トップページ  > 教員個別情報  > 学会発表・研究発表

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 山岡 拓也 (YAMAOKA Takuya)

学会発表・研究発表

【学会発表・研究発表】
[1]. カラオ洞窟の30kaの文化層から出土した石器の技術形態学的な特徴
文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020:パレオアジア文化史学第8回研究大会 (2019年12月15日) 招待講演以外
[発表者]山岡拓也
[URL]
[備考] 国立民族学博物館
[2]. 武蔵台遺跡立川ロームⅩ層から出土した不定形剥片にみとめられる剥離痕跡
文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020:パレオアジア文化史学第7回研究大会 (2019年5月) 招待講演以外
[発表者]山岡 拓也
[URL]
[備考] 名古屋大学環境総合館
[3]. 道具資源としての植物利用の多様性―ヤシ科植物の事例から
文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020:パレオアジア文化史学第7回研究大会 (2019年5月) 招待講演以外
[発表者]上羽 陽子・山岡 拓也・中谷 文美・金谷 美和
[URL]
[備考] 名古屋大学環境総合館
[4]. Use and maintenance of leaf-shaped points in the Late Upper Paleolithic of the Japanese Islands(ポスター発表)
文部科学省科学研究費補助金・ 新学術領域研究2016-2020:パレオアジア文化史学第1回国際ワークショップ (2018年12月) 招待講演以外
[発表者]Takuya Yamaoka
[URL]
[備考] 総合地球館環境学研究所
[5]. タケ仮説と初期現生人類の行動的現代性(ポスター発表)
文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020:パレオアジア文化史学第6回研究大会 (2018年11月) 招待講演以外
[発表者]山岡 拓也
[URL]
[備考] 東京大学小柴ホール
[6]. 愛鷹・箱根編年の第1期の遺物と遺構
日本考古学協会2018年度静岡大会 分科会Ⅰ「旧石器時代における愛鷹山麓の地域性―はざまを生み出すヒトの営み―」 (2018年10月) 招待講演以外
[発表者]山岡 拓也・萩原 涼太
[備考] 静岡大学教育学部B110講義室
[7]. Bamboo Hypothesis and studies on behavioural modernity of early modern humans
Indo-Pacific Prehistory Association (IPPA) The 21st IPPA conference (IPPA2018) (2018年9月) 招待講演以外
[発表者]Takuya Yamaoka
[備考] Huong Giang Hotel
[8]. Technology and resource use during the Initial Early Upper Paleolithic on the Japanese Islands
Twelfth International Conference on Hunting and Gathering Scieties (CHAGSXII) (2018年6月) 招待講演以外
[発表者]Takuya Yamaoka
[備考] Universiti Sains Malaysia
[9]. 東アジア中・後期旧石器石器群類型化の試み(第2報)
文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020: パレオアジア文化史学第5回研究大会 (2018年5月) 招待講演以外
[発表者]田村光平・加藤真二・山岡拓也・西秋良宏
[URL]
[備考] 名古屋大学環境総合館
[10]. 日本列島の後期旧石器時代初頭の狩猟具技術(ポスター発表)
文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020: パレオアジア文化史学第5回研究大会 (2018年5月) 招待講演以外
[発表者]山岡 拓也
[URL]
[備考] 名古屋大学環境総合館
[11]. Diversified Analyses of Trapezoids in the Initial Early Upper Paleolithic on the Japanese Islands
Association of Archaeological Wear and Residue analysts (AWRANA) Nice 2018 (2018年5月) 招待講演以外
[発表者]Takuya Yamaoka
[備考] University of Nice Côte d’Azur
[12]. 旧石器時代の境界と地域性
静岡県考古学会2017年度シンポジウム「境界(はざま)の考古学」 (2018年2月) 招待講演以外
[発表者]山岡 拓也
[備考] 静岡大学静岡キャンパス共通教育B301教室
[13]. 東アジア・東南アジア旧石器時代石器群類型化の試み
文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016-2020:パレオアジア文化史学第4回研究大会 (2017年12月) 招待講演以外
[発表者]加藤真二,山岡 拓也
[URL]
[備考] 東京大学本郷キャンパス理学部2号館・講堂
[14]. 旧石器時代の編年研究の原則と東海中西部の編年
第29回考古学研究会東海例会「東海中西部の旧石器編年とその特質」 (2017年8月) 招待講演以外
[発表者]山岡 拓也
[備考] 三重大学
[15]. Armatures from 35,000 years ago: study on trapezoids from the Doteue site in Shizuoka Prefecture, Japan.
The BINALOT TALKS (2017年3月) 招待講演以外
[発表者]山岡 拓也
[備考] The Archaeological Studies Program of the University of the Philippines, Diliman
