氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 加藤 英明 (KATO Hideaki)

加藤 英明 (KATO Hideaki)
講師
学術院教育学領域 - 理科教育系列 教育学部 - 教科教育学専攻
大学院教育学研究科 - 学校教育研究専攻







image-profile
最終更新日:2018/06/21 2:06:00

教員基本情報

【取得学位】
博士(農学)  岐阜大学   2007年3月
【研究分野】
生物学 - 基礎生物学 - 生物多様性・分類
総合生物 - 生物資源保全学 - 生物資源保全学
【現在の研究テーマ】
動物の系統と進化に関する研究
外来生物が生態系に及ぼす影響に関する研究
絶滅の恐れのある野生生物の保護に関する研究
【研究キーワード】
分類, 系統, 進化, 生物地理, 保全
【所属学会】
・ 日本生態学会
・ 日本生物地理学会
・ 日本爬虫両棲類学会
【個人ホームページ】
http://shizuokakameken.seesaa.net/
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. 教科専門大学教員による中学生を対象とした科学講座の効果と課題
静岡大学教育実践総合センター紀要 /(28) 117-120 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[共著者]小南陽亮, 本多和仁, 加藤英明, 延原尊美, 雪田聡

[2]. 静岡県公立学校におけるミシシッピアカミミガメTrachemys scripta elegansの飼育の現状に関する調査
静岡大学教育実践総合センター紀要 /(28) 121 -124 (2018年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[責任著者]加藤 英明

[3]. 静岡県産アムールハリネズミErinaceus amurensis から得られた寄生虫
日本野生動物医学会誌 22/(3) 47-50 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[共著者]竹内 萌香, 加藤 英明, 浅川 満彦

[4]. 小学校で飼育されていた淡水カメ類から得られた寄生虫
爬虫両棲類学会報 2017/(1) 37- 39 (2017年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[共著者]吉田 圭太, 加藤 英明, 浅川 満彦

[5]. 静岡県内で捕獲されたスウィンホーキノボリトカゲから得られた寄生線虫
爬虫両棲類学会報 2017/(1) 39-41 (2017年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[共著者]吉田 圭太, 加藤 英明, 浅川 満彦

【著書 等】
[1]. ビバリウムガイド80号
エムピージェー (2018年)
[著書の別]その他
[単著・共著・編著の別] 共著
[著者名]加藤 英明ほか
[備考] 共著分担箇所(マダガスカルの自然と動物, ラボードカメレオンと寿命.pp.78-85)概要:マダガスカル島とカメレオン, 環境と寿命など. 、ラボードカメレオンFurcifer labordi, ウスタレカメレオンFurcifer oustaleti, キュビエブキオトカゲOplurus cuvie

[2]. ビバリウムガイド79号
エムピージェー (2017年)
[著書の別]その他
[単著・共著・編著の別] 共著
[著者名]加藤 英明ほか
[備考] 共著分担箇所(インドネシアの自然と動物, コモドオオトカゲとフローレス島.pp.80-85)概要:コモドオオトカゲの生態, 起源と分散の歴史, フローレス島の現状など. コモドオオトカゲVaranus komodoensis.

[3]. 世界の美しいトカゲ
パイインターナショナル (2017年)
[著書の別]その他
[単著・共著・編著の別] 単著
[著者名]加藤 英明

[4]. ビバリウムガイド78号
エムピージェー (2017年)
[著書の別]その他
[単著・共著・編著の別] 共著
[著者名]加藤 英明ほか
[備考] 共著分担箇所(カタールの自然と動物,トゲオアガマの暮らし.pp.78-83)概要:砂漠に生息するトゲオアガマの生態や現状など. コウロコトゲオアガマUromastyx aegyptia microlepis,アラビアガマトカゲPhrynocephalus arabicus, スレヴィンハリユビヤモ

[5]. ビバリウムガイド77号
エムピージェー (2017年)
[著書の別]その他
[単著・共著・編著の別] 共著
[著者名]加藤 英明ほか
[備考] 共著分担箇所(ケイマン諸島の自然と動物,後編,リトルケイマンツチイグアナの現状.pp.78-83)概要:リトルケイマン島とケイマンブラック島に生息する絶滅危惧種リトルケイマンツチイグアナCyclura nubila caymanensisの生態,遺伝子汚染など.リトルケイマンゼンマイトカゲLeioc

