TOP  > Personal Info.

Researcher DataBase - Personal Information : SUZUKI Yasuyuki

SUZUKI Yasuyuki
Professor
College of Engineering - Division of Management of Business Development Graduate School of Integrated Science and Technology Department of Engineering - Management of Business Development Course
Faculty of Engineering - Center for Creative Engineers

suzuki.yasuyuki@@@shizuoka.ac.jp
image-profile
Last updated : 2022/06/24 9:43:00

Basic information on teaching staff

【Degrees earned】
2000/3
【research area】
Complex systems - Social/Safety system science - Natural disaster / Disaster prevention science
Engineering - Civil engineering - Civil and environmental engineering
Humanities/Social sciences - Area studies - Area studies
Complex systems - Science education/Educational technology - Science education
【Academic societies you belong to】
・The Japan Amateur Satellite Association
[Note]機械工学 山極・能見研究室のプロジェクト支援
・Japan Society for Intellectual Production
・The Japan Accociation of Regional Development and Vitalization
・Society for Management of Intellectual Properties
【URL】
https://wwp.shizuoka.ac.jp/suzuki/
 

Research information

【Papers, etc.】
[1]. A Study on the Situation of Children with Food Allergies and the Measure to be Taken in Nursery Schools in Yamanashi Prefecture
41/ 1-9 (2021) [Refereed] refereed [Internationally co-authored papers] non-internationally co-authored paper
[Lead author or co-author] co-author
[Author] 鈴木睦代、根津美智子、鈴木康之
[2]. Necessity of sports nutrition support intervention and self-management in speed skating
39/ 1-13 (2019) [Refereed] refereed [Internationally co-authored papers] non-internationally co-authored paper
[Lead author or co-author] co-author
[Author] 鈴木睦代、伊東潤二、鈴木康之、岡本裕子、川上隆史 [URL]
[3].
CQ Hamradio (Japan) 2017/11 90-95 (2017) [Refereed] non-refereed [Internationally co-authored papers] non-internationally co-authored paper
[Lead author or co-author] author
[Author] 鈴木 康之
[4].
CISTEC Journal 159/ 84-98 (2015) [Refereed] non-refereed [Internationally co-authored papers] non-internationally co-authored paper
[Lead author or co-author] co-author
[Author] [責任著者]河合孝尚(長崎大学) [共著者]鈴木 康之,河合孝尚(長崎大学),佐藤弘道(九州大学),井内健介(徳島大学) [Notes] 鈴木は主として第2章を執筆 [特集/大学における輸出管理]の1セクションとして執筆 CISTEC:一般財団法人安全保障貿易情報センター(静岡大学は法人会員)
[URL]
[5].
6/ 309-318 (2014) [Refereed] non-refereed [Internationally co-authored papers] non-internationally co-authored paper
[Lead author or co-author] author
[Author] 鈴木 康之,江馬 正信(浜松市役所) [Notes] 発刊後最低1年間論文は学会会員のみウエブからダウンロード可能 冊子体は有料公開でISSN-2185-0623
[URL]
【Books, etc.】
[1].
