氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 松本 剛昭 (MATSUMOTO Yoshiteru)

松本 剛昭 (MATSUMOTO Yoshiteru)
准教授
学術院理学領域 - 化学系列 理学部 - 化学科
大学院総合科学技術研究科理学専攻 - 化学コース








image-profile
最終更新日:2018/07/28 2:29:00

教員基本情報

【取得学位】
博士(理学)  東北大学   2001年3月
【研究分野】
化学 - 基礎化学 - 物理化学
【相談に応じられる教育・研究・社会連携分野】
物理化学
【現在の研究テーマ】
超高感度赤外吸収分光法による極低温分子クラスターの水素結合構造の解明
【研究キーワード】
クラスター科学, レーザー分光学
【所属学会】
・日本分光学会
・分子科学会
・日本化学会
【個人ホームページ】
https://sites.google.com/site/shizuokamatsulab/
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. Synthesis of a C3-symmetric tris-imine via dynamic covalent bond formation between a trialdehyde and a triamine
Tetrahedron Letters 58/(num) 4612-4616 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]Masamichi Yamanaka [共著者]Keiko Nakada,Seiya, Kondo
[2]. Identification of crystalline structures in jet-cooled acetylene large clusters studied by two-dimensional correlation infrared spectroscopy
The Journal of Chemical Physics 147/4 044302- (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]Yoshiteru Matsumoto [共著者]Ryuto Yoshiura,Kenji Honma
[3]. Microsolvation of the pyrrole cation (Py+) with nonpolar and polar ligands: Infrared spectra of Py+-Ln with L= Ar, N2, and H2O (n≤ 3)
Physical Chemistry Chemical Physics 19/ 3970-3986 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]Otto Dopfer [共著者]Yoshiteru Matsumoto
[4]. Reaction dynamics of Al + O2 → AlO + O studied by a crossed-beam velocity map imaging technique: Vib-rotational state selected angular-kinetic energy distribution
The Journal of Chemical Physics 140/21 214304- (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]Kenji Honma [共著者]Kazuki Miyashita,Yoshiteru Matsumoto
[5]. Cyclic structure of pyrrole - acetone binary clusters: Comparative study of the N-H...O=C hydrogen bond
Chemical Physics Letters 578/ 43-48 (2013年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]Yoshiteru Matsumoto [共著者]Jun-ichi Iwamoto,Kenji Honma
【著書 等】
[1]. 分光測定入門シリーズ、5可視・紫外分光法、4.4キャビティリングダウン分光法
講談社サイエンティフィク (2009年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著等の別] 共著
[著者]松本 剛昭
【学会発表・研究発表】
[1]. 2D Correlation IR Spectroscopy of Pyrrole Self-Aggregate Clusters in Gas-Phase
9th International Symposium on Two-Dimensional Correlation Spectroscopy (2017年6月) 招待講演
[発表者]Yoshiteru Matsumoto,Souichi Tezuka
[備考] University of Victoria, Victoria, Canada
[2]. Two-dimensional Correlation IR Spectroscopy of Molecular Large Clusters in a Supersonic Jet
The 6th Asian Spectroscopy Conference (2017年1月) 招待講演
[発表者]Yoshiteru Matsumoto
[備考] National Tsing Hua University, Hsinchu, Taiwan
[3]. Study on hydrogen-bonded structures of acetylene large clusters by two-dimensional correlation IR spectroscopy
Pacifichem 2015 (2015年12月) 招待講演
[発表者]Yoshiteru Matsumoto,Ryuto Yoshiura,Kenji Honma
[備考] Honolulu, Hawaii, USA
[4]. Flexible configurations of N-H...O=C hydrogen bonds for pyrrole-ketone binary clusters studied by IR cavity ringdown spectroscopy
Pacifichem 2015 (2015年12月) 招待講演
[発表者]Yoshiteru Matsumoto,Kenji Honma
[備考] Honolulu, Hawaii, USA
[5]. 二次元相関赤外分光法によるアセチレン巨大クラスターの構造異性体と温度依存性の研究
第9回分子科学討論会 (2015年9月) 招待講演以外
[発表者]松本 剛昭,吉浦竜斗,本間健二
[備考] 東京工業大学大岡山キャンパス
【科学研究費助成事業】
[1]. 気相分子の可視円偏光二色性観測のための蝶タイ型キャビティ増強吸収分光法の開発 ( 2014年4月 ~ 2017年3月 ) 基盤研究(C) 代表

[2]. 気相分子の円二色性観測を目指した蝶タイ型キャビティリングダウン分光装置の開発 ( 2012年4月 ~ 2014年3月 ) 挑戦的萌芽研究 代表

[3]. 交差ジェット‐赤外分光による水和クラスターの水素結合構造と揺らぎの研究 ( 2010年4月 ~ 2012年3月 ) 特定領域研究 代表

[4]. 赤外吸収分光によるナノサイズ巨大水和クラスターの水素結合ネットワークの研究 ( 2008年4月 ~ 2010年3月 ) 若手研究(B) 代表

[5]. 交差ジェット‐赤外分光による巨大サイズ水クラスターの水素結合構造と揺らぎの研究 ( 2008年4月 ~ 2010年3月 ) 特定領域研究 代表

【外部資金(科研費以外)】
[1]. (2015年9月 ) [提供機関] 公益財団法人浜松科学技術研究振興会 [制度名] 平成27年度科学技術試験研究助成金
[2]. (2013年11月 - 2014年11月 ) [提供機関] 住友財団 [制度名] 基礎科学研究助成
【受賞】
[1]. 日本分光学会論文賞 (2004年5月)
【学会・研究会等の開催】
[1]. International Symposium of Diversity of Chemical Reaction Dynamics (2017年7月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] じばさんビル901会議室(兵庫県姫路市)
[2]. 分子研研究会「次世代分子科学に向けた複合研究討論会」 (2012年3月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 分子科学研究所(岡崎市)

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 学部専門科目 化学Ⅱ(物理化学B) (2017年度 - 後期 )
[2]. 学部専門科目 量子化学Ⅰ (2017年度 - 後期 )
[3]. 学部専門科目 量子化学Ⅱ (2017年度 - 前期 )
[4]. 大学院科目(修士) 化学特別演習Ⅰ (2017年度 - 前期 )
[備考] 副担当
[5]. 大学院科目(修士) 化学特別演習Ⅱ (2017年度 - 後期 )
[備考] 副担当
【指導学生数】
2017年度
修士指導学生数 3 人
2016年度
修士指導学生数 1 人
2015年度

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 公開講座 サイエンスカフェin静岡 第107話 (2016年6月 )
[内容] ”マイナス270℃で気体としてふるまう物質”という演題で、超音速ジェット中に生成する極低温分子クラスターの構造について初学者にわかるよう解説した。
[備考] 開催場所:B-nest 静岡市産学交流センター 開催日時:2016年6月30日(木)18:00~19:30

国際貢献実績

管理運営・その他