氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : メヒア ディエゴ (MEJIA-GUZMAN Diego Alejandro)

メヒア ディエゴ (MEJIA-GUZMAN Diego Alejandro)
講師
学術院融合・グローバル領域 理学部 - 創造理学コース
大学院総合科学技術研究科理学専攻
創造科学技術研究部 - ベーシック部門






diego.mejia (at) shizuoka.ac.jp
image-profile
最終更新日:2018/12/10 2:06:00

教員基本情報

【取得学位】
修士(数学科)  Universidad Nacional de Colombia   2008年7月
博士(学術)  システム情報科学研究科 神戸大学   2014年3月
【研究分野】
数物系科学 - 数学 - 数学基礎・応用数学
【現在の研究テーマ】
無限集合上の組み合わせ論
強制法理論
連続体の下での不変量
【研究キーワード】
連続体の下での不変量, 反復強制法, Cichonの図式, 自然数上の超フィルター, 自然数上のイデアル, 強制法理論, ブール代数
【所属学会】
・Sociedad Colombiana de Matemáticas
・日本数学会
・Association for Symbolic Logic
【個人ホームページ】
https://www.researchgate.net/profile/Diego_Mejia2
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. On cardinal characteristics of Yorioka ideals
Mathematical Logic Quarterly / - (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Diego A. Mejia, Miguel A. Cardona [備考] To appear
[2]. Absoluteness theorems for arbitrary Polish spaces
Revista Colombiana de Matemáticas / - (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Diego A. Mejia, Ismael E. Rivera-Madrid [備考] To appear
[3]. Lecture notes: Recent (and not that recent) forcing techniques on finite support iterations
京都大学数理解析研究所講究緑 2081/ 7-27 (2018年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Diego A. Mejia [URL]
[4]. Matrix iterations with vertical support restrictions
Proceedings of the 15th Asian Logic Conference / 1-40 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Diego A. Mejia [備考] To appear
[5]. Coherent systems of finite support iterations
Journal of Symbolic Logic 83/1 208-236 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Diego A. Mejia,Vera Fischer,Diana Montoya,Sy Friedman [DOI]
【学会発表・研究発表】
[1]. Many different uniformity numbers of Yorioka ideals
RIMS研究集会2018 公理的集合論とその応用 (2018年11月8日) 招待講演以外
[発表者]Diego A. Mejia
[URL]
[備考] 京都大学数理解析研究所、京都市
[2]. Filter-linkedness and its effect on cardinal characteristics of the continuum
Set Theory Today: A conference in honor of Georg Cantor (2018年9月14日) 招待講演
[発表者]Diego A. Mejia
[URL]
[備考] Kurt Goedel Research Center ウィーン大学、オーストリア. 主催団体:FWF(Austrian Science Fund), ASL (Association for Symbolic Logic)
[3]. Filter-linkedness and its effect on cardinal characteristics of the continuum
Joint meeting of the Colombian and Mexican Mathematical Society (2018年5月30日) 招待講演
[発表者]Diego A. Mejia
[URL]
[備考] コロンビア、バランキヤ市
[4]. 強制法理論及び連続体上の組合せ論
日本数学会2018年度年会 (2018年3月18日) 招待講演以外
[発表者]Diego A. Mejia
[URL]
[備考] 東京大学
[5]. Ultrafilter limits in matrix iterations
2nd Pan Pacific International Conference on Topology and Applications (2017年11月15日) 招待講演
[発表者]Diego A. Mejia
[URL]
[備考] 韓国、釜山市
【共同・受託研究】
[1]. 国際受託研究 CCC creatures and cardinal characteristics
分担 ( 2018年1月 ~ 2021年12月 )
[相手先] Jakob Kellner
[備考] Austrian Science Fund (FWF) number P30666. Leader: Jakob Kellner.
[2]. 国際受託研究 Teoría de Forcing y aplicaciones a la combinatoria de la recta real
分担 ( 2017年11月 ~ 2018年11月 )
[相手先] Ismael Eduardo Rivera-Madrid
[備考] Dirección Operativa de Investigación, Institución Universitaria Pascual Bravo, grant no. IN201711 Leader: Ismael Eduardo Rivera-Madrid.
[3]. 国際受託研究 Filters, Ultrafilters and Connections with Forcing
分担 ( 2017年6月 ~ 2020年5月 )
[相手先] Martin Goldstern
[備考] Austrian Science Fund (FWF) number I3081. Leader: Martin Goldstern.
[4]. 国際共同研究 Forcing, creatures, oracles and large continuum
分担 ( 2014年4月 ~ 2016年11月 )
[相手先] Jakob Kellner
[備考] Austrian Science Fund (FWF) number P23875. Leader: Jakob Kellner.
[5]. 国際受託研究 New developments regarding forcing in set theory
分担 ( 2014年4月 ~ 2017年8月 )
[相手先] Jakob Kellner
[備考] Austrian Science Fund (FWF) number I1272. Leader: Jakob Kellner.
【科学研究費助成事業】
[1]. 反復強制法の理論における新たな発展 ( 2018年4月 ~ 2022年3月 ) 若手研究(B) 代表
【受賞】
[1]. 日本政府(文部科学省)奨学金留学生 博士課程の奨学金 (2010年4月)
[受賞者] Diego A. Mejia [授与機関] 文部科学省
[備考] 博士課程の奨学金。
[2]. Mazda fellowship from the Mazda Foundation for Arts and Sciences 修士課程の奨学金 (2007年1月)
[受賞者] Diego A. Mejia [授与機関] Mazda Foundation for Arts and Sciences
[3]. Best university degree by program Best university degree by program (2006年9月)
[受賞者] Diego A. Mejia [授与機関] Universidad de Antioquia
[備考] Medellin - Colombia.
[4]. Worth exaltation in the Scientific Field for distinguised participation at the Colombian Mathematical Olympiad Worth exaltation in the Scientific Field for distinguised participation at the Colombian Mathematical Olympiad (2004年9月)
[受賞者] Diego A. Mejia [授与機関] Universidad de Antioquia
[備考] Medellin - Colombia
[5]. 2位、VI Iberoamerican Mathematical Olympiad 2位、VI Iberoamerican Mathematical Olympiad (2003年12月)
[受賞者] Diego A. Mejia [授与機関] Universidad Antonio Narino
【学会・研究会等の開催】
[1]. 無限組合せ論と強制法理論 (2016年11月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 京都大学数理解析研究所、京都市
[備考] Scientific committee member 研究集会委員
【その他学術研究活動】
[1]. Journal referee (2018年1月 )
[備考] Commentationes Mathematicae Universitatis Carolinae
[2]. Journal referee (2017年11月 )
[備考] Journal of Symbolic Logic.
[3]. Journal referee (2015年11月 )
[備考] Archive for Mathematical Logic.
[4]. Reviewer (2014年7月 )
[備考] Mathematical Reviews. American Mathematical Society
[5]. Journal referee (2013年9月 )
[備考] Fundamenta Mathematicae

