トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : TRIPATHI SAROJ RAMAN (TRIPATHI SAROJ RAMAN)

TRIPATHI SAROJ RAMAN (TRIPATHI SAROJ RAMAN)
准教授
学術院工学領域 - 機械工学系列 工学部 - 機械工学科
大学院総合科学技術研究科工学専攻 - 機械工学コース
創造科学技術研究部 - ナノビジョンサイエンス部門


image-profile
最終更新日:2022/10/08 2:06:45

教員基本情報

【取得学位】
博士(工学)  静岡大学   2010年3月
【研究分野】
総合理工 - 応用物理学 - 光工学・光量子科学
【相談に応じられる教育・研究・社会連携分野】
テラヘルツ応用、テラヘルツ計測
【現在の研究テーマ】
テラヘルツ応用、テラヘルツイメージング
【研究キーワード】
テラヘルツ、光源、検出器、フォトニクス、テラヘルツ分光、生体計測、非破壊検査
【所属学会】
・Institute of Electrical and Electronic Engineering (IEEE)
[備考]Senior Member
・日本赤外線学会
・応用物理学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. Optical thin film coated organic nonlinear crystal for efficient terahertz wave generation
Scientific Reports 12/ - 15082 (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] H. Uchida, T. Kawauchi, G. Otake, C. Koyama, K. Takeya and S. R. Tripathi [DOI]
[2]. Development of a terahertz wave band-stop filter using 2D arrays of metallic helices
In Proceedings of IRMMW THz Conf (Publisher: IEEE) / - (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Saroj R. Tripathi, Katoro Yamamura [DOI]
[3]. Dielectric property measurement of human sweat using attenuated total reflection terahertz time domain spectroscopy
Biomedical Optics Express 19/3 4572-4582 (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] K. Hashimoto, P. B. Ishai, E. Brundermann and S. R. Tripathi [DOI]
[4]. Non-destructive identification of drugs in plastic packaging using attenuated total reflection terahertz time-domain spectroscopy
Optics 3/2 99-106 (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Kazuma Hashimoto and Saroj R. Tripathi [DOI]
[5]. Measurement of dielectric properties of human sweat in terahertz frequency region
In Proceedings of IRMMW THz Conf (Publisher: IEEE) / - (2021年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] K. Hashimoto and S. R. Tripathi [DOI]
【学会発表・研究発表】
[1]. Terahertz birefringence measurement using circularly polarized terahertz wave
The 8th International Symposium toward the future of advanced researchers in Shizuoka University (ISFAR-SU 2022) (2022年3月1日) 招待講演以外
[発表者]H. Ichikawa, K. Yamamura, S. R. Tripathi
[備考] Virtual Confernece
[2]. Development of a terahertz wave band-stop filter using a 2D array of metallic helix array
The 8th International Symposium toward the future of advanced researchers in Shizuoka University (ISFAR-SU 2022) (2022年3月1日) 招待講演以外
[発表者]K. Yamamura, S. R. Tripathi
[3]. Measurement of dielectric properties of human sweat in terahertz frequency region
46th International Conference on Infrared, Millimeter and Terahertz Waves (IRMMW-THz 2021 ) (2021年11月9日) 招待講演以外
[発表者]K. Hashimoto, H. Sakata and S. R. Tripathi
[備考] (8月 29日 – 9月3日 , 2021) オンライン開催
[4]. High power terahertz wave emission using DAST crystal
The 19th International Conference on Global Research and Education (INTER-ACADEMIA 2021) (2021年10月) 招待講演以外
[発表者]T. Kawauchi, G. Ohtake, C. Koyama, H. Uchida, K. Takeya and S. R. Tripathi
[備考] Rep. 70, Gomel, Belarus (Oct 20-22, 2021) (オンライン開催)
[5]. In vivo measurement of dielectric properties of human skin using attenuated total reflection terahertz time domain spectroscopy
The 19th International Conference on Global Research and Education, (INTER-ACADEMIA 2021) (2021年10月) 招待講演以外
[発表者]K. Hashimoto, H. Sakata, S. R. Tripathi
[備考] Rep. 7, Gomel, Belarus (Oct 20-22, 2021) (オンライン開催)
【共同・受託研究】
[1]. 学内共同研究 生体医歯検査応用のための非侵襲・非破壊テラヘルツイメージング技術の研究
分担 ( 2021年6月 ~ 2021年3月 )
[備考] 生体医歯工学共同研究【受理番号2027】
[2]. 国内共同研究 生体医歯検査応用のための非侵襲・非破壊テラヘルツイメージング技術の研究
分担 ( 2019年5月 ~ 2020年3月 )
[相手先] Karlsruhe Institute of Technology (KIT), Institute for Beam Physics and Technology (IBPT), 静岡大学
[備考] 生体医歯工学共同研究【受理番号2032】
【科学研究費助成事業】
[1]. Human sweat ducts as helical antenna: Prospects for practical applications ( 2021年4月 ~ 2024年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[2]. Human sweat duct as a helical antenna: experimental investigation ( 2017年7月 ~ 2019年3月 ) 挑戦的研究(萌芽) 代表
【外部資金(科研費以外)】
[1]. (2021年11月 - 2022年3月 ) [提供機関] 静岡大学 [制度名] 超領域分野における国際的若手人材育成プログラム特別経費 [担当区分] 研究代表者
[2]. (2020年12月 - 2021年11月 ) [提供機関] 公益財団法人浜松科学技術研究振興会 [制度名] 令和2年度科学技術試験研究助 [担当区分] 研究代表者
[3]. (2020年11月 - 2021年3月 ) [提供機関] 静岡大学 [制度名] 超領域分野における国際的若手人材育成プログラム特別経費 [担当区分] 研究代表者
【学会・研究会等の開催】
[1]. Interacademia 2019 (2019年9月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] Budapest, Hungary
[備考] Session Chair
[2]. 第66回応用物理学会春季学術講演会 (2019年3月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 東京工業大学大岡キャンパス
[備考] 座長
[3]. Interacademia 2018 (2018年9月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] Kaunas, Lithuania
[備考] Session Chair
[4]. 43rd International Conference on Infrared, Millimeter, and Terahertz Waves (IRMMW-THz 2018) (2018年9月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 国際会議場、名古屋 
[備考] Local Organizing Committee
[5]. 応用物理学会 テラヘルツ電磁波技術研究会 若手研究者サマースクール (2017年8月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] かんぽの宿鳥羽 三重県
[備考] 実行委員会 幹事
【その他学術研究活動】
[1]. 日本赤外線学会 編集委員会委員 (2019年5月 - 2021年5月 )
[2]. 日本赤外線学会 編集委員会委員 (2017年6月 - 2019年5月 )
[3]. Serving as a reviewer of international scientific journal papers (2016年4月 )
[備考] Scientific Reports, Optica, Applied Physics Letters, Optics Express, Optics Letters, Biomedical Optics Express, Applied Optics, IEEE Trans. THz scienc

