氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 野口 靖浩 (NOGUCHI Yasuhiro)

野口 靖浩 (NOGUCHI Yasuhiro)
講師
学術院情報学領域 - 情報科学系列 情報学部 - 情報科学科
大学院総合科学技術研究科情報学専攻 - 情報学コース








image-profile
最終更新日:2019/09/14 13:05:44

教員基本情報

【取得学位】
修士(情報学)  静岡大学   2002年9月
博士(工学)  静岡大学   2009年3月
【研究分野】
情報学 - 人間情報学 - 知能情報学
情報学 - 計算基盤 - ソフトウェア
情報学 - 情報学フロンティア - 学習支援システム
複合領域 - 科学教育・教育工学 - 教育工学
【研究キーワード】
自然言語処理, 対話システム, 教育支援システム, 第二言語学習支援システム, プログラミング学習支援, Project Based Learning, 組込みシステム
【所属学会】
・教育工学会
・教育システム情報学会
・人工知能学会
・情報処理学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. A Learning Support System for Visualizing Behaviors of Students’ Programs Based on Teachers’ Intents of Instruction
Proceedings of the 26th International Conference on Computers in Education (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Koichi YAMASHITA, Daiki TEZUKA, Satoru KOGURE, Yasuhiro NOGUCHI, Tatsuhiro KONISHI, Yukihiro ITOH
[2]. A Learning Support System for Understanding Pointers in C Language Based on Program Behavior Visualization
Proceedings of the 26th International Conference on Computers in Education (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Satoru KOGURE, Yun YE, Koichi YAMASHITA, Yasuhiro NOGUCHI, Tatsuhiro KONISHI, Yukihiro ITOH
[3]. Application of Speech Recognition in a Japanese Dictogloss System
Proceedings of the 26th International Conference on Computers in Education (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Satoru KOGURE, Toshiaki NAKAHARA, Yasuhiro NOGUCHI, Tatsuhiro KONISHI, Makoto KONDO, Yukihiro ITOH
[4]. 場当たり的なデバッグを行ってしまう学習者に体系的デバッグ手順を指導する授業パッケージと学習支援システムの構築
教育システム情報学会誌 35/1 21 -33 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]山本頼弥,野口 靖浩,小暮悟,山下浩一,小西達裕 [共著者]伊東幸宏
[5]. An Educational Support System Based on Automatic Impasse Detection in Programming Exercises
Proceedings of the 25th International Conference on Computers in Education (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Koichi YAMASHITA, Takumi SUGIYAMA, Satoru KOGURE, Yasuhiro NOGUCHI, Tatsuhiro KONISHI, Yukihiro ITOH
【学会発表・研究発表】
[1]. Testability に基づくプログラム設計学習支援システムの構築と教育実践
信学技報, vol.118, no.427, ET2018-80, pp.19-24 (2019年1月1日) 招待講演以外
[発表者]伊原大貴, 野口靖浩, 小暮 悟, 山下 浩一, 小西 達裕, 伊東 幸宏
[2]. 品質の良いオーダードディザ生成に関する研究
第16回情報学ワークショップ, C6 (2018年11月1日) 招待講演以外
[発表者]落合広貴, 野口靖浩, 塩見彰睦
[3]. 機械学習を用いた生物の鳴き声の判別
第16回情報学ワークショップ, B5 (2018年11月1日) 招待講演以外
[発表者]伊達隆裕, 野口靖浩, 塩見彰睦
[4]. Testabilityに基づくプログラム設計学習支援システムの構築
第16回情報学ワークショップ, B2 (2018年11月1日) 招待講演以外
[発表者]伊原大貴, 野口靖浩, 小暮悟, 山下浩一, 小西達裕, 伊東幸宏
[5]. プログラミング演習中の学習者の行動分析に基づく課題依存型行き詰まり検出器の試作
人工知能学会 第32回全国大会 4H1-OS-9a オーガナイズドセッション:プロセス中心のシステムデザインとラーニングアナリティクス (2018年6月1日) 招待講演以外
[発表者]小暮 悟, 木下 恭輔, 山下 浩一, 野口 靖浩, 小西 達裕, 伊東 幸宏
【科学研究費助成事業】
[1]. 品質を考慮したプログラミング能力早期育成支援システムの研究開発 ( 2018年4月 ~ 2022年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[2]. プログラム挙動可視化ツールTEDViT普及のためのモデル授業・教材ライブラリ開発 ( 2018年4月 ~ 2022年3月 ) 基盤研究(C) 分担

