トップページ  > 教員個別情報  > 学会発表・研究発表

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 木村 洋子 (KIMURA Yoko)

学会発表・研究発表

【学会発表・研究発表】
[1]. 持続的な熱ストレス時の細胞内変化と機能制御
第23回酵母合同シンポジウム (2021年9月3日) 招待講演
[発表者]木村洋子
[URL]
[備考] オンライン開催 酵母細胞研究会 第23回酵母合同シンポジウム実行委員会
[2]. ICAの代謝産物であるS-ICAr-Hの存在意義についての研究
日本農芸化学会大会 (2021年3月) 招待講演以外
[発表者]古田島 美颯1、崔 宰熏1,2,4、呉 静2、謝 肖男3、木村 洋子4、道羅 英夫2、大西 利幸4、平井 浩文1,2,4、浅川 倫宏5、大内 仁志6、稲井 誠6、菅 敏幸6、河岸 洋和
[3]. 液胞の形態変化からみる熱ストレス応答と液胞膜ホメオスタシス
Biothermology Workshop (2020年12月23日) 招待講演
[発表者]木村洋子
[備考] オンライン開催 
[4]. 持続的な熱ストレスによる出芽酵母の液胞の形態変化
第93回日本生化学会大会 (2020年9月) 招待講演以外
[発表者]木村洋子
[備考] Zoomによる開催 
[5]. 持続的な熱ストレス時の液胞形態変化と液胞形態維持機構の解析
第53回酵母遺伝学フォーラム (2020年9月) 招待講演以外
[発表者]小山彩、林加奈、石井彩音、渡邊祐希、高橋直花、木村洋子
[備考] Zoomによる開催
[6]. 酵母Alixファミリータンパク質とその標的タンパク質との 特異的相互作用の解析
日本生化学会中部支部例会 (2020年5月) 招待講演以外
[発表者]浅川琴美、木村洋子
[備考] 紙面発表
[7]. 熱ストレスによる液胞膜の陥入形成とAtg8による制御機構の解明
Biothermology Workshop 2019 (2019年12月26日) 招待講演以外
[発表者]木村洋子
[8]. 液胞膜陥入におけるAtg8の役割
第42回日本分子生物学会  (2019年12月4日) 招待講演以外
[発表者]木村洋子
[備考] 福岡国際会議場
[9]. Atg8 による液胞膜ホメオスタシス制御機構の解明
酵母遺伝学フォーラム第52回研究報告会 (2019年9月4日) 招待講演以外
[発表者]石井彩音、黒川量雄、小山彩、堀田美友、吉崎涼香、栗田真紀、中野明彦、木村洋子
[備考] 静岡市清水文化会館 酵母遺伝学フォーラム
[10]. 酵母Bro1ファミリータンパク質のVドメインとYP(X)nLモチーフタンパク質との特異的相互作用の解析
酵母遺伝学フォーラム第52回研究報告会 (2019年9月4日) 招待講演以外
[発表者]浅川琴美、木村洋子
[備考] 静岡市清水文化会館
[11]. ユビキチン過剰発現によるシグナルペプチダーゼ複合体サブユニットSpc2変異体の高温感受性の回復
酵母遺伝学フォーラム第52回研究報告会 (2019年9月4日) 招待講演以外
[発表者]吉川宗孝、増田亮、森内良太、道羅英夫、木村洋子
[備考] 静岡市清水文化会館
[12]. The role of Atg8 in the regulation of vacuole membrane homeostasis
Gordon Research Conference, Molecular Membrane Biology (2019年7月) 招待講演以外
[発表者]Ayane Ishii, Norio Kurokawa, Aya Koyama, Miyuu Hotta, Suzuka Yoshizaki, Maki Kurita, Akihiko Nakano, and Yoko Kimura
[備考] アメリカ合衆国、ニューハンプシャー州 https://www.grc.org/molecular-membrane-biology-conference/
[13]. 出芽酵母における持続的熱ストレス時の液胞膜陥入形成の制御
Biothermology Workshop 2018 (2018年12月25日) 招待講演以外
[発表者]木村洋子
[備考] 岡崎カンファレンスセンター 
[14]. 酵母Bro1ファミリータンパク質のVドメインとYP(X)nLモチーフタンパク質との特異的相互作用の解析
第91回日本生化学会大会 (2018年9月24日) 招待講演以外
[発表者]浅川琴美、木村洋子
[備考] 国立京都国際会館
[15]. シグナルペプチターゼ複合体サブユニットpsc2変異体のユビキチン過剰発現による高温感受性の回復
第91回日本生化学会大会 (2018年9月24日) 招待講演以外
[発表者]吉川宗孝、増田亮、森内良太、道羅英夫、木村洋子
[備考] 国立京都国際会館
[16]. Atg8による熱ストレス時の液胞膜陥入形成の制御
酵母遺伝学フォーラム第51回報告会 (2018年9月10日) 招待講演以外
[発表者]石井彩音、黒川量雄、中野明彦、木村洋子
