トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 野口 靖浩 (NOGUCHI Yasuhiro)

野口 靖浩 (NOGUCHI Yasuhiro)
講師
学術院情報学領域 - 情報科学系列 情報学部 - 情報科学科
大学院総合科学技術研究科情報学専攻 - 情報学コース








image-profile
最終更新日:2020/03/31 2:05:13

教員基本情報

【取得学位】
修士(情報学)  静岡大学   2002年9月
博士(工学)  静岡大学   2009年3月
【研究分野】
情報学 - 人間情報学 - 知能情報学
情報学 - 計算基盤 - ソフトウェア
情報学 - 情報学フロンティア - 学習支援システム
複合領域 - 科学教育・教育工学 - 教育工学
【研究キーワード】
知的学習支援システム, プログラミング学習支援, 第二言語学習支援システム, 自然言語処理・対話システム, PBL(Project Based Learning)
【所属学会】
・教育工学会
・教育システム情報学会
・人工知能学会
・情報処理学会
【個人ホームページ】
https://wwp.shizuoka.ac.jp/ks/
https://wwp.shizuoka.ac.jp/eastwest/
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. Extending Program Visualization System Based on Teacher’s Intent of Instruction to Support Learning Dynamic Data Structures
Proceedings of the 27th International Conference on Computers in Education (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Koichi YAMASHITA, Yuta HIRAMATSU, Satoru KOGURE, Yasuhiro NOGUCHI, Tatsuhiro KONISHI & Yukihiro ITOH
[2]. Application of Programming Learning Support System to Object-Oriented Language
Proceedings of the 27th International Conference on Computers in Education (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Satoru KOGURE, Kento OGASAWARA, Koichi YAMASHITA, Yasuhiro NOGUCHI, Tatsuhiro KONISHI & Yukihiro ITOH
[3]. Learning Support System for Software Component Design based on Testability
Proceedings of the 27th International Conference on Computers in Education (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Yasuhiro NOGUCHI, Daiki IHARA, Satoru KOGURE, Koichi YAMASHITA, Tatsuhiro KONISHI & Yukihiro ITOH
[4]. A Learning Support System for Visualizing Behaviors of Students’ Programs Based on Teachers’ Intents of Instruction
Proceedings of the 26th International Conference on Computers in Education (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Koichi YAMASHITA, Daiki TEZUKA, Satoru KOGURE, Yasuhiro NOGUCHI, Tatsuhiro KONISHI, Yukihiro ITOH
[5]. A Learning Support System for Understanding Pointers in C Language Based on Program Behavior Visualization
Proceedings of the 26th International Conference on Computers in Education (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Satoru KOGURE, Yun YE, Koichi YAMASHITA, Yasuhiro NOGUCHI, Tatsuhiro KONISHI, Yukihiro ITOH
【著書 等】
[1]. 情報処理
情報処理学会 (2015年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 分担執筆
[著者]野口 靖浩 [担当範囲] 解説.教育コーナー「ぺた語義」 [担当頁] 4
[備考] タイトル: 組込みシステムアーキテクト養成プログラム
【学会発表・研究発表】
[1]. 構文解析とエミュレーションを組み合わせたSQLインジェクション被害推定手法
暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2020) (2020年1月17日) 招待講演以外
[発表者]黒木琴海, 鐘本楊, 青木一史, 三好潤, 野口靖浩, 西垣正勝
[2]. 構文解析とエミュレーションを組み合わせたSQLインジェクション被害推定手法
暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2020) (2020年1月17日) 招待講演以外
[発表者]黒木琴海, 鐘本楊, 青木一史, 三好潤, 野口靖浩, 西垣正勝
[3]. UML クラス図の自然言語化に基づくクラス図自己レビュー支援環境の構築
第44回教育システム情報学会全国大会予稿集, pp.37-38 (2019年9月13日) 招待講演以外
[発表者]西畑 瞬, 高倉 将希, 岸本祐季, 野口 靖浩, 小暮 悟, 近藤 真, 小西 達裕
[4]. 視覚化に基づくプログラムの脆弱性学習支援システムの構築
第44回教育システム情報学会全国大会予稿集, pp.45-56. (2019年9月13日) 招待講演以外
[発表者]瀧 嘉人, 野口 靖浩, 小暮 悟, 山下 浩一, 小西 達裕, 伊東 幸宏
[5]. enPiT-Pro Emb における社会人教育実践とその評価
第44回教育システム情報学会全国大会予稿集, pp.265-266. (2019年9月13日) 招待講演以外
[発表者]名倉 正剛, 高田 広章, 山本 雅基, 塩見 彰睦, 野口 靖浩, 岡村 寛之,高橋 寛, 一色 正晴, 王 森岭, 甲斐 博, 木下 浩二, 田村 晃裕, 二宮 崇, 沢田 篤史
【科学研究費助成事業】
[1]. 品質を考慮したプログラミング能力早期育成支援システムの研究開発 ( 2018年4月 ~ 2022年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[2]. プログラム挙動可視化ツールTEDViT普及のためのモデル授業・教材ライブラリ開発 ( 2018年4月 ~ 2022年3月 ) 基盤研究(C) 分担