[3]. シチュエーション知識を利用した日本語音声対話訓練システムに関する研究 ( 2017年4月 ~ 2020年3月 ) 基盤研究(C) 分担

[4]. 熟練プログラマの視点に基づく着目範囲・抽象度提案型プログラミング学習支援シス テム ( 2015年4月 ~ 2018年3月 ) 若手研究(B) 代表

[5]. 時空間の連続性に基づく自然言語理解のモデル化と自然言語処理技術への応用 ( 2015年4月 ~ 2019年3月 ) 基盤研究(C) 分担
【受賞】
[1]. 情報システム教育コンテスト2013 (ISECON 2013) (2014年3月)
[授与機関] 情報処理学会 情報システム教育委員会
[備考] 情報処理学会 情報システム教育委員会
[2]. Special Mention Awards of International Conference on Computers in Education (ICCE) 2012 (2012年11月)
[授与機関] International Conference on Computers in Education (ICCE)
[備考] International Conference on Computers in Education (ICCE)
【学会・研究会等の開催】
[1]. 教育システム情報学会(JSiSE)全国大会 (2019年9月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 静岡大学
[備考] 実行委員
[2]. 教育システム情報学会(JSiSE)全国大会 (2018年9月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 北星学園大学
[備考] 実行委員
[3]. AAI 2017 - International Institute of Applied Informatics (2017年6月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] Hamamatsu (Japan)
[備考] 実行委員.LTLE 2017, 6th International Conference on Learning Technologies and Learning Environments Program Committees Members
【その他学術研究活動】
[1]. 教育システム情報学会学会誌編集委員 (2019年7月 - 2021年7月 )
[2]. 教育システム情報学会全国大会実行委員 (2017年4月 )
[3]. 公益財団法人浜松科学技術研究振興会 非常勤研究員 (2016年4月 )

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 学部専門科目 コンピュータネットワーク (2019年度 - 後期 )
[2]. 大学院科目(修士) ソフトウエア工学応用演習 (2019年度 - 後期 )
[備考] 副担当
[3]. 大学院科目(修士) ソフトウエア設計技術 (2019年度 - 前期 )
[4]. 学部専門科目 ネットワークプログラミング (2019年度 - 前期 )
[備考] 副担当
[5]. 学部専門科目 情報科学実験Ⅰ (2019年度 - 前期 )
[備考] 副担当
【指導学生数】
2018年度
卒研指導学生数(3年) 4 人
卒研指導学生数(4年) 3 人
修士指導学生数 2 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2017年度
卒研指導学生数(3年) 3 人
卒研指導学生数(4年) 3 人
修士指導学生数 0 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
【指導学生の受賞】
[1]. Hack U 2017 NAGOYA Student Hackathon 最優秀賞 & Happy Hacking賞 (2017年9月)
[授与団体名] Yahoo! Japan
[2]. TOPPERS賞 (ETソフトウェアデザインロボットコンテンスト:ETロボコン)2017 チャンピオンシップ大会 (2016年11月)
[授与団体名] NPO法人TOPPERSプロジェクト
[3]. IPA賞(ETソフトウェアデザインロボットコンテンスト:ETロボコン)2017 東海地区大会 (2016年9月)
[授与団体名] 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
[4]. 競技部門優勝/総合部門準優勝 (ETソフトウェアデザインロボットコンテンスト:ETロボコン)2017 東海地区大会 (2016年9月)
[授与団体名] 一般社団法人組込みシステム技術協会(JASA)
[5]. 優秀発表賞 (2016年3月)
[授与団体名] 教育システム情報学会

