トップページ  > 教員個別情報  > 論文 等

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 稲垣 栄洋 (INAGAKI Hidehiro)

論文 等

【論文 等】
[1]. Suppressive Effects of Traditional Mulching Using Japanese Knotweed (Fallopia japonica) on Solanaceae Crop Diseases.
J. Resour. Ecol. 12/ 869-875 (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Inagaki H., Kubota S., Hasegawa K., Unno N., Usui Y., and Takikawa Y. [DOI]
[2]. Quantifying the ecosystem service of non-native weed seed predation in traditional terraced paddy fields.
Weed Biology and Management 21/ 181-190 (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] Ichihara, M., Maruyama, K., Yamashita, M., Sawada, H., Inagaki, H., and Asai, M. [DOI]
[3]. Effect of traditional rice-straw mulch on the functional biodiversity of ground-dwelling arthropods in tea gardens.
International Journal of Agriculture and Biological Sciences. 6/ 41-50 (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Inagaki, H. and Saruta
[4]. Evaluation of Water Purification from Nitrogen and Phosphorus through Scirpus tabernaemontani Cultivated in Hamamatsu Area, Japan.
Annals of Ecology and Environmental Sciences 5/ 1-4 (2022年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Inagaki, H. and Noyori, Y. [DOI]
[5]. Seasonal Change in the Germination of Heteromorphic Achenes of Bidens pilosa.
International Journal of the Science of Food and Agriculture. 5/1 91-96 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Inagaki, H. and Kinoshita, T. [DOI]
[6]. Citizen participation in conservation activities enhances plant biodiversity in rice terraces: a case study in Sengamachi-no-Tanada, Kikugawa, Japan.
International Journal of the Science of Food and Agriculture in print/ - (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Inagaki H. 
[7]. Effect of Japanese knotweed (Fallopia japonica) mulching on continuous potato cropping—Modern evaluation of traditional Japanese knotweed-mulch farming in Nishi-Awa Steep Slope Land Agriculture System, Japan.
J. Resour. Ecol. 12/2 259-264 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 85) Inagaki H., Unno, N., Sakakibara T., Kubota S., and Hasegawa K.
[8]. Systemic acquired resistance in Arabidopsis thaliana induced by weed extracts.
Academic Journal of Agricultural Research 8/ - (2020年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Inagaki, H., Usui, Y., and Tominaga, A. [DOI]
[9]. Possibility of a chemical floral filter in Sisyrinchium rosulatum to Syrphinae hoverflies.
International Journal of the Science of Food and Agricultur 4/4 379-382 (2020年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Inagaki, H., Nakatani, S., and Saruta Y. [DOI]
[10]. Intraspecific variation in Sonchus oleraceus, a biennial weed species, inside and outside of tea gardens.
Annals of Ecology and Environmental Science 4/3 26-30 (2020年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Inagaki H., and Tsushi, M.
[11]. 剪定枝をペレット化した雑草抑制資材の検討
日本緑化工学会誌 46/ 83-86 (2020年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 78) 稲垣栄洋・岩本百合香・世登大輝・海野菜歩子・西川浩二・成瀬和子・櫻川智史・田中伸佳・藤浪健二郎・前田研司・水谷久美子・水谷和敬・中村大介・垣見茉佑
[12]. 茶園に自生するコハコベのカテキンおよびカフェイン感受性の種内変異.
雑草研究 65/1 5-8 (2020年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣栄洋・津司 将. [DOI]
[13]. 静岡県浜松市に見られるフトイの伝統栽培.
雑草研究 65/1 9-11 (2020年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣栄洋 [DOI]
[14]. Induction of systemic acquired resistance by extract of field dodder (Cuscuta campestris), aparasitic weed.
Academic Journal of Agricultural Research 8/3 82-86 (2020年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Inagaki, H., Usui, Y., Tominaga, A., and Kato K. [DOI]
[15]. Effect of Mowing Height on Dominance of Annual Poaceae Plants.
Journal of Ecological Engineering 21/1 8-13 (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Inagaki, Hidehiro
[16]. イタドリ(Fallopia japonica)の表層施用がナス栽培に及ぼす影響.
日本有機農業学会誌 11/ 32-37 (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣栄洋・長谷川佳菜・窪田早希子・西川浩二・成瀬和子.
[17]. セダム属植物と焼成焼却灰を組み合わせた雑草防除法の検討.
日本緑化工学会誌 45/ 145-148 (2019年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣栄洋・藤岡伸吾・小笠原勝.