(2020)
[Book type]book(research)
[Sole author, co-author, or author and editor] joint work
[Author]鈴木睦代(出版時:山梨学院短大講師・執筆時:静岡大学大学院)・鈴木康之 [Total page number] 112 [REP page number] 冒頭部分 [Repository URL]
[Notes] ISBN-10: 4864741360 ISBN-13: 978-4864741361 発売日: 2020/4/8 プリントオンデマンド(紙版)とDVDパッケージ版あり
[2].
(2017)
[Book type]book(educational)
[Sole author, co-author, or author and editor] single work
[Author]鈴木 康之
[Notes] 同組合からのご依頼で、本年度より出題基準が変更となったた同組合員が受験する資格試験のための参考書を作成しました。
[3].
(2016)
[Book type]book(educational)
[Sole author, co-author, or author and editor] single work
[Author]鈴木 康之
[Notes] 同組合からのご依頼で、同組合員が受験する資格試験のための参考書を作成しました。
[4].
(2014)
[Book type]book(educational)
[Sole author, co-author, or author and editor] joint work
[Author]鈴木 康之,二階堂 知己 [Repository URL]
[Notes] 第1章を除く全て
[5].
(2012)
[Book type]other
[Sole author, co-author, or author and editor] joint work
[Author]鈴木 康之,ほか
[Notes] pp.89-93 pp.136-139 
【Academic conference/research presentations】
[1]. 食物栄養科学生による栄養価計算ソフト改良の試み ~手軽に献立作成を行う方法の検討~
第6回 山梨県栄養学術研究会 (2022/3/5) other
[Presenter]志村亜依1)鈴木睦代1,2)鈴木康之3) 1)山梨学院短期大学 食物栄養科,2)静岡大学大学院 自然科学系教育部,3)静岡大学学術院工学領域
[URL of the repository, etc.]
[Notes] 場所:ぴゅあ総合(山梨県甲府市朝気1-2-22) 主催:公益社団法人 山梨県栄養士会
[2]. スマートフォンセンサーを利用した高さ計測の一検討
電子情報通信学会:2021年ソサイエティ大会 (2021/9/14) other
[Presenter]○杉本 等・大塚 晃(事業創造大学院大)・森山聡之(福岡工大)・鈴木康之
[Notes] Web 開催「基礎・境界ソサイエティ」「一般セッション」・ A-18-6
[3]. GAS を利用したLINEBOT の作成(Web マーケティング)   ~地域商店のLINEBOT を作成する~
第15回 全国高等学校情報教育研究会 (2021/8/10) other
[Presenter]鈴木 滋(静岡県立島田商業高校教諭・静岡大学修士MOTコース学生)、鈴木康之
[URL of the repository, etc.]
[Notes] セッション6 R1-6(ネット開催・リアルタイム発表)、
[4]. Management of Innovation and Technology as The Key to Accelerating National Development
The 1ST Science and Technology Students Conference (ISTECH) (2021/3/13) invited
[Presenter]SUZUKI Yasuyuki
[URL of the repository, etc.]
[Notes] 開催場所:インドネシア(ネット開催) 主催団体:MITI Klaster Mahasiswa, Indonesia.
[5]. スポーツ栄養サポー トで栄養士が価値化するアプリ研究開発について
第5回静岡県栄養士大会 (2020/2/16) other
[Presenter]鈴木睦代(栄養士・静岡大学大学院)、杉本 等(事業創造大学院大学)、山口 剛(静岡県立浜松工業高校)、 鈴木康之
[Notes] 静岡県栄養士会 演題10 https://00m.in/jJQuO
【Joint or funded research】
[1]. joint (with other institution) アマチュア無線網を用いた避難移動者の位置確認と携帯回線網との相互間情報交換に関する研究
leader ( 2016/6 ~ 2018/3 )
[Partners] 京都大学防災研究所
[Notes] 地域防災実践型共同研究(一般)
[2]. other
leader ( 2016/1 )
[3]. funded (private) 防災対策用水道管マップシステムの開発
leader ( 2014/9 ~ 2015/3 )
[Partners] 浜松上下水道協同組合
[Notes] プロジェクトコード: 263146
【Grants-in-aid for Scientific Research
[1]. 無線系移動体を用いたリアルタイム可視化による避難訓練ダイナミクスに関する研究 ( 2018/4 ~ 2022/3 ) Grant-in-Aid for Scientific Research (C) leader
[Notes] キーワード 防災土木計画

