氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 岩田 孝仁 (IWATA Takayoshi)

岩田 孝仁 (IWATA Takayoshi)
教授 (兼務:(job)センター長)
学術院融合・グローバル領域 地域創造学環

防災総合センター






iwata.takayoshi@@@shizuoka.ac.jp
image-profile
最終更新日:2019/04/01 10:08:00

教員基本情報

【取得学位】
学士(理学)  静岡大学   1979年3月
【研究分野】
複合領域 - 社会・安全システム科学 - 自然災害科学・防災学
【相談に応じられる教育・研究・社会連携分野】
防災政策
地域防災
地震防災
火山防災
【現在の研究テーマ】
防災政策
防災学
【研究キーワード】
地震防災, 火山防災, 防災政策, 地域防災
【所属学会】
・日本自然災害学会
・日本災害復興学会
・日本災害情報学会
・日本災害情報学会
・地域安全学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. 減災から防災社会へ 自治体の防災力をいかに高めるか
議会と自治体 /246 48-60 (2018年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 岩田孝仁
[2]. 「南海トラフ地震情報」の社会的影響の評価に関する学術研究プロジェクトの取り組みーどのように「理科」の情報を「社会」に生かすか?
GSJ地質ニュース 7/8 191-198 (2018年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]大谷竜 [共著者]岩田孝仁 他
[3]. 静岡県地域の地震防災の現状と課題
日本地震工学会誌 /34 22-25 (2018年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 岩田孝仁
[4]. 想定される南海トラフ地震を自治体はどう考えるか
防災ハンドブック2018 (vol)2018/(num) (xxx) 2- (zzz)10 (2018年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 岩田 孝仁
[5]. 寄稿 改めて点検を 防災・危機管理行政の役割
住民と自治 (vol)654/(num) 11-14 (2017年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 岩田 孝仁
【著書 等】
[1]. 大学的 静岡ガイド—こだわりの歩き方
昭和堂 (2019年)
[著書の別]その他
[単著・共著・編著等の別] 分担執筆
[著者]静岡大学人文社会科学部・地域創造学環 編 [担当範囲] 全国を主導してきた静岡の防災 [総頁数] 268 [担当頁] 149~161
[2]. 災害情報学事典
朝倉書店 (2016年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]岩田 孝仁
[備考] 第2部第3章行政用のメディア
[3]. 「国難」となる巨大災害に備える
ぎょうせい (2015年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]岩田 孝仁
[備考] 第1章 6.4都道府県の地域防災計画
[4]. 「寄稿」:地震調査研究の20年に寄せて,地震調査研究推進本部20年の資料集
地震調査研究推進本部事務局 (2015年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 単著
[著者]岩田 孝仁
[5]. 全国77都市の地盤と災害ハンドブック
丸善出版 (2012年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 単訳
[著者]岩田 孝仁
【学会発表・研究発表】
[1]. 防災~減災社会へ 静岡県の東海地震対策
建築学会海洋建築部会研究協議会シンポジウム (2016年8月) 招待講演
[発表者]岩田 孝仁
[備考] 開催場所:福岡大学 主催:建築学会海洋建築部会
[2]. 減災から防災社会へ 地震・火山噴火予測研究への期待
災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究 成果報告シンポジウム (2016年3月) 招待講演
[発表者]岩田 孝仁
[備考] 東京大学地震研究所
[3]. 防災に役立つ地質地盤情報
日本学術会議公開講演会 強靭で安全・安心な都市を支える地質地盤の情報整備―あなたの足元は大丈夫?- (2016年1月) 招待講演
[発表者]岩田 孝仁
[備考] 日本学術会議地球惑星科学委員会地球・人間県分科会
[4]. 富士山の広域避難 検討過程と課題
土木学会地盤工学セミナー (2015年12月) 招待講演
[発表者]岩田 孝仁
[備考] 土木学会
[5]. 地震予知は防災対策の一項目として位置付けを
日本災害情報学会 (2015年10月) 招待講演以外
[発表者]岩田 孝仁
[備考] 山梨大学
【共同・受託研究】
[1]. 出資金による受託研究 平成30年度IoTサービス創出支援事業「富士山登山における事前防災サービス創出事業」
分担 ( 2018年6月 )
[相手先] 総務省
[2]. 出資金による受託研究 富士川河口断層帯における重点的な調査観測 サブテーマ(6)地域研究会 
分担 ( 2017年4月 ~ 2019年3月 )
[相手先] 東京大学
[備考] 分担責任者 研究代表 佐藤比呂志
[3]. 学内共同研究 不確実な地震予知情報が社会及び個人の防災行動に与える影響の評価研究
分担 ( 2017年1月 )
[相手先]
[備考] 代表 産総研 大谷竜
[4]. 国内共同研究 原子力災害と自然災害の複合災害における自治体の防災活動に関する調査研究
分担 ( 2015年7月 )
[相手先] 三菱重工業株式会社
[5]. 学内共同研究 AAR(After Action Review)研究会委員
分担 ( 2015年4月 )
[相手先]
[備考] 代表 林春男
【科学研究費助成事業】
[1]. 土砂災害の予兆検知のための遠距離高精度計測法の汎用化に関する研究 ( 2017年4月 ~ 2020年3月 ) 基盤研究(C) 分担
【受賞】
[1]. 防災功労者防災担当大臣表彰 (2018年9月)
[授与機関] 内閣府
【その他学術研究活動】
[1]. 平成30年北海道胆振東部地震被災地調査 (2018年9月 )
[2]. 平成30年豪雨災害 岡山県倉敷市真備地区の被災地調査 (2018年7月 )
[3]. 九州北部豪雨 被災地調査 (2017年7月 )
[4]. ネパール地震2周年 復興状況調査、パタン防災センター完成記念講演 (2017年4月 )
[5]. 熊本地震 被災地現地調査 (2016年4月 )

