氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 志村 洋介 (SHIMURA Yosuke)

志村 洋介 (SHIMURA Yosuke)
助教
学術院工学領域 - 電子物質科学系列 工学部 - 電子物質科学科
大学院総合科学技術研究科工学専攻 - 電子物質科学コース
電子工学研究所 - ナノマテリアル研究部門







image-profile
最終更新日:2019/03/15 2:06:00

教員基本情報

【取得学位】
博士(工学)  名古屋大学   2012年3月
【研究分野】
工学 - 電気電子工学 - 電子・電気材料工学
【現在の研究テーマ】
半導体薄膜の形成と評価
【研究キーワード】
Ge, Sn, 歪, 結晶成長
【所属学会】
・日本結晶成長学会
・応用物理学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. Metal sulfide nanosheet-nitrogen-doped graphene hybrids as low-cost counter electrodes for dye-sensitized solar cells
Appl. Sur. Sci. 480/ 177-185 (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Sankar Ganesh R, K. Silambarasan, E. Durgadevi, M. Navaneethan, S. Ponnusamy, C. Kong, C. Muthamizhchelvan, Y. Shimura, and Y. Hayakawa
[2]. Defect evaluation in strain-relaxed Ge0.947Sn0.053 grown on (001) Si
Applied Physics Letters 113/ 192103-1-192103-5 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Somya Gupta, Yosuke Shimura, Olivier Richard, Bastien Douhard, Eddy Simoen, Hugo Bender, Osamu Nakatsuka, Shigeaki Zaima
[3]. Reduced Thermal Conductivity of Ge1-xSnx Layer Formed on Self-assembled Sn Nanodots Template
Semiconductor Science and Technology 33/ 124004-1-124004-7 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Junya Utsumi, Tomokuni Ishimaru, Yasuhiro Hayakawa, and Yosuke Shimura
[4]. Epitaxial GeSn: impact of process conditions on material quality
Semiconductor Science and Technology 33/ 114010-1-114010-9 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Roger Loo, Yosuke Shimura, Shinichi Ike, Anurag Vohra, Toma Stoica, Daniela Stange, Dan Buca, David Kohen, Joe Margetis, and John Tolle
[5]. Carrier scattering induced broadening in in-situ P-doped Ge layers on Si
Applied Physics Letters 113/ 161101-1-161101-5 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Srinivasan Ashwyn Srinivasan, Dries Van Thourhout, Clement Porret, Marianna Pantouvaki, Roger Loo, Joris Van Campenhout, Yosuke Shimura, Pieter Geiregat
【学会発表・研究発表】
[1]. Bioimaging and Photothermal Study of NaGdF4:Yb:Tm@Cu Core-Shell Nanostructures
ISPlasma2019 (2019年3月) 招待講演以外
[発表者]Mohamed Mathar Sahib Ibrahim Khaleelullah, Kyohei Sugimoto, Asahi Tanaka, Thangaraju Dheivasigamani, Wataru Inami Yoshimasa Kawata, Yosuke Shimura, and Yasuhiro Hayakawa
[2]. Polycrystalline GeSn Layer Formed on Self-assembled Sn Nanodots
5th International Conference on Nanoscience and Nanotechnology (ICONN2019) (2019年1月29日) 招待講演
[発表者]Yosuke Shimura, Junya Utsumi, Tomokuni Ishimaru, and Yasuhiro Hayakawa
[3]. Cu-Mo-S-nitrogen-doped graphene hybrids as low-cost counter electrodes for dye-sensitized solar cells
5th International Conference on Nanoscience and Nanotechnology (ICONN2019) (2019年1月) 招待講演以外
[発表者]R. Sankar Ganesh, Silambarasan, M. Navaneethan, S. Ponnusamy, Y. Shimura, and Y. Hayakawa
[4]. Low cost and high catalytic 1T and 2H phase MoS2 nanosheets for counter electrode in dye sensitized solar cell
The 4th International Conference on Nano Electronics Research and Education (ICNERE) & The 19th Takayanagi Kenjiro Memorial Symposium (2018年11月28日) 招待講演以外
[発表者]K. Silambarasan, J. Archana, M. Navaneethan, S. Harish, R. Sankar Ganesh, K. D. Nisha, Y. Shimura, K. Hara and Y. Hayakawa
[5]. Enhanced power factor of novel Cu2SexTe1-x nanobulks synthesized by two-step ball-milling and hot-pressing technique
The 4th International Conference on Nano Electronics Research and Education (ICNERE) & The 19th Takayanagi Kenjiro Memorial Symposium (2018年11月28日) 招待講演以外
[発表者]S. Kavirajan, J. Archana, S. Harish, M. Omprakash, K. D. Nisha, M. Navaneethan, S. Ponnusamy, C. Muthamizhchelvan, Y. Shimura, M. Shimomura and Y. Hayakawa
【共同・受託研究】
[1]. 国際共同研究 (Si)GeSn nano-dots: Growth, physical characterization and integration in thermoelectric devices
代表 ( 2018年1月 ~ 2020年3月 )
[相手先] imec
【科学研究費助成事業】
[1]. 多種フォノン散乱機構の複合導入による多元系IV族半導体混晶の飛躍的熱伝導率低減 ( 2018年4月 ~ 2020年3月 ) 若手研究 代表

