氏名(Name)
キーワード(Keyword)

トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : Casareto Beatriz (Casareto Beatriz)

Casareto Beatriz (Casareto Beatriz)
教授
学術院融合・グローバル領域 グリーン科学技術研究所 - グリーンバイオ研究部門
創造科学技術研究部 - 環境サイエンス部門
大学院総合科学技術研究科理学専攻 - 生物科学コース




氏名特記事項 :ミドルネーム エステラ

image-profile
最終更新日:2018/06/16 2:08:00

教員基本情報

【取得学位】
理学博士  ブエノスアイレス大学   1989年5月
【研究分野】
生物学 - 基礎生物学 - 生態・環境
【相談に応じられる教育・研究・社会連携分野】
環境・気候変動・海洋生物・沿岸生態系・CO2固定・バイオマス生産・サンゴ礁
【現在の研究テーマ】
有機物と栄養塩の循環、食物網の要素、海洋環境のプランクトンと微生物の研究
海洋酸性化の海洋生物に対する影響と一次生産・窒素固定や生物地球化学的循環とバイオマスとの関係の研究
サンゴの病気・白化のメカニズムと生態系の環境変動への適応と免疫システムの研究
【研究キーワード】
生態系の動態, 炭素窒素循環, サンゴの病気と白化, 基礎生産量, 窒素固定量, シアノバクテリア, ピコ・ナノプランクトン, マングローブ・海草群落, 生物生産・栄養塩循環, 深層水
【所属学会】
・ 日本海洋学会 [任期]2015年10月 -
・ 国際サンゴ礁学会 評議員 [任期]2015年1月 - 2019年1月
・ 日本サンゴ礁学会 編集幹事, 評議員, 国際連携委員会委員長 [任期]2010年7月 - 2019年3月
・ Association of Marine Laboratories of the Caribean [任期]2008年1月 -
・ 日本プランクトン学会 [任期]1990年1月 -
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. Numerical modelling of physiological and ecological impacts of ocean acidification on coccolithophores
Journal of Marine Systems 182/(num) 12-30 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Furukawa M
[共著者]Casareto Beatriz E., Sato T, Suzuki Y, Hirabayashi S
[URL]
[2]. 13C and 15N assimilation and organic matter translocation by the endolithic community in the massive coral Porites lutea
Royal Society Open Science (4)/(171201) (xxx) - (zzz) (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[責任著者]Casareto Beatriz, Laddawan Sangsawang
[共著者]Ohba H., Vu MH, Meekaew A, Suzuki T, Yeemin T
[備考] corresponding author
[URL]
[3]. Genome analysis of three novel lytic Vibrio coralliilyticus phages isolated from seawater, Okinawa, Japan
Marine Genomics (vol)/(num) (xxx) - (zzz) (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[共著者]Casareto Beatriz
[備考] Corresponding author

[4]. Chemical and biological characteristics of Albion reef in the South-West of Mauritius Island with special reference to primary production and N2 fixation of benthic substrata
Western Indian Ocean Journal of Marine Science Special Issue/1 85 - 93 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[責任著者]Casareto Beatriz
[備考] Author and corresponding author

[5]. Role of Demersal Zooplankton as a Food Source for Higher Trophic Levels at Fukido Estuary, Ishigaki Island, Okinawa, Japan
International Journal of Marine Science 7/17 161 -175 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 共著者
[責任著者]Hung Manh Vu
[共著者]Casareto Beatriz, Ken-Ichi Hayashizaki, Keita Toyoda, Lan Dinh Tran, Yoshimi Suzuki
[備考] I am corresponding author of this paper
[URL]
【著書 等】
[1]. Coral Reef Science; Strategy for Ecosystem Symbiosis and Coexistence with Humans under Multiple Stresses
Springer (2016年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著の別] 共著
[著者名]Casareto Beatriz, Suzuki Toshiyuki, Suzuki Y
[備考] Chapter 2: Chemical-Biological Characteristics of Coral Reef Ecosystem at Micro/Nano Scale: Effect of Multiple and Synergistic Stresses. pp 45-50