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 全学教育科目(共通科目) 災害時におけるリスク危機マネジメント (2018年度 - 後期 )
[備考] 副担当教員
[2]. 全学教育科目(共通科目) 社会資本マネジメント論 (2018年度 - 後期 )
[備考] 主担当教員
[3]. 全学教育科目(共通科目) 実践からの防災行政論 (2018年度 - 前期 )
[備考] 主担当教員
[4]. 大学院科目(修士) 地域創造演習Ⅰ (2018年度 - 前期 )
[備考] 副担当教員
[5]. 全学教育科目(共通科目) 地震防災 (2018年度 - 後期 )
[備考] 副担当教員

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 講演会 コミュニティFM 東海地区協議会 講演 (2019年3月 )
[内容] 「減災から防災社会の構築」
[備考] 2019/03/15 50名
[2]. 講演会 中日懇話会 講演 (2019年3月 )
[内容] 「減災から防災社会へ」
[備考] 2019/03/22 80名
[3]. 講演会 伊東市議会議員防災研修会 講演 (2019年2月 )
[内容] 「減災から防災社会の構築」
[備考] 2019/02/13 60名
[4]. 講演会 地域防災力向上シンポジウムin静岡2019(主催:消防庁、静岡県他) 基調講演 (2019年2月 )
[内容] 「減災から防災社会の構築へ」
[備考] 静岡県立大学 2019/02/03 700名
[5]. 研修会 内閣府防災スペシャリスト養成講座 (2019年2月 )
[内容] コーディネーター・講師
[備考] 有明 2019/02/07~08 60名
【報道】
[1]. 新聞 第432回中日懇話会 減災から防災 想像力を (2019年3月23日)
[備考] 中日新聞朝刊32面
[2]. テレビ 防災ボイス 通電火災を起こさない (2019年3月14日)
[備考] NHK総合 たっぷり静岡 18:10~
[3]. テレビ 南海トラフ”臨時情報”対応検討でモデル地区選定へ (2019年3月13日)
[備考] NHK総合 たっぷり静岡 18:10~
[4]. テレビ 防災ボイス 災害史を防災に生かす (2019年3月13日)
[備考] NHK総合 たっぷり静岡 18:10~
[5]. テレビ 防災ボイス 命を守る 耐震診断・補強 (2019年3月12日)
[備考] NHK総合 たっぷり静岡 18:10~
【学外の審議会・委員会等】
[1]. 火山防災エキスパート (2019年1月 - 2020年12月 ) [団体名] 内閣府
[活動内容]技術的助言 意見交換
[2]. 防災会議委員 (2018年10月 - 2020年10月 ) [団体名] 静岡県
[活動内容]地域防災計画への助言
[3]. 南海トラフ巨大地震に備えた災害ボランティアネットワーク委員会委員 (2018年8月 - 2019年3月 ) [団体名] 特定非営利活動法人静岡県ボランティア協会
[活動内容]ボランティア活動体制と広域連携のしくみを具体化させる
[4]. 都市計画マスタープラン等アドバイザー会議 委員 (2018年7月 ) [団体名] 島田市
[5]. 島田市都市計画マスタープラン等アドバイザー会議委員 (2018年6月 - 2020年5月 ) [団体名] 島田市
[活動内容]助言

国際貢献実績

【その他国際貢献実績】
[1]. ネパール地震2周年復興状況調査、パタン防災センター完成記念講演 (2017年1月 )
[2]. ネパールゴルカ地震の被災地支援 (2015年6月 )
[備考] 2015年4月25日のネパールゴルカ地震の被災地訪問調査、被災地住民への防災研修会実施 静岡県ボランティア協会を通じての現地学校建設協力

管理運営・その他