トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 幸田 るみ子 (KODA Rumiko)

幸田 るみ子 (KODA Rumiko)
教授
学術院人文社会科学領域 - 人間・社会系列 人文社会科学部 - 社会学科
大学院人文社会科学研究科 - 臨床人間科学専攻
こころの相談室


image-profile
最終更新日:2022/06/24 9:39:11

教員基本情報

【取得学位】
カウンセリング修士  筑波大学   1993年3月
博士(医学)  昭和大学医学研究科   2005年11月
【研究分野】
社会科学 - 心理学 - 臨床心理学
【所属学会】
・日本サイコオンコロジー学会
・日本精神神経学会
・日本自律訓練学会
・日本うつ病学会
・日本東洋医学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. 喫煙と統合失調症患者の精神症状の関連に関する検討
精神科治療学 35(8)/ 885-894- (2020年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 大坪天平、熊田貴之、田中克俊、山田浩樹、幸田るみ子
[2]. 精神療法における精神科医と心理士の連携
臨床精神医学 (49)1/ 13-18- (2020年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 幸田るみ子
[3]. A Cross-cultural Comparison of Landscape Montage Technique between the US and Japanese students―Focusing on the Large Items and the Type of Composition―
静岡大学心理臨床研究 18/ 3-12 (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] R. Koda, K. Yoshida, Y. Ogawa, T. Yuno, H. Kasai
[4]. 強迫買い物症に関連する要因の共分散構造分析を用いた検討ー女性看護師を対象としたアンケート調査よりー
精神科治療学 34/1 107-116 (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 大坪天平、田中克俊、高塩 理、幸田るみ子
[5]. 緩和ケア病棟入院中がん患者家族の予期悲嘆と抑うつおよび愛着の関連
精神科 (vol)29/(num)6 524- 530 (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]幸田 るみ子 [共著者]大坪天平,金石佳祐,豊田紀夫,高山裕子,井上明美
【著書 等】
[1]. 保健医療心理学特論-保健医療分野に関する理論と支援の展開―
放送大学教育振興会 (2022年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 分担執筆
[著者]小林真理子 [担当範囲] 第5章支援の実際②:発達障害-成人期発達障害に焦点を当てて- 第6章支援の実際③:うつ病の復職支援269 [総頁数] 269 [担当頁] 30

[2]. 介護福祉士用語集
ミネルヴァ書房 (2021年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 分担執筆
[3]. 公認心理師カリキュラム準拠「人体の構造と機能及び疾病」
医歯薬出版 (2019年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 単著
[著者]武田克彦ほか編 [担当範囲] 7章 精神疾患の理解 [総頁数] 221 [担当頁] 13
[4]. 公認心理師カリキュラム準拠「精神疾患とその治療」
医歯薬出版(株) (2019年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共編者
[著者]三村將,幸田るみ子,成本迅 [総頁数] 233
[5]. 心理臨床と身体の病
放送大学教育振興会 (2016年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]幸田 るみ子,小林真理子
[備考] 1.医療システムにおける心理臨床(9-24) 13.脳血管障害と心理臨床(191-208) 14.更年期障害と心理臨床(209-223) 
【学会発表・研究発表】
[1]. 日本人の死別後悲嘆に対するミーニング・センタード・サイコセラピー:混合研究法による検討
日本サイコオンコロジー学会 (2021年10月) 招待講演以外
[発表者]幸田るみ子
[2]. 妊孕性温存を検討するがん患者と医療者とのコミュニケーション こんな時どんな声かけをしたらよいか
第10回日本がん・生殖医療学会 (2020年2月15日) 招待講演以外
[発表者]幸田るみ子,橋本知子
[備考] がん生殖医療学会、ソニックシティ大宮
[3]. オキシトシンの分泌を介した加味帰脾湯の抗ストレス作用
第70回日本東洋医学会学術総会 (2019年6月) 招待講演以外
[発表者]砂川正隆、塚田 愛、藤原亜季、手塚千明、樫尾明彦、高島 将、幸田るみ子、石野尚吾、久光 正ほか
[備考] 東京
[4]. ストレスに対する漢方治療
昭和大学東洋医学研究会 (2018年7月) 招待講演以外
[発表者]幸田るみ子
[5]. A Cross-cultural Comparison of Landscape Montage Technique between the US and Japanese students.
国際ロールシャッハ投影法学会 (2017年6月) 招待講演以外
[発表者]吉田加代子,幸田るみ子,小川裕美子,湯野貴子
[備考] フランス、パリ
【科学研究費助成事業】
[1]. がん患者遺族の悲嘆に対するミーニング・センタード・サイコセラピーの有効性の検証 ( 2019年4月 ~ 2023年3月 ) 基盤研究(C) 代表
【その他学術研究活動】
[1]. 厚生労働省科学研究費補助金がん対策推進総合研究事業 「小児・AYA世代がん患者に対する長期生殖機能温存に関わる心理支援体制の均てん化および適切な長期検体温存方法の提案に向けた研究」 (2020年9月 - 2021年3月 )
[備考] 上記の中の研究テーマの1つ、「がん・生殖医療における心理教育プログラムの開発と介入の効果検証」の研究協力者
[2]. 日本心理臨床学会第38回大会会員企画シンポジウム「がん患者の妊娠、出産、育児に寄り添う心理支援」企画者 (2019年6月 )
[3]. 日本心理臨床学会第38回大会事例報告「喪失体験後に様々な身体症状を呈した老年期うつ病への関わり」指定討論者 (2019年6月 )
[4]. 日本心理臨床学会第38回大会会員企画シンポジウム「がん医療における心理臨床-高齢がん患者と家族を対象とした医療の現場から-」企画・指定討論者 (2019年6月 )
[5]. 第115回日本精神神経学会学術総会委員会シンポジウム「公認心理師との協働と『医師の指示』」企画・指定発言者 (2019年6月 )

