍性台木系統の選抜と取り木繁殖性の評価
園芸学研究 22/ Accepted- (2023年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 水田泰徳・堀本宗清・織邊 太・荒木 斉・松本和浩
[2]. 小田貫湿原のノハナショウブ開花数の変化に及ぼす人為的介入の影響
日本緑化工学会誌 48/ 226-229 (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 中込光穂・岡 愛香梨・岸田周士・松本和浩
[3]. クリ幼木に対する高畝栽培およびマルチ被覆の凍害軽減要因の解明
園芸学研究 21/ 279-286 (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 水田泰徳・織邊 太・神尾真司・松本和浩
[4]. Sustainable plant growth promotion and chemical composition of pyroligneous acid when applied with biochar as a soil amendment
Molecules 27/11 - 3397 (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Jindo, K.; Goron, T.L.; Kurebito, S.; Matsumoto, K.; Masunaga, T.; Mori, K.; Miyakawa, K.; Nagao, S.; Tokunari, T. [DOI]
[5]. Comparison of guava (Psidium guajava) qualities between natural ripened fruit and artificial temperature treated fruit after harvest
Acta Horticulture 1340/ 73-80 (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] A. Oka, S. Takeuchi and K. Matsumoto [DOI]
[6]. リンゴ新品種‘HFF33’/美紅TMの育成過程とその特性
園芸学研究 20/ 487-494 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 林田大志・佐藤早希・藤田知道・五十嵐 恵・初山慶道・塩崎雄之輔・松本和浩
[7]. Physiological characterization of the yellow-skinned ‘Koukou’ apples (Malus × domestica Borkh.) retaining green color with low brix values, and approaches for decreasing their production.
European journal of horticultural science 86/ 441-449 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Matsumoto, K., S. Sato, T. Fujita, T. Kougo, and T. Kobayashi. [DOI]
[8]. クロマツ落葉を含んだブルーベリー挿し木培養土の利用可能性の評価
園芸学研究 20/ 273-278 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 松本和浩・山崎智也・竹内真一
[9]. 数種の株ゆるめ処理がクリ幼木の凍害軽減に及ぼす効果
園芸学研究 20/ 305-313 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 水田泰徳 ・織邊 太 ・田中宏明・中元陽一 ・松本和浩
[10]. 低温発芽性を有するリンゴ花粉の探索
園芸学研究 20/ 287-294 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 小林 達・澤田 歩・葛西 智・後藤 聡・松本和浩・工藤 智
[11]. 食を通じた居場所作りがもたらす変化と課題 ―大井川鐵道抜里駅「サヨばあちゃんの休憩所」を事例に―
日本地域政策研究 26/ 66-73 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 伊藤江里・松本和浩
[12]. Girdling treatment to reduce vigor and increase production of high-quality yellow-skinned ‘Koukou’ apples.
The Horticulture Journal 90/ 31-37 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Matsumoto., K., S. Sato, T. Fujita and T. Hayashida.
[13]. Relative tolerance of Japanese apple (Malus spp.) rootstock strains to NaCl stress
Acta Horticulture 1289/ 9-18 (2020年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Matsumoto, K. and T. Kobayashi
[14]. リンゴ新品種‘HFF60’の育成過程とその特性
園芸学研究 19/ 197-204 (2020年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 林田大志・佐藤早希・藤田知道・五十嵐 恵・初山慶道・塩崎雄之輔・松本 和浩
[15]. The efficiency of a low dose of biochar in enhancing the aromaticity of humic-like substance extracted from poultry manure compost
Agronomy 9/5 248- (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Jindo, K., M. A. Sánchez-Monedero, K. Matsumoto and T. Sonoki [URL]
[16]. Effects of 1-MCP and pre-harvest fruit bagging treatments on cold storability of red-fleshed apple ‘Kurenainoyume’
The Horticulture Journal 87/ 443-451 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Matsumoto, K., T. Fujita and S. Sato
[17]. Effects of low temperature, shading, defoliation, and crop load on the flesh coloration of type 2 red-fleshed apple ‘Kurenainoyume’
The Horticulture Journal 87/ 452-461 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Matsumoto, K., T. Fujita, S. Sato and T. Moriguchi
[18]. Sunlight differentially affects the fruit skin, flesh, and core coloration of the type 2 red-fleshed apple ‘Kurenainoyume’: optimization of fruit bagging treatment.