[16]. 静岡県沼津市土手上遺跡出土台形様石器の完形資料と欠損資料の分析(ポスター発表)
文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第2回研究大会 (2017年2月) 招待講演以外
[発表者]山岡 拓也
[URL]
[備考] 名古屋大学野依記念学術交流館
[17]. モヴィウスラインの解釈に関する考古学的研究の歴史と現状
文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第3回研究大会 (2017年1月) 招待講演以外
[発表者]山岡 拓也
[URL]
[備考] 国立民族学博物館
[18]. 東南アジアにおける現代人的行動に関する考古学的研究とタケ仮説
文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究2016–2020:パレオアジア文化史学第1回研究大会 (2016年11月) 招待講演以外
[発表者]山岡 拓也
[URL]
[備考] 東京大学小柴ホール
[19]. Weapon technology in the initial Early Upper Paleolithic of the Japanese Islands
The 8th meeting of the Asia Palaeolithic Association (2016年6月) 招待講演以外
[発表者]Takuya Yamaoka
[備考] Tokyo Metropolitan University
[20]. An experimental study of trapezoids in the initial Early Upper Paleolithic of the Japanese Islands
XIX International Union for Quaternary Research (INQUA) Congress (2015年7月) 招待講演以外
[発表者]Takuya Yamaoka
[備考] Nagoya Congress Center
[21]. 台形様石器の投射・刺突実験(ポスター発表)
日本旧石器学会第13回講演・研究発表・シンポジウム (2015年6月) 招待講演以外
[発表者]山岡 拓也
[備考] 東北大学片平キャンパス・片平さくらホール
[22]. 真脇遺跡「イルカ層」出土石槍欠損資料の形成要因
第81回日本考古学協会総会 (2015年5月) 招待講演以外
[発表者]山岡 拓也
[備考] 帝京大学
[23]. 新潟県小千谷市真人原遺跡出土尖頭器と狩猟具の製作・使用・メンテナンス
第79回日本考古学協会総会 (2013年5月) 招待講演以外
[発表者]山岡 拓也,橋詰潤,岩瀬彬,山田昌久
[備考] 駒澤大学駒澤キャンパス
[24]. Use and maintenance of leaf-shaped points in the Late Upper Paleolithic of the Japanese Islands.
International Conference on Use-wear Analysis (Use-Wear 2012), Faro, Portugal. (2012年10月) 招待講演以外
[発表者]Takuya Yamaoka
[備考] Universidate do Algarve
[25]. Use and maintenance of trapezoids of the initial Early Upper  Paleolithic of the Japanese Islands.
Dual symposia The Emergence and Diversity of Modern Human Behavior in Palaeolithic Asia & The 4th Annual Meeting of the Asian Palaeolithic Assosiation. (2011年11月) 招待講演以外
[発表者]Takuya Yamaoka
[備考] National Museum of Nature and Science, Tokyo
[26]. Initial Early Upper Paleolithic assemblages in the Japanese Islands.
International Symposium “Characteristic features of the Middle to Upper Paleolithic transition in Eurasia: Development of culture and evolution of Homo species”, July 4-10, 2011, Denisova Cave, Altai. (2011年7月) 招待講演以外
[発表者]Takuya Yamaoka
[備考] Denisova Cave Permanent Camp
[27]. 後期旧石器時代前半期における石器素材利用形態の変遷過程
日本地球科学惑星科学連合2010年大会 (2010年5月) 招待講演以外
[発表者]山岡 拓也
[備考] 幕張メッセ国際会議場
[28]. The use of obsidian in the Early Upper Paleolithic on the Musashino
19th Congress of IPPA (The Indo-Pacific Prehistory Association) (2009年12月) 招待講演以外
[発表者]山岡 拓也
[備考] The Vietnam Academy of Social Sciences and the Vietnam Institute of Archaeology
[29]. The Early Upper Paleolithic of the Musashino Upland, Tokyo.
SAA(Society for American Archaeology) annual meeting 2007 (2007年4月) 招待講演以外
[発表者]Takuya Yamaoka
[備考] Austin Convention Center
[30]. 西南ドイツにおける後期旧石器時代初頭研究の現状
日本旧石器学会第4回講演・研究発表・シンポジウム (2006年6月) 招待講演以外
[発表者]山岡 拓也
[備考] 埼玉県立歴史と民俗の博物館