トップページ  > 教員個別情報

静岡大学教員データベース - 教員個別情報 : 木村 杏子 (Kimura Kyouko)

木村 杏子 (Kimura Kyouko)
准教授
学術院理学領域 - 数学系列 理学部 - 数学科
大学院総合科学技術研究科理学専攻 - 数学コース
氏名特記事項 :宮﨑 杏子(新姓)
kimura.kyoko.a@@@shizuoka.ac.jp
image-profile
最終更新日:2022/06/24 9:40:58

教員基本情報

【取得学位】
博士(数理学)  名古屋大学   2009年3月
【研究分野】
数物系科学 - 数学 - 代数学
【現在の研究テーマ】
スタンレー・ライスナーイデアルの算術階数
スタンレー・ライスナーイデアルの自由分解
【研究キーワード】
可換環論, 組合せ論
【所属学会】
・日本数学会
 

研究業績情報

【論文 等】
[1]. Regularity and $a$-invariant of Cameron--Walker graphs
Journal of Algebra 584/ 215-242 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Takayuki Hibi, Kyouko Kimura, Kazunori Matsuda, Akiyoshi Tsuchiya [URL] [DOI]
[2]. Homological invariants of Cameron--Walker graphs
Transactions of the American Mathematical Society 374/9 6559-6582 (2021年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Takayuki Hibi, Hiroju Kanno, Kyouko Kimura, Kazunori Matsuda, Adam Van Tuyl [URL] [DOI]
[3]. Extremal Betti numbers of edge ideals
Archiv der Mathematik 113/2 149-155 (2019年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Takayuki Hibi, Kyouko Kimura, Kazunori Matsuda [DOI]
[4]. A necessary condition for an edge ring to satisfy Serre's condition $(S_2)$
Advanced Studies in Pure Mathematics 77/ 121-128 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当しない
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Akihiro Higashitani, Kyouko Kimura
[5]. The projective dimension of the edge ideal of a very well-covered graph
Nagoya Mathematical Journal 230/ 160-179 (2018年) [査読] 有 [国際共著論文] 該当する
[責任著者・共著者の別] 責任著者
[著者] Kyouko Kimura, Naoki Terai, Siamak Yassemi [DOI]
【学会発表・研究発表】
[1]. Very well-covered グラフのエッジイデアルの射影次元
東京可換環論セミナー (2021年6月7日) 招待講演
[発表者]木村杏子
[備考] Zoom
[2]. The regularity and $h$-polynomial of Cameron--Walker graphs
日本数学会 2020 年度秋季総合分科会 (2020年9月24日) 招待講演以外
[発表者]日比 孝之,木村 杏子,松田一徳,Adam Van Tuyl
[備考] 開催場所:熊本大学にて開催予定だったがオンライン開催に変更 主催者:日本数学会
[3]. エッジイデアルの不変量
第65回代数学シンポジウム (2020年9月2日) 招待講演
[発表者]木村杏子
[URL]
[備考] 千葉大学教育学部で開催予定だったが、webページへの資料やリンクの掲載による開催となった
[4]. Regularity and $a$-invariant of Cameron--Walker graphs
日本数学会 2019 年度秋季総合分科会 (2019年9月18日) 招待講演以外
[発表者]日比 孝之,木村 杏子,松田一徳,土谷昭善
[備考] 開催場所(金沢大学角間キャンパス)
[5]. 与えられた個数のextremalベッチ数をもつエッジイデアルについて
第32回可換環論セミナー (2019年6月30日) 招待講演以外
[発表者]木村 杏子
[備考] 開催場所(弘前大学)
【科学研究費助成事業】
[1]. 多項式環のシチジー理論を戦略とするグラフ理論の古典論の再編と現代的潮流の誕生 ( 2020年10月 ) 国際共同研究加速基金 分担

[2]. Stanley-Reisnerイデアルの算術階数とその記号的べきの射影次元 ( 2018年4月 ) 基盤研究(C) 分担

[3]. 単項式イデアルや二項式イデアルの極小自由分解及びその不変量 ( 2015年4月 ) 若手研究(B) 代表
[備考] 産前産後の休暇又は育児休業の取得に伴い、補助事業を中断(2015年10月から2017年3月)。 産前産後の休暇又は育児休業の取得に伴い、補助事業期間を2年延長。

[4]. 単項式イデアルの自由分解と算術階数との関係の解明 ( 2012年4月 ~ 2015年3月 ) 若手研究(B) 代表
【受賞】
[1]. 第3期静岡大学若手重点研究者 (2016年4月)
[備考] 静岡大学
[2]. 第4回名古屋大学数理科学学生奨励賞(飛田賞) (2015年10月)
[備考] 名古屋大学数理科学同窓会
【学会・研究会等の開催】
[1]. 第25回静岡代数学セミナー (2019年12月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 静岡大学
[備考] 世話人(浅芝秀人、毛利出、木村杏子、伊山修、古賀寛尚)
[2]. 組合せ論と可換代数オータムセミナー (2019年9月)
[役割] 責任者(議長、実行委員長等) [開催場所] 静岡大学
[3]. 第24回静岡代数学セミナー (2019年7月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 静岡大学
[備考] 世話人(浅芝秀人、毛利出、木村杏子)
[4]. 第23回静岡代数学セミナー (2018年11月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 静岡大学
[備考] 世話人(浅芝秀人、毛利出、木村杏子、水野有哉)
[5]. 第22回静岡代数学セミナー (2018年6月)
[役割] 責任者以外 [開催場所] 静岡大学
[備考] 世話人(浅芝秀人、毛利出、木村杏子)

教育関連情報

【今年度担当授業科目】
[1]. 大学院科目(修士) 組合せ数学特論 (2022年度 - 後期 )
[2]. 学部専門科目 代数学入門 (2022年度 - 後期 )
[3]. 学部専門科目 代数学入門演習 (2022年度 - 後期 )
[4]. 学部専門科目 線型代数学演習Ⅱ (2022年度 - 後期 )
[5]. 大学院科目(修士) 数学特別研究 (2022年度 - 通年 )
【指導学生数】
2017年度
卒研指導学生数(3年) 0 人
卒研指導学生数(4年) 4 人
修士指導学生数 0 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人
2014年度
卒研指導学生数(3年) 0 人
卒研指導学生数(4年) 3 人
修士指導学生数 0 人
博士指導学生数(主指導) 0 人 博士指導学生数(副指導) 0 人

社会活動

【講師・イベント等】
[1]. 出張講義 身近なものから数学を作ろう! (2021年7月 - 2021年7月 )
[内容] リケしず(理系女子夢みっけ☆応援プロジェクト in しずおか)出前授業
[備考] 開催場所(静岡英和女学院中学校)
[2]. 講演会 サイエンスカフェ in 静岡 (2019年11月 - 2019年11月 )
[内容] エッジイデアルの代数的性質
[備考] 開催場所(B-nest 静岡市産学交流センター)
[3]. 出張講義 多項式から拡がる数学 (2019年7月 - 2019年7月 )
[備考] 開催場所(静岡県立御殿場南高等学校)
[4]. 講習会 静岡大学教員免許状更新講習 (2018年8月 - 2018年8月 )
[備考] 開催場所(静岡大学)
[5]. 講演会 卒業生講演会 考えよう数理科学のキャリアパス (2017年11月 - 2017年11月 )
[備考] 開催場所(名古屋大学大学院多元数理科学研究科)
【報道】
[1]. 新聞 科学者の本棚 静岡大学サイエンスカフェから (2021年5月10日)
[備考] 静岡新聞朝刊13面

国際貢献実績

管理運営・その他