The Horticulture Journal 87/ 462-473 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Matsumoto, K., T. Kobayashi, T. Kougo, T. Fujita, S. Sato, and T. Moriguchi
[19]. Exogenous applications of plant growth regulators improve quality of ‘Fuji’ apple.
International Journal of Agriculture and Biology 20/ 2083-2090 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Matsumoto, K., T. Fujita and S. Sato [DOI]
[20]. Prevention of new cork spot-like physiological disorder in ‘Kurenainoyume’ apple by pre-harvest fruit bagging.
The Horticulture Journal 87/ 174-183 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Matsumoto, K., T. Kobayashi, T. Kougo, T. Fujita, S. Sato, and T. Moriguchi
[21]. リンゴ新品種‘HFF63’/きみとTMの育成過程とその特性
園芸学研究 17/ 115-122 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 松本 和浩・藤田知道・佐藤早希・五十嵐 恵・初山慶道・林田大志・塩崎雄之輔
[22]. X-band electron paramagnetic resonance investigation of stable organic radicals present under cold stratification in Fuji apple seeds.
Journal of Oleo Science 66/ 1375-1379 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Nakagawa, K., K. Matsumoto, N. Chaiserm and A. Priprem.
[23]. Comparison of the effects of early and conventional defoliation on fruit growth, quality and skin color development in ‘Fuji’ apples.
Horticultural Science & Technology 35/ 410-417 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Matsumoto, K., T. Fujita, S. Sato and J-P. Chun
[24]. 赤肉リンゴを柱とする 新たな付加価値観による販売戦略 ~「 愛おしさ」 をシェアする ~
因伯之果樹 71/8 8-11 (2017年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 松本 和浩
[25]. リンゴ新品種‘弘大みさき’の育成過程とその特性
園芸学研究 16/ 211-217 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 松本 和浩・藤田知道・佐藤早希・五十嵐 恵・初山慶道・塩崎雄之輔
[26]. Pear pollen selection using higher germination properties at low temperatures and the effect on the fruit set and quality of Japanese pear cultivars.
Scientia Horticulturae 216/ 200-204 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Kuroki, K., Y. Takemura, J. Mingfeng, H. Marumori, N. Teratani, K. Matsumoto, T. Matsumoto, F. Tamura
[27]. Effect of charcoal-blended compost on the plant growth of Brassica rapa var. peruviridis for reduction of nitrogen fertilizer use
Acta Horticulture 1146/ 257-262 (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Matsumoto, K.,S. Sato,H. Sudo,T. Fujita,M.A. Sanchez-Monedero and K. Jindo
[28]. Apple breeding programs at Hirosaki university, Japan: yellow skin, red flesh, and large size
Acta Horticulture 1127/ 29-34 (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] K. Matsumoto, H. Maeda,T. Fujita,S. Sato,Y. Shiozaki
[29]. 果肉まで赤い新品種リンゴ「紅の夢」の健康機能性とその魅力
New Food Industry 58/9 1-6 (2016年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 前多隼人・吉仲 怜・福田麻理・石川春奈・松本和浩
[30]. 炭混入堆肥によるコマツナのビタミンC含量の増加と土壌残留硝酸態窒素の低減化
木質炭化学会誌 12/ 37-43 (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 佐藤早希・藤田知道・須藤宏樹・松本 和浩
[31]. Influence of biochar addition on the humic substances of composting manures.
Waste Management 49/ 545-552 (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Jindo, K., T. Sonoki,K. Matsumoto,L. Canellas,A. Roig,M.A. Sanchez-Monedero
[32]. 地域資源からの機能性食品素材の探索 ~果肉まで赤いリンゴや海藻~
機能性食品と薬理栄養 9/2 1-6 (2015年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 前多隼人・田 宇・福田麻理・松本和浩
[33]. ナシ属植物の耐塩性と塩水利用の可能性
日本海水学会誌 69/ 14-21 (2015年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 松本 和浩
[34]. Identification of the expressed protein and the impact of change in ascorbate peroxidase activity related to endodormancy breaking in Pyrus pyrifolia
Plant Physiology and Biochemistry 86/ 121-129 (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Takemura, Y., K. Kuroki, M. Jiang, K. Matsumoto and F. Tamura
[35]. Methodological interference of biochar in the determination of extracellular enzyme activities in composting samples
Solid Earth 5/ 713-719 (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Jindo, K., K. Matsumoto, C. García, T. Sonoki and M.A. Sanchez-Monedero
[36]. Cultivar and areal differences in the breaking period of bud endodormancy in pear plants
Scientia Horticulturae 154/ 20-24 (2013年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Takemura, Y., K. Kuroki, K. Matsumoto and F. Tamura
[37]. Identification and expression analysis of candidate genes related to endodormancy induction and breaking in Pyrus pyrifolia.