[2]. 地球温暖化とサンゴ礁生態系の応答, 生態工学ハンドブック Vol.2 水圏環境・養殖と生態工学
生態工学会 (2013年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著の別] 共著
[著者名]Casareto Beatriz

[3]. サンゴ礁学
東海大学出版会 (2011年)
[著書の別]著書(教育)
[単著・共著・編著の別] 共著
[著者名]Casareto Beatriz, Nakano Yoshikatsu
[備考] Chapter 12: サンゴの病気

[4]. Coral Reefs: An Ecosystem in Transition
Springer (2011年)
[著書の別]著書(研究)
[単著・共著・編著の別] 単著
[著者名]Casareto Beatriz
[備考] Part 4: The Role of Dissolved Organic Nitrogen (DON) in Coral Biology and Reef Ecology. pp 207-215
【学会発表・研究発表】
[1]. Primary production and nitrogen fixation of endolithic algae associated with the massive coral Porites lutea
TheJapanese Coral Reef Society 20th annual Conference (2017年11月) 招待講演以外
[発表者]Casareto Beatriz
[備考] Tokyo Institute of Technology, Ookayama Campus, Tokyo. Organized by DR. Kazuo Nadaoka (Tokyo Inst. of Technology)

[2]. Effect of Multiple and Synergistic Stresses on Corals at Micro/Nano Scale
2017 International Symposium Towards the Future of Advanced Researches in Shizuoka UNiversity (2017年2月) 招待講演
[発表者]Casareto Beatriz
[備考] Venue: Agriculture Building Rm. 306, 309, Shizuoka Campus, Shizuoka University. Organizers: Graduate School of Science and Technology, Shizuoka Uni

[3]. Effect of multiple and synergistic stresses at micro/nano scale
the 2nd Japan-Israel Workshop (2016年12月) 招待講演
[発表者]Casareto Beatriz
[備考] Venue: OIST (Okinawa, Japan) Host Organizations: Science Council of Japan (SCJ) Okinawa Institute of Science and Technology Graduate University (OI

[4]. Response of coral Holobiont under the environmental stresses
19th Japanese Coral Reef Society symposium (2016年12月) 招待講演以外
[発表者]Casareto Beatriz, Suzuki Toshiyuki, Mathinee Yucharoen, Suzuki Yoshimi
[備考] Naha, Okinawa, Japan Organizers: Japanese Coral Reef Society

[5]. 光合成・石灰化の炭素生産量から見た瀬底島サンゴ礁の健全度評価
第19回 日本サンゴ礁学会 (2016年12月) 招待講演以外
[発表者]中村 将平, 藤村 弘行, 中野 義勝, Casareto Beatriz, 鈴木 款
[備考] 沖縄 日本サンゴ礁学会

【科学研究費助成事業(科研費)】
[1]. モーリシャスサンゴ礁海水中に存在する天然ホルモン活性物質の同定 ( 2015年4月 ~ 2018年3月 ) 基盤研究(B) 分担
[備考] 研究代表:徳元俊伸、分担 カサレト・ベアトリス・小谷真也・鈴木 款 モーリシャスサンゴ礁において天然ホルモン活性物質を探索中

[2]. サンゴ礁生態系・物質循環共生系の素過程解明 ( 2009年4月 ~ 2013年3月 ) 新学術領域研究(研究領域提案型) 分担
[備考] 新学術領域「サンゴ礁学」 代表:鈴木 款、分担:カサレト・ベアトリス、藤村弘之 複合ストレス下における生物素過程と化学の素過程に関する研究において、サンゴの白化は水温の高水温下でサンゴ内部の褐虫藻の光合成活性能の低下と、サンゴの消化による細胞の縮小あるいは退色、バクテリアによる加速により起こるこ

[3]. モーリシャスサンゴ礁の白化の特異性:ミクロ生態系と物質循環の調査 ( 2007年4月 ~ 2011年3月 ) 基盤研究(A) 分担
[備考] 研究代表:鈴木 款、分担:カサレト・ベアトリス、藤村弘之、日高道雄、山野博哉 モーリシャスサンゴ礁の特異性、白化サンゴの少ない理由が、海藻群落との共生により、有機物の高い生産、有機物の増加によるバクテリアの増殖、増殖したバクテリアが、貴重なサンゴの餌になることにより、サンゴの生命力が維持されている