[2]. 難分解性化合物含有廃水の光酸化・超音波ハイブリッド処理 ( 2004/1 ~ 2005/1 ) Grant-in-Aid for Specially Promoted Research member
[Notes] 金額は2年度分の総額
【Research Grants & Projects(except for KAKENHI)】
[1]. (2014/7 - 2016/3 ) [Offer orgnization] 高柳記念未来技術創造基金 [System name] ものづくりダビンチキッズプロジェクト
【Awards & Honors】
[1]. (2010/11)
[Notes] 文部科学省・科学技術振興機構
【Patents, etc.】
[1]. 商標:学術安全保障 (2015/9/18)
[Notes] 商願2015-96649   注)静岡大学の機関帰属としない(大学名で出願しない)決定あり→平成27年8月4日 イノベーション社会連携機構長名「商標登録出願申請にかかる審議結果について(通知)」 平成28年2月26日登録査定→登録5843061号(平成28年4月22日)
[2]. 商標:還流亜触媒 (2015/8/12)
[Notes] 商願2015-81642  注)静岡大学の機関帰属としない(大学名で出願しない)決定あり→平成27年8月4日 イノベーション社会連携機構長名「商標登録出願申請にかかる審議結果について(通知)」→商標登録第5827095号(平成28年2月19日)
[3]. 自然水害に対する住民の避難シミュレーション方法、システム、携帯端末及びプログラム [Application Number] 特願2014-255848 (2014/12/18) [Patent Number] 特許第5737683号
[Notes] 特許(平成27年4月20日)
[4]. 水の濾過装置 [Application Number] 特願2000-279120 (2000/9/14)
[Notes] 特開2002-085915
[5]. 触媒反応による液処理方法 [Application Number] 特願平11-40759 (1999/1/19)
[Notes] 特開2000-237771(P2000-23771A)
【Holding academic or research conferences, etc.】
[1]. 学術安全保障研究会 第1回研究会議 (2017/1)
[Role at conference, etc.] is leader [Site of conference, etc.] キャンパスイノベーションセンター
[Notes] 任意活動団体。キックオフを兼ねる第1回の研究会議には20名の研究者の参加あり。
[2]. 第1回 Startup Weekend Hamamatsu (2016/3)
[Role at conference, etc.] is leader [Site of conference, etc.] 静岡大学浜松キャンパス
[Notes] NPO法人 StartupWeekend 主催 浜松市役所、本学MOTコース後援 第2回は16年10月開催予定
【Other academic research activity】
[1]. 2016年度 「CREST・さきがけ」勉強会 @研究企画室 (2016/5 - 2015/6 )
[Notes] 静岡大学工学部研究企画室企画「CREST・さきがけ」勉強会講師 5月11日水曜日に初回開催
[2]. 2015年度 「CREST・さきがけ」勉強会 @研究企画室 (2015/4 - 2015/6 )
[Notes] 静岡大学工学部研究企画室企画「CREST・さきがけ」勉強会講師 4月22日水曜日に初回開催

Education related information

【Courses being taught this academic year】
[1]. Faculty Course 技術とマネジメント (2022(FY) - first semester )
[2]. Graduate School Course(Master's) プロジェクトマネジメント (2022(FY) - second semester )
[3]. Graduate School Course(Master's) 財務戦略論 (2022(FY) - first semester )
[4]. Graduate School Course(Master's) ものづくり戦略論 (2022(FY) - first semester )
[5]. Graduate School Course(Master's) 知財戦略論 (2022(FY) - second semester )
【Number of students advising】
2016(FY)
Number of master's course students : 10
[Notes] 修士休学者(修士2名)は左集計に含みません
2015(FY)
Number of master's course students : 7
[Notes] 学部配属の2名は研究生 修士休学者(修士1名)は左集計に含みません
2014(FY)
Number of master's course students : 5
2013(FY)
Number of master's course students : 5
【Prizes students you are advising won】
[1]. 特別賞「はまぞう賞」 (2018/12)
[Name of student who received the prize] 鈴木睦代 (Graduate School of Integrated Science and Technology)
[Name of organization that offered the prize] 株式会社はまぞう
[Notes] 情報学シンポジウム2018「スポーツと情報」にて(詳細は「学会発表・研究発表」に記載)