Scientia Horticulturae 155/ 65-71 (2013年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Takemura, Y., K. Kuroki, K. Matsumoto, Y. Ban, T. Moriguchi and F. Tamura
[38]. シアナミド処理がニホンナシ主要品種の自発休眠打破および開花期に及ぼす影響
園芸学研究 12/ 179-185 (2013年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 黒木克翁・竹村圭弘・松本和浩・武田 誠・冨山政之・田村文男
[39]. ニホンナシ系統TH3と少低温要求性タイワンナシ横山のF1における自発休眠特性
園芸学研究 11/ 181-187 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 竹村圭弘・黒木克翁・松本和浩・森口卓哉・中田昇・田村文男
[40]. リンゴにおける果台枝の長短および果台枝への夏季剪定が果実品質に及ぼす影響
園芸学研究 11/ 59-64 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 松本和浩・塩崎雄之輔
[41]. Biochar influences the microbial community structure during manure composting with agricultural wastes
Science of the Total Environment 416/ 476-481 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Jindo, K., M.A. Sanchez-Monedero, T. Hernandez, C. Garcia, T. Furukawa, K. Matsumoto, T. Sonoki and F. Bastida
[42]. Chemical and biochemical characterisation of biochar-blended composts prepared from poultry manure
Bioresource Technology 110/ 396-404 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Jindo, K., K. Sudo, K. Matsumoto, C. García, T. Sonoki and M.A. Sanchez-Monedero
[43]. Comparison of wall polymers among three genetically closely related strawberry cultivars with different fruit firmness
Horticulture, Environment, and Biotechnology 52/ 581-589 (2011年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Lee, C-H., J-H. Min, T-I. Kim, J-G. Kim, K. Matsumoto, D-Y. Kim and Y-S. Hwang
[44]. 木炭を製造過程で混入して作製した堆肥がナガネギの生育に及ぼす効果
木質炭化学会誌 8/ 18-23 (2011年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 松本和浩・向後智陽・須藤宏樹・神藤恵史・園木和典
[45]. 白神山地に自生するノハナショウブに関する研究(第3報)素波里湖に自生する多様な変異体とその生態
白神研究 8/ 40-49 (2011年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 平松 渚・松本和浩・田淵俊人
[46]. 青森県で排出される有機性廃棄物に木炭、木酢液を混入して作製した堆肥がハツカダイコンの生育に及ぼす効果
木質炭化学会誌 7/ 63-67 (2011年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 松本和浩・神藤恵史・須藤弘毅・須藤宏樹・佐々木嘉幸・園木和典
[47]. ニホンナシ‘ゴールド二十世紀’の芽の自発休眠は低温によって導入される
園芸学研究 10/ 87-92 (2011年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 竹村圭弘・須藤幸子・池田隆政・松本和浩・田村文男
[48]. Changes of cell wall polysaccharides during berry ripening in grapes (Vitis spp.)