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 全学教育科目(共通科目) 新入生セミナー (2022年度 - 前期 )
[2]. 学部専門科目 研究演習Ⅰ (2022年度 - 前期 )
[3]. 学部専門科目 卒業演習Ⅰ (2022年度 - 前期 )
[4]. 学部専門科目 心理実習 (2022年度 - 前期 )
[5]. 大学院科目(修士) 精神医学特論(保健医療分野に関する理論と支援の展開) (2022年度 - 前期 )
【指導学生数】
2021年度
卒研指導学生数(3年) 1 人
卒研指導学生数(4年) 1 人
修士指導学生数 1 人
2020年度
卒研指導学生数(3年) 1 人
卒研指導学生数(4年) 2 人
修士指導学生数 1 人
2019年度
卒研指導学生数(3年) 1 人
卒研指導学生数(4年) 1 人
修士指導学生数 3 人
2018年度
卒研指導学生数(3年) 1 人
卒研指導学生数(4年) 2 人
修士指導学生数 2 人
2017年度
卒研指導学生数(3年) 2 人
卒研指導学生数(4年) 4 人
修士指導学生数 2 人

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 講演会 昭和大学東洋医学研究会 (2021年10月 )
[内容] ストレスに対する漢方治療
[備考] 昭和大学(東京)
[2]. 研修会 緩和ケア研修会(厚生労働省委託事業PEACEプロジェクト) (2021年9月 )
[内容] ガンに関わる全ての医師の質の向上のための研修会:気持ちのつらさとせん妄の講義、コミュニケーション技術の向上のための研修会
[備考] Jcho東京新宿メディカルセンター
[3]. 研修会 緩和ケア研修会(厚生労働省委託事業PEACEプロジェクト) (2021年3月 )
[内容] ガンに関わる全ての医師の質の向上のための研修会:気持ちのつらさとせん妄の講義、コミュニケーション技術の向上のために
[備考] Jcho東京新宿メディカルセンター
[4]. セミナー みなの会セミナー (2021年3月 )
[内容] 「ストレスと睡眠障害」
[備考] 静岡市葵学習センター
[5]. 講演会 昭和大学東洋医学研究会 (2021年2月 )
[内容] ストレスに対する漢方治療
[備考] 昭和大学(東京)
【報道】
[1]. その他 CLINICAL ANGLESS IN PSYCHIATRY 第19号 (2017年3月)
[概要]精神科における西洋医学と東洋医学の融合(インタビュー)
【学外の審議会・委員会等】
[1]. 日本精神神経学会 心理技術職の国家資格化に関する委員会委員 (2019年8月 - 2022年7月 ) [団体名] 日本精神神経学会
[活動内容]心理士国家資格化の支援とカリキュラムおよび試験体制の整備を側面から支援・助言していく
[2]. 日本サイコオンコロジー学会代議員 (2019年6月 - 2021年5月 ) [団体名] 日本サイコオンコロジー学会
[活動内容]緩和ケアの啓発活動
[3]. 公認心理師試験委員会 (2019年6月 - 2023年3月 ) [団体名] 日本心理研修センター(厚生労働省及び文部科学省委託事業)
[活動内容]公認心理師試験(国家試験)問題の作成・校正・分析
[4]. 地域連携推進委員会外部委員 (2018年10月 - 2022年3月 ) [団体名] 東京新宿メディカルセンター
[5]. 臨床心理士養成大学院協会 理事 (2017年7月 - 2019年7月 ) [団体名] 臨床心理士養成大学院協会

国際貢献実績

管理運営・その他

【所属長等】
[1]. こころの相談室長 (2020年4月 - 2022年3月 )
[2]. こころの相談室長 (2018年4月 - 2020年3月 )