[備考] 九州大学
[17]. 持続的な熱ストレスに対する熱耐性獲得機構の解明
大隅基礎科学創成財団 第4回創発セミナー (2018年6月22日) 招待講演
[発表者]木村 洋子
[備考] 大隅基礎科学創成財団 東京 学士会館
[18]. Analysis of specific interactions between yeast Bro1 family V domains and YP(X)nL motif-containing target proteins
New Horizons in ESCRT Biology, A Biochemical Society Scientific Meeting (2018年4月) 招待講演以外
[発表者]K. Asakawa,Y. Kimura
[備考] London UK Biochemical Society
[19]. Green soybean extract increases neuritogenesis in SH-SY5Y cells and BDNF expression in mouse brain.
日本薬学会年会 (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]Pervin M,Unno K et al
[備考] 日本薬学会
[20]. 持続的な熱ストレスによる核膜複合体の局在変化
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) (2017年12月) 招待講演以外
[発表者]山井崇文,吉川宗孝,木村洋子
[備考] 神戸
[21]. ユビキチン過剰発現によりアミノ酸アナログ感受性が抑圧される変異株の探索
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) (2017年12月) 招待講演以外
[発表者]増田亮,筒井優,木村洋子
[備考] 神戸
[22]. 環境変化とそれに応答する細胞内変化の再発見 Introduction
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) (2017年12月) 招待講演以外
[発表者]木村 洋子
[備考] 神戸
[23]. 持続的な熱ストレスに応答する酵母の液胞の形態変化
2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017) (2017年12月) 招待講演以外
[発表者]木村 洋子
[備考] 神戸
[24]. 酵母を用いた持続的な熱ストレスに対する液胞構造の変化の解析
日本農芸化学会中部第180回支部例会 (2017年10月) 招待講演以外
[発表者]石井彩音,木村 洋子
[備考] 名古屋大学
[25]. 持続的熱ストレスに対する液胞の陥入構造の亢進
酵母遺伝学フォーラム第50回研究報告会 (2017年9月) 招待講演以外
[発表者]石井彩音,川井理仁,野田遥香,竹田航平,木村洋子
[備考] 東京大学 
[26]. 出芽酵母における持続的熱ストレス応答の解析
第39回日本分子生物学会年会 (2016年12月) 招待講演以外
[発表者]竹田航平,石井彩音,加藤寛之,川井理人,木村洋子
[備考] 横浜 
[27]. Analysis of interaction between yeast Bro1 V domains and YP(X)nL motif-containing target proteins
14th International Congress of Yeasts, ICY2016 (2016年9月) 招待講演以外
[発表者]木村 洋子
[備考] Awaji Yumebutai, Hyogo, Japan
[28]. 酵母Bro1 VドメインとYP(X)nLモチーフを持つターゲットタンパク質との相互作用の解析
BMB2015〈日本生化学会・日本分子生物学会合同年会) (2015年12月) 招待講演以外
[発表者]木村 洋子,他6名
[備考] 神戸
[29]. 酵母Bro1およびRim20のV ドメインの解析
第48回 酵母遺伝学フォーラム 研究報告会 (2015年9月) 招待講演以外
[発表者]木村 洋子,他6名
[備考] 広島大学  酵母遺伝学ファーラム
[30]. タンパク質の構造と遺伝
静岡ライフサイエンスシンポジウム (2015年3月) 招待講演
[発表者]木村 洋子
[備考] 静岡若手フォーラム
[31]. エンドソーム関連タンパク質Bro1とユビキチンの制御因子Rfu1の相互作用の解析
第37回日本分子生物学会年会 (2014年11月) 招待講演以外
[発表者]木村 洋子,川脇純子,田中啓二
[備考] 横浜 日本分子生物学会
[32]. VCP/Cdc48過剰発現スクリーニングから得られたgpi10変異体の解析
酵母遺伝学フォーラム、第47回研究報告会 (2014年9月) 招待講演以外
[発表者]大沼洋平,木村洋子,川脇純子,田中啓二,垣塚彰
[備考] 東京大学農学部