Contributions to society

【Seminar,Workshop, Event, etc.】
[1]. workshop ビジネスプロデュース力養成ラボ 第7回 (2020/1 )
[Details] 「失敗の可視化と価値化 感性工学の視点から」と題して最近の研究成果を報告しました。
[Notes] 主催:公益財団法人 浜松地域イノベーション推進機構フォトンバレーセンター 研修会場:コングレスセンター2階会議室
[2]. lecture meeting 科研費獲得のための「正しい裏ワザ」とその攻め方 (2017/7 )
[Details] プロジェクトマネジメント系失敗学に立脚した、 ”採択される申請書”の勘どころを解説
[Notes] 開催場所:中央大学多摩キャンパス(東京都八王子市)、後楽園キャンパスとはTV{会議システムで中継 主催:中央大学研究推進支援本部
[3]. lecture meeting 科研費獲得のための「正しい裏ワザ」とその攻め方 (2016/9 )
[Details] プロジェクトマネジメント系失敗学に立脚した、 ”採択される申請書”の勘どころを解説
[Notes] 開催場所:長崎県立大学佐世保校(長崎県佐世保市) 主催:長崎県立大学
[4]. lecture meeting 科研費獲得のための「正しい裏ワザ」とその攻め方 (2016/8 )
[Details] プロジェクトマネジメント系失敗学に立脚した、 ”採択される申請書”の勘どころを解説
[Notes] 開催場所:日本赤十字九州国際看護大学(福岡県宗像市) 主催:日本赤十字九州国際看護大学
[5]. lecture meeting セミナー 「「失敗の典型」から学ぶ採択となるためのポイント」 (2016/2 )
[Details] 年間300件ほどのA-STEP申請等の相談を受けてきた豊富な知見をもとに、 ”採択される申請書”の勘どころを解説(2回目)
[Notes] 開催場所:電気通信大学(東京都調布市) 主催:電気通信大学 研究推進機構
【News coverage】
[1]. newspaper 静岡朝日テレビ「とびっきり!しずおか」パネルコーナー出演 (2019/2/26)
[Summary]件名のテレビ番組に生出演し、県内の水道事情について解説を行った
[Notes] 静岡朝日テレビ(本学広報課を経由しての出演依頼)
[2]. newspaper スマホ片手に避難体験 静岡大 鈴木教授ら 老若男女が気軽に水害訓練を アプリ開発中 (2018/1/28)
[Notes] 静岡新聞朝刊27面
[3]. radio MASTER TALK (2016/10/7)
[Summary]静岡FM放送「モーニングラジラ」内
[Notes] 「事業開発マネジメントコース」にまつわるあれこれをご紹介しました
[4]. newspaper 62歳、憧れの学位手に (指導教員としてコメント)  (2015/3/23)
[Notes] 静岡新聞朝刊15面
[5]. newspaper 産学間橋渡しの「模範」大賞に鈴木 (2010/11/30)
[Summary]2010年度「イノベーションコーディネータ大賞・文部科学大臣賞」の受賞について(静岡新聞・中日新聞など 2010年11月30日付ほか)
【Committees outside the university, etc.】
[1]. 浜松市災害情報伝達手段整備事業選定委員会 (2016/9 )
[Details of activities]市役所の防災行政無線の整備にかかる委員
[2]. 浜松市役所産業振興課「起業プロデュース講習」 (2013/6 - 2014/3 )
[3]. 環境省「平成25年度地域の技術シーズを活用した再エネ・省エネ対策フィージビリティー調査」審査委員 (2013/5 - 2014/3 )
[Details of activities]補助金の制度検討と申請の審査
【Other social activities】
[1]. NPO法人 社会実装 理事 (2014/3 )
[Notes] 防災および環境等に関する科学技術や知見を地域社会に実装することを目的とする福岡のNPO法人。http://www.nvc.pref.fukuoka.lg.jp/f_cities/profile/3041 旧「特定非営利活動法人防災ネット研究所(2014.3解散)」を引き継いでいます。
[2]. 特定非営利活動法人防災ネット研究所 理事 (2007/8 - 2014/3 )
[Notes] 法人は2014年3月に他のNPOと合併、非継続(解散)となりました。
[3]. 特定非営利活動法人観測データ公開機構 理事 (2005/1 - 2014/3 )
[Notes] 新設合併により、新設するNPO法人社会実装に権利義務を全部を承継させて解散

International contributions

【Other international contributions】
[1]. Federal Communications Commission (FCC) - W5YI Volunteer Examiner (1991/1 - 2005/10 )
[Notes] Region 13(Hawaii and Pacific Insular areas) and 14(Outside the United States).

Others

【School dean, etc.】
[1]. 大学院総合科学技術研究科工学専攻事業開発マネジメントコース長 (2016/4 )