[4]. モーリシャス周辺海域のサンゴ礁の生物・化学的調査:白化現象の特異性の原因調査 ( 2003年4月 ~ 2007年3月 ) 基盤研究(A) 分担
[備考] 研究代表:鈴木款、分担:大森保、土屋誠、深見公雄、カサレト・ベアトリス 4年間の研究期間でインド洋レユニオン島のサンゴ礁のサンゴの白化は沖縄のサンゴの白化と比較するとストレスによる有機物の放出量が違うこと、そのため微生物量、特にビブリオ等の細菌が二桁以上異なる ことが明らかになった。沖縄と比べてシ

[5]. 海水中の有機物の挙動と放射性核種相互の定量的関係 ( 2002年4月 ~ 2005年3月 ) 基盤研究(B) 分担
[備考] 研究代表:鈴木款、分担:山本政義、山田正俊、カサレト・ベアトリス 植物プランクトンの小さいサイズには定量的に吸着すること、バクテリアによる分解過程においてもトリム等は吸着することを明らかにした。

【受賞・研究助成等】
[1]. 受賞 (全国) 日本サンゴ礁学会 優秀論文賞 (2014年4月 - 2010年11月 )
[備考] 日本サンゴ礁学会
[2]. 受賞 (国際) 国際サンゴ礁学会(ISRS)から下記の論文に関して最優秀論文賞を受賞 (2013年6月 )
[備考] Agostini S, Suzuki Y, Higuchi T, Casareto BE, Yoshinaga K, Nakano Y, Fujimura H (2012): Biological and chemical characteristics of the coral gastric c
[3]. 受賞 (全国) 日本サンゴ礁学会大会奨励賞 (2009年11月 )
[備考] 日本サンゴ礁学会
[4]. 受賞 (全国) 日本生態工学会優秀論文賞 (2009年6月 )
[備考] 日本生態工学会「亜寒帯海草群落生態系における二酸化炭素固定に関する研究」
[5]. 研究助成 (全国) 三菱自然科学研究助成 (1996年6月 - 1997年7月 )
[備考] 「海水中における生物起源微小有機物粒子の実態と炭素およびイオウ循環における役割」海水中の微小粒子の研究例は非常に少なく実態は不明である。本研究はバイオエアロゾルや有機物粒子の有機物循環における役割を研究した。海水中の有機物粒子の80%以上は生物起源粒子であるが、すでに生きている粒子ではないこと、これ
【学会・研究会等の開催】
[1]. 13th International Coral Reef symposium (2016年6月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] Hawaii Honolulu Convention Center, USA
[備考] Combiner of the mini-symposium: assesing and addressing the effect of multiple stressors on coral reefs towards developing effective management and po
[2]. IMBER IMBIZO IV (2015年10月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] Trieste, Italia
[備考] Invited lecture on: Effect on multiple and synergistic stresses on coral reef ecosystems at micro/nano scale IMBER news letter: Global environmenta
[3].  3rd International Asia Pacific Coral Reef Symposium (3rd APCRS (2014年6月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] Pingtung, Taiwan,
[備考] As combiner of the mini-symposium “Changes of biogeochemical parameters and effects on reef metabolism: Impacts on health and diseases  1000人程度のアジア
[4]. 未利用バイオマスのCO2削減・エネルギー・資源利用による低炭素循環型社会推進-文理融合型の新学際組織の構築- (2013年9月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 静岡大学
[備考] 1. 「サンゴ保全に向けた沖縄石サンゴ抗菌物質に関する研究」 2. 「複合ストレス下における造礁サンゴの白化プロセス」 3. 「Effects of mild nutrient enrichments on the development of phytoplankton biomass in
[5].  2nd International Asia-Pacific Coral Reef Symposium (2nd APCRS) (2010年6月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] Phuket, Thailand
[備考] As convener of the mini-symposium “Diseases on Coral Reef” and editor of proceedings 上記のシンポジウムの責任者としてシンポジウムを主催した。1000人程度のアジア・太平洋の研究者が参加する国際サンゴ礁会議で、
【その他学術研究活動】
[1]. acting as topic editor (2018年1月 - 2020年1月 )
[備考] GALAXEA (Journal of the Japanese Coral Reef Society)
[2]. Acting as topic editor (2017年4月 - 2000年1月 )
[備考] GALAXEA (Journal of the Japanese Coral Reef Society)
[3]. Acting as reviewer (2017年1月 )
[備考] Acting as reviewer for a manuscript submitted to "Royal Society Open Science"
[4]. Acting as reviewer (2016年9月 - 2016年10月 )
[備考] Acting as reviewer for Journal of Applied Ecology
[5]. Council of JCRS (2016年8月 - 2018年8月 )
[備考] participating in "in vivo"council meetings twice a year and by e-mails any time to discuss issues related to the Japanese coral reef society

