トップページ  > 教員個別情報  > 学会発表・研究発表

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 竹内 純 (TAKEUCHI Jun)

学会発表・研究発表

【学会発表・研究発表】
[1]. バラ花弁における香気成分の発散メカニズムに関わる糖加水分解酵素
植物化学調節学会 第56回大会 (2022年4月1日) 招待講演以外
[発表者]横山日向子,中馬かれん,佐藤浩平,間瀬暢之,竹内 純,轟 泰司,笹浪知宏,三浦謙治,渡辺修治,大西利幸
[2]. ペチュニアにおける香気アシル化配糖体の生合成解析
植物化学調節学会 第56回大会 (2021年11月) 招待講演以外
[発表者]小木曽こはる,小椋由樹,佐藤浩平,間瀬暢之,竹内 純,轟 泰司,肥塚崇男,渡辺修治,大西利幸
[3]. (6) 植物における揮発性吸気化合物の配糖化酵素の機能解明
植物化学調節学会 第56回大会 (2021年11月) 招待講演以外
[発表者]大西利幸,塚原壮彦,竹本裕之,佐藤浩平,間瀬暢之,竹内 純,轟 泰司
[4]. ブドウにおける香気二糖配糖体の貯蔵メカニズムの解析
植物化学調節学会 第56回大会 (2021年11月) 招待講演以外
[発表者]勝又章椰,加藤美香,大澤月穂,藤川紘樹,佐藤浩平,間瀬暢之,周藤美希,八幡昌紀,杉山啓介,奥田 徹,竹内 純,轟 泰司,大西利幸
[5]. ABA生合成前駆体キサントキシンの新規且つ簡便な合成法
植物化学調節学会 第56回大会 (2021年11月) 招待講演以外
[発表者]小笹祐吏,岡本昌憲,竹内 純,轟 泰司
[6]. アブシシンアルデヒド酸化酵素を阻害する化合物の創出
植物化学調節学会 第56回大会 (2021年11月) 招待講演以外
[発表者]伊藤早輝,宮内彩花,巣山友里恵,樫尾葉子,岡本昌憲,竹内 純,轟 泰司
[7]. アブシシンアルデヒド酸化酵素阻害剤の構造活性相関
植物化学調節学会 第56回大会 (2021年11月) 招待講演以外
[発表者]浮岡希良々,伊藤早輝,宗近美咲,矢野 樹,竹内 純,轟 泰司
[8]. ABA 8′-水酸化酵素を阻害する非アゾール系化合物の創出
植物化学調節学会 第56回大会 (2021年11月) 招待講演以外
[発表者]菊池久美子,竹内 純,轟 泰司
[9]. ABAグルコシルエステルの加水分解を阻害する化合物の創出
植物化学調節学会 第56回大会 (2021年11月) 招待講演以外
[発表者]矢野 樹,猪坂雅俊,竹内 純,轟 泰司
[10]. ABAよりも光に安定な受容体アゴニストの創出
植物化学調節学会第55回大会 (2020年11月15日) 招待講演以外
[発表者]御村紗也,松橋みなみ,轟 泰司,竹内 純
[11]. ジベレリン生合成を阻害するジベレリン誘導体
日本農芸化学会2020年 (2020年3月27日) 招待講演以外
[発表者]磯野満理奈,竹内 純,瀬尾光範,轟 泰司
[備考] 福岡
[12]. イネ実生の伸長成長を抑制するジベレリン誘導体
植物化学調節学会第54回大会 (2019年11月15日) 招待講演以外
[発表者]磯野満理奈,竹内 純,轟 泰司
[備考] 鳥取
[13]. ブラシノステロイド生合成酵素を阻害するステロイド誘導体
植物化学調節学会第54回大会 (2019年11月15日) 招待講演以外
[発表者]船橋海里,渡邊亮介,白木善彦,藤山敬介,永野真吾,水谷正治,大西利幸,竹内 純,轟 泰司
[備考] 鳥取
[14]. ABAシグナル伝達に関わるPP2Cを阻害する低分子化合物
植物化学調節学会第54回大会 (2019年11月15日) 招待講演以外
[発表者]川崎佳名子,竹内 純,轟 泰司
[備考] 鳥取
[15]. 単子葉イネ科穀類の根に作用するABAアナログ
植物化学調節学会第54回大会 (2019年11月15日) 招待講演以外
[発表者]巣山友里恵,樫尾葉子,大西利幸,竹内 純,轟 泰司
[備考] 鳥取
[16]. ストリゴラクトンとアブシシン酸のシグナル伝達を制御するハイブリッド分子の創出
植物化学調節学会第54回大会 (2019年11月15日) 招待講演以外
[発表者]野村恭佑,轟 泰司,大西利幸,竹内 純
[備考] 鳥取
[17]. バラ香気成分2-phenylethanol配糖化酵素の酵素学的解析
植物化学調節学会 (2019年11月15日) 招待講演以外
[発表者]中馬かれん,肥塚崇男,竹内 純,佐藤浩平,間瀬暢之,鈴木秀幸,渡辺修治,大西利幸
[備考] 鳥取
[18]. トマトにおける香気単糖配糖化酵素の機能解析
植物化学調節学会第54回大会 (2019年11月15日) 招待講演以外
[発表者]中田亜里紗,澤村 武,切岩祥和,竹内 純,佐藤浩平,間瀬暢之,轟 泰司,大西利幸
[備考] 鳥取
[19]. ABA受容体アンタゴニストの構造基盤設計: タンパク質の立体構造に基づいた植物成長調節剤の創出
日本農芸化学会中四国支部 第30回若手シンポジウム (2019年10月5日) 招待講演
[発表者]竹内 純
[備考] 鳥取
[20]. The biosynthetic machinery of rose aroma glycosides
TERPNET 2019 (2019年8月) 招待講演以外
