トップページ  > 教員個別情報  > 論文 等

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 雪田 聡 (YUKITA Akira)

論文 等

【論文 等】
[1]. 医療と教育の専門職養成における大学間専門職連携卒前教育の試み : 合同ゼミナールの実践を通じて
静岡大学教育実践総合センター紀要 31/ 187-197 (2021年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] 鎌塚 優子 , 竹下 温子 , 雪田 聡 , 中村 美智太郎 , 片山 はるみ , 坪見 利香 , 宮城島 恭子 , 佐藤 直美 , 山本 真実 [備考] 合同ゼミナールの共同開催、論文の部分的な執筆および全体の推敲など(分担)
[URL] [DOI]
[2]. Chemokine ligand 28 (CCL28) negatively regulates trabecular bone mass by suppressing osteoblast and osteoclast activities
Journal of Bone and Mineral Metabolism / - (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Rina Iwamoto, Takumi Takahashi, Kazuto Yoshimi, Yuji Imai, Tsuyoshi Koide, Miroku Hara, Tadashi Ninomiya, Hiroaki Nakamura, Kazutoshi Sayama, Akira Yukita [備考] 研究全体のデザインおよび論文執筆補助など(責任著者)
[DOI]
[3]. アフリカツメガエル胚を用いた発生学に対する興味喚起を目的とした教材の開発
静岡大学教育学部研究報告 人文・社会・自然科学篇 70/ 117-129 (2019年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 雪田 聡,江口 優大,大澤 哲 [URL]
[4]. 教科専門大学教員による中学生を対象とした科学講座の効果と課題
静岡大学教育実践総合センター紀要 28/ 117-120 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]小南陽亮 [共著者]雪田 聡,加藤英明,本多和仁,延原尊美 [備考] 科学講座およびアンケートの実施(分担)
[5]. Relationship between localization of proteoglycans and induction of neurotrophic factors in mouse dental pulp.
Journal of Oral Biosciences. 59/1 31-37 (2017年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]A. Yukita [共著者]M. Hara,A. Hosoya,H. Nakamura [備考] 研究全体のデザインおよび実施と論文執筆(筆頭および責任著者)
[6]. 教科内容と教科指導法の授業が連動する異学年交流型の初等教員養成の展開
静岡大学教育実践総合センター紀要 25/ 313-320 (2016年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]郡司賀透 [共著者]雪田 聡
[7]. Regulation of BMP-induced osteoblastic differentiation by Ubc9 knockdown-mediated inhibition of SUMO modification.
Journal of Oral Biosciences 56/2 43-48 (2014年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] A. Yukita [備考] review
[8]. Localization of SUMOylation factors and Osterix in odontoblast lineage cells during dentin formation and regeneration.
Histochemistry and Cell Biology 140/2 201-211 (2013年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]A. Hosoya [共著者]A. Yukita,T. Ninomiya,T. Hiraga,H. Nakamura,他3名 [備考] 分子生物学的実験の実施および図表作成
[9]. Bone Journal Club~FGF21はPPARgによる分化制御活性化を介して骨量を低下させる.
骨粗鬆症治療 (vol)/(num) 75- (2012年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 雪田 聡
[10]. Two Distinct Processes of Bone-like Tissue Formation by Dental Pulp Cells after Tooth Transplantation.
Journal of Histochemistry and Cytochemistry 60/11 861-873 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]A. Hosoya [共著者]A. Yukita,K. Yoshiba,N. Yoshiba,M. Takahashi,H. Nakamura [備考] 分子生物学実験の実施およびディスカッションへの参加
[11]. Ubc9 negatively regulates BMP-mediated osteoblastic differentiation in cultured cells.
Bone 50/5 1092-1099 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] [責任著者]A. Yukita [共著者]A. Hosoya,Y. Ito,T. Katagiri,M. Asashima,H. Nakamura [備考] 第一著者 兼 責任著者
[12]. 海外文献紹介~脱ユビキチン化酵素USP1はID蛋白質の安定化を介して骨肉腫および間葉系幹細胞の増殖と分化を制御する.
The BONE (vol)/(num) 120-121 (2012年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 雪田 聡
[13]. Role of heparan sulfate proteoglycans surrounding osteoblast lineage cells.
Journal of Oral Biosciences 54/1 43-47 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]H.Nakamura [共著者]A. Yukita,T. Ninomiya,A. Hosoya,T. Hiraga [備考] 分子生物学実験の実施およびデータ作成
[14]. Thy-1-positive cells in the subodontoblastic layer possess high potential to differentiate into hard tissue-forming cells.
Histochemistry and Cell Biology 137/6 733-742 (2012年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]A. Hosoya [共著者]T. Hiraga,T. Ninomiya,A. Yukita,K. Yoshiba,他4名 [備考] 分子生物学的実験の実施およびディスカッションへの参加
[15]. Localization of Thy-1-positive cells in the perichondrium during endochondral ossification.