[18]. 緑化用植物としての秋型そばの春播き栽培による雑草抑制.
日本緑化工学会誌 45/ 149-152 (2019年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣栄洋・徳田有美・石関真衣・西川浩二.
[19]. Traditional Tea-grass Integrated System in Shizuoka as a GIAHS Site: Values and Conservation-Background of Application and Efforts after Registration.
J. Resour. Ecol. 10/ 511-517 (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Inagaki, Hidehiro and Kusumoto Yoshinobu.
[20]. 踏圧処理が畦畔雑草植生に及ぼす影響
日本緑化工学会誌43(1) 43/1 183- 184 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[21]. Symbiosis of Biodiversity and Tea Production Through Chagusaba
Journal of Resources and Ecology 7/3 151- 154 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]Kusumoto, Yoshinobu [共著者]稲垣 栄洋
[22]. 静岡の茶草場農法 (特集 日本の世界農業遺産 : その未来への継承における農村計画の役割)
農村計画学会誌 35/3 365-368 (2016年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]稲垣 栄洋 [共著者]楠本良延
[23]. イグサと呼ばれる植物と文化
浜松市博物館報 (vol)39/(num) 32-43 (2016年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[24]. Assessment of GIAHS in Shizuoka - Traditional tea-grass integrated system -.
Journal of Resources and Ecology. (vol)5/(num)4 (395)- (397) (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]INAGAKI Hidehiro [共著者]KUSUMOTO Yoshinobu
[25]. 除草剤抵抗性研究 におけるバイオフォトン利用の可能性
農業および園芸 90/(num) 141- 146 (2015年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[26]. 水田における冬期レンゲ栽培と耕起体系が土着天敵コモリグモ類の個体群密度に及ぼす影響.
静岡県農林技術研究所報告 7/(num) 29-36 (2015年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 市原実
[27]. Assessment of GIAHS in Shizuoka - Traditional tea-grass integrated system -.
Journal of Resources and Ecology. 5/4 395- 397 (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[28]. Morphological characteristics of a doubled haploid line from pummelo Citrus maxima (Burm.) Merr. Cv. Banpeiyu and its reproductive function.
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science. (vol)/(num) (xxx) - (zzz) (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]Masaki Yahata [共著者]Tsunaki Nukaya,Miki Sudo,Tomohiro Ohta,Kiichi Yasuda,Hidehiro Inagaki
[29]. 草原の維持による特異な生物多様性の保全
環境情報科学 (vol)43/(num)2 14- 18 (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]楠本良延 [共著者]稲垣 栄洋
[30]. Creation of paddy levees to enhance the ecosystem service of weed seed predation by crickets
Landscape and Ecological Engineering (vol)/(num) (xxx) - (zzz) (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]ICHIHARA Minoru [共著者]INAGAKI Hidehiro
[31]. Effects of Ground Cover Plants on Providers of Ecosystem Service of Pest Control in Paddy Field Levees
Bulletin of the Shizuoka Research Institute of Agriculture and Forestry (vol)/(num) (xxx) - (zzz) (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]ICHIHARA Minoru [共著者]稲垣 栄洋,INAGAKI Hidehiro
[32]. Weed seedling herbivory by field cricket Teleogryllus emma (Orthoptera: Gryllidae) in relation to the depth of seedling emergence
Weed Biology and Management (vol)/(num) (xxx) - (zzz) (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]ICHIHARA Minoru [共著者]INAGAKI Hidehiro
[33]. 静岡県における斑点米カメムシ類の捕獲頻度と環境要因の関係
静岡県農林技術研究所報告 (vol)/(num) (xxx) - (zzz) (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[34]. Assessment of GIAHS in Shizuoka - Traditional tea-grass integrated system -–
Proceedings of the 1st Conference of East Asia Research Association for Agricultural Heritage Systems (vol)/(num) (xxx) - (zzz) (2014年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]INAGAKI Hidehiro [共著者]KUSUMOTO Yoshinobu
[35]. 休耕田における斑点米カメムシの寄主雑草の生態的管理
農業および園芸 (vol)/(num) (xxx) - (zzz) (2013年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[36]. 静岡県のソバの花に見られる訪花性ハチ目相
静岡農試研報 /6 65- 69 (2013年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[37]. ササユリ園芸生産へのアプローチと今後の展開方向
施設園芸 (vol)/(num) (xxx) - (zzz) (2012年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[38]. Post-dispersal seed predation by Teleogryllus emma (Orthoptera: Gryllidae) reduces the seedling emergence of a non-native grass weed, Italian ryegrass (Lolium multiflorum Lam.).