[3]. プログラムの挙動の視覚化に教師の意図を反映するシステムの開発と評価 ( 2018年4月 ~ 2022年3月 ) 基盤研究(C) 分担

[4]. シチュエーション知識を利用した日本語音声対話訓練システムに関する研究 ( 2017年4月 ~ 2020年3月 ) 基盤研究(C) 分担

[5]. 熟練プログラマの視点に基づく着目範囲・抽象度提案型プログラミング学習支援シス テム ( 2015年4月 ~ 2018年3月 ) 若手研究(B) 代表

【受賞】
[1]. Best Technical Design Paper Award Nominee Learning Support System for Software Component Design based on Testability (2019年12月)
[受賞者] Yasuhiro NOGUCHI, Daiki IHARA, Satoru KOGURE, Koichi YAMASHITA, Tatsuhiro KONISHI & Yukihiro ITOH [授与機関] International Conference on Computers in Education (ICCE)
[備考] 7つのサブカンファレンスが各1論文を推薦し、"Best Technical Design Paper Award" の審査が行われる。本論文は サブカンファレンス"C3: ICCE Sub-Conference on Advanced Learning Technologies (ALT), Lea
[2]. Candidates of Best Technical Design Paper Award Construction of an environment to support learning systematic debugging process with Worksheets and Synchronized observation tool (2015年11月)
[受賞者] R. Yamamoto, Y. Noguchi, S. Kogure, K. Yamashita, T. Konishi and Y. Itoh [授与機関] International Conference on Computers in Education (ICCE)
[備考] 7つのサブカンファレンスが各1論文を推薦し、"Best Technical Design Paper Award" の審査が行われる。本論文は サブカンファレンス"C3: Advanced Learning Technologies, Open Contents, and Standards" より
[3]. 第39回教育システム情報学会全国大会奨励賞 対象世界におけるプログラムの挙動を視覚化する教材の作成支援環境 (2014年9月)
[受賞者] 藤岡僚太, 小暮悟, 野口靖浩, 山下浩一, 小西達裕, 伊東幸宏 [授与機関] 教育システム情報学会
[備考] 藤岡僚太, 小暮悟, 野口靖浩, 山下浩一, 小西達裕, 伊東幸宏 (2014.09.17). 対象世界におけるプログラムの挙動を視覚化する教材の作成支援環境, 教育システム情報学会第39回全国大会講演論文集, pp.77-78.
[4]. 情報システム教育コンテスト2013 (ISECON 2013) (2014年3月)
[授与機関] 情報処理学会 情報システム教育委員会
[備考] 情報処理学会 情報システム教育委員会
[5]. Special Mention Awards of International Conference on Computers in Education (ICCE) 2012 (2012年11月)
[授与機関] International Conference on Computers in Education (ICCE)
[備考] International Conference on Computers in Education (ICCE)
【学会・研究会等の開催】
[1]. 教育システム情報学会(JSiSE)全国大会 (2019年9月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 静岡大学
[備考] 実行委員
[2]. 教育システム情報学会(JSiSE)全国大会 (2018年9月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 北星学園大学
[備考] 実行委員
[3]. AAI 2017 - International Institute of Applied Informatics (2017年6月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] Hamamatsu (Japan)
[備考] 実行委員.LTLE 2017, 6th International Conference on Learning Technologies and Learning Environments Program Committees Members
【その他学術研究活動】
[1]. 教育システム情報学会学会誌編集委員 (2019年7月 - 2021年7月 )
[2]. 教育システム情報学会全国大会実行委員 (2017年4月 )
[3]. 公益財団法人浜松科学技術研究振興会 非常勤研究員 (2016年4月 )