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 大学院科目(修士) 公理的集合論特論 (2018年度 - 後期 )
[備考] 主担当教員
[2]. 学部専門科目 科学英語表現Ⅰ (2018年度 - 後期前半 )
[備考] 副担当教員
[3]. 学部専門科目 科学英語表現Ⅱ (2018年度 - 後期後半 )
[備考] 副担当教員
[4]. 学部専門科目 先端科学Ⅰ (2018年度 - 後期 )
[備考] 副担当教員
[5]. 学部専門科目 創造理学実践演習Ⅱ (2018年度 - 通年 )
[備考] 副担当教員
【指導学生数】
2018年度
修士指導学生数 1 人 博士指導学生数(副指導) 1 人
[備考] 修士学生はコロンビアのUniversidad Nacional de Colombiaに所属している。 卒業予定:2019年7月 博士課程学生はオーストリアのTU Wienに所属している。 卒業予定:2020年12月
2017年度
修士指導学生数 1 人
[備考] 修士学生はコロンビアのUniversidad Nacional de Colombiaに所属している。 卒業予定:2019年7月
2016年度
修士指導学生数 1 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
[備考] The master student is from Universidad Nacional de Colombia in Medellin、コロンビア 卒業発表:2016年12月5日 卒業論文:http://www.bdigital.unal.edu.co/55706/
【指導学生の受賞】
[1]. Scholarship for master studies (2016年1月)
[受賞学生氏名] Alexander Garzon Mayorga
[授与団体名] Universidad Nacional de Colombia
[2]. International academic mobility scholarship (2015年9月)
[受賞学生氏名] Miguel Antonio CARDONA-MONTOYA
[授与団体名] Universidad Nacional de Colombia
[備考] Scholarship used for exchange to TU Wien in Vienna, Austria, from September 1st to October 31st.
[3]. Academic mobility support (2015年9月)
[受賞学生氏名] Miguel Antonio CARDONA-MONTOYA
[授与団体名] Austrian Science fund
[備考] Through grant number P23875.
[4]. Scholarship for master studies (2014年8月)
[受賞学生氏名] Miguel Antonio CARDONA-MONTOYA
[授与団体名] Universidad Nacional de Colombia
[5]. Best performance in research (2014年4月)
[受賞学生氏名] Miguel Antonio CARDONA-MONTOYA
[授与団体名] Universidad Nacional de Colombia
[備考] Awarded for his outstanding master's thesis project.
【その他教育関連情報】
[1]. 「数学特別講究II」への協力(サポート、発表) (2017年10月 - 2018年2月 )
[備考] 「数学特別講究II」を依岡輝幸准教授は担当しました
[2]. 「数学特別講究IV」への協力(サポート、発表) (2017年10月 - 2018年2月 )
[備考] 「数学特別講究IV」を依岡輝幸准教授は担当しました
[3]. 「数学特別講究III」への協力(サポート) (2017年4月 - 2017年7月 )
[備考] 「数学特別講究III」を依岡輝幸准教授は担当しました
[4]. 「数学特別講究II」への協力(サポート、発表) (2017年4月 - 2018年2月 )
[備考] 「数学特別講究II」を依岡輝幸准教授は担当しました
[5]. 「科学英語表現II」への協力(サポート) (2017年4月 - 2018年2月 )
[備考] 「科学英語表現II」をDur Gaël准教授は担当しました