[2]. 伸張歪ゲルマニウム層形成のためのゲルマニウムスズバッファ層成長 ( 2010年4月 ~ 2012年3月 ) 特別研究員奨励費 代表
【外部資金(科研費以外)】
[1]. (2012年10月 ) [制度名] FWO (Fonds Wetenschappelijk Onderzoek) Pegasus Marie Curie Fellow (long)
【受賞】
[1]. 応用物理学会結晶工学分科会発表奨励賞 (2015年10月)
[2]. Award for Encouragement of Research in Materials Science (2008年12月)
[3]. 第8回日本表面科学界中部支部研究会 講演奨励賞 (2008年12月)
【特許 等】
[1]. 多層膜構造体及びその形成方法 (2011年5月23日)
【学会・研究会等の開催】
[1]. Compound Semiconductor Week 2019 (2019年5月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 奈良春日野国際フォーラム
[2]. ISPlasma2019 (2019年3月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 名古屋市
[3]. 第33会シリサイド系半導体研究会 (2019年3月)
[役割] 責任者以外
[4]. 第1回東海地区若手チャプター研究会 (2018年9月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 名古屋市
[5]. 第46回結晶成長国内会議(JCCG-46) (2017年11月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 浜松
【その他学術研究活動】
[1]. 応用物理学会代議員 (2019年2月 - 2021年1月 )
[2]. 応用物理学会東海支部 若手チャプター代表 (2018年1月 )

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 学部専門科目 電子物理デバイス工学実験Ⅰ (2018年度 - 後期 )
[備考] 副担当
[2]. 学部専門科目 電子物理デバイス工学実験Ⅱ (2018年度 - 通年 )
[備考] 副担当
[3]. 大学院科目(修士) 電子物質科学セミナー第一 (2018年度 - 通年 )
[4]. 大学院科目(修士) 電子物質科学研究第一 (2018年度 - 通年 )
[5]. 学部専門科目 セミナー (2018年度 - 前期 )
【指導学生数】
2018年度
卒研指導学生数(3年) 0 人
卒研指導学生数(4年) 1 人
修士指導学生数 1 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2017年度
卒研指導学生数(3年) 0 人
卒研指導学生数(4年) 1 人
修士指導学生数 0 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. その他 第21回リフレッシュ理科教室 (2018年6月 )
[2]. その他 第20回リフレッシュ理科教室 (2017年6月 )
【その他社会活動】
[1]. 第19回「先生のためのリフレッシュ理科教室」(浜松会場) (2016年8月 )

国際貢献実績

【国際協力事業】
[1]. 日本・アジア青少年サイエンス交流事業 (さくらサイエンスプラン) 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 受託研究 (2018年6月 - 2018年6月 )
[相手方機関名] インド国スリ・ラマサミー・メモリアル大学
[活動内容] 日本・インド青少年サイエンス交流事業
[備考] インド国スリ・ラマサミー・メモリアル大学の教員1名と学生10名招聘
[2]. 日本・アジア青少年サイエンス交流事業 (さくらサイエンスプラン) 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 受託研究 (2017年7月 - 2018年3月 )
[相手方機関名] インド国スリ・ラマサミー・メモリアル大学
[活動内容] 日本・インド青少年サイエンス交流事業
[備考] インド国スリ・ラマサミー・メモリアル大学の教員1名と学生10名招聘
[3]. Short Stan Short Visit (SSSV) 事業 (2016年7月 - 2017年3月 )
[相手方機関名] インド国スリ・ラマサミー・メモリアル大学
[活動内容] 留学生との交流
[備考] インド国スリ・ラマサミー・メモリアル大学の教員1名と学生5名招聘
[4]. 日本・アジア青少年サイエンス交流事業 (さくらサイエンスプラン) 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 受託研究 (2016年4月 - 2017年3月 )
[相手方機関名] インド国スリ・ラマサミー・メモリアル大学
[活動内容] 日本・インド青少年サイエンス交流事業
[備考] インド国スリ・ラマサミー・メモリアル大学の教員1名と学生10名招聘

管理運営・その他