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 大学院科目(博士) 海洋生態系論 (2017年度 - 前期 )
[クラス名] 共通科目
[2]. 大学院科目(博士) 環境分析論 (2017年度 - 後期 )
[クラス名] 共通科目
[3]. 大学院科目(修士) 環境科学特論 (2017年度 - 後期 )
[クラス名] 総研共通
[4]. 大学院科目(博士) Environment and Energy Systems (2017年度 - 通年 )
[クラス名] Seminar for Environment and Energy
[備考] This class is held every two week with students presentations on their research project and paper introduction in English. Each class is of about thre
[5]. 大学院科目(博士) Environment and Energy Systems (2017年度 - 通年 )
[クラス名] Special Research for Environment and Energy
[備考] This includes supervision of PhD students on their particular research projects. Also field trips are taking every three month in different marine coa
【指導学生数】
2018年度
博士指導学生数(主指導) 4 人 博士指導学生数(副指導) 4 人
2017年度
博士指導学生数(主指導) 5 人 博士指導学生数(副指導) 2 人
2016年度
博士指導学生数(主指導) 7 人 博士指導学生数(副指導) 2 人
2015年度
博士指導学生数(主指導) 6 人 博士指導学生数(副指導) 2 人
【指導学生の受賞】
[1]. Best poster presentation award (2017年2月)
[受賞学生氏名] VU Manh Hung
[授与団体名] Research Institute of Green Science and Technology, Graduate School of Science and Technology, Research Institute of Electronics Shizuoka University
[備考] The award was given during the "2017 International Symposium towards the Future of Advanced Researches in Shizuoka University" held on February 27, 20
[2]. Financial support to attend the 13th International Coral Reef symposium (Honolulu, Hawai'i) (2016年4月)
[受賞学生氏名] Sultana Rumana
[授与団体名] The Japanese Coral Reef Society
[備考] Date: 19-24 June 2016 Place: Honolulu, Hawaii Presentation entitle: Sediment primary production under experimental worming and elevated PCO2 in shallo
[3]. Financial support to attend the 13th International Coral Reef symposium (Honolulu, Hawai'i) (2016年4月)
[受賞学生氏名] Alam M.S.
[授与団体名] The Japanese Coral Reef Society
[備考] Date: 19-24 June 2016 Place: Honolulu, Hawaii. Rapid and High precision measurement of urea using high temperature: significance in coastal ecosystem
[4]. Financial support to attend the 13th International Coral Reef symposium (Honolulu, Hawai'i) (2016年4月)
[受賞学生氏名] Vu M.H.
[授与団体名] The Japanese Coral Reef Society
[備考] Date: 19-24 June 2016 Place: Honolulu, Hawaii. Interrelation among food webs in mangrove creek, seagrass bed and adjacent reef lagoon in Ishigaki, J
[5]. Award: ICRS (International Coral Reef Symposium) financial support (2016年3月)
[受賞学生氏名] Laddawan Sangsawang
[授与団体名] The 13rd International Coral Reef Symposium
[備考] Date: 19-24 June 2016 Place: Honolulu, Hawaii Presentation entitle: Primary production and nitrogen fixation of endolithic algae associated with t