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 公開講座 リファクタリング (2019年1月 )
[内容] 名古屋大学enpit-pro-emb実施 企業技術者向け1日
[2]. 公開講座 モデルベース開発基礎講座 (2018年12月 )
[内容] 企画運営。企業技術者を対象としたモデルベース開発基礎講座. 4日間
[3]. 公開講座 ソケットプログラミング (2018年12月 )
[内容] 名古屋大学enpit-pro-emb実施 企業技術者向け1日
[4]. 公開講座 オブジェクト指向設計講座 (2018年9月 )
[内容] 講師.オブジェクト指向設計とデザインパターン,テスト自動化とテスト駆動開発に関する企業技術者向け研修会
[備考] 開催場所:静岡大学大谷キャンパス,主催:静岡情報産業協会
[5]. 公開講座 オブジェクト指向設計講座 (2018年9月 )
[内容] 講師.オブジェクト指向設計とデザインパターン,テスト自動化とテスト駆動開発に関する企業技術者向け研修会
[備考] 開催場所:静岡大学城北キャンパス,主催:浜松ソフト産業協会.日程:1日8時間×6日間
【報道】
[1]. 新聞 IoTの基本学ぶ SOBA体験講座 (2019年6月25日)
[概要]SOBAと連携した開催したIoT講座に関する報道
[備考] 市民時タイムズ 2019年6月25日朝刊
[2]. 新聞 「ちょっとの気づき必要 中区 IT企業の課題など後援」 (2019年2月8日)
[概要]企画・運営を担当するコンソーシアムのフォーラムに関する報道
[備考] 2019年2月8日中日新聞朝刊17面
[3]. テレビ 組込みソフトウェアの今後を考える - 第5回HEPTコンソーシアムフォーラム (2018年5月1日)
[概要]企画・運営を担当するコンソーシアムのフォーラムに関する報道
[備考] 放送日:2018年1月26日 10:00 放送、ウィンディ(浜松ケーブルテレビ)
[4]. 新聞 静岡大浜松で情報学シンポ (2017年10月15日)
[概要]講演者を務めたシンポジウムに関する報道
[備考] 静岡新聞、2017年10月15日(日)朝刊 021 ページ
[5]. 新聞 静岡大浜松で14⽇に情報学シンポ / 静岡 (2017年10月1日)
[概要]講演者を務めたシンポジウムに関する報道
[備考] 毎日新聞、2017年10月1日 地方版
【学外の審議会・委員会等】
[1]. 浜松工業会 理事 (2018年4月 ) [団体名] 浜松工業会
[2]. enPiT-Pro Emb 運営委員 (2017年10月 ) [団体名] enPiT-Pro Emb
[活動内容]enPiT-Pro 「組込みシステム技術者のための技術展開力育成プログラム」 の運営
[備考] 「成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成(enPiT)」enPiT-Pro 「組込みシステム技術者のための技術展開力育成プログラム」(名古屋大学・静岡大学・南山大学・広島大学・愛媛大学提案)
[3]. 次期 HEPTコンソーシアム 活動検討委員 (2017年5月 - 2017年10月 ) [団体名] HEPTコンソーシアム
[活動内容]技術トレンドの変遷を踏まえて次期HEPTコンソーシアムの枠組み・活動内容を検討する。
[4]. 組込みソフトウェア技術コンソーシアム 運営委員 (2013年1月 ) [団体名] HEPTコンソーシアム
[活動内容]組込みソフトウェア技術コンソーシアムの運営
[5]. 浜松工業会誌「佐鳴」編集委員 (2011年4月 - 2018年3月 ) [団体名] 浜松工業会

国際貢献実績

管理運営・その他