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 全学教育科目(共通科目) アカデミックイングリッシュ (2022年度 - 前期 )
[2]. 学部専門科目 実用英語演習 (2022年度 - 後期 )
[3]. 大学院科目(修士) Technical Writing & Presentation (2022年度 - 後期 )
[4]. 大学院科目(修士) Terahertz Technology (2022年度 - 後期 )
【指導学生数】
2022年度
卒研指導学生数(4年) 3 人
修士指導学生数 4 人
2020年度
卒研指導学生数(4年) 3 人
修士指導学生数 3 人
2019年度
卒研指導学生数(4年) 3 人
修士指導学生数 4 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 1 人
2018年度
卒研指導学生数(4年) 2 人
修士指導学生数 5 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 1 人
2017年度
卒研指導学生数(4年) 2 人
修士指導学生数 3 人 博士指導学生数(副指導) 1 人

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 公開講座 科学技術交流会2021静岡 (2021年2月 )
[内容] テラヘルツ電磁波の発生とその生体センシング応用
【学外の審議会・委員会等】
[1]. 編集委員会委員 (2021年6月 - 2023年5月 ) [団体名] 日本赤外線学会
[2]. 編集委員会委員 (2019年6月 - 2021年5月 ) [団体名] 日本赤外線学会
[3]. 編集委員会委員 (2017年1月 - 2019年5月 ) [団体名] 日本赤外線学会
【その他社会活動】
[1]. テクノフェスタ実行委員会委員 (2021年11月 - 2021年11月 )
[2]. 第6回基礎力養成講座 (メインレクチャー) (2018年11月 - 2018年11月 )
[備考] Future Scientists' School Program https://fss.shizuoka.ac.jp/181123kisoryokuyousei/
[3]. 高校生のための機械工学体験セミナー (2018年3月 )
[4]. Participated in rehearsal and final presentation at Iwata Minami high school. (2016年10月 )
[備考] Super Science High School (SSH) program.

国際貢献実績

管理運営・その他