Weed Biology and Management /12 131-135 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 稲垣 栄洋
[39]. 水田畦畔の植生管理の違いが斑点米カメムシおよび土着天敵の個体数に及ぼす影響
日本緑化工学会誌 /38 240-243 (2012年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[40]. 地域メッシュ統計を利用した静岡県の農業集落の類型化
関東東海農業経営研究 /103 47-52 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 稲垣 栄洋
[41]. 活性物質スクリーニングのターゲットとしての雑草の可能性
植調 1/45 (xxx) - (zzz) (2012年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[42]. Mass propagation method of bulblets of Lilium japonicum Thunb. thorough immature seed culture techniques in the liquid medium
Bull Shizuoka Agri. Exp. Stn /48 57-62 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[43]. Quantifying the ecosystem service of non-native weed seed predation provided by invertebrates and vertebrates in upland wheat fields converted from paddy fields.
Agriculture, Ecosystems and Environment 1-2/140 191-198 (2011年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 稲垣 栄洋
[44]. 棚田の耕作放棄の過程,および近年の棚田景観と植物相の再生 -静岡県における事例-
湿地研究 /2 15-26 (2011年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 稲垣 栄洋
[45]. グリーンティツーリズムに対する関心度による潜在客層の分類
総合観光学会誌 /9 29-36 (2011年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 稲垣 栄洋
[46]. 棚田畦畔の草刈り管理がコモリグモ類の個体数の動態に及ぼす影響
農村計画学会誌 /28 267-272 (2010年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[47]. 環境教育を目的とした水田における水稲害虫の発生状況
農村計画学会誌 /28 261-266 (2010年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 稲垣 栄洋
[48]. 静岡県の棚田における埋土種子集団の研究
水草研究会誌 /93 1-12 (2010年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 稲垣 栄洋
[49]. Increasing nitrate removal at low temperatures by incorporating organic matter into paddy fields
Soil Sci. Plant Nutri /56 163-167 (2010年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 稲垣 栄洋
[50]. カバークロップを利用した休耕田の問題雑草の管理
緑化工学会誌 /36 159-162 (2010年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[51]. 地域資源としての棚田を活用した静岡県における新しいツーリズムの取組み
総合観光研究 /8 37-43 (2010年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[52]. コムギ圃場におけるネズミムギによるコムギ減収率の簡易査定法.
雑草研究 /55 174-182 (2010年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[53]. 農業体験活動が子どもの農業イメージに及ぼす影響 静岡県藤枝市における混住化地域を事例として
農村計画学会 /29 161-169 (2010年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[54]. コムギ‐ダイズ連作圃場における外来雑草ネズミムギ(Lolium multiflorum Lam.)の埋土種子動態と出芽動態―耕起体系と不耕起体系の比較.
雑草研究 1/55 16-25 (2010年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[55]. 静岡県の農業景観の選好特性の属性間比較
ランドスケープ研究 /72 889-892 (2009年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[56]. Spent substrate of Shiitake (Lentinula edodes) inhibit symptoms of anthracnose in cucumber.
Mushroom science and biotechnology /17 113-115 (2009年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[57]. Sulfonylurea- resistant biotypes of Monochoria vaginalis generate higher ultraweak photon emissions than the susceptible ones
Pesticide Biochemistry and Physiology /95 117-120 (2009年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[58]. 希少植物種が自生する休耕田におけるヒエ類の抑制
日本緑化工学会誌 /35 174-177 (2009年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[59]. 静岡県中遠地域のコムギ畑における耕起体系の違いがネズミムギの出芽に及ぼす影響
雑草研究 /54 71-76 (2009年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[60]. Difference in ultraweak photon emissions between sulfonylurea-resistant and -susceptible biotypes of Scirpus juncoides following application of a sulfonylurea herbicide.
Weed Biology and Management /8 276-283 (2008年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[61]. 静岡県の茶園地帯に見られる管理された茶草ススキ草地
雑草研究 /53 77-78 (2008年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[62]. 静岡県菊川流域における植生の異なる休耕田にみられる動植物
緑化工学会 /34 269-272 (2008年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[63]. 静岡県におけるスルホニルウレア系除草剤抵抗性コナギの分布状況
雑草研究 /53 123-127 (2008年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[64]. Screening of weed extracts for antifungal properties against Colletotrichum lagenarium, the causal agent of anthracnose in cucumber.