[発表者]T. Ohnishi, K. Chuman, K. Ogiso, F. Katsumata, Y. Ohba, T. Koeduka, J. Takeuchi, K. Sato, H. Suzuki , Y. Todoroki, N. Mase, N. Watanabe
[備考] Halle, Germany
[21]. Structure-based development of potent ABA antagonists that completely block PYL-PP2C interactions
23nd International Conference on Plant Growth Substances (2019年6月) 招待講演以外
[発表者]Jun Takeuchi,Naoki Mimura,Masanori Okamoto,Shusuke Yajima,Masayuki Sue,Tomonori Akiyama, Keina Monda, Koh Iba, Toshiyuki Ohnishi, Yasushi Todoroki
[備考] Paris, France
[22]. タンパク質の立体構造に基づいた植物ホルモン受容体の阻害剤創製
第84回講演会 有機化学研究会(白鷺セミナー) (2018年12月11日) 招待講演
[発表者]竹内 純
[URL]
[備考] 大阪府立大学
[23]. 配座制限型ABA受容体アンタゴニストPAO4の構造展開
植物化学調節学会第53回大会 (2018年11月2日) 招待講演以外
[発表者]竹内 純
[備考] 札幌
[24]. ストリゴラクト受容体アンタゴニストcarba-SLsの創出
日本農薬学会第43回大会 (2018年5月25日) 招待講演以外
[発表者]竹内 純
[25]. ABA受容体PYLの高親和性アンタゴニストPANMeの熱力学的および構造的基盤
植物化学調節学会第52回大会 (2017年10月) 招待講演以外
[発表者]竹内 純,三村尚毅,岡本昌憲,大西利幸,轟 泰司
[備考] 鹿児島
[26]. 新規ABA受容体アゴニストの創出
植物化学調節学会第52回大会 (2017年10月) 招待講演以外
[発表者]松橋みなみ,竹内 純,大西利幸,轟 泰司
[備考] 鹿児島
[27]. カルボキシ基の代わりにイソニトリル基をもつABAアナログの意外な機能
植物化学調節学会第52回大会 (2017年10月) 招待講演以外
[発表者]樫尾葉子,大西利幸,竹内 純,轟 泰司
[備考] 鹿児島
[28]. 配座制限型ABA受容体アンタゴニストPAO4の構造展開
第42回日本農薬学会 (2017年3月) 招待講演以外
[発表者]竹内 純,永宮 光,轟 泰司
[URL]
[備考] 愛媛
[29]. Development of abscinazole-E3M, a practical and effective inhibitor of ABA 8'-hydroxylase
10th International symposium exploring the global sustainability –Advances in plant biotechnology for agriculture in semi-arid land– (2017年3月) 招待講演
[発表者]Jun Takeuchi
[備考] Osaka, Japan
[30]. 内生植物ホルモン量分析に基づく植物ホルモン受容体制御剤の機能解析研究
日本農芸化学会 (2017年3月) 招待講演以外
[発表者]都外川識志,宮崎 翔,竹内 純,中嶋正敏,浅見忠男
[備考] 京都
[31]. タンパク質の立体構造に基づいた植物ホルモン受容体の阻害剤創製
第5回 植物二次代謝フロンティア研究会 (2016年11月) 招待講演
[発表者]竹内 純
[備考] 山口
[32]. テトラロン骨格を有するABAアナログPAO4は単子葉植物に対してもABA拮抗剤として機能する
植物化学調節学会第51回大会 (2016年10月) 招待講演以外
[発表者]竹内 純,川島 徳晃,大西 利幸,轟 泰司
[備考] 高知
[33]. Abscinazole-E3M, a practical inhibitor of abscisic acid 8′-hydroxylase for use in drought tolerance improvement
22ed International Conference on Plant Growth Substances (2016年6月) 招待講演以外
[発表者]Jun Takeuchi,Yasushi Todoroki
[備考] Toronto, Canada
[34]. Structure-based development of novel potent antagonists of soluble ABA receptors
22nd International Conferance on Plant Growth Substances (2016年6月) 招待講演以外
[発表者]Jun Takeuchi,Naoki Mimura,Yasushi Todoroki
[備考] Toronto, Canada
[35]. 加水分解耐性型ストリゴラクトン受容体阻害剤の創出
日本農薬学会 (2016年3月) 招待講演以外
[発表者]竹内 純
[備考] 開催地:島根大学 開催日:2016/3/17~19