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 公開講座 MC forest summer school (2018年3月 - 2018年3月 )
[内容] Lecture held at MC Forest, Mitsubishi Corporation, Tokyo Marunouchi "The secrets of Coral Reefs" for children at elementary level
[備考] Lectures for children from 8 to 12 years old including microscopic observation, power points and videos.
[2]. 公開講座 MC forest summer school (2016年8月 - 2016年8月 )
[内容] Lecture held at MC Forest, Mitsubishi Corporation, Tokyo Marunouchi "The secrets of Coral Reefs" for children at elementary level
[備考] Lectures for children from 8 to 12 years old including microscopic observation, power points and videos.
[3]. 公開講座 MC FOREST (2013年8月 )
[内容] 丸の内三菱商事ビルのMCフォーレストの会場で小学生へのサンゴ解説・実験
[4]. 講習会 アースウォッチボランティアプログラム (2013年5月 - 2013年8月 )
[内容] 5月9日―12日、8月23-26日の2回NGOのアースウォッチ(三菱商事の支援)の主催するサンゴ礁保全のボランティア活動の指導のため沖縄で講義・実習等を行う。
【報道】
[1]. 新聞 読売新聞 (2018年3月4日)
[概要]サンゴ礁 藻が握る命運
[備考] エダコモンサンゴの白化は異常な褐虫藻を消化して栄養不足をしのいでいる状態と推定
[2]. 新聞 琉球新報 (2016年8月30日)
[概要]サンゴの白化はバクテリアが加速
[備考] サンゴの白化は高水温と共にバクテリアが加速することを明らかにした。
[3]. 新聞 沖縄タイムス (2016年8月29日)
[概要]サンゴの白化はバクテリアの影響
[備考] サンゴの白化には高水温だけでなくバクテリアが関係してることを初めて明らかにした。
[4]. 新聞 日刊ゲンダイ (2016年8月14日)
[概要]白化現象のメカニズムを解明
[備考] 世界で初めてサンゴの白化現象のメカニズムを解明した。従来説の誤りを検証した。
[5]. 新聞 沖縄タイムス (2014年5月27日)
[概要]サンゴ白化「自己防衛」新たな可能性指摘
[備考] サンゴの白化が起きている時サンゴ内に共生する褐虫藻のクロロフィルが分解することを突き止めた。
【学外の審議会・委員会等】
[1]. Awards committee for ISRS (2016年1月 - 2019年2月 )
[活動内容]delegate from Asia Pacific area
[備考] evaluation of scientific background of scientist to deliver awards of the International society for Reef Studies
[2]. 日本サンゴ礁学会 (2014年4月 )
[活動内容]編集幹事(生物地球化学の担当)
[3]. 日本サンゴ礁学会 (2014年4月 )
[活動内容]企画運営委員会委員
[4]. 日本サンゴ礁学会 (2014年4月 )
[活動内容]国際連携委員会委員長
[5]. 国際サンゴ礁学会 (2014年4月 )
[活動内容]評議委員

国際貢献実績

【国際協力事業】
[1]. 世界銀行のグリーンエコノミーネッツトワーク事業 (2014年4月 )
[2]. アジア太平洋サンゴ礁シンポジウムコンビーナー (2014年4月 )
[3]. フエ大学との遠隔双方向授業責任者 (2014年4月 )
[4]. タイラムカハーン大学 とサンゴの病気に関する共同研究 (2014年4月 )
[5]. モーリシャス大学とのサンゴ礁の生物・化学プロセスの共同研究 (2014年4月 )
【その他国際貢献実績】
[1]. モーリシャス大学やタイのラムカハーン大学でのセミナー (2014年4月 )
[2]. 環境リーダー育成プログラムでの国際会議、国際環境の運営・主催 (2014年4月 )
[3]. 超領域国際会議での発表 (2014年4月 )
[4]. 国際サンゴ礁学会評議委員・第2回アジア太平洋サンゴ礁シンポジウム(タイ・プーケット)のプロシーディングの発行の編集 (タイとの共同) (2014年4月 )

管理運営・その他

【学内委員等】
[1]. ハラスメント防止対策委員会 相談員 (2017年4月 )