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 出張講義 理学部説明会 (2018年7月 - 2018年7月 )
[内容] 静岡県立清水南高等学校、静岡県立榛原高等学校、星陵高等学校、静岡雙葉高等学校
[2]. イベント出展 静岡大学オープンキャンパス (2017年8月 - 2017年8月 )
[内容] 創造理学コースの紹介
[備考] 静岡大学
[3]. 研修会 静岡市立高等学校・科学深究科「深究プログラムII」夏季研究室研修 (2017年8月 - 2017年8月 )
[内容] SSH(スーパーサイエンスハイスクール)プログラム「深究プログラムII」の一環として、生徒を7名受入れ、数学の研究活動についての研修会が行われた
[備考] 静岡大学理学部
[4]. 講演会 掛川西高校の本学訪問 (2017年5月 - 2017年5月 )
[内容] 数学の模擬授業
[備考] 静岡大学理学部
[5]. 研修会 京都大学RIMS研究集会2016無限組合せ論と強制法理論 (2016年11月 - 2016年12月 )
[内容] 研究集会委員
[備考] 2016年11月28日~12月1日
【報道】
[1]. その他 主担当教員インタビュー・静岡大学理学部創造理学コース (2016年4月22日)
[概要]静岡大学テレビジョン
[備考] http://sutv.shizuoka.ac.jp/video/?id=1t_0zF44K6o&playlistname=%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%8B%E3%82%89_%E5%85%A5%E8%A9%A6%E6%83%85%E5%A0%B1

国際貢献実績

【国際協力事業】
[1]. Malliaris and Shelah's p=t (2018年3月 - 2018年12月 )
[相手方機関名] Universidad Nacional de Colombia (コロンビア)
[活動内容] Alexander Garzonという修士学生の指導、1週間で1回ビデオ会議
[2]. Martin's axiom and its applications (2017年1月 - 2017年12月 )
[相手方機関名] Universidad de Antioquia (コロンビア)
[活動内容] Yhon Castroという学生の副指導、2017年12月1日に卒業発表
[備考] 卒業論文あり
[3]. Cardinal invariants associated with ideals between measure zero and strong measure zero (2014年7月 - 2016年12月 )
[相手方機関名] Universidad Nacional de Colombia (コロンビア)
[活動内容] Miguel Cardonaという修士学生の指導、1週間で1回ビデオ会議、12月5日に卒業発表
[備考] 卒業論文あり http://www.bdigital.unal.edu.co/55706/
【その他国際貢献実績】
[1]. ABP学士課程の対象国からの高等学校関係者への説明会 (2018年2月 - 2018年2月 )
[備考] 2018年2月6日
[2]. セミナー講演、静岡大学理学部創造理学コースの紹介 (2017年9月 - 2017年9月 )
[備考] コロンビアのInstitución Universitaria Pascual Bravoで行った
[3]. セミナー講演、文部科学省奨学金留学生の紹介 (2016年10月 - 2016年11月 )
[備考] コロンビアにおいて、3つのキャンパスで行いました: 1) Universidad Nacional de Colombia (Bogota campus) 2) Universidad Nacional de Colombia (Medellin campus) 3) Universidad
[4]. セミナー講演 (2016年8月 - 2016年9月 )
[備考] TU Wien、オーストリア

管理運営・その他