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 学部専門科目 コンピュータネットワーク (2019年度 - 後期 )
[2]. 大学院科目(修士) ソフトウエア工学応用演習 (2019年度 - 後期 )
[備考] 副担当
[3]. 大学院科目(修士) ソフトウエア設計技術 (2019年度 - 前期 )
[4]. 学部専門科目 ネットワークプログラミング (2019年度 - 前期 )
[備考] 副担当
[5]. 学部専門科目 情報科学実験Ⅰ (2019年度 - 前期 )
[備考] 副担当
【指導学生数】
2018年度
卒研指導学生数(3年) 4 人
卒研指導学生数(4年) 3 人
修士指導学生数 2 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2017年度
卒研指導学生数(3年) 3 人
卒研指導学生数(4年) 3 人
修士指導学生数 0 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
【指導学生の受賞】
[1]. Hack U 2017 NAGOYA Student Hackathon 最優秀賞 & Happy Hacking賞 (2017年9月)
[授与団体名] Yahoo! Japan
[2]. TOPPERS賞 (ETソフトウェアデザインロボットコンテンスト:ETロボコン)2017 チャンピオンシップ大会 (2016年11月)
[授与団体名] NPO法人TOPPERSプロジェクト
[3]. IPA賞(ETソフトウェアデザインロボットコンテンスト:ETロボコン)2017 東海地区大会 (2016年9月)
[授与団体名] 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
[4]. 競技部門優勝/総合部門準優勝 (ETソフトウェアデザインロボットコンテンスト:ETロボコン)2017 東海地区大会 (2016年9月)
[授与団体名] 一般社団法人組込みシステム技術協会(JASA)
[5]. 教育システム情報学会学生研究発表会東海地区 優秀発表賞 (2016年3月)
[授与団体名] 教育システム情報学会

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 公開講座 リファクタリング (2020年1月 )
[内容] 名古屋大学enpit-pro-emb実施 企業技術者向け1日
[2]. 公開講座 ソフトウェア開発基礎講座 (2019年12月 )
[内容] 講師 & 企画運営。企業技術者を対象としたモソフトウェア開発基礎講座. 4日間
[3]. 公開講座 ソケットプログラミング (2019年12月 )
[内容] 名古屋大学enpit-pro-emb実施 企業技術者向け1日
[4]. 公開講座 オブジェクト指向設計講座 (2019年9月 )
[内容] 講師.オブジェクト指向設計とデザインパターン,テスト自動化とテスト駆動開発に関する企業技術者向け研修会
[備考] 開催場所:静岡大学大谷キャンパス,主催:静岡情報産業協会
[5]. 公開講座 オブジェクト指向設計講座 (2019年9月 )
[内容] 講師.オブジェクト指向設計とデザインパターン,テスト自動化とテスト駆動開発に関する企業技術者向け研修会
[備考] 開催場所:静岡大学城北キャンパス,主催:浜松ソフト産業協会.日程:1日8時間×6日間
【報道】
[1]. 雑誌 即戦力の人材育成:組込みソフトウェア技術コンソーシアム(HEPT) (2020年2月6日)
[概要]HEPTコンソーシアムの活動概要に関する記事
[備考] 一般財団法人静岡経済研究所「SERI Monthly 2月号」に掲載
[2]. テレビ 第7回HEPTコンソーシアム (2020年2月3日)
[概要]企画・運営を担当するコンソーシアムのフォーラム(第7回)に関する報道
[備考] 放送日:2020年2月3日 10:00 放送、ウィンディ(浜松ケーブルテレビ)
[3]. 新聞 IT人材育成へフォーラム (2020年1月30日)
[概要]企画・運営を担当するコンソーシアムのフォーラム(第7回)に関する報道
[備考] 静岡新聞2020年1月30日朝刊20頁
[4]. 新聞 教育現場の被災対応/教訓や支援策を語る/情報学会 静大浜松で全国大会開幕 (2019年9月13日)
[概要]実行委員を務める第44回教育システム情報学会全国大会(静岡大学会場)開催に関して報道
[備考] 中日新聞2019年9月13日朝刊(県内)
[5]. 新聞 被災体験 どう活かす/中区 大学教授らが討論 (2019年9月13日)
[概要]実行委員を務める第44回教育システム情報学会全国大会(静岡大学会場)開催に関して報道
[備考] 朝日新聞2019年9月13日朝刊(県内・西)
【学外の審議会・委員会等】
[1]. 浜松工業会 理事 (2018年4月 ) [団体名] 浜松工業会
[2]. enPiT-Pro Emb 運営委員 (2017年10月 ) [団体名] enPiT-Pro Emb
[活動内容]enPiT-Pro 「組込みシステム技術者のための技術展開力育成プログラム」 の運営
[備考] 「成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成(enPiT)」enPiT-Pro 「組込みシステム技術者のための技術展開力育成プログラム」(名古屋大学・静岡大学・南山大学・広島大学・愛媛大学提案)
[3]. 次期 HEPTコンソーシアム 活動検討委員 (2017年5月 - 2017年10月 ) [団体名] HEPTコンソーシアム
[活動内容]技術トレンドの変遷を踏まえて次期HEPTコンソーシアムの枠組み・活動内容を検討する。
[4]. 組込みソフトウェア技術コンソーシアム 運営委員 (2013年1月 ) [団体名] HEPTコンソーシアム
[活動内容]組込みソフトウェア技術コンソーシアムの運営
[5]. 浜松工業会誌「佐鳴」編集委員 (2011年4月 - 2018年3月 ) [団体名] 浜松工業会

国際貢献実績

管理運営・その他