Weed Biol. Manag /8 276-283 (2008年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[65]. 伝統的冬期湛水田に見られるヒエ類の抑制効果
雑草研究 /54 77-78 (2008年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[66]. 棚田の自然や景観を活かした地域づくり
日本地域政策研究 /7 321-327 (2008年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 稲垣 栄洋
[67]. 農村風景の魅力をとらえる
農林経済 /9945 2-6 (2008年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[68]. 病害抵抗性誘導物質の前処理により増強される各種エリシター応答発光の特性
日本植物病理学会報 /73 15-20 (2007年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 稲垣 栄洋
[69]. イネ培養細胞からのエリシター応答発光に対する過酸化水素の関与について
日本植物病理学会報 /73 300-303 (2007年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 稲垣 栄洋
[70]. Spontaneous ultraweak photon emission from rice (Oryza sativa L.) and paddy weeds treated with a sulfonylurea herbicide.
Pesticide Biochemistry and Physiology /89 158-162 (2007年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[71]. 湿地ブルドーザを利用した撹乱依存型絶滅危惧植物ミズアオイとオオアブノメ群落保全の取り組み
緑化工学会誌 /33 235- 238 (2007年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[72]. スプレーギク’クリームナース’の育成経過とその特性
静岡農試研報 /47 43-48 (2007年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 稲垣 栄洋
[73]. Photon emission from rice cells elicitated by N-acetyl chitooligosacc- araide is generated trough hospholipid signaling in desease resistance, in close association with the production of reactive oxygen species.
Plant Physiology and Biochemistry /44 901- 909 (2006年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 稲垣 栄洋
[74]. イネ培養細胞における病害抵抗性誘導物質の違いによるプライミング効果の差異
日本植物病理学会報 /72 195- 199 (2006年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 稲垣 栄洋
[75]. Plant defense activators potentiate the generation of elicitor-responsive photon emission in rice.
Physiological and Molecular Plant Pathology (vol)/66 68-74 (2005年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 稲垣 栄洋
[76]. Rapid in vitro production of plants from immature seeds in Lilium japonicum Thunb.
Black book /55 219-221 (2005年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[77]. バイオフォトンによる抵抗性誘導の評価
日本植物学会バイオコントロール研究会レポート /9 55-65 (2004年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 稲垣 栄洋
[78]. Elicitor-responsive photon emissions from plant cells change in the process of callus propagation.
Black book /54 273 - (zzz) (2004年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[79]. 雑草モノグラフⅠ イチビ(Abutilon theophrasti Medic.)
雑草研究 /49 45-62 (2004年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[80]. 里山構成植物ササユリの生態特性
緑化工学会誌 1/29 80-84 (2003年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[81]. ササユリ未熟種子の発芽特性と種子処理による発芽促進
園芸学雑誌 1/71 133-138 (2002年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[82]. ササユリ未熟種子培養における発芽および小球の生育に及ぼすリン酸濃度の影響
園芸学研究 1/1 35-39 (2002年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[83]. イチビ(Abutiron theoprasti Medic.)の密度の差異がトウモロコシの生育に及ぼす影響
雑草研究 4/46 261-266 (2002年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[84]. 初期1回除草剤処理条件下におけるトウモロコシとイチビの群落構造
雑草研究 1/47 29-32 (2002年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[85]. タカサゴユリの自殖性について
雑草研究 3/47 29-32 (2002年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[86]. スプレーギク‘ドリーミング’の育成経過とその特性
静岡農試研報 /47 43-48 (2002年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[87]. 酪農地域における多面的機能と景観面からの環境整備
農業土木学会誌 2/69 149-154 (2001年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[88]. 一年性帰化雑草イチビ(Abutiron theoprasti Medic.)の発芽及び出芽特性
雑草研究 2/46 91-96 (2001年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[89]. 胚珠・胚培養によるタカサゴユリ(Lilium formosanum Wallace.)×ササユリ(Lilium japonicum Thunb.) 種間雑種の作出および雑種の特性
静岡農試研報 /46 69-76 (2001年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[90]. 静岡県におけるササユリの自生地環境と自生集団の地理的変異
静岡農試研報 /45 25-37 (2000年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 稲垣 栄洋
[91]. 除草剤による牧草地におけるエゾノギシギシの防除 -選択性除草剤MDBAとチフェンスルフロンメチルの除草効果-
家畜衛生研究会報 /45 7- 12 (1997年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 稲垣 栄洋