トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 川岸 伸 (KAWAGISHI Shin)

川岸 伸 (KAWAGISHI Shin)
教授
学術院人文社会科学領域 - 法学系列
人文社会科学部 - 法学科


image-profile
最終更新日:2024/02/10 2:05:04

教員基本情報

【取得学位】
学士(法学)  慶應義塾大学   2004年3月
修士(法学)  京都大学   2007年3月
博士(法学)  京都大学   2010年9月
【現在の研究テーマ】
自衛権
武力紛争法
【所属学会】
・国際法学会
・世界法学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. Michiko Nishijima, Genealogy of the Right of Self-Defense in International Law: Its Diversification and Trajectory in the Interwar Period (Shinzansha, 2022) (Book Review)
Japanese Yearbook of International Law (vol)66/ (xxx)503-(zzz)506 (2023年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Shin Kawagishi
[2]. 武力紛争法の「人道化」観念の内実
「法政研究(九州大学)」 (vol)90/(num)3 (xxx)189-(zzz)202 (2023年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 川岸 伸
[3]. The Qualification of the Ukraine Conflict in International Humanitarian Law
Shuichi Furuya, Hitomi Takemura and Kuniko Ozaki (eds.), Global Impact of the Ukraine Conflict: Perspectives from International Law (Springer) / (xxx)273-(zzz)294 (2023年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Shin Kawagishi
[4]. 非国際的武力紛争を規律する慣習国際人道法の新展開(一)――ICTYをめぐって――
「法政研究(静岡大学)」 (vol)28/(num)1 (xxx)43-(zzz)60 (2023年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 川岸 伸
[5]. ウクライナ紛争における第三国による軍事援助――中立法をめぐって――
「人道研究ジャーナル」 (vol)12/ (xxx)167-(zzz)179 (2023年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 川岸 伸
【科学研究費助成事業】
[1]. 「武力紛争法のdomain区分-宇宙戦法規という新domain成立可能性」 ( 2020年4月 ~ 2023年3月 ) 基盤研究(C) 分担

[2]. 「非国際的武力紛争の規範原理再考――その史的検証――」 ( 2017年4月 ~ 2021年3月 ) 若手研究(B) 代表

[3]. 「国際法の訴訟化の理論的・実践的対応」 ( 2011年4月 ~ 2016年3月 ) 基盤研究(A) 分担
【受賞】
[1]. 静岡大学 第5期 若手重点研究者の称号 (2022年4月)
[授与機関] 静岡大学
【学会・研究会等の開催】
[1]. The Ukraine Conflict and International Humanitarian Law (2023年10月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] University of Alcalá (Spain)
[備考] The Conference in the Master Program on International Human Rights Protection
[2]. Japan's Maritime Security in Response to China's and Russia's Operations in the Japanese Straits (2022年12月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] UiT Arctic University of Norway (Norway)
[備考] The Norwegian Center for the Law of the Sea
[3]. The Role of International Humanitarian Law in Addressing Contemporary Crises (2022年10月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] University of Alcalá (Spain)
[備考] The Conference in the Master Program on International Human Rights Protection
[4]. Fundamental Structure of International Humanitarian Law (2021年10月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] University of Alcalá (Spain)
[備考] The Conference in the Master Program on International Human Rights Protection
[5]. International Humanitarian Law and Challenges in the 21st Century (2019年11月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] University of Alcalá (Spain)
[備考] The Conference in the Master Program on International Human Rights Protection 

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 学部専門科目 国際法各論Ⅰ (2023年度 - 後期 )
[2]. 学部専門科目 国際法演習Ⅰa (2023年度 - 前期 )
[3]. 学部専門科目 国際法演習Ⅰb (2023年度 - 後期 )
[4]. 学部専門科目 国際法演習Ⅱa (2023年度 - 前期 )
[5]. 学部専門科目 国際法演習Ⅱb (2023年度 - 後期 )
【指導学生数】
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 出張講義 法学入門 (2015年7月 - 2015年7月 )
[内容] 「法を通して社会を見る」
[備考] 三重県立松阪高校
【その他社会活動】
[1]. 世界法学会・庶務幹事 (2023年5月 - 2026年5月 )
[2]. 国際法学会・研究振興委員会委員 (2022年9月 - 2024年9月 )
[3]. 国際法学会・研究企画委員会委員 (2020年9月 - 2022年9月 )
[4]. 国際法学会・国際交流委員会委員 (2018年9月 - 2020年9月 )
[5]. 世界法学会・庶務主任補佐 (2011年5月 - 2014年5月 )

国際貢献実績

管理運営・その他