Journal of Histochemistry and Cytochemistry 58/5 455-462 (2010年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]H.Nakamura [共著者]A. Yukita,T. Ninomiya,A. Hosoya,T. Hiraga,H. Ozawa [備考] 分子生物学実験の実施およびディスカッションへの参加
[16]. 海外文献紹介~BMP, TGF-betaシグナルにおいてCDKはSmadによる転写活性化と代謝を制御する.
The BONE (vol)/(num) 94-95 (2010年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 雪田 聡
[17]. Nucleoredoxin regulates the Wnt/planar cell polarity pathway in Xenopus.
Genes to Cells 13/9 965-975 (2008年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]H. Miki [共著者]Y. Funato,T. Michiue,T. Terabayashi,A. Yukita,他2名 [備考] 実験およびディスカッションへの参加
[18]. Retinoic acid metabolizing factor xCyp26c is specifically expressed in neuroectoderm and regulates anterior neural patterning in Xenopus laevis.
International Journal of Developmental Biology 52/7 893-901 (2008年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]M. Asashima [共著者] M. Tanibe,T. Michiue,A. Yukita,H. Danno,他2名 [備考] 実験およびディスカッションへの参加
[19]. Bone Journal Club~Wnt/GSK3はBMP/Smad1シグナル伝達を調節する.
骨粗鬆症治療 (vol)/(num) 77- (2008年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 雪田 聡
[20]. 海外文献紹介~Wnt/GSK3によるBMP/Smad1シグナルの調節.
The BONE (vol)/(num) 194-195 (2008年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] 雪田 聡
[21]. Molecular links among the causative genes for ocular malformation: Otx2 and Sox2 coregulate Rax expression.
Proceedings of the National Academy of Sciences 105/14 5408-5413 (2008年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]M. Asashima [共著者]H. Danno,T. Michiue,K. Hitachi,A. Yukita,S. Ishiura [備考] 実験およびディスカッションへの参加
[22]. XSUMO-1 is required for normal mesoderm induction and axis elongation during early Xenopus development.
Developmental Dynamics 236/10 2757-2766 (2007年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]M. Asashima [共著者]A. Yukita,T. Michiue,H. Danno [備考] 筆頭著者。実験の計画と実施および論文執筆
[23]. Ripply2 is essential for precise somite formation during mouse early development.
FEBS Letters 581/14 2691-2696 (2007年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]M. Asashima [共著者]T. Chan,A. Kondow,A. Hosoya,A. Yukita,他7名 [備考] 実験の実施およびデータの作成
[24]. Xenopus glucose transporter 1 (xGLUT1) is required for gastrulation movement in Xenopus laevis.
International Journal of Developmental Biology 51/3 183-190 (2007年) [査読] 無 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]M. Asashima [共著者]K. Suzawa,A. Yukita,T. Hayata,T. Goto,他3名 [備考] 実験の実施、データの作成、論文構成に参加
[25]. Novel Daple-like protein positively regulates both the Wnt/beta-catenin pathway and the Wnt/JNK pathway in Xenopus.
Mechanisms of Development 122/10 1138-1153 (2005年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]M. Asashima [共著者]H. Kobayashi,T. Michiue,A. Yukita,H. Danno,他3名 [備考] 実験の実施およびディスカッションへの参加
[26]. XSENP1, a novel sumo-specific protease in Xenopus, inhibits normal head formation by down-regulation of Wnt/beta-catenin signalling.
Genes to Cells 9/8 723-736 (2004年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]Asashima M [共著者]A. Yukita,T. Michiue,A. Fukui,K. Sakurai,他3名 [備考] 筆頭著者。実験の計画と実施および論文執筆
[27]. XIdax, an inhibitor of the canonical Wnt pathway, is required for anterior neural structure formation in Xenopus.
Developmental Dynamics 230/1 79-90 (2004年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]M. Asashima [共著者]T. Michiue,A. Fukui,A. Yukita,K. Sakurai,他2名 [備考] 実験の実施およびディスカッションへの参加
[28]. Desumoylation activity of Axam, a novel Axin-binding protein, is involved in downregulation of beta-catenin. Molecular and Cellular Biology.
Molecular and Cellular Biology 22/11 3803-3819 (2002年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 共著者
[著者] [責任著者]A. Kikuchi [共著者]T. Kadoya,H. Yamamoto,T. Suzuki,A. Yukita,他5名 [備考] 実験の実施およびディスカッションへの参加