氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 川口 昂彦 (KAWAGUCHI Takahiko)

川口 昂彦 (KAWAGUCHI Takahiko)
助教
学術院工学領域 - 電子物質科学系列 工学部 - 電子物質科学科
大学院総合科学技術研究科工学専攻 - 電子物質科学コース








image-profile
最終更新日:2019/02/11 12:46:00

教員基本情報

【取得学位】
博士(工学)  名古屋大学   2013年3月
【研究分野】
工学 - 材料工学 - 無機材料・物性
総合理工 - 応用物理学 - 薄膜・表面界面物性
【現在の研究テーマ】
遷移金属系窒化物・酸窒化物の薄膜成長
【研究キーワード】
薄膜成長
【所属学会】
・日本セラミックス協会
・日本物理学会
・応用物理学会
【個人ホームページ】
https://wwp.shizuoka.ac.jp/ceramics/
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. Controlled synthesis of dense MgFe2O4 nanospheres by ultrasonic spray pyrolysis technique: Effect of ethanol addition to precursor solvent
Adv. Powder Technol. 29 283-288 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]脇谷 尚樹 [共著者]Harinarayan Das, Nipa Debnath, Atsuki Toda, Takahiko Kawaguchi, Naonori Sakamoto, Sheikh Manjura Hoque, Kazuo Shinozaki, Hisao Suzuki
[2]. Preparation of free-standing multilayer hemispherical shell thin film using monodisperse polymer template
J. Alloy Compd. 730 369-375 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]脇谷 尚樹 [共著者]Sridevi Meenachisundaram, Takahiko Kawaguchi, Ryo Usami, Naonori Sakamoto, Kazuo Shinozaki, Muthamizhchelvan Chellamuthu, Ponnusamy Suruttaiya U., Hisao Suzuki
[3]. Influence of crystallite size on the magnetic and heat generation properties of La0.77Sr0.23MnO3 nanoparticles for hyperthermia applications
J. Phys. Chem. Solids 112 179-184 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]脇谷 尚樹 [共著者]Harinarayan Das, Akihiro Inukai, Nipa Debnath, Takahiko Kawaguchi, Naonori Sakamoto, Sheikh Manjura Hoque, Hiromichi Aono, Kazuo Shinozaki, Hisao Suzuki
[4]. Progress and impact of magnetic field application during PLD on ceramic thin films
J. Ceram. Soc. Jpn. 125 856-865 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]脇谷 尚樹 [共著者]Takahiko Kawaguchi, Naonori Sakamoto, Harinarayan Das, Kazuo Shinozaki, Hisao Suzuki
[5]. Impact of precursor solution concentration to form superparamagnetic MgFe2O4 nanospheres by ultrasonic spray pyrolysis technique for magnetic thermotherapy
Adv. Powder Technol. 28 1696-1703 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]脇谷 尚樹 [共著者]Harinarayan Das, Nipa Debnath, Atsushi Toda, Takahiko Kawaguchi, Naonori Sakamoto, Hiromichi Aono, Kazuo Shinozaki, Hisao Suzuki
【著書 等】
[1]. セラミックデータブック2017:ダイナミックオーロラPLD法による自発的な超格子構造の生成
工業製品技術協会 (2017年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]脇谷尚樹, 川口昂彦, 坂元尚紀, 篠崎和夫, 鈴木久男
[2]. 全固体電池のイオン伝導性向上技術と材料、製造プロセスの開発:ガーネット型単相立方晶ナノ粒子の低温合成技術
(株)技術情報協会 (2017年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]鈴木久男, 坂元尚紀, P. Jeevan Kumar, 川口昂彦, 脇谷尚樹
【学会発表・研究発表】
[1]. ダイナミックオーロラPLD法を用いた酸窒化物薄膜のエピタキシャル成長
日本セラミックス協会第31回秋季シンポジウム (2018年9月6日) 招待講演以外
[発表者]川口 昂彦・青島 楓汰・坂元 尚紀・鈴木 久男・脇谷 尚樹
[2]. ダイナミックオーロラPLD法を用いたMn3CuNエピタキシャル薄膜の成長と評価
第65回応用物理学会春季学術講演会 (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]川口 昂彦, 鈴木 淳平, 坂元 尚紀, 鈴木 久男, 脇谷 尚樹
[3]. ダイナミックオーロラPLD 法を用いた遷移金属窒化物の薄膜成長
日本セラミックス協会関東支部 第7回若手研究発表交流会 (2017年12月) 招待講演以外
[発表者]川口 昂彦, 鈴木 淳平, 坂元 尚紀, 鈴木 久男, 脇谷 尚樹
[4]. Thin Film Growth of Mn3CuN by Dynamic Aurora Pulsed Laser Deposition
Negative Thermal Expansion and Related Materials (2017年12月) 招待講演以外
[発表者]川口 昂彦, 鈴木 淳平, 坂元 尚紀, 鈴木 久男, 脇谷 尚樹
[5]. Spontaneously formed superlattice in (La,Sr)CoO3 thin film grown by Dynamic Aurora PLD
Japanease-Korean Ceramics Seminar 34 (2017年11月) 招待講演以外
[発表者]川口 昂彦,甲田 翔太, 原田 俊太, 木口 賢紀, 坂元 尚紀, 鈴木 久男, 脇谷 尚樹
【特許 等】
[1]. リチウム蓄電デバイス (2017年11月30日)
【学会・研究会等の開催】
[1]. 平成30年度プロセス研究会 第1回講演会 (2018年7月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 東京工業大学CIC東京
[2]. 平成29年度プロセス研究会 第3回講演会 (2017年12月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 東京工業大学大岡山キャンパス
[3]. 平成29年度プロセス研究会 第2回講演会 (2017年10月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 静岡大学浜松キャンパス
[4]. 平成29年度プロセス研究会 第1回講演会 (2017年9月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 東京工業大学大岡山キャンパス

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 学部専門科目 材料エネルギー化学実験II (2018年度 - 前期 )
[2]. 学部専門科目 材料エネルギー化学実験I (2018年度 - 後期 )
[3]. 学部専門科目 卒業研究 (2018年度 - 通年 )
[4]. 大学院科目(修士) 特別セミナー I (2018年度 - 通年 )
[5]. 大学院科目(修士) 特別セミナー II (2018年度 - 通年 )
【指導学生数】
2018年度
修士指導学生数 2 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2017年度
修士指導学生数 1 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2016年度
修士指導学生数 0 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人

社会活動

国際貢献実績

管理運営・その他