Horticulture, Environment, and Biotechnology 51/ 513-519 (2010年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Oanh, V.T.K., K. Matsumoto, Y-S. Hwang and J-P. Chun
[49]. シンテッポウユリ(Lilium×formolongi hort.)種子の高温による発芽不揃いの原因
園芸学研究 9/ 427-431 (2010年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 松本和浩・中田 昇・鷹見敏彦・田村文男
[50]. 秋季の窒素施肥量がニホンナシの耐寒性と脂質含量に及ぼす影響
園芸学研究 9/ 339-344 (2010年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 松本和浩・加藤正浩・竹村圭弘・田辺賢二・田村文男
[51]. Changes in firmness and pectic polysaccharide solubility in three cultivars of strawberry fruit following short-term exposure to high pCO2
Journal of Food Quality 33/ 312-328 (2010年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Matsumoto, K., Y-S. Hwang, C-H. Lee and D. J. Huber
[52]. 白神山地に自生するノハナショウブに関する研究(第1報)深浦町行合崎に自生するノハナショウブの外部形態と花色の変異に関する研究
白神研究 7/ 14-19 (2010年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 松本和浩・平松 渚・田淵俊人
[53]. 白神山地に自生するノハナショウブに関する研究(第2報)秋田県藤里町素波里湖に自生するノハナショウブの外部形態と花色の変異に関する研究
白神研究 7/ 20-26 (2010年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 松本和浩・平松 渚・田淵俊人
[54]. Characterization of Biochar-blended composting of the regional waste biomass
Transactions of the MRS-J 35/ 909-912 (2010年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Sonoki, T., K. Matsumoto, K. Jindo,H. Sudo and Y. Sasaki
[55]. シンテッポウユリ(Lilium×formolongi hort.)の種子発芽に及ぼす翼除去の影響
園芸学研究 9/ 339-344 (2009年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 鷹見敏彦・松本和浩・中田 昇・田村文男
[56]. Gum accumulation of Japanese apricot fruit (Prunus mume Sieb. et Zucc.) was expedited by jasmonate
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science 78/ 273-278 (2009年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Matsumoto, K., J-P. Chun, Y. Takemura, N. Nakata and F. Tamura
[57]. Effect of the shank length of Pyrus betulaefolia rootstock on the photosynthesis and the sodium and chloride distribution of Japanese pear saplings under saline conditions
Journal of American Pomological Society 62/ 151-159 (2008年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Matsumoto, K., F. Tamura, J-P. Chun, C. Zhang and K. Tanabe
[58]. Influences of NaCl on the growth, photosynthesis, ion and water relations in rootstocks of Japanese pear
Acta Horticulture 772/ 231-235 (2008年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Matsumoto, K., F. Tamura, J-P. Chun, C. Zhang, and K. Tanabe
[59]. 韓国産イチゴ新品種の特性と貯蔵性の品種間差異
園芸学研究 7/ 293-297 (2008年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 松本和浩・李 忠峴・千 種弼・金 泰日・田村文男・田辺賢二・黄 龍洙
[60]. Rapid mesocarp cell elongation enhances gumming syndrome in Japanese apricot (Prunus mume Sieb. Et Zucc.) fruit
Journal of Food Quality 31/ 205-215 (2008年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Matsumoto, K., J-P. Chun, N. Nakata and F. Tamura
[61]. Cell wall characteristics of pithiness tissues in ‘Niitaka’ pear during storage
Korean Journal of Horticultural Science and Technology 25/ 223-229 (2007年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Shim H-K., J-H. Seo, S-J. Moon, C-H. Han, K. Matsumoto, Y-S. Hwang and J-P. Chun
[62]. Comparison of sugar compositions and quality parameters during berry ripening between grape cultivars
KOREAN JOURNAL OF HORTICULTURAL SCIENCE & TECHNOLOGY 25/ 230-234 (2007年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Matsumoto, K., B-K. Kim, V.T.K. Oanh, J-H. Seo, H-K. Yoon, M-K. Park, Y-S. Hwang and J-P. Chun
[63]. マンシュウマメナシ台木によるニホンナシの耐塩性向上
園芸学研究 6/ 47 -52 (2007年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 松本和浩・田村文男・千 種弼・池田隆政・今西久美子・田辺賢二
[64]. Native Mediterranean Pyrus rootstock, P. amygdaliformis and P. elaeagrifolia, present higher tolerance to salinity stress compared with Asian natives
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science 75/ 450-457 (2006年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Matsumoto, K., F. Tamura, J-P. Chun and K. Tanabe
[65]. Salt tolerance in Pyrus species is linked to levels of Na and Cl translocation from roots to leaves.
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science 75/ 385-391 (2006年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Matsumoto, K., J-P. Chun, F. Tamura, Y. Kamamoto, and K. Tanabe
[66]. The impact of cell division and cell enlargement on the evolution of fruit size in Pyrus pyrifolia.
Annals of Botany 98/ 537-543 (2006年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Zhang, C., K. Tanabe, S. Wang, F. Tamura, A. Yoshida, and K. Matsumoto
[67]. 13C-photosynthate accumulation in Japanese pear fruit during the period of rapid fruit growth is limited by the sink strength of fruit rather than by the transport capacity of the pedicel
Journal of Experimental Botany 56/ 2713-2719 (2005年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Zhang, C., K. Tanabe, F. Tamura, K. Matsumoto, and A. Yoshida