【学会発表・研究発表】
[1]. 学校飼育動物カメ類の寄生虫を教材化する試み―「正しく感染症をおそれる」学習効果を期して
日本生物地理学会 2018年度大会 (2018年4月) 招待講演以外
[発表者]浅川満彦, 加藤英明

[2]. 飼育カメ類の寄生蠕虫保有状況とその問題点
第19回日本カメ会議 (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]吉田圭太, 加藤英明, 浅川満彦

[3]. 静岡大学の生物保全実習地におけるニホンイシガメの繁殖の試み
第19回日本カメ会議 (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]赤堀みなみ, 種本怜, 岡田涼, 前川里奈, 加藤英明

[4]. 市民参加型で行う外来カメ類の防除の効果
第19回日本カメ会議 (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]相垣梓, 木ノ内洸也, 内田萌友, 相島諒, 加藤英明

[5]. アカミミガメによるイネの食害の現状
第19回日本カメ会議 (2018年3月) 招待講演以外
[発表者]嶋田真奈美, 堀川さつき, 加藤英明

【科学研究費助成事業(科研費)】
[1]. 国内外来爬虫類が分布拡大の最前線で在来生態系に与える影響 ( 2017年4月 ~ 2021年3月 ) 基盤研究(C) 分担

[2]. 淡水カメ類の現状から生物多様性を学ぶ教材教育プログラムの開発とその普及 ( 2015年4月 ~ 2017年3月 ) 若手研究(B) 代表
【受賞・研究助成等】
[1]. 研究助成 (全国) 自然再生協議会 湿地再生・植生管理部会「多様性のある湿地環境の再生と子供たちの自然体験活動の推進」 (2014年4月 - 2015年3月 )
[備考] 公益財団法人河川財団河川整備基金助成事業
[2]. 研究助成 (全国) 自然再生協議会 湿地再生・植生管理部会「多様性のある湿地環境の再生と子供たちの自然体験活動の推進」 (2013年1月 - 2014年3月 )
[備考] 公益財団法人河川財団河川整備基金助成事業
【学会・研究会等の開催】
[1]. 第60回日本生態学会大会 (2013年3月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 静岡県静岡市
[備考] 実行委員、大会参加者2,300名

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 全学教育科目(共通科目) 新入生セミナー (2017年度 - 前期 )
[クラス名] 教(理科1)
[2]. 学部専門科目 系統生物学 (2017年度 - 後期 )
[クラス名] 理科
[3]. 学部専門科目 進化生物学 (2017年度 - 前期 )
[クラス名] 理科
[4]. 学部専門科目 生物学原書講読 (2017年度 - 後期 )
[クラス名] 理科
[5]. 大学院科目(修士) 理科内容論Ⅲ(生物) (2017年度 - 後期 )
[クラス名] M理
【指導学生数】
2018年度
学部指導学生数 10 人
修士指導学生数 1 人
2017年度
学部指導学生数 10 人
修士指導学生数 2 人
2016年度
学部指導学生数 9 人
2015年度
学部指導学生数 5 人
【非常勤講師(本学以外)】
[1]. 放送大学 (2015年10月 - 2017年3月 )
[備考(科目名・担当分野等)] 自然・環境(カメからわかる身近な環境)
[2]. 東海大学 短期大学部 (2015年4月 - 2017年3月 )
[備考(科目名・担当分野等)] 自然の世界、現代文明論
[3]. 東海大学 短期大学部 (2012年10月 - 2015年3月 )
[備考(科目名・担当分野等)] 生命と倫理
[4]. 東海大学 海洋学部 (2011年4月 - 2014年3月 )
[備考(科目名・担当分野等)] 生命と環境, テクノロジーと社会
[5]. 富士常葉大学 環境防災学部 (2008年4月 - 2010年3月 )
[備考(科目名・担当分野等)] 生物の世界Ⅰ, 生物の世界Ⅱ, 環境の調査(担当;爬虫類と両生類)

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 出張講義 藤枝市藤岡小学校 環境教育講座 (2018年3月 )
[内容] 講師:環境教育講座, カメの飼い方(1学年)、カメの飼育環境を整える(2年生)
[備考] 藤枝市藤岡小学校
[2]. 出張講義 藤枝市藤岡小学校 環境教育講座 (2017年12月 )
[内容] 講師:環境教育講座, 外来種とは(6学年), 身近な環境(3学年)
[備考] 場所:藤枝市藤岡小学校
[3]. 出張講義 藤枝市藤岡小学校 環境教育講座 (2017年11月 )
[内容] 講師:環境教育講座, カメってどんないきもの(1学年), 生き物との正しい関わり方(2学年)
[備考] 場所:藤枝市藤岡小学校
[4]. 出張講義 静岡県環境学習指導員総合学習講座 (2017年11月 )
[内容] 講師:「身近な環境問題~生物多様性と外来生物~」
[備考] 場所:浜松市勤労会館Uホール24会議室(静岡県浜松市中区城北1丁目8−1)
[5]. 講演会 岐阜大学連合農学研究科環境講座「野生生物と環境」 (2017年10月 )
[内容] 講師:身近に潜む外来生物の脅威
[備考] 場所:岐阜大学サテライトキャンパス多目的講義室, 岐阜スカイウィング37棟東棟
【報道】
[1]. 新聞 希少爬虫類の魅力 本に 世界中で50種追った軌跡 (2018年6月20日)
[備考] 読売新聞朝刊28面
[2]. 新聞 静岡ひと 外来種調べ生態系守る (2018年5月27日)
[備考] 読売新聞朝刊29面
[3]. 雑誌 理科研のツチノコ事件 UMA事件の深層 奇怪!! 理科研のツチノコを追う (2018年4月1日)
[概要]ツチノコの飼育記録を検証
[備考] 月刊ムー,2018年4月No.449: 84-89.
[4]. テレビ ティラピア ~沖縄県 沖縄を牛耳る外来魚~ (2018年3月25日)
[概要]沖縄県に定着したティラピアの現状
[備考] 日本テレビ, 鉄腕ダッシュ
[5]. テレビ リス、アライグマ...かわいさに潜む脅威 県内住宅地で増える野生動物の実態 (2018年2月28日)
[概要]外来生物の脅威について
[備考] 静岡朝日テレビ, とびっきり静岡
【学外の審議会・委員会等】
[1]. 生物多様性はままつ戦略改訂部会 専門委員 (2017年5月 - 2019年1月 )
[活動内容]浜松市生物多様性地域戦略の推進に関する検討と助言
[2]. 静岡市こども読書活動推進協議会委員 学識委員 (2015年7月 - 2019年3月 )
[活動内容]静岡市が策定した静岡市子ども読書活動推進計画の効果的な実施と推進について検討する
[3]. 体験型動物園iZoo国際希少動物繁殖等共同研究推進委員会 学識委員 (2014年7月 - 2018年3月 )
[活動内容]爬虫類等国際希少動物の繁殖等の共同研究及び助言
[4]. 巴川流域麻機遊水地自然再生協議会 人と自然との持続的な関わりづくりの会 副会長 (2014年7月 - 2015年3月 )
[活動内容]麻機遊水地の、自然環境、教育面での活用についての助言を行う
[5]. 静岡市生物多様性地域戦略専門家検討会 委員 (2014年1月 - 2019年3月 )
[活動内容]静岡市生物多様性地域戦略の推進に関する検討と助言
【その他社会活動】
[1]. ラジオFM-Hi76.9, ラジオ島田FM76.5, 環境教育講座「ヒデ博士のワンダー!いきもの教室」 (2014年4月 - 2019年1月 )
[2]. ラジオ島田FM76.5環境教育講座「ヒデ博士の世界の生き物紹介」 (2012年10月 - 2014年1月 )
[3]. ラジオFM-Hi76.9環境教育講座「ヒデ博士の環境スクール」」 (2009年9月 - 2014年3月 )

国際貢献実績

管理運営・その他

【学内委員等】
[1]. 教育実習委員会 委員 (2018年4月 - 2019年3月 )
[2]. 小学校教員資格認定試験実施委員 委員 (2018年4月 - 2019年3月 )
[3]. 教職入門・教職実践演習実施委員 委員 (2017年4月 - 2018年3月 )
[4]. 学生・キャリアサポート委員会 委員 (2017年4月 - 2018年3月 )
[5]. 教育実習委員会 委員 (2